• 食器買取

食器の捨て方|陶器やガラス・プラスチック・金属・木製別に解説

ティファニーは5大ジュエラーの1つであり、買取が活発です。本記事では、定番アイテムの買取相場や刻印がある婚約指輪・結婚指輪の売り方などを取り上げました。いくらで売れるか気になる方はぜひ参考にしてみてください。

sirasaka

食器の捨て方|陶器やガラス・プラスチック・金属・木製別に解説

食器の捨て方は自治体によってやや異なりますが、注意しなければいけない点は変わりません。素材や割れていない、割れているなどの特性にあった捨て方をしましょう。

もし、捨てるのがもったいないと思うのであれば、寄付や買取業者に持って行く方法もあります。

本記事では、どのような機関・業者があるか紹介しています。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

食器の捨て方は自治体によって違う

特に遺品整理で自分が住んでいない地域のゴミを捨てる場合や、引っ越しをするときは、まずは自治体のゴミ捨てルールを確認することをおすすめします。これまでの地域で染み付いたゴミ捨て方法をおこない、トラブルに発展することが少なくないためです。

ゴミ出しのルールは自治体で異なり、Aの地域では燃えないゴミで出すように言われていることが、Bの地域では粗大ゴミで出すように言われることがあります。

また、同じプラスチックゴミでも、可燃ゴミとしっかり分けて、プラスチックは洗って捨てるように指導されるところもあれば、汚れてしまったものは可燃ゴミで出すように言われることもあります。

このように、ひとことで食器を捨てると言っても、自治体で事情が異なることから、最終的には自治体に確認し従うことが前提となります。

食器の素材別の捨て方

基本的に「食器はこのように捨てましょう」と指定されるのではなく、素材にあった捨て方をおこないます。食器によく使われている素材から、一般的な捨て方ご紹介します。

陶器・ガラス食器

コップやグラス、皿などあらゆる食器に用いられがちな陶器・ガラス製のものは、多くの場合に燃えないゴミに分類されます。

しかし、自治体によっては燃えるゴミでもいいとするところがあるため、注意しましょう。

割れやすい陶器やガラス製のものは、ゴミ捨てに持って行ったタイミングや収集車に運んだタイミングなどで割れてしまう危険性があります。

鋭利になることで収集員が怪我をしてしまう恐れがあることから、厚紙などで保護し、「陶器・ガラスが入っている」ということを記載しましょう。

プラスチック・メラミン樹脂の食器

特に子どもがいる家庭で重宝するプラスチック製の食器は、多くの自治体では燃えるゴミもしくは資源ごみで捨てることができます。

中には、プラスチックゴミで捨てるように指定しているところもあるため注意しましょう。

木製の食器

一般的には燃えるゴミに分別されます。割れてしまう恐れがあるものは、割れ方により先が尖って刺さってしまう危険があるため、新聞紙などで包みましょう。

金属の食器

フォークやナイフ、保温性の優れたカップなどでよく用いられている金属は、資源ごみや燃えないゴミ、燃えるゴミとして捨てます。

中には、金属ゴミという分類を設けていることがあるため、確認しておきましょう。

金属の食器の場合に、捨てる過程で割れるということはほとんどありません。ですが、フォークやナイフなどは刺さる可能性があるため、新聞紙などで保護しましょう。

刃物類

金属のものの中でも、特に注意しなければならないのが包丁などの刃物類です。

自治体によっては、危険ゴミに分類しているところもあるため確認しましょう。

刃物は、知らずに持つことで、収集員が手を切ってしまう恐れがあります。おすすめの方法は、厚紙で巻いた後に、ガムテープなどでぐるぐるにまくことです。

セラミック製の包丁の場合には、金属製ではないため陶器の扱いです。多くの場合に、燃えないゴミで出すことができます。

お食い初めなどの場合

宗教的なものであるため、お宮参りのときに頂けるお食い初めなどの食器は、ゴミに捨ててしまうと罰当たりだと不安になってしまうかもしれません。

その場合に、ご家庭用の食器として活用するか、古札箱を常設している神社や正月の時期に返納する方法があります。

食器を寄付する方法もある

割れてない未使用品や綺麗な食器は、捨ててしまうともったいないと感じるかもしれません。とはいえ、食器棚における数には限りがあります。誰かに使って欲しいと思う場合には、寄付する方法もあります。

例えば、NPO法人運営のセカンドライフは次の人が使えるものであることを条件に、中古品であっても、調理器具・洋食器・和食器・そのほか水筒やお弁当箱などさまざまなものを集めています。

寄付されたものは少しでも形に残せるように写真撮影をして保存し、「児童施設や学校に寄付して欲しい」「子どもに寄付して欲しい」「海外の必要としている人に届けて欲しい」など、できるだけ意向に沿った形で寄付しています。

このほかにも寄付を募っているところは少なくありませんから、安心して任せられる機関や寄付先が希望と合う機関を探してみてはいかがでしょうか。

割れてしまった食器の捨て方

割れてしまった食器はまとめて袋に入れる人が少なくありませんが、割れてしまってもゴミの分別通りに出す必要があります。異なる素材を混ぜてしまわないよう注意しましょう。

梱包素材も同様で、プラスチックゴミとして捨てなければならないものを、プラスチックゴミで捨てられない素材で保護してしまうのは基本的にいけません。出そうと思っているゴミの種類で捨てて問題ないものを梱包素材に選びましょう。どうしても難しい場合には、梱包素材は使わず、注意喚起にとどめます。

陶器・ガラスの食器

割れた場合に、燃えないゴミに出すことがほとんどです。割れていないもの以上に、厚紙などで厳重にくるみ、割れた陶器やガラスが入っていることを明記しましょう。袋から突き破ってしまうと大変危険ですから、袋を何十かにしておくのがおすすめです。

プラスチック・メラミン樹脂の食器

処分の方法は変わらず、燃えるゴミや資源ごみ、プラスチックゴミで捨てることができます。

木製の食器

処分方法は変わらず、一般的には燃えるゴミに分類されます。特に割れて鋭利になっている箇所は、刺さらないように包みましょう。

金属の食器

先ほどのように、自治体により分別が大きく異なります。金属も割れた場合に鋭利になるため、陶器やガラスの食器のように、注意する旨を記載しましょう。

多くの場合に、金属は他のものと包むことができません。複数の金属をまとめて捨てる場合にはできるだけ怪我をしにくいように袋に入れておくといいでしょう。

食器が大きすぎる場合

素材に関係なく、1辺の長さが自治体を定める基準を超えていると粗大ゴミ扱いになります。規定の長さは自治体によって異なり、30cmや60cmなどさまざまです。

必要となる金額は自治体で異なり、300円〜1,000円程度であることが多いです。回収日も月1回〜2回程度と少ないため、出す日にちに注意しましょう。

大量に食器がある場合

どのような素材に関わらず、棚が外れてしまったり、地震によって大量の食器が落ちてきてしまったりと、大量に食器が割れてしまった場合には注意が必要です。

量が多すぎる食器は、自治体ではゴミに出せないとしているところがあります。捨てられる範囲で分けてゴミに出していると大変ですから、不用品回収業者や欠けていても買い取ってくれる買取業者に出してしまうなどの方法も考えましょう。

急ぎの場合には、処分してくれる業者に頼むのも方法です。割れているものでも対応しているか確認しましょう。量などにより費用は大きく異なりますが、数万円〜数十万円かかってしまう可能性があります。

割れた食器をゴミに出す際の注意点

割れてしまった食器の周辺には、多く破片が飛び散っていることがあります。できるだけ足場を変えず、あるいはスリッパや長靴など保護するものを着用して作業しましょう。

飛び散ってしまった破片は、ほうきや掃除機で掃除する方法がありますが、掃除機の種類によってガラスの破片に対応できないものもあるため注意が必要です。吸いきれない破片がある可能性もあるため、最後にガムテープなど粘着性があるもので確実に破片を取り除きましょう。

食器を掴む際には、目に見えないほど細かな破片が入ったり、鋭利な箇所で怪我をしてしまったりすることがあります。できるだけ軍手を2重以上にして着用しましょう。

割れた食器で怪我をしてしまった場合

気をつけていても、作業中に怪我をしてしまうことがあります。焦らず、1つ1つ対応していきましょう。

ガラスが刺さっていない場合

刺さらず怪我だけした場合には、流水にさらすなどして異物を洗い流しましょう。その後、清潔な布で圧迫して止血し、絆創膏や包帯を巻きましょう。

あまりも出血が多い場合に、医療機関を受診したほうがいいです。病院に行く場合には、外科や皮膚科に受診します。患部近くの動脈を抑えて、心臓よりも高い位置にあげて止血に努めた状態にしましょう。

ガラスの破片が刺さっている場合

消毒してからピンセットで破片を取り除きます。もし見つからないのに刺さっている感覚が残っている場合には、皮膚の中に入り込んでいる可能性があります。無理に取り出そうとするとかえって危険ですから、医療機関に受診しましょう。

割れてしまった食器をまだ使いたいと思ったら

やむを得ず処分するしかないと思っているものの、思い入れがあり本当は捨てたくない食器もあるでしょう。

その場合に、亀裂の部分に金箔をまぶす金継という技術によって、再び食器を使えることがあります。粉々になっていないのであれば、相談してみるのも選択肢です。

金と聞くと手が出せないイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんが、修理費用は数千円〜数万円であることが多いです。

数百万や数千万円するような美術的価値が高いものの場合に、多少金継ぎがあっても、プロが手がけたものであれば買い取ってもらえることがあります。価値が高いという点で諦めがつかないのであれば、費用対効果で検討してみるのもいいでしょう。

食器を捨てる前に買取業社に持っていくのがおすすめ

割れてしまった食器を買取、無料引き取りしている買取業者を見つけるのは困難かもしれませんが、多少の欠けがあるブランド食器や状態がいい食器は買取業者に持っていくと思わぬ金額になることがあります。

リサイクルショップや食器専門の買取業者など、買取業者にもさまざまな種類があります。食器に特化した買取業者の方が高い査定をつけられる傾向にありますが、ブランド食器限定や特定ブランド食器限定としているところもあるため、対応しているものは確認しましょう。

値段がつかないものの場合にも、買取業者が安く販売したり、福祉施設に寄付したりすることがあります。無料引き取りでもいいと思っている場合には、そのまま任せてしまうのも1つの選択肢です。

▼こちらの記事では、ブランド食器やノーブランド食器を買い取ってもらうための方法や注意点、おすすめの買取業者を紹介いているので、ぜひ参考にしてください。

食器買取に対応している買取業社

もし食器を売ろうと思った場合に、あまりに買取業者が多く迷ってしまうかもしれません。そこで、一部買取業者の特徴を紹介します。

食器高く売れるドットコム

高く売れるドットコム

出典:高く売れるドットコム

古銭などの骨董品や食器などを買い取っている高く売れるドットコムは、東証一部上場企業です。

マイセンやオールドノリタケなどの有名食器だけでなく、ノンブランドの食器にも対応しています。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

食器高く売れるドットコムで査定する

おいくら

おいくら一括査定

出典:おいくら

おいくらは、ガラス製品・国産陶磁器・西洋陶磁器・そのほか陶磁器と細分して一括買取査定を実施しています。

サイトには加盟店のリサイクルショップによる買取実績を多数掲載。高く買い取ると名乗りでた業者に売ることができるサービスです。

おいくらで査定する

ReRe

ReRe

出典:ReRe

ReReは、買取査定金額に応じて、ReReサイト内に販売されているリユース品を購入できるポイントがつくシステムを導入している点で特徴的な買取業者です。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

ReReで査定する

食器買取【福ちゃん】

福ちゃん

出典:福ちゃん

日本文化に精通し、和食器の買取が得意だという福ちゃんは、あらゆる食器の買取に対応できます。

また、数十万円する食器の買取実績もサイトで紹介しています。買取方法は宅配もしくは出張です。

福ちゃん公式サイト

日晃堂

日晃堂

出典:日晃堂

骨董品や美術品買取専門の日晃堂は、洋食器から和食器まで買取をおこなっています。

マイセンやウエッジウッドなどのブランド食器の買取実績も多数掲載。買取方法は宅配もしくは出張です。

日晃堂公式サイト

おたからや

おたからや

出典:おたからや

おたからやは、一度使用してしまったものや箱がないもの、ソーサーが割れてしまいカップだけしかないものなど、ワケあり品も大歓迎で買い取っています。買取方法は店頭もしくは出張です。

おたからや公式サイト

買取プレミアム

買取プレミアム

出典:買取プレミアム

さまざまなジャンルを買い取っている買取プレミアムは、品数が少なくても買取に対応しています。

希望に添えない場合もありますが、遠方であっても出張買取をお願いすることができるとのこと。そのほかの買取方法は店頭もしくは宅配です。

買取プレミアム公式サイト

Piece

Piece

出典:Piece

ブランド品や骨董品、食器などあらゆる買取をおこなっているPieceは、遺品整理や生前整理の相談も受けています。

公式サイトでは「嘘のない本物の鑑定」を掲げ、データをもとに最適な買取価格を提示しており、買取方法は宅配もしくは出張買取で、出品代行もおこなっています。

Piece公式サイト

なんぼや

なんぼや

出典:なんぼや

ブランド食器を積極的に買い取っているなんぼやは、高価すぎて食器に眠ってしまっているものなどを買取対象としています。買取方法は店頭もしくは出張です。

なんぼや公式サイト

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

出典:ウルトラバイヤー

あらゆる買取に対応し、生前整理や遺品整理での利用も受けているウルトラバイヤーは、カテゴリーごとに専門の査定士が在籍して買取価格相場を出しています。買取方法は店頭、宅配、出張のほか、催事場があります。

ウルトラバイヤー公式サイト

ジュエルカフェ

ジュエルカフェ

出典:ジュエルカフェ

女性スタッフ中心に貴金属やブランド品を買い取っているジュエルカフェは、食器も買取対象です。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

ジュエルカフェでブランド品買取

エコスタイル

エコスタイル

出典:エコスタイル

ブランド買取を積極的におこなっているエコスタイルも、食器を買取対象としています。買取方法は店頭、宅配、出張、手ぶらのいずれかです。

手ぶら買取は、最寄りの店舗や仕事帰りなどに立ち寄れる店舗に先に送り、見積価格を受け取りに行くという方法で、待ち時間がありません。

エコスタイルでブランド品買取

まとめ

食器を捨てるには、自治体のゴミのルールに沿った方法に従う必要があります。割れている場合には、自身の安全を確保するとともに、作業員への配慮も忘れないようにしましょう。

捨てにくいものは、回収業者などに依頼するなどの選択肢も出てきます。逆に、処分するのにはもったいないと思ってしまうものなのであれば、寄付や買取業者に依頼するのも方法です。

今ある食器をどう扱いたいのか、一度考えてから対処してみてはいかがでしょうか。

sirasaka / ライター
sirasaka / ライター

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード