• 貴金属・宝石買取おすすめ

サファイアの買取おすすめ業者9選|カラット別買取相場や高価買取のコツも解説

サファイアにはダイアモンドのような明確な買取基準がありません。買取業社によって、何十倍も価格差が生じてしまう可能性が生じています。そこで、よくあるサファイアの査定基準や買取相場、高く売るコツとともにおすすめの買取業社を見ていきましょう。

sirasaka

サファイアの買取おすすめ業者9選|カラット別買取相場や高価買取のコツも解説

サファイアとルビーは、名前も色も違う宝石ですが、コランダムという同じ鉱物です。コランダムは、結晶に含まれる不純物によって色が変わります。酸化チタンや酸化鉄が含まれると青みが強くなり、ブルーサファイアと呼ばれます。サファイアにはさまざまな色の石がありますが、それは含まれる不純物の影響です。

ルビーはクロムの影響を受けた赤いコランダムをさしています。つまり、サファイアとルビーの違いは、結晶に含まれる不純物によって決定する色と言えます。本記事では、サファイアの買取価格相場を見ていきましょう。

目次

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

サファイアの買取おすすめ業社9選

宝石の中でも人気のあるサファイアは、どのような業者で買取ってもらえるのでしょうか。

高く売れるドットコム

シニアLP
着物 食器 古銭 切手 貴金属 骨董品の買取

出典:高く売れるドットコム公式サイト

関東、関西を中心に展開をする高く売れるドットコムは、名古屋、北海道、東北、九州にも1店舗ずつお店を構えています。店頭買取だけではなく、宅配・出張買取にも対応で、全国どこからでもサファイアの買取が可能です。

高く売れるドットコムでサファイアを査定する

バイセル

出典:バイセル公式サイト

バイセルは、サファイアの高価買取強化中で、丁寧・正確な鑑定が高値を生みだしています。店舗数こそ大阪・東京・神奈川・名古屋全国に5店しかありませんが、宅配買取・出張買取の依頼もできるので全国からの依頼に対応しています。買取に関する手数料は、すべて無料です。

バイセルでサファイアを査定する

ブランドバリュー

ブラリバ

出典:ブランドバリュー公式サイト

ブランドバリューは、宝石だけでなくブランド品の高価買取に力をいれています。そのためブランドジュエリーなら、特に高額査定が期待できるでしょう。関東、関西、中部地方に店舗展開しています。店頭買取ほか、最短30分での出張買取、上記以外の地域でも宅配買取可能です。

ブランドバリューでサファイアを査定する

コメ兵

コメ兵の宅配買取

出典:コメ兵公式サイト

東京と愛知を中心に店舗を運営しているコメ兵では、サファイア、サファイアを使用したジュエリーをブランドにかかわらず査定・買取しています。専門バイヤーが在籍しているため、サファイアの査定も安心して任せられます。店頭以外では、宅配買取と一部地域のみ出張買取が可能です。

コメ兵でサファイアを査定する

リファスタ

リファスタ

出典:リファスタ公式サイト

リファスタは宝石の目利きに自信のあるスタッフが、サファイアの鑑定をするので安心して買取依頼ができます。店舗は東京のみですが、送料・返送料・梱包キット料が無料となる全国宅配買取にも対応しています。

リファスタでサファイアを査定する

買取プレミアム

買取プレミアム

出張・宅配・持ち込みによるサファイアの買取が可能な買取プレミアム。持ち込みできるのは、東京・名古屋・大阪店と限られていますが、宅配買取が可能なので問題なく全国から依頼できます。また、出張買取も全国どこでも対応しています。女性の査定員指名サービスもあり、女性のお客さんに人気です。

買取プレミアムでサファイアを査定する

ジュエルカフェ

ジュエルカフェは、全国240店舗、さらに海外にも広く展開し多岐に渡る販売ルートを確立しているため、サファイアの高価買取が期待できる業者です。宅配・出張買取はもちろん、店舗数が多いので直接査定してほしいという方にジュエルカフェは最適です。

大黒屋

年間買取実績150万件以上の大黒屋は、宝石の買取実績も豊富です。国内外の幅広い販売ルートにより、他店では買取不可能なサファイアでも買取ってもらえる可能性が高いでしょう。店舗は全国にあり、そのほか宅配、LINEによる無料査定に電話相談、オンライン買取サポートなどフォロー体制も万全です。

大吉

ジュエリーや宝石専門の鑑定スタッフによる査定がおこなわれ、ブランドジュエリーや宝石の鑑定に力をいれている大吉は、宅配・出張買取、LINE・メール査定など豊富な買取方法から選べます。状態が良くない、鑑定書がないなど問題のあるサファイアでも査定・買取できるのが大吉のメリットです。

サファイアのカラット別の買取相場

サファイアは、そのグレードによって買取相場が変わってきます。サファイアの色やクラリティなどを総合的に評価し、S~Dランク付けしている業者が少なくありません。ランクは、インクルージョンやブレミッシュ、テリや輝き、彩度・明度・色相などに基づき決められています。

先ほど話したように、ランク付けは、ダイヤモンドのように決まった共通の評価システムに基づいたものではないため、評価付けをする業者によって違いみられる点は留意が必要です。おおむね買取業社がつけている評価を元に買取相場を出してみましょう。

Sランクのサファイアの買取相場

全てにおいて最高評価のサファイアは、めったにお目にかかれるものではありません。買取相場は非常に高いです。

1.0ct

15,000~40,000円程度です。

2.0ct

45,000~120,000円程度です。

3.0ct

75,000~250,000円程度です。

5.0ct

300,000~800,000円程度です。

10.0ct

750,000~3,000,000円程度です。

Aランクのサファイアの買取相場

上から2番目のランクといっても、Aランクサファイアは、宝石としての価値はかなり高いです。

1.0ct

7,500~20,000円程度です。

2.0ct

30,000~100,000円程度です。

3.0ct

45,000~170,000円程度です。

5.0ct

15,000~400,000円程度です。

10.0ct

450,000~1,200,000円程度です。

Bランクのサファイアの買取相場

一般的なBランクのサファイアは、ファッションアクセサリーとしては十分な美しさです。

1.0ct

4,500~12,000円程度です。

2.0ct

15,000~40,000円程度です。

3.0ct

30,000~90,000円程度です。

5.0ct

75,000~200,000円程度です。

10.0ct

220,000~600,000円程度です。

Cランクのサファイアの買取相場

総合的に平均以下のクオリティになるCランクサファイアの買取相場は、S~Bランクよりもずっと低いです。

1.0ct

1,500~4,000円程度です。

2.0ct

4,500~12,000円程度です。

3.0ct

7,500~20,000円程度です。

5.0ct

15,000~42,000円程度です。

10.0ct

45,000~120,000円程度です。

Dランクのサファイアの買取相場

サファイアとしての価値は、限りなく低くなるDランクは、他と比べて買取相場が非常に安くなってしまうでしょう。

1.0ct

150~700円程度です。

2.0ct

750~2,800円程度です。

3.0ct

800~6,300円程度です。

5.0ct

1,500~10,000円程度です。

10.0ct

4,500~24,000円程度です。

高く売れるドットコムでサファイアを査定する

サファイアの原産地別の買取相場

原産地によって、サファイアの個性はさまざまです。買取相場にも大きな違いが見られます。

ミャンマー産のサファイアの買取相場

ミャンマー産のサファイアは、サファイアの中でも特に高く評価されるひとつとされます。買取価格相場は、クオリティの高いものであれば1ctで40,000円ほどです。

スリランカ産のサファイアの買取相場

スリランカ産のサファイアは、シルク・インクルージョンが多く見られるという特徴があります。スリランカでは、サファイアの中でも最高峰といわれる「コーンフラワー・ブルー」も算出されています。

ただし、スリランカ産のサファイアは、市場ではミャンマー産より手頃価格で購入可能です。そういった背景もあり、相場としては品質の高いもので1ct20,000円あたり、サファイア全体的な相場としては1ct7,000~8,000円になるでしょう。

マダガスカル産のサファイアの買取相場

マダガスカル産のサファイアは、1ctで5000円前後が相場です。ですが、Sランクのようなグレードの高いものになると、相場も12,000~15,000円にアップするでしょう。

パイリン産のサファイアの買取相場

透明度が高く、深みのある色が特徴といわれるパイリン産のサファイアの相場は、非常に良いグレードのもので1ct、15,000~20,000円の相場がつきます。全体的な相場としては、スリランカ産とほぼ同じで1ctで8,000円前後です。

オーストラリア産のサファイアの買取相場

オーストラリア産のサファイアにもグレードが高く美しい宝石はたくさんあります。しかし、残念ながら業界オーストラリア産のサファイアの地位は低いのが現状です。質がよくないというイメージが業界にあり、買取相場も高くありません。

相場は、品質の高いものでも1ct10,000円を切る場合もあります。多く出回っているランクのオーストラリア産サファイアは、1ct2,500~4,500円が相場でしょう。

高く売れるドットコムでサファイアを査定する

ファンシーサファイアの種類

サファイアというと青い宝石をイメージするでしょう。ですが、サファイアには青以外の色もあります。青以外のサファイアを総称がファンシーサファイアです。ファンシーサファイアの中でも、いつくかの種類にわかれています。

パパラチアサファイア

パパラチアサファイアは、ピンクとオレンジの中間の色をした暖色系のサファイアです。その色みが蓮の花に似ていることが、名前の由来です。非常に希少価値の高いパパラチアサファイアは、世界三大希少石に数えられています。

バイオレットサファイア

紫の色が神秘的なバイオレットサファイアは、青に近い紫やピンクみの強い紫などがあり個性の強い宝石といえるでしょう。

グリーンサファイア

緑のサファイアを指す、グリーンサファイアは、個体によって色みに違いが見られますが、エメラルドほど濃い緑ではありません。

オレンジサファイア

暖かみのある色が特徴的なオレンジサファイアは、彩度の高い鮮やかなオレンジのものが、特に価値が高くなるといわれています。

イエローサファイア

オレンジサファイアより赤みが少なく、黄みが強くなるのがイエローサファイアです。コランダムにニッケルが含まれることで、イエローサファイアになります。

ピンクサファイア

ピンクサファイアは、その名の通り可愛らしい桃色のコランダムです。ルビー同様クロムが発色に関係しており、業者によってピンクサファイアとピンクみの強いルビーの判断は曖昧です。

カラーレスサファイア

まるでクリスタルのように無色透明のサファイアが、カラーレスサファイアです。コランダムの色に影響を与える不純物が含まれていないものを指します。

評価基準はダイアモンドしか存在しない

サファイアは、どのような基準で評価されるのでしょうか。実は、宝石の中で国際的に明確な評価基準が定まっているのは、ダイヤモンドのみで、「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」の4つの項目が評価対象です。

サファイアの場合には、明確な評価システムは確立されていません。それでも一定の評価項目や基準がなければ、サファイアの購入や買取をする際に困ってしまいます。そのため、下記の項目が評価の対象として採用されるケースが多いでしょう。

注意したいのは、あくまでもサファイアの評価は業者判断にゆだねられるということです。ダイヤモンド以外の宝石ではその価格に何十倍という違いが生まれることもあります。過去には、そんなニュースが取り上げられ、人々を驚かせたこともあるほどです。

カラット

サファイアの重さは、カラットであらわされます。基本的にカラット数が大きいサファイアほど価値も増します。当然、買取価格も数字に比例して高くなるでしょう。

カット

宝石のカットには、何万パターンもあるとされています。ですが、評価基準が定められているのはダイヤモンドのラウンドブリリアンカットのみです。ダイヤモンドでは、ブリリアントカットのグレーティングを7要素で評価します。

しかし、サファイアにおいては、カットグレードは存在しません。サファイアもブリリアンカットが多く採用されていますが、評価に大きくかかわらないでしょう。

原産国

サファイアの原産国は、スリランカやミャンマー、タイ、ベトナム、ナイジェリアやオーストラリアなど多岐に渡ります。原産国だけでサファイアの価値が決まるわけではありませんが、スリランカやミャンマー産のサファイアが美しくグレードの高いものが多い傾向にあると言われています。

また、インドとパキスタンの中間で採掘されるカシミール産のサファイアは、幻の宝石と言われるほど希少価値の高いサファイアです。

クラリティ(透明度)

インクルージョンやブレミッシュ(傷)が少ないサファイアは、クラリティ(透明度)が高いです。一般的には透明度が高いほうが、宝石の評価も高いものです。

インクルージョン(内包物)

インクルージョンは透明感にも影響を与えるため、少ないほうが評価も高いです。ですが、スターサファイアのようにインクルージョンが評価をあげるケースもあります。

カラー(色の濃淡)

サファイアの評価においてカラーは重要です。色は、濃すぎても薄すぎてもマイナスの評価に繋がります。また、色むらがある、暗すぎるなども評価的にマイナスです。サファイアのカラーは、彩度や明度、色相から総合的に評価されています。

テリ(輝き)

テリや輝きの強いサファイアは、美しく見えます。逆にテリや輝きが弱いと、サファイア本来の美しさを感じられません。そのためテリが強いものは評価が高く、輝きがなくくすんだものは評価を低くつけられてしまいます。

そのほかの宝石の買取相場については、こちらの「様々な宝石の買取相場や査定基準」をまとめている記事で紹介しています。

高く売れるサファイアの特徴

相場の幅が広いサファイアを高く売りたいなら、以下の点を参考にしてみましょう。

コーンフラワーブルやロイヤルブルーなどの色

多種多様な色をみせるサファイアは、希少価値の高い色が存在しています。高く売れる代表的な色としては、深い青と透明感のあるロイヤルブルーと、矢車菊という花のような青さのコーンフラワーブルーです。

この2つはサファイアの最高級として、他よりかなりの高値がつきます。また、上記のブルーとはまったく異なる色のパパラチアサファイアも高値のつく色です。

加工処理が行われていない非加熱サファイア

サファイアの多くは、加工処理がおこわなれています。非加熱でも美しいサファイアは、非常に希少で出回る数も多くありません。そういった背景もあり、非加熱サファイアは加工処理されていないものより、数倍の差がつくケースも珍しくありません。

スターサファイア

インクルージョンがあることで価値の高まるスターサファイアは、まるで星のようにみえるインクルージョンが、相場を高めてくれます。

汚れを落としておく

汚れのあるサファイアと美しい状態のサファイアでは、査定時に差がついてしまうこともあります。ですから、必ず汚れをきれいにしておきましょう。

サファイアのお手入れ方法はとても簡単です。ちょっとした汚れなら、クロスで磨くだけでかまいません。もう少ししっかり汚れを落としたいなら、中性洗剤を溶いた30度ほどのぬるま湯を使ってブラシなどで洗いましょう。泡で洗うのがコツです。

サファイアは、モース硬度9と靭性に優れています。簡単に破損したり、傷ついたりする性質の石ではないため、超音波洗浄もできます。ひどい汚れには、超音波洗浄がよいでしょう。

ブランド品として売るか宝石として売るか検討する

ジュエリーとして使われているサファイアを売るなら、ブランド品かどうかも買取価格に影響をあたえます。人気のあるハイブランドジュエリーの場合、ブランド品として売ると相場が高くなる傾向にあります。

逆に希少価値の高いサファイア、Sランクのサファイアは、宝石として売却したほうが高値になるケースもあります。慎重に判断したほうがよいでしょう。

欠けないように梱包する

衝撃に強いサファイアですが、丁寧な梱包を心がけてください。サファイアを守るように専用の箱や衝撃緩和材を使用して1点ずつ梱包しましょう。

宝石専門店へ売る

素人と宝石の鑑定経験豊富な専門家では、サファイアの査定に差が出るものです。サファイアの持つ価値以上で売却するなら、宝石専門店をおすすめします。

複数社に査定を依頼する

サファイアを高く売るなら、かならず1社ではなく少なくとも3~5社に査定を依頼しましょう。評価システムが確立していないサファイアは、宝石を扱う業者でも買取価格にバラつきがでます。

鑑別書を持って行く

宝石の産地やカラット、カラーなどが記載された宝石鑑別書も査定に影響を与えます。鑑別書があるなら、忘れずに持っていきましょう。買取の際も、サファイアと一緒に持参、または送付するようにしましょう。

こちらで別途、鑑別書の発行方法や鑑定書との違いなどをご紹介しています。

付属品を全て揃えておく

サファイアを購入した際の箱や保証書などの付属品は全て揃えておきましょう。特にブランド品の場合、箱やギャランティカードの有無で大きく金額は変わります。

金、銀、プラチナなどの装飾も価値アップ

サファイアのジュエリーには、金や銀、プラチナといった他の金属が組み合わされていることもあります。

サファイアが埋め込まれたネックレスや指輪には金や銀、プラチナが使われることが多く、特に近年価値の高まっている金は、大きなプラス査定です。あまり使われることはありませんが、純金がもっとも高く、ついで18K、14Kと続きます。

サファイアのネックレス、指輪、ブレスレットなどを売る時にはサファイア以外の素材にも注目しましょう。

サファイアの買取はフリマ?買取業者?

オークションやフリマアプリでは、サファイアを適正に評価するのは難しいため、買取業者をおすすめします。グレードの高いものなら、何十万、何百万円にもなるサファイアの買取は、買取業者が安心です。

本物と非加熱や偽物の見分け方

サファイアには天然の他、加熱処理をほどこした物、そして偽物も出回っています。まず、非加熱処理と加熱処理済みのサファイアの見分け方についてみていきましょう。

素人が確実に見分けることはできませんが、サファイア内部のインクルージョンを確認すると判別できることがあります。非加熱のサファイアは、絹のようなシルクインクルージョンが多くみられます。ですが、加熱処理をすると、インクルージョンが減少します。肉眼ではなく、ルーペを使ってインクルージョンの様子をみるとある程度の予測がつくでしょう。

偽物の定義は色々とありますが、合成石のサファイアと過程した場合、まずルーペで石の内部に気泡がないかを探してみましょう。気泡があると偽物の可能性が高いです。また、偽物は息を吹きかけ石をくもらせた時、すぐにくもりが取れないのも特徴です。

本物より傷がつきやすいという点も、分かりやすい判断基準です。

高く売れるドットコムでサファイアを査定する

サファイアの買取は専門業者がおすすめ

サファイアには明確な評価システムはないため、業者による価格差がみられるため注意しましょう。希少価値の高いものやグレードの高いサファイアは、小さくても高値がつきますが、その価値がわかる知識を持った宝石に強い買取業社でなければ、何十倍も安い買取になることがあります。

手放したい場合には、複数社で比較し、納得がいく金額で買い取ってくれる買取業社に売却するのがおすすめです。

高く売れるドットコムでサファイアを査定する

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード