• 着物買取おすすめ

着物の買取相場を種類・産地・作家別まとめ|着物の買取におすすめの業者も紹介

着物の買取相場は素材や代表作家かどうか等で大きく異なります。しかし、買取業者が適正価格をつける知識を持っておらず、あるいは足元を見て二足三文の値段がつかないこともあります。買取相場をきちんと押さえておきましょう。

sirasaka

着物買取なら高く売れるドットコム

着物の買取相場を種類・産地・作家別まとめ|着物の買取におすすめの業者も紹介

着物は足元を見られ二束三文で買い取られてしまうことが多い、注意すべきジャンルの1つです。買取業者の知識量にとっては、着物の価値を適正に評価できずに、相場とは大きく異なる金額で買い取ってしまう事例も少なくありません。

生前整理や遺品整理、先祖代々の着物を使わないために思い切って売却する、七五三や浴衣、バブル期のものなどを手放すなど、さまざまなケースがあると思いますが、条件別に着物の買取相場を見ていきましょう。

また、後悔しないように、着物買取で注意したい点について細かく紹介していきます。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

着物の格や種類

洋服でもカジュアルやフォーマルがあるように、着物は種類ごとに格が存在します。中古市場においては格が高ければ必ず高いというわけではなく、需要に左右されています。

大きく分けて4種類に分類される礼装、準礼装、盛装、普段着について紹介します。

礼装、第一礼装

冠婚葬祭などの特別な日や公の行事で着用されます。花嫁の礼装は打掛、慶事は黒留袖・色留袖・本振袖、弔事は喪服です。

ちなみに、礼装の本振袖は厳しい査定になることが多いですが、振袖の買取相場について別の記事で取り上げています。

着物買取におすすめの業者を見る

準礼装、略礼装備

冠婚葬祭などの特別な日や公の行事などフォーマルな場で着用されます。着物の種類で明確に格を分けられているわけではなく、実際には帯や門の数などの要素によっても格が決まりますが、訪問着や付け下げ、紋付の色無地などが該当します。

盛装、外出着

パーティーなど華やかな場で着用されます。付け下げ小紋や無地の紬などが該当します。

普段着

お出かけの際に着用されます。浴衣、絞り、お召、小紋、更紗などが該当します。洋服と同じく、フォーマルな場での着用は好ましくありません。

なお、これら種類ごとの買取価格相場は着物の処分に関する記事/aでまとめています。

着物買取におすすめの業者を見る

着物の買取価格相場

産地や着物を作った人により価格が大きく異なりますが、一般的な着物は、買ったばかりの新品である場合に買値の10%〜20%、自宅保存されていた未使用品であれば10%以下の買取になることが多いです。

なかにはヴィンテージ品として価値がある着物や高価な着物などで、現代のトレンドやニーズに合っていることで、買値の80%で買い取られた事例などもあります。

着物の産地別買取価格相場

着物には有名な産地が複数あり、買取価格に大きく影響を与えます。詳しく見ていきましょう。

友禅(ゆうぜん)

江戸時代から続き、日本を代表する伝統的な着物の染め方である友禅は、当時発令された「奢侈禁止令」によもなって、抵触しないように生み出された着物です。京都に住んでいた扇絵師・宮崎友禅斎の名から取られたと言われています。糸目糊によって、細かな模様を表現することができますが、そのためには並々ならぬ技術が必要とされています。

友禅の産地は複数あり、地域や伝統によって風合いや色味に違いがあります。京都の「京友禅」、石川県金沢市の「加賀友禅」、東京都の「東京友禅」は三代友禅と評されています。

買取価格は、作家により20,000円〜150,000円程度の査定が出ることが多いです。

着物買取におすすめの業者を見る

紬(つむぎ)

蚕の繭から糸を取り出す、丈夫に織られたつむぎが、以前は作業着として活用されていました。しかし、着心地がよく落ち着いた雰囲気があることから、おしゃれ着としての需要が高まりました。

紬は全国的に追われており、産地によって風合いが異なりますが、中でも、鹿児島県・奄美大島の「大島紬」は世界三大織物の1つとされています。

買取価格相場には幅があり、一般的には3,000円〜10,000円程度ですが、元のね値段が高い上質な着物や有名作家のものでは、100,000円をゆうに超えることがあります。

着物買取におすすめの業者を見る

絣(かすり)

着物の柄や輪郭がかすれたように見えるのが特徴的な絣は、糸の一部をくくって染色しています。よく使われる素材は絹や麻、木綿です。カジュアルからセミフォーマルまで幅広く使え、洗濯してもへたりにくいことから、需要が高い着物の1つと言えるでしょう。

産地は様々にありますが、日本三絣を言われているのは、愛媛県・松山市の「伊予絣」、福岡県・越後地方の「久留米絣」、広島県・福山市の「備後絣絣」です。中でも、伊予絣は現役の職人はほとんど残っていないことから希少で価値が高い着物が多く存在します。

買取価格は、1,000円〜60,000円程度であることが多いです。

着物買取におすすめの業者を見る

上布

上等な布という意味にふさわしく夏用の高級着物として知られる上布は、さらっとした着心地に人気が集まっており、需要が高い着物の1つです。苧麻と呼ばれる糸を用いて、薄く織っているのが特徴的です。

中でも有名なのは、三大上布の近江上布(滋賀県・湖東地域)、越後上布(新潟県南魚沼市・小千谷市)、宮古上布(沖縄県・宮古島)のほか、八重山上布、能登上布、会津上布です。

買取価格は高く、50,000円前後が多いです。無形文化財に指定されているものであれば、200,000円程度の買取も期待できます。

着物買取におすすめの業者を見る

帯の格や種類

着物の格と同様に、帯にも格があります。一般的に両方の格を揃えて着用します。着物とは逆に、帯の場合には染めよりも織りの方が格上です。織りには、錦織やつづれ織、唐織りなどがあります。

丸帯

裏表で柄が異なる点が特徴的です。もっとも格が高い帯で、礼装に合わせて着用します。現在は、花嫁衣裳や舞妓さん、歌舞伎の衣装に限定されて使われます。非常に重たいため、結ぶのが大変な帯と言えます。

着物買取におすすめの業者を見る

袋帯

振袖や訪問着などに合わせて、フォーマルな場面で着用します。結び方は「良いことが重なりますように」という意味合いで、二重太鼓にすることが多いです。

名古屋帯

手先から胴に巻く部分までを半幅に折る、名古屋仕立てが一般的です。袋帯と比べると帯の長さが短い点が特徴で、比較的着用しやすい帯です。金銀の糸や箔などが入っているようなセミフォーマルのものからカジュアルのものまであります。結び方は一般的に一重太鼓です。

着物買取におすすめの業者を見る

半幅帯

カジュアルで着用される袋帯の半分の幅の帯で、バリエーションが豊かです。単衣帯と小袋帯の2種類を季節に合わせて使い分けます。結び方もさまざまにあり、アレンジを楽しめる帯の1つです。

角帯

礼装からカジュアルまで着用できる男性用の帯です。

兵児帯

カジュアルなシーンで使われ、部屋着でも用いられる男性用の帯です。

着物や帯のほか、和装小物を売りたいと思っている方は、こちらの記事でまとめていますので、ぜひ合わせてご参考ください。

着物買取におすすめの業者を見る

有名織元や呉服店の買取価格相場

産地だけでなく、もちろん誰が作ったかも重要です。有名織元や呉服店、人間国宝などになっている有名作家などのものは高額査定が期待できます。

ここでは、有名織元や呉服店について見ていきましょう。有名作家が作った着物の買取相場について詳しく知りたい方は、古い着物の買取相場に関する記事を合わせてご参考ください。

ゑり善(えりぜん)

えり善は1584年に創業した老舗呉服店です。フォーマルなものから普段使いのものまで、そして全国各地の伝統工芸品を取り揃えています。

よく取引される価格帯は30,000円〜50,000円前後です。しかし、中には100,000円以上価格がつくものもあります。

着物買取におすすめの業者を見る

千總(ちそう)

100万円を超える着物を多く扱い、主に高級デパートの呉服店に卸している1555年創業の京友禅の老舗呉服店です。京友禅といえば千總が真っ先に思いつくほど知られています。

人気ブランドなため、100,000〜150,000円が中心価格帯です。未使用の保存状態が良いものでは、500,000円以上の値段がつくこともあるでしょう。

桝屋高尾

1960年に創業した帯メーカーです。自社で企画・製造・販売をしている点で特徴的であり、中でもねん金綴錦が有名です。創設者の松尾弘氏は、500年前に作られた無地ねん金袱紗の復元を頼まれ、研究に明け暮れた結果、成功させたことが発端で、ブランドを生み出しました。

よく買取されている価格帯は、4万円前後です。

着物買取におすすめの業者を見る

紬屋吉平

紬屋吉平は、180年の歴史を持ち、残念ながら閉店してしまった銀座の伝説的呉服店です。

有名なのは結城紬で、200,000円以上の査定が期待できます。あまり流通していないことから、買取業者によって価格差が大きい可能性が考えられるため注意が必要です。

龍村美術織物

古代裂復元と創作の代名詞である龍村美術織物じゃ、歴史的建造物に用いられたり、数々の復元を成し遂げたりしているなど多くの功績を残しています。芥川龍之介も初代・龍村平藏の作品に魅了されたそうです。

着物よりも有名ですが、手織りの帯は年間10本程度しか作られず、1,000,000万円程度の査定も期待できます。特に初代が作ったものであれば、非常に高い値段がつく可能性が大いにあります。

むら田

1833年に銀座で創業したむら田は、最高級結城紬として知られる老舗呉服店です。礼装から日常着まで手がけ、伝統を現代に生かした創りにこだわっています。

買取価格は40,000円前後であることが多いです。

着物買取におすすめの業者を見る

志ま亀

1810年に京都で創業した志ま亀は、開業当時は都踊りで使う衣装を手がけてきました。のちにさまざまな着物を制作し、柄の種類も豊富です。東京・銀座に進出したことで、名が全国に知られるに至りました。

買取価格は30,000円前後であることが多いです。

30〜40年前のバブル時代の着物の買取価格相場

先祖代々受け継いで来た着物のほかに、多くの方が今持っている着物にバブル期のものがあります。このころは数百万円もするような高価な着物が頻繁に売れ、ピーク時には2兆円近くの売り上げがありました。

10年も前の着物はあまり売れない現状がありますが、大して一点ものを頼んだり、非常に高価な着物を頼んだりしたバブル期の最高品質の着物は、着物の歴史が長いこともあって、30〜40年前でも古くないという認識を持たれることがあります。

しかし、なんでも売れる時代だったことから、買ったときは高価であったにもかかわらず、手抜きで作られている着物や偽物であることも少なくありません。本物であれば、数十万円の価格がつくこともあります。

七五三の着物の買取価格相場

七五三の着物も定着している行事であることから、多くの人が持っている着物です。子どもの成長を祝うために7歳、5歳、3歳の子どもが神社やお寺に参拝する行事であり、着物を着せることが多いためです。

行事が終わったり、お下がりとして使う子どもがいなくなったりすれば、着られなくなることがほとんどでしょう。売り手がつく可能性があまり高くないことから、子どもの着物は断る買取業者が少なくありませんが、買い取ってもらえる場合には数百円〜10,000円程度の査定が出ることが多いです。

七五三の着物の買取については、こちらの七五三の着物の買取におすすめの業者や高価買取のコツをまとめた記事でご紹介しています。

着物買取におすすめの業者を見る

浴衣の買取価格相場

浴衣もまた、お祭り用に1着は持っている人が少なくないでしょう。トレンドや年代に合わせて定期的に買い替えたいと思い売却を考えることがあると思いますが、需要が限定的であることから買取を断られてしまうことが少なくありません。

もし買取をおこなってくれる業者に依頼した場合には、よく購入されるリーズナブルなものでは数百円から竺仙や三勝といった、老舗の浴衣などでは、数千円程度で買い取られることもあるでしょう。

竺仙とは

1842年に創業した竺仙は、自社企画、生産、販売を続けている志ぶい物の総本家本元です。俳句が趣味で、日本画をモチーフにした着物や歌舞伎衣装が評判になったことが創業のきっかけです。

浴衣と江戸小紋の2種類を多く取り扱っており、現代でも利用しやすいデザインであることが特徴的です。竺仙染は江戸、明治から伝わる型紙と職人の技術で作られてきました。

三勝とは

1984年に創業された三勝は、人間国宝の清水幸太郎氏が専属職人を務めたことでも知られています。取り扱う着物は長板中形、注染、正藍染のほか、江戸の意匠に現代の感性を活かした柄を染めつけたオリジナルブランドがあります。

そのほかの浴衣について詳しく知りたい方は、合わせてこちらの浴衣買取におすすめの業者や高価買取のコツをまとめた記事をお役立てください。

着物買取におすすめの業者を見る

着物の帯の買取価格相場

着物1着に対し複数の帯を購入する人もいるため、セットで売るに越したことはありませんが、セットで購入した帯も単体で買取に出すことができます。

なお、少しでも帯を高く売りたい方は、合わせてこちらの記事をご一読ください。高く売れる帯の特徴やおすすめの買取業者について紹介しています。

丸帯

一般的には、5000円〜10,000円で買い取られることが多いです。しかし、有名作家のものなど高価なものでは、数万円という価格がつくことがあります。

袋帯

需要が高いことから、10,000円〜20,000円で買い取られることが多いです。しかし、有名作家のものなど高価なものでは、〜200,000円程度が期待できます。

名古屋帯

一般的には2,000円〜5,000円程度で買い取られます。しかし、有名作家のものなど高価なものでは、〜100,000円程度が期待できます。

半幅帯

カジュアルなものであることから、数百円の査定が出ることが多いです。しかし、有名作家のものなど高価なものでは、2万円程度の査定が出ることもあります。

角帯

あまり高値が期待できません。基本的には、まとめて売って買い取ってもらう形です。

兵児帯

あまり高値が期待できません。基本的には、まとめて売って買い取ってもらう形です。

買取不可もしくは買取金額が厳しい帯

需要が少ないことから、お葬式などで用いられる黒喪帯は思うような金額になりません。また、化学繊維やウール粗大の帯も需要が低くリーズナブルであることから、金額がつかない可能性があります。

着物に対応している買取業者8選

特に価値がある着物は慎重に買取業者を比較することで、大きく買取価格が変わる可能性があります。そこで、着物買取をおこなっている買取業者の例を紹介します。

 

高く売れるドットコム

高く売れるドットコム 古銭や貴金属などを買い取っている高く売れるドットコムは、東証プライム上場企業が運営している買取業者です。買取相場の固定された価格表はなく、会社独自のデータとリアルタイムの市場買取相場を用いて買取額を提示しています。また、高価だけれど使用感がある着物なども積極的に買取しており、着物に関する記事も多く配信しています。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかですが、WEB上の買取・販売に特化している点が特徴です。

無料査定のお申込みは電話0120-503-864(受付時間は9:15~21:00)または下の緑のボタンからご利用いただけます。

高く売れるドットコムで着物を査定する

福ちゃん

福ちゃん 着物買取

骨董品や着物を買い取る福ちゃんは、メディア露出をすることがあり、業界では大手に部類されます。有名作家の着物の買取を得意としています。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

福ちゃんで着物を査定する

バイセル

ブランド品など多くのジャンルを取り扱っているバイセルは、ウールや化繊のものも買取対象な点が特徴的です。バイセルオンラインで着物を販売していることから、販売ルートの1つにインターネット展開があることがわかります。着物によっては、「まとめていくら」という買い方がされているようです。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

バイセルで着物を査定する

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド(THE GOLD)

骨董品や宝石なども買い取っているザ・ゴールドは、買取実績で複数枚の着物で数十万円や100万円以上になる買取相場を紹介しています。女性スタッフが多数いるため、一人暮らしの女性も安心かもしれません。対応のよさに定評があります。買取方法は、店頭、宅配、出張のいずれかです。

ザ・ゴールドで着物を査定する

買取プレミアム

買取プレミアム

貴金属や切手なども買い取っている買取プレミアムは、公式サイトで数々のコラムを打ち出しており、買取相場などを紹介しています。女性査定員が複数在籍しているため、女性も利用しやすいでしょう。買取方法は店頭、宅配、出張のいずれかです。

買取プレミアムで着物を査定する

着物10

着物10

着物10は以前は着物買取ヤマトクという屋号で営業していた買取業者です。値段がつかない着物も無料で引き取りする旨をサイトで明記している点が特徴的です。宅配買取に特化しているため、値段がつかなくても処分したいものがある人は利用しやすいでしょう。

着物10で着物を査定する

コメ兵

コメ兵の宅配買取

宝飾品やブランド品なども買い取っているコメ兵は、「古い着物も値段がついた」などの評判がある買取業者です。買取方法は店頭、宅配です。店舗は全国的に展開しているものの、着物買取は名古屋に限定されているため注意しましょう。

コメ兵で着物を査定する

Piece

Peice

少量、大量問わず、状態の悪い着物も買取対象のPieceは、男性着物も買い取っている買取業者です。公式サイトでは、「まとめての買取価格のご提示は致しません」と未言しています。買取方法は、宅配、出張のいずれかです。

Pieceで着物を査定する

着物買取は二束三文での売却に注意

本当は高く売れるはずだった着物が、数百円で買い取られてしまうことがあります。着物は特に、売るのに注意が必要なジャンルの1つと言えます。

着物の需要は低いわけではない

リメイクして着物を楽しむ人や観光地でレンタルして和の気分を味わう人が多くいるだけでなく、外国人に人気がありお土産としての需要があることから、買取市場では着物の売買が盛んにおこなわれています。しかし、着物の買取には着物作家の買取相場や価値を見出す知識、現代の需要に合っているかどうかの判断力など多くのことが求められます。

高く売れるドットコムで着物を査定する

適正価格が出しにくいゆえの低い査定額になることがある

そのため、残念ながら売り手が想像するような値段で買い取ってくれる買取業者はほとんどないと言われている現状があります。中には、着物は全て一律でグラムでいくらという買取方をしている買取業者もいます。もちろん、値段がつかないような着物の場合に、グラムでも買い取ってくれた方が嬉しい方が多いでしょうから、必ずしもグラム買取が悪いわけではありません。

古着も買取業者が販売した際に売れるものはさほど多くないことから、不良在庫を見越して安く買取って利益を多めに乗せて販売することが多いですが、着物も同様の売買のされ方がされやすいジャンルといえます。

実際に口コミなどを見ると、着物を多く持って行ったにもかかわらず数百円にしかならなかったというエピソードが多く散見されます。購入時の金額が高額であったものほど、想像との違いに戸惑ってしまうかもしれません。

高く売れるドットコムで着物を査定する

悪徳業者も少なくない

逆に、先祖代々引き継いできた着物をもう着る機会がないために思い切って売る人や、遺品整理でまとめて着物を売る人が増えてきていることから、売り手が所有している着物に関する知識を持っていないケースが増えています。

骨董品や美術品でも多いのですが、残念ながら売り手が安い価格をつけられたとわからないだろうと思うと、かなり低い査定を出されるケースがあります。

悪徳買取の事例:店頭買取

口コミで見かける事例の1つとして、祖母に頼まれて店頭買取で持って行った際の話があります。「少々お待ちください!」となにやらスタッフが集まって相談を始め、戻ってきた際に「今なら20万円で買い取れます。即断していただけない場合にはこの金額で引き取れません」と言われ、焦って売ったところ、この方は後から100万円以上で売れる代物であることが発覚しました。

基本的に、他者と比較させず、祖母と相談させずに買い取るような方法では、高く買い取ってくれるケースがほとんどありません。

悪徳買取の事例:宅配買取

着物は1着で1kgを超えるものが少なくないことから、宅配買取などが積極的に活用されます。しかし、口コミでは後悔の声が少なくありません。

よくある事例として、査定金額に納得していないのに勝手に振り込まれて送ったものが戻ってこなかったケースや、いつまでもお金が振り込まれないケースなどがあります。

また、キャンセルして戻ってきたものの雑な梱包をされてしまったために、着物の価値を大きく下げてしまうことが少なくありません。宅配に出す前に買取業者の口コミを確認したり、保証がある発送方法をおこなっているかどうかを確認したりすることをおすすめします。

悪徳買取の事例:出張買取

他にも、遺品整理で出張買取をお願いした方の話があります。この方は、ある程度は売りたいと思っているものを伝えていたにもかかわらず、買取業者が家のものを確認した際に、「もっと価値があるものがあると思っていた。これだけの買取金額では困る」と出張費がかかっていることを訴えられ、半ば強引に売るつもりがない価値があるものを言い値で安く買い取られてしまいました。

もし、査定金額に納得して出張買取を依頼したわけではなく、自宅に来た段階で売るものや金額が決まっていない場合には、クーリングオフが適用できるため、悪質な場合には消費者センターなどに相談してみましょう。

さらに着物によくあるトラブルについて知識をつけたい方や悪徳業者の特徴を知りたい方は、こちらの記事で詳しく取り上げていますので、ご活用ください。

着物を納得がいく金額で売るためには

着物を売る際には、着物や骨董品に対応しており詳しい知識を持っている買取業者に査定依頼をするとともに、多くの買取業者で比較し、納得がいく金額で買い取ってくれる業者を探すことをおすすめします。

知識があるかどうかは、買取業者のサイトや口コミからある程度の見分けがつくでしょう。しかし、買取業者にも得意分野があることがあり、どうしても査定スキルにばらつきが生じてしまいがちです。実際に査定依頼をして見たら、口コミとは異なると感じてしまうこともあるかもしれません。

見積もりの際は、着物に関するエピソードや知識を持っていくと、交渉の余地が生まれる可能性があります。できることなら、売ろうと考えている着物にまつわる情報は収集しておきましょう。

高く売れるドットコムで着物を査定する

買取業者の選び方

口コミ以外では、どのような点に気をつけるとよいでしょうか。買取業者を選ぶ際の選び方を紹介します。

着物専門の査定員がいるか

買取業者は着物に特化しているケースもあれば、さまざまなジャンルを買い取っているケースもあります。さまざまなジャンルを買い取っているから着物は高く買い取れないかというと、必ずしもそうではありません。

貴金属は貴金属専門の査定員、着物は着物の査定員といったようにジャンルで専門の査定員がいる場合や、着物でも有名作家に特化している査定員や帯に特化している査定員がいる場合もあるためです。大きな買取業者では、各分野の専門の査定員が在籍しており、その数が数十人に及ぶこともあります。

着物や売りたい着物の分野に関する知識を持っている査定員がいそうか、買取業者のサイトやメディア露出している場合にはメディアなどから判断してみるのも1つの方法です。

着物情報に深みがあるか

買取業者によっては、着物に関する情報を配信していたり、買取ページで代表作家の着物の魅力などに触れていたりすることがあります。その内容が誰でも知っているような内容にとどまるのか、深みがあるのかどうかも1つの指標になることがあるでしょう。

見えやすい情報のほかにも、着物買取で困りやすい内容を先回りして説明していたり、あると便利だと思うサービスを導入していたりと、着物に対する解像度が高いかどうか見分けられる箇所は少なくありません。

買取実績を見てみる

買取業者は、買取実績や買取価格を掲載しているところが多くあります。広告として高く買い取った可能性も考えられるため、公式サイトで紹介している買取価格が相場より高いから高く買い取ってくれる業者だと判断するのは総計ですが、着物の価値を適正に評価できるかどうかという1つの指標になるでしょう。

また、買取数は「他の買取業者よりも、その買取業者で売りたいと思った」という1つの指標です。大手ほど知名度が高いためどうしても買取件数は多くなりがちですが、どの程度の人が買取をお願いしたいと思ったのか、確認してみてもよいのではないでしょうか。

本当に値段がつかない、買取不可な着物の特徴

リーズナブルな着物でもないのに、本当に二束三文になる着物はそれなりの理由があります。例えば、シミやカビ、色落ち、汚れ、虫食いが表面にある状態では、着物そのままで使うことは難しく、ハギレとして使用価値があるかどうか判断する必要性が生じます。

こちらの記事などを参考にし、良好な保存状態を保ちましょう。

どうしても落ちない場合には、クリーニングを業者に頼む方法があります。やはり、素人がおこなうよりもきれいになりますし、着物を痛めるリスクが低いです。よくあるクリーニング屋ではなく、必ず着物専門のクリーニング業社に頼みましょう。

とはいえ、クリーニング代が高く、売却前提できれいにしても、査定額があまり高くならない可能性もあります。費用対効果で検討しましょう。もし、クリーニンク代を安く済ませたいのであれば、安くしているクリーニング専門店もそれなりにあります。

クリーニングするほどではない場合には、クリーニングではなく、ご自宅でしみ抜きをする方法もあります。売れる可能性にかけたい方やまだまだ着たいと思っていた方はぜひ、しみ抜きを試してみてください。

また、元々は高いものであっても、もし着物の素材が価値の低いものであれば、高い金額を出すことは難しいです。逆に、買ったときは高かったものでも、喪服などそもそも中古の需要がない着物や、10年以上経っていて流行などに即しておらず需要のない着物、小さくてお直しして着ることが難しい着物などは、ほとんど売れないために高く買い取ることができません。

着物を見て誰が手がけ、どれほど価値があるのか見分けるのが難しいことから、証紙や落款がないために、価値が証明できずに二束三文になってしまうこともあります。

シミやカビ、色落ち、汚れ、虫食いの着物でも売れる事例

査定金額がマイナスになることは想像に容易いですが、それでも状態が悪い着物がそれなりの金額で買い取られる場合もあります。

例として、裏地などの目立たない場所にシミやカビ、色落ち、汚れ、虫食いなどがあるケースや修復が可能なケース。さらには、多少状態が悪くても欲しいと思われるような高価な着物などが考えられます。

基本的には無料引き取り〜数百円程度の買取がされますが、中には数万円で買い取ってもらえるものもあるでしょう。

ハギレの買取については、こちらの記事で詳しく取り上げています。

まとめ

着物は格が高ければ高く売れるというわけではなく、礼装や喪服など使用場面が少ないものや中古で入手するのをためらう人が多いものは需要が少ないため、思うような金額がつきにくいです。有名作家のものであれば数万円や数十万円などの高価買取も期待できますが、証紙などがない場合は特に、その価値を買取業者が適正に評価することができず、二束三文で買い取られてしまう可能性が大いにある点も注意が必要です。

足元を見られるケースが多々あるため、できれば売ろうと思っている着物の知識をつけておくとよいですが、知識があり適正価格を提示してくれそうな買取業者複数に査定依頼をし、納得がいく金額で売ることがおすすめです。

トラブルを起こすような買取業者ではないか、知識がありそうかどうかなどは口コミである程度の見分けがつきます。遺品買取など、着物の購入価格や価値がわからないものは特に、慎重に売却先を考えてみてはいかがでしょうか。

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード