• 農機具・建機買取おすすめ

草刈り機の処分方法5選!寿命や壊れた草刈り機の買取方法も解説

草刈り機を買い替えるときや壊れた場合の処分方法を紹介しています。無料で処分する方法や寿命についてもまとめました。草刈り機の処分方法で悩んでいる人は、ぜひ参考にして費用をかけずに処分してくださいね。

sirasaka

草刈り機の処分方法5選!寿命や壊れた草刈り機の買取方法も解説

「壊れた草刈り機を処分したい」

「できるだけ費用をかけずに草刈り機を処分したい」

そんなことを思っている方に向けて、草刈り機の処分方法をまとめました。

また、草刈り機の寿命や処分前にしておきたいことも解説しています。

草刈り機の処分を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

また、壊れた草刈り機としても、業者によって買取が可能の場合もありますので、一度買取査定を出して損がありません。

おすすめの草刈り機買取サービスはこちら

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

草刈り機の処分方法5選

草刈り機の処分方法は大きく5通りに分類できます。

それぞれ処分にかかる費用や手間が異なるため、それぞれ確認しておきましょう。

草刈り機を買取してもらう

草刈り機をはじめ、農機具を買取してもらえる業者やリサイクルショップも多くあります。

草刈り機のタイプ・メーカー・コンディションによるものの、買取の相場は数千円〜2万円ほどで、中には10万円以上で買取してもらえるケースも。

さらに、農機具の買取をおこなっている業者の多くは、出張引き取りを無料で実施しているため、店舗に持っていく必要がありません。

買取業者なら壊れている草刈り機を買取してもらえることもあるため、草刈り機の状態に関係なく、一度査定をしてもらうのがおすすめです。

おすすめの草刈り機買取サービスはこちら

粗大ゴミで処分する

草刈り機は、自治体で粗大ゴミとして処分することが可能です。

また、電気式の小型草刈り機なら、資源回収として持ち込みできる場合もあります。

費用は自治体によって異なり、500〜2,000円ほど。

粗大ゴミで処分する際の手順は以下の通りです。

  1. 自治体のサイトや電話で申し込む
  2. 処分する草刈り機に貼る処理券を購入する
  3. 処理券を貼った草刈り機を指定された日に収集所に出す

詳しい手順は各自治体のサイトに掲載されています。

ただし、エンジン式は回収不可、バッテリー式は回収不可という自治体もあるため、住んでいる自治体の公式サイトや電話などで確認をしてから処分しましょう。

草刈り機の刃だけを処分する場合は、不燃ゴミや危険ゴミとして処分できます。

刃を処分する場合は、刃の部分を布で包むといった安全対策をしてから処分してくださいね。

不用品回収で処分する

粗大ゴミは、事前にシールを購入したり指定の場所へ持っていいたりしなければいけませんが、不用品回収業者を利用すれば自宅まで取りに来てくれます。

草刈り機を持ち運ぶ必要がないため、手軽に処分したい人にとっては選択肢のひとつ。

また、草刈機以外の農機具を処分する場合にも、まとめて処分できることが不用品回収を利用するメリットです。

しかし、出張費などを含めて、草刈り機だけでも5,000円ほどの費用がかかってしまいます。

費用がかかっても楽に処分したい場合はありですが、費用を抑えて処分したい人はほかの方法を検討しましょう。

下取りしてもらう

新しい草刈り機を購入する場合は、購入する販売店やメーカーで下取りしてもらえる可能性もあります。

ほとんどの店舗やメーカーは、下取りの際に自宅まで引き取りにきてもらえるので、手間がかからないことはメリットです。

ただし、製造年やメーカーなどの条件があることも多いため、処分しようとしている草刈り機が下取りしてもらえないことも。

また、下取りの金額は買取よりも安いことが多いことも懸念点です。

オークションサイトを利用する

オークションサイトでも、草刈り機は取引されています。

比較的新しい草刈り機なら、買取や下取りの金額以上で売れることもあるため、できるだけ高く売りたい場合はひとつの手段です。

しかし、発送をしなければいけない手間や送料の負担も加味しておく必要があります。

売却後に、購入者から「動かない」という指摘があるなど、トラブルも自分で対処しなければいけないため、手軽さを重視する人には向いていません。

草刈り機を処分する前に買取業者を利用!

草刈り機を処分する際のおすすめの方法は、買取業者の利用です。

費用がかからないばかりか、使わない草刈り機を処分して現金が手に入ります。

さらに、出張引き取りを利用すれば、草刈り機を移動させる手間もありません。

壊れている草刈り機でも買取をしてくれるケースや、買取はできなくても無料で引き取ってもらえるケースも。

そのため、費用を抑えつつ手軽に草刈り機を処分したい人は、買取業者を利用してみるのがおすすめです。

本記事では、草刈機の買取をおこなっている業者を2社紹介していきます。

農機具高く売れるドットコム|手軽に草刈り機の査定をしてもらえる

農機具高く売れるドットコム
運営会社 株式会社マーケットエンタープライズ

全国で買取をおこなっている「農機具高く売れるドットコム」。

無料で草刈り機を引き取りにきてもらえるため、農作業などの合間に買取をしてもらえます。

さらに、WEB・電話・LINEでの事前査定にも対応しているのが魅力です。

LINEでは、公式アカウントを友だちに追加し、買取してほしい草刈機の情報と写真を送るだけで、LINE上に買取価格の目安を送ってもらえます。

もちろん、査定も出張引き取りも無料で対応してもらえるので、ぜひ試してみてくださいね。

農機具高く売れるドットコムで無料査定する

農機具買取ドットコム|壊れた草刈り機も買取してもらえる

運営会社 株式会社MEトレーディング

壊れた草刈り機を処分するときに利用したいのが「農機具買取ドットコム」です。

海外にも販路を持っているため、壊れた草刈り機でも分解して輸出できることが強み。

さらに、軽度の故障であれば、自社でメンテナンスをしてから販売できるため、他社では買取不可になった農機具を買取した実績もあります。

事前査定は、WEB・電話・FAXに対応しており、買取をしてもらう際は全国で無料出張引き取りを実施していますよ。

農機具買取ドットコムで査定する

▼その他のサービスも検討したい方は農機具全般の買取情報やおすすめの買取業者を紹介している記事もありますので、合わせてご覧ください。

草刈り機の買取前にしておきたいこと

草刈り機の処分をする前にしておきたいことをまとめました。

買取を利用する場合は、買取金額にも影響することなので、チェックしておきましょう。

きれいにしておく

草刈り機を処分する際は、草や土などをきれいに落としておきましょう。

また、買取をしてもらう場合は、サビやほこりを落としておくことで、買取価格が下がってしまうのを防げます。

動作確認をしておく

粗大ゴミや不用品回収を利用する場合は不要ですが、買取をしてもらう場合は動作確認もしておくのがおすすめ。

草刈り機などの農機具は、正常に動作しないと買取価格が大きく下がります。

つい最近まで使っていた場合でも急に動かなくなることもあるため、査定の申し込み前に動かしておきましょう。

付属品を揃えておく

草刈り機を処分する際は、付属している部品や替え刃、アタッチメントの処分も忘れずに。

買い替える場合は、新しい草刈り機にもアタッチメントなどが使えない場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

また、買取の際は、付属品が揃っていることで買取価格のアップが見込めます。

保証書やメンテナンスの証明書の有無も買取価格に影響するため、一度探してみてくださいね。

壊れた草刈り機は修理と買い替えのどちらがいい?

草刈り機が壊れてしまった場合、買い替え以外にも修理をするという選択肢があります。

買い替えた方がお得なのか修理の方がお得なのかは、壊れた箇所や使用年数によって違うため、一概には言えません。

そこで、草刈り機の寿命や修理にかかる費用についても解説していきます。

草刈り機の寿命は?

草刈り機の寿命は、一般的には5〜10年と言われています。

とはいえ、メンテナンスをしながら20年以上使い続けているケースも珍しくありません。

ただし、年数が経てば故障する確率も高くなるため、5〜10年以上使っていて故障をした場合は、修理をしてもすぐに別の箇所が故障することも。

そのため、寿命と言われている5〜10年に差しかかった草刈り機が故障した場合は、買取を利用しつつ買い替えるのがおすすめです。

芝刈り機の故障・寿命のサイン

草刈り機を買い替えた方がいいサインは、主に以下の3つ。

  • エンジンがかからない
  • 刃の回転の調子が悪い
  • 煙が出てくる

故障箇所や程度によってはホームセンターなどで修理も可能です。

しかし、前述したように、故障箇所を直してからすぐにほかの箇所が故障してしまうこともあります。

そのため、エンジンや刃の回転の調子が悪くなったら、買い替えも検討しておきましょう。

修理の費用

草刈り機の修理は、箇所によって費用が大きく異なります。

例えば、点火プラグの交換であれば2,000円ほどですが、コイルローターを交換してもらう場合は10,000円以上かかることも。

また、マフラーの交換や燃料タンクの交換は、5,000円以上かかることが多いです。

新しい草刈り機を購入するよりは安く修理できることがほとんどですが、修理を重ねるうちに草刈り機本体の金額を超えてしまう可能性もあります。

軽度の故障であれば、ある程度の金額での買取も期待できるため、新しい草刈り機の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

草刈り機の処分をするなら、まずは買取業者で査定をするのがおすすめ

草刈り機を処分するなら、買取の利用がおすすめです。

壊れていても買取してもらえることがあり、買取不可だった場合でも無料で引き取ってもらえるケースが多くあります。

費用をかけずに草刈り機を手放せるので、まずは査定をしてもらってみてはいかがでしょうか?

農機具高く売れるドットコムで無料査定する

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード