• 楽器買取おすすめ

クラリネットの買取おすすめ業者4選|買取相場や高く売る方法をご紹介

クラリネットは種類によって買取価格が大きく異なります。そこで、本記事ではブランド別に買取価格相場をまとめました。おすすめの業者も取り上げているため、ぜひ参考にしてみてください。

sirasaka

クラリネットの買取おすすめ業者4選|買取相場や高く売る方法をご紹介

クラリネットは、吹奏楽や管弦楽が好きな方であれば1度は手にしたことのあるのではないでしょうか。

「練習用からもっといいものに買い換えたい」

「違う素材のクラリネットに買い換えたい」

「もう使うことがないから手放したい」

など、売りたいと思う人の理由はさまざまでしょう。本記事ではクラリネットの買取相場とおすすめの業者を紹介します。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

クラリネットの買取おすすめ業者4選

実際にクラリネットを売却しようと思っても、どの業者に買取に出せばいいか悩んでしまうものです。そこで、クラリネットを買い取っている買取業者の比較をしていきます。

<>

楽器高く売れるドットコム

楽器高く売れるドットコム

参考:楽器高く売れるドットコム

弊社マーケットエンタープライズが運営する楽器高く売れるドットコムでは、クラリネット買取を積極的におこなっています。また、楽器の査定に精通しているスタッフも在籍しており、丁寧な査定で適正価格での買取を行っています。

状態の悪いクラリネットや、ジャンク品に近いものなども積極的に査定しておりますので、売れるかどうか分からないものもぜひお気軽にご相談ください。
もちろん、付属品が無い場合や、商品に傷がある場合もしっかりと査定可能です!

買取方法は、店頭買取、宅配買取、出張買取の3種類。お客様に合わせたメリットのある買取方法をご提案しています。

無料の事前査定のお申し込みは、電話または下の緑のボタンからメールでお申し込みいただけます。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さん

参考:楽器の買取屋さん公式サイト

楽器の買取屋さんは、楽器の査定に特化した楽器専門の買取専門店です。楽器の買取屋さんのスタッフは、現役のミュージシャンや楽器の修理専門学校に通っていた人など、本当の楽器好きが多く在籍しています。したがって、他の店舗よりも楽器の知識などに詳しい査定員が多いため、適正な価格でクラリネットを買い取ってくれることが期待できます。

買取方法は店頭買取、宅配買取、出張買取の3種類を実施しており、迅速且つ丁寧な買取をおこなっているとのことです。

楽器の買取屋さんでクラリネットが
いくらで売れるか無料査定する

バイセル

バイセル 楽器買取

参考:バイセル

バイセルは、一般的なリサイクル品の査定に関しても多くの高評価を得ている買取専門店です。一方、クラリネットなどの管楽器の買取に関しても定評があり、楽器の査定に関しても詳しいスタッフが対応しているとのことです。

買取方法は店頭買取、宅配買取、出張買取の3種類の買取方法を実施しており、ユーザーのニーズに合わせた買取方法を実現しています。全国のさまざまな場所や、ショッピングセンター内に店舗を構えていますから、店頭買取も多くの人が利用しやすいでしょう。

バイセルでクラリネットが
いくらで売れるか無料査定する

タカミツ楽器

タカミツ楽器 買取

参考:タカミツ楽器

タカミツ楽器はテレビ出演実績もある全国対応の楽器買取店です。買取サービスにかかる手数料もなく、キャンセルになった場合のキャンセル料もかかりません。年末年始を除く 電話またはオンライン査定を受け付けているためシンセサイザーなど売却したい機材や楽器があれば申し込んでみてはいかがでしょうか?

タカミツ楽器でクラリネットが
いくらで売れるか無料査定する

クラリネットを買取している楽器専門の買取業者をさらに比較したい方は、こちらの楽器の買取おすすめ業者をまとめている記事をぜひご覧ください。

クラリネットの買取相場

クラリネットは長い歴史を持つ楽器としても有名で、中にはとても高額で買取されているものもあります。そこで、クラリネットの買取相場について解説をしていきます。

クランポンのクラリネットの買取相場

クランポンクラリネットは1955年の発売当時より高い評価と、世界中で支持を受けている人気の高いタイプのクラリネットです。学生からプロの演奏家まで、幅広い奏者に演奏されています。

買取相場は5~15万円程度で、発売年度や種類によって価格が異なっています。また、タンポ状態、外装ひび割れや錆、へこみやメッキの剥がれ状態により価格が変わりますから、保管状況も十分確認しましょう。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

セルマーのクラリネットの買取相場

セルマーのサックスは最初の販売価格がとても高額で、演奏しなくても装飾品として飾る方も多い楽器です。セルマーは吹けば吹くほど音に味が出る「吹き込み」という作用があり、使用と共に自分にとっての価値も高くなるのも特徴です。

セルマーの買取相場は5~50万円程度で、全体的に高額で取引されています。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

YAMAHAのクラリネットの買取相場

YAMAHAのクラリネットは、研究に研究を重ね、多くの時間を費やして作られている高品質のクラリネットです。大きな特徴としてヤマハのクラリネットは「CE」と「SE」という2種類の個性に分類されています。それぞれの種類によって音に微妙な違いがあり、さまざまなアーティストの試奏、実験により見事な音が形成されているのも特徴的です。

YAMAHAのクラリネットの買取相場は5~50万円程度で、保存状態や、タイプによって値段が大きく異なっています。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

島村楽器のクラリネットの買取相場

有名な楽器メーカーである「島村楽器」も現在は「ビュッフェ・クランボン」などとコラボし、クラリオンの新製品の開発をおこなっています。コラボレーション作品は美しい音で長く楽しめることを追求して制作されており、さまざまな工夫が施されています。

買取相場は3~80万円程度であり、買取価格の幅がとても大きいのが特徴です。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

下倉楽器のクラリネットの買取相場

下倉楽器は独自のオリジナルのクラリネットとして「マルカート」を販売しています。その音色はとても美しく、現在多くのクラリネット奏者が愛用しているオリジナリティーの高いクラリネットです。

買取相場は、5~15万円程度で取引がされており、クラリネットの中では比較的リーズナブルな価格で取引がされています。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

マウスピースの買取相場

クラリネットを演奏する上で絶対に欠かせないアイテムが、マウスピースです。実際にクラリネットの価格は分かっても、マウスピースの価格については知らない方がほとんどではないでしょうか。

実際に、クラリネット演奏で使用するマウスピースの買取相場は安いもので3000円程度から、高額なものであれば5万円もするものもあります。

クラリネットを高価買取してもらうコツ

クラリネットはメーカーや商品の状態などにより、買取価格が大きく異なっていきます。したがって、普段の手入れなども重要ですが実際に買取に出す際は、どのような点に注意すれば高額査定に結び付くのでしょうか。クラリネットを高く売るコツについて詳しく解説をしていきます。

付属品や保証書を揃えておく

他の商品の買取と同様に、クラリネットも付属品や保証書を揃えておくことは高額査定を狙うのであればとても重要です。特に高級メカーであれば、保証書はクラリネットの品質を証明する証となりますので、査定金額にも大きな影響が出ることは間違いありません。

また、付属品であっても、演奏する上で重要なアイテムなどもあります。したがって、売却時になければ、価格が大幅に下がってしまうこともありますから、厳重に保管しておきましょう。

傷などが付かないように気をつける

クラリネットなどの楽器は、メッキが剥げてしまったり、傷などが付いてしまったりすると価格が大幅に下がってしまう恐れがあります。できるだけ傷がつかないようにするには、演奏しない時は必ず専用の収納ケースに入れて保管しておくのがおすすめです。

また、普段からケースに収納しておけば、クラリネットが直接空気に触れることも少なくなりますから、メッキなどの剥がれも少なくなります。

収納ケースにカバーを付けて保管する

クラリネットを収納しておくカバーも、大事に保管して状態が良ければ高額査定が十分期待できます。したがって、収納ケースも楽器の1部と考えて、プラスティック製のカバーなどをつけて大事に取り扱えば、売却時の高額査定も期待できます。

消耗品は必要に応じて交換する

長年クラリネットを演奏すれば、どうしてもマウスピースなどの消耗品が古くなっていきます。また、古い状態の消耗品を使用していけば、他の部分に負担がかかってしまい、大きな故障などが発生してしまうかもしれません。

したがって、大きな故障などに繋がる前に消耗品は必要に応じて交換するように徹底しましょう。普段から定期的にメーカー・楽器店などにメンテナンスに出して健全な状態を維持することが重要です。

修理も検討する

クラリネットを買取に出す場合に、故障している場合に高額査定が不可能な可能性もあります。買取できても、大きく減額されます。

したがって、修理代を差し引いても利益が出る場合においては修理を検討しましょう。売却したいクラリネットの状態があまりに酷く、買取金額よりも修理代が高くなりそうな場合は買取を諦めることも視野に入れましょう。

リサイクルショップよりも専門店で売る

クラリネットをリサイクルショップに買取に出しても、楽器の査定ができるスタッフが少なく、適正な値段で買取をしてもらえないことがあります。しかし、楽器専門店に査定を出せば、リサイクルショップのスタッフよりも楽器にくわしいことが多く、適正な価格で買取してくれます。

複数社に査定依頼して比較する

クラリネットを売却する際は、1つの業者のみに査定してもらい、すぐに買取に出すのではなく、複数社に査定して金額を比較するのも1つの手段です。各リサイクル業者で査定に出せば、大体の査定金額相場もはっきりする上に、簡単に言えば、1番高額査定をしてくれた業者に出せば1番利益が出ます。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

クラリネット買取でよくある質問

クラリネットを売却する際は、付属品や保証書がある方が間違いなく査定金額は上がります。また、保存状態がよければよいほど買取金額も上がることは間違いありません。

しかし、実際に買取に出そうとした時に、はじめて不具合に気が付くことや、買取を想定していなかったために万全な状態ではないこともあります。そこで、買取でよく寄せられる質問を取り上げました。

収納ケースが無くても売れるか

クラリネットは収納ケースなどがなくても十分売却は可能ですが、ケースがある場合に比べると買取金額は下がってしまいます。高額査定を狙うのであれば、購入時から楽器同様にケースも大切に保管しておきましょう。

ジャンク品でも買い取ってもらえるか

クラリネットは、ジャンク品であっても、修理できるような状況であれば買取可能です。その理由として、リサイクルショップでは高級メーカーのクラリネットのジャンク品を低価格で買取して、修理後に高額で販売すれば十分に利益がでるからです。

しかし、修理しても価値が低いクラリネットのジャンク品であれば、ほとんど無償の引き取りになることもあります。また、修理ができるかどうかなどの判断が難しいなどで買取不可とされる可能性もあります。専門店の方が買い取ってもらえる可能性が高いです。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

クラリネットの買取は専門業者がおすすめ!

クラリネットは、メーカーや状態次第で大きく買取金額が変わってしまう管弦楽器です。したがって、買取に出す際は確かな店舗に査定に出しましょう。

事前にメンテナンス等をしておくことでも、高額査定につながりますから、少しでも高額で買取ってもらえるように工夫してみてはいかがでしょうか。

楽器高く売れるドットコムで
クラリネットがいくらで売れるか無料査定する

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード