テレビの買取事情|高く売るポイント・相場・B-CASカード

中古の液晶テレビを少しでも高く買い取ってもらうためにはポイントを押さえて売ることが大切です。今回はそのような「テレビを高く売るためのポイント」をご紹介していきます。引っ越しをした際やテレビを購入した際、古いテレビはどのようにしていますか?処分にもお金がかかりますし、家に置いておくのも邪魔になりますよね。そんなときはリサイクルショップや買取専門店などで買い取ってもらいましょう。処分する前にぜひチェックしてください。
テレビの買取事情|高く売るポイント・相場・B-CASカード

「使わなくなったテレビをなるべく高く売りたい。」テレビの使用年数が短かったりテレビを購入したときの価格が高かった場合などは、リサイクルショップなどにテレビを買い取ってもらうときの価格も、高くなると予想します。

しかし、テレビの買取価格が自身の予想よりも低くなってしまうことが多くあります。今回は、これからテレビを売ろうと考えている方に向けたテレビの買取価格をアップさせる方法をご紹介します。この記事を読んで少しでも高くテレビを売りましょう。

テレビの買取をご検討なら専門買取サービス

テレビ高く売れるドットコム テレビ高く売れるドットコムで査定する

インターネット型のテレビ買取専門サービス「テレビ高く売れるドットコム」は全国を対象に出張・宅配・店頭の3つの買取方法でアクオス、ブラビア、ビエラなどの人気モデルを高価買取しています。

ウェブと電話で事前査定を受け付けを行っており、知識を持ったスタッフが売りたいテレビの型番、年式、状態などをもとに目安の買取価格を先にご提示します。査定に同意後、3つの買取方法からお客様にあわせてご提案していきます。もちろん査定料や出張・運搬費用など一切かからない買取サービスです。

テレビの売却を考えている方や、テレビの買い替えや引越しで処分するときにはぜひ無料査定を試してみてください。

テレビの買取で困っていること

テレビの買取で困っていること

いざ、テレビを買い取ってもらおうと考えても、どこにお願いをしたらよいのか悩んでしまいます。また、テレビの査定価格も、リサイクルショップによりさまざま。あらかじめ、知っておきたい注意事項を勉強しておきましょう。

査定で低い価格だった

家電の中でも、多くの家庭が所有しているテレビ。いざ、テレビを買い取ってもらおうと、近所のリサイクルショップや、インターネットのリサイクルショップなどに査定を依頼したところ、価格が思っていたよりも低くなるケースがあります。

テレビは、多くの家庭で所有し、需要の高い商品である反面、供給もスムーズに行われているため、中古のテレビを購入しようと考える人は少数です。そのため、査定価格も低く自分の思いとは大きく異なってくるのです。

買取場所がわからない

テレビの買取をお願いしたいと考えたとき、どの業者でも大丈夫というわけではありません。リサイクルショップや不用品回収業者など、さまざまな業者が存在しますが、テレビの買取を行っていない業者も多くあります。まずは、テレビの買取を行っているかインターネットや電話で問い合わせて確認しましょう。

家電のリサイクルを行っている業者であれば、テレビの買取も行っています。また、よりよい査定にするためにも、何社かリサイクルショップを探しておくことも大切。少しでも査定価格をアップさせるためには、複数のリサイクルショップから出される査定価格を比較検討してから買取依頼をします。

付属品がない

テレビの買取を依頼する際に、コードやリモコン、説明書などの付属品がない場合、査定価格減額もしくは買取を拒否されることがあります。基本的に、家電の買取は需要の高いものを優先しており、付属品のない商品では買い取ったリサイクルショップでも売れずに残ってしまう可能性があります。

そのため、付属品のない状態では、買取を拒否される恐れがあるのです。付属品がない状態でも、買い取ってもらえるテレビもありますが、多くの場合、付属品がない状態では、買取を拒否されると考えておきましょう。

テレビの買取事情

テレビの買取事情

テレビの買取依頼は、少しハードルが高く感じることがあります。テレビの買取事情となる、需要と供給のバランスを知っておきましょう。

買取相場は存在する

テレビの買取相場については相場が存在しています。そのため、複数のリサイクルショップで、査定価格を出してもらっても、大きくて20,000円ほどの違いしかありません。この20,000円という金額自体が、大きな違いのように感じてしまうかもしれません。

しかし、テレビのサイズによって、買取価格は異なってくるため、テレビの買取価格の相場というくくりだけで言うと、相場は0円から20,000円程度ということになるのです。新品未使用品で箱有りの場合は例外で、さらなる高価買取が期待できます。

参考:アクオス(シャープ)テレビ買取全国対応|テレビ高く売れるドットコム

人気の高い液晶テレビ

高額買取の期待が薄いテレビですが、人気の高い家庭用の液晶テレビは中古でも需要があるため、高い査定価格が付きやすくなります。ただし、査定価格が高くなるといっても、相場の金額よりも高値が付くことは滅多にありません。

人気の高い家庭用液晶テレビも、テレビのサイズにより異なってきますが、おおよそ20,000円の査定価格になります。

プラズマテレビはオークションもあり

型番に「P」の文字が入っていることで、見分けられるプラズマテレビ。激しいアクションや動きの早いスポーツなどの映像も、液晶テレビに比べ、なめらかに再現。大きな画面でも、きれいに映像を再現するため、ホームシアターのような感覚が持てて、人気の高いテレビです。

ホームシアターのような気分を味わえるプラズマテレビは、一定数の根強い人気を誇っているため、リサイクルショップでの買取よりも、オークションに出品する手段が適しています。

画面の大きなプラズマテレビは、リサイクルショップの買取価格の相場を、大きく超えることはなかなかありません。しかし、オークションの場合、40万円を超える落札価格が付いたこともあるほど、根強い人気のある商品なのです。

ブラウン管テレビはほとんど売れない

アナログ時代のテレビであるブラウン管テレビは、残念ながらほとんど売れません。そのため、ブラウン管テレビは自分もしくは不用品回収業者などで処分するしかありません。ただし、レトロな雰囲気を醸し出せるので、リサイクルショップでの買取は難しくなりますが、オークションに出品するという方法もあります。

必ず落札されるという保証はありませんが、レトロなインテリアにこだわる人が購入する場合もあるので、処分を行なう前に試すこともおすすめです。

関連記事

大きいサイズが有利

テレビの買取価格は、古くても大きいサイズのほうが有利になります。中古のテレビを購入したいという目的で、リサイクルショップに訪れる人の多くが、大きいサイズのテレビを安く購入できないかと探しています。よって、リサイクルショップでは、古くても大きいサイズを優先して、買取を行なっているのです。

国産メーカーは高い査定

TOSHIBAやソニー、シャープといった国産メーカーのテレビは、海外メーカーのテレビに比べて高い査定価格が付きます。国産メーカーは、品質の高さや機能面において根強い人気と信頼があるため、海外メーカーよりも高い査定価格になります。

海外メーカーで唯一、国産メーカーと同等の査定価格が付くのがLGです。LG以外の海外メーカーのテレビは低い査定価格となります。

参考:LGテレビ買取|液晶テレビ高く売れるドットコム

あまり買い取ってもらえないもの

リサイクルショップでの買取が難しいテレビは、壊れている場合、もしくは付属品がない場合になります。壊れているテレビを買取、リサイクルショップで修理を行なうこともありますが、必ず売れるという自信があるテレビに限定されます。

また、コードやリモコンなどの付属品がないテレビも、リサイクルショップがリモコンやコードの手配をしなければならず、手間がかかるため、買取を断られる可能性が高くなります。

高く買い取ってもらうには?

高く買い取ってもらうには

テレビを少しでも高く買い取ってもらうために、大切なことがあります。大切に使っていたテレビであることを、アピールできる方法を知っておきましょう。

外箱は邪魔でも保存

大きなテレビになればなるほど、邪魔な存在となる外箱。しかし、少しでも高くテレビを買い取って欲しいと考えるなら、邪魔と感じる外箱も大切に保存しましょう。特に、テレビの説明書をなくしてしまった場合に、テレビを高く買い取ってもらうためにも重要となってきます。

テレビの仕様説明や注意事項など、簡単な説明が書かれている外箱の存在は、リサイクルショップの査定価格に響いてきます。また、外箱は、リサイクルショップでの販売時の売れ行きにも違いが出てくるため、相場の査定価格よりも、少し高い金額が期待できるのです。

付属品はなくさない

テレビの買取を依頼する際の基本として、リモコンやコードなど付属品はなくさないようにしましょう。付属品をなくしてしまった状態で買取を依頼しても、査定価格が低くなるばかりか、買取を断られる恐れがあります。

少しでも高い金額で、テレビを買い取ってもらうためには、リモコンやコードなど、最初からあった付属品はなくさないように、大切に保管しましょう。

B-CASカードは変更してから

テレビを購入した際に付いてくるB-CASカード。使用者の情報が入っているB-CASカードは、単体での販売が行われておらず、売買も禁じられています。そのため、通常、リサイクルショップにテレビの買取を依頼する際には付属できません。しかし、B-CASカードの付いていないテレビは、査定価格が大きく下がってしまいます。

そのため、リサイクルショップに買取依頼を行なう前にB-CASカードの使用者変更の申請を行なう必要があります。B-CASカードの使用者変更の申請はカスタマーセンターに問い合わせるだけです。後日、送付される約款とテレビ、B-CASカードをリサイクルショップに渡すことで、査定価格が下がってしまうことを防げます。

また、ゆくゆくは上記の手続きが必要ですが、申請をしていなくても売却時に返却され、テレビ内に残っているデータを完全消去することで買取を行うケースもあります。

参考:テレビ高く売れるドットコム|B-CASカードとテレビ買取の関係|一緒に売っていいの?

早めに売ろう

定期的に新商品が発表されるテレビ。あまりにも古いテレビでは買い取ってもらうことは難しくなります。そのため、引っ越しや次のテレビを購入予定など、何らかの理由でテレビの買取を希望する際には早めに売ることが大切です。テレビの買取価格の相場が守られるのはテレビの販売された年からおよそ5年以内のものです。

5年以上たってしまったテレビは査定価格が付かない、もしくは買取を断られる可能性が高まります。また、販売されてから2年以内のテレビは査定価格が相場よりも高くなることが稀にあります。常に新製品が欲しいという人は、早めに売りましょう。

年式についてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。ぜひあわせて読んでみてください。

掃除してから査定に出す

明らかに、押入れや倉庫などに放置されていたと予測できるテレビでは査定価格は低くなってしまいます。テレビに付いたホコリは雑巾などで拭き、できるだけきれいに掃除してから買取依頼をしましょう。

テレビ内部のホコリは、分解して取り除こうとすると故障の原因になる可能性があります。そのため、エアスプレーなどを用いて、テレビ内部のホコリを吹き飛ばして掃除しましょう。また、キズの付いたテレビも査定価格が低くなります。リサイクルショップに買取を依頼する前にテレビの状態をきちんと確認しましょう。<.p>

いろいろな店舗に査定してもらう

面倒だから早く売りたいとあせってしまうことは得策とはいえません。リサイクルショップに買取依頼をするときはいろいろな店舗をあたり査定してもらいましょう。 複数のリサイクルショップで査定価格を出してもらうことで比較ができ、もっとも高い査定価格のついたリサイクルショップに買い取ってもらえます。

買取価格の秘密

買取価格の秘密

店舗により、査定価格が異なるのには、理由があります。ぜひ、買取価格の秘密を知っておきましょう。

価格は自由に決められる

複数のリサイクルショップで査定してもらうと気づく査定価格の違い。同じテレビの査定をお願いしているというのに、査定価格が20,000円のリサイクルショップもあれば、5,000円のショップもあります。店舗によって異なる査定価格の理由は、査定価格自体が店舗の判断で決められるためです。

テレビの査定価格の相場は、あくまでも目安の金額となるため、どんなに状態のよい品であったとしても、査定価格は、店舗の判断で自由に決めるられるのです。

そのため、テレビ本体の状態だけでなく、付属品や外箱の有無とその状態などによって、査定価格は大きく変動します。店舗の判断次第では、相場を大きく超える査定価格が提示されることもあるのです。

それぞれの得意分野がある

買取を行なうリサイクルショップでは、得意としている分野があります。家電を得意としているリサイクルショップや、家具を得意としているリサイクルショップ、衣服を得意としているリサイクルショップなど様々です。

この家電を得意としているリサイクルショップに、テレビの買取を依頼することで、査定価格は高くなるのです。また、得意としている分野は何なのか見分けのつかないリサイクルショップも存在します。

得意分野が分からないリサイクルショップは、家電や家具、服など、品揃えが豊富な場合が多く、テレビだけでなく服や食器棚など、ほかにも買取をお願いしたい場合に利用することをおすすめします。

ただし、得意としている分野がないわけですから、査定価格は相場よりも低くなることが多いので、少しでも高く売りたいときは手間を惜しまないようにしましょう。

買取不可のテレビはどうする?

買取不可のテレビはどうする?

買取を希望していても、売れる可能性の低いテレビの買取は断られることがあります。家電を得意としているリサイクルショップでも買取を断られてしまったときは、その後の対応を検討しましょう。

自分で捨てる

買取不可となった場合は、壊れていないのであればテレビを使い続けるという方法もありますが、引っ越しや新しくテレビを購入したことなどの理由から不要となったテレビは自分で処分しましょう。テレビを自分で捨てる場合、4つの方法があるので自分に適した方法で処分を行いましょう。

また、テレビの処分方法についてはこちらの記事もおすすめです。あわせて読んでみることをおすすめします。

新しいテレビを購入した家電量販店に引き取ってもらう

テレビを新しく購入した場合、古いテレビを引き取ってもらえます。テレビは家電リサイクル法の対象商品となっているため、家電リサイクル券の購入と運搬料の支払いが必要になります。

家電リサイクルについても解説しています。

処分予定のテレビを購入した家電量販店で引き取ってもらう

新しくテレビを購入しない場合、処分予定のテレビを購入した家電量販店で、引き取ってもらえます。購入したことが分かるレシートなどを用意し問い合わせましょう。処分予定のテレビを購入した店舗で、引き取ってもらう場合にも、家電リサイクル券の購入と運搬料の支払いが必要となります。

市区町村に問い合わせる

自分で購入したテレビではない場合、通常、家電量販店ではテレビの引き取りを行ってくれません。また、テレビを購入した場所が遠い場合も引き取りは難しくなります。このような場合には、住んでいる地域の市区町村に問い合わせましょう。

テレビの処分方法や、家電リサイクル券の購入場所などを教えてくれます。また、市区町村によっては、代行での引き取りを行ってくれる場合もあります。

指定の取引場所に持ち込む

車などを使い、自分でテレビの運搬が可能な場合は、市区町村やメーカーが指定する取引場所に持ち込みます。このとき、自分でテレビを指定された場所まで運ぶので、運搬料はかかりません。必要となるのは、家電リサイクル券のみとなります。処分費用を少しでも抑えたい人に、おすすめの方法です。

回収業者にお願いする

自分で処分することが難しい人は、回収業者にお願いしましょう。テレビは家電リサイクル法の対象商品ですので、回収業者にお願いする場合には、一般廃棄物処理業の許可を持っているかどうかを、必ず確認しましょう。

一般廃棄物処理業の許可を持っていない回収業者にお願いした場合、不法投棄や不適正な処理が行われ、法的に罰せられることがあるので、注意が必要です。

回収業者にお願いした場合、家電リサイクル券の購入費用と、運搬にかかる費用が必要になります。料金は一切かかりませんという業者は、一般廃棄物処理業の許可を持った回収業者ではないので、間違えないようにしましょう。

まとめ

まとめ

テレビの買取を依頼する際、インターネットなどを利用して、事前に売りたいテレビの相場を調べられます。また、大きくて運ぶことが難しいテレビも、出張買取を行なってくれるリサイクルショップが多数あります。

テレビの買取を考えるときは、事前にインターネットなどを利用して、納得のいく査定価格が提示されるかの検討をして、少しでも高い査定価格が付くように賢く売りましょう。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。