釣具の処分方法徹底比較|無料で回収?売ることはできる?

釣竿やリール、ルアー、魚群探知機(GPS)などの釣具を処分したいけど、どうやって処分したらいいのか分からないとお困りの方のために、釣具を処分するいくつかの方法をご紹介しています。処分する以外にも釣具を高く売るためにできることや、おすすめの買取サービスも解説しています。それぞれの方法を比較検討して納得のいく方法で釣具を処分するための参考にしてください。


釣具の処分方法徹底比較|無料で回収?売ることはできる?

釣りが趣味だったけれど、「最近は行く時間がほとんど取れない」「釣り以外の趣味を見つけた」などの理由で、釣具を処分しようと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、「釣りは今も趣味だけど道具が増えすぎてしまった」「引っ越しをする」などの理由で、釣具の処分を検討されている方も多いでしょう。しかし、釣竿など長さのあるものも多い釣具は、いったいどうやって処分したらよいのでしょうか。

ここでは、釣具の処分する方法や売れる釣具、高く売る方法など、釣具を処分するうえで知っておきたいことをご紹介します。

釣具の処分方法

釣具の処分方法

釣具を処分する場合は、3つの方法があります。

お住まいの自治体でごみとして処分する

誰しもが思いつく方法は、ごみとして廃棄処分してしまうことではないでしょうか。簡単ですぐに処分できる方法といえるでしょう。

しかし、釣具の中でも釣竿は燃えるごみ、リールやルアーは燃えないごみなどと分別方法が決められているので、お住まいの自治体のルールにしたがって分別しましょう。釣竿は、粗大ごみとなるところもあるようです。粗大ごみとして出すには、200円から2,000円程度かかります。

詳しくは、お住まいの市町村ガイドブックやホームページなどに、ごみ分別に関するガイドラインが掲載されています。確認してみてください。

不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者はさまざまな商品を回収していて、中には釣具の回収を行っている業者もたくさんあります。

釣具以外にも処分したいものがたくさんあるという場合には、まとめて引き取ってもらえるので、手間がかからず便利です。自分でどこかに運ぶ必要もなく、家まで取りに来てもらえます。ただし、出張費だけで数千円かかることもあり、それに加えて各アイテムの回収費用がかかるため、処分費用が高くつくということもあります。

リサイクルショップや買取専門業者に売りに出す

ごみや不用品として処分してしまえばそれまでですが、お持ちの釣具は、もしかしたら売れる価値のあるものかもしれません。

リサイクルショップや買取業者の中には、釣具を扱っているところもあるので、買取をしてもらうのもひとつの方法です。釣具の中には、数万円~数十万円と高価なものも多いので、中古でも意外と高い値段で買い取ってもらえることがあります。

ただし、劣化がひどいものや古いものなどは、買取を断られてしまうこともあります。お持ちの釣具をチェックしてみて、「まだ使えそうな状態のよいものは売りに出す」「値段のつかないさびたものや古い釣具は処分する」と分類してみてはいかがでしょうか。

買取業者を選ぶときに注意したいのは、総合買取を行うリサイクルショップなどでは、釣具の価値をよく分かっておらず、レア物なども安い値段で買い取られてしまうかもしれません。釣具に詳しいプロのいる業者に任せることをおすすめします。

おいくら

おいくら

おいくらは、最大20社のリサイクルショップに一括で買取査定の依頼ができるサイトです。不用品の情報を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップから査定価格やコメントが届くので、買取条件をまとめて比較し、気に入ったショップに買い取ってもらうことができます。

全国1400店以上のショップが登録されているので、釣具買取を専門に行っている業者などニーズにあった専門性の高いショップを見つけることができます。適正価格がわかるので、はじめて買取サービスを利用する方におすすめです。

自分に合った買取サービスを見つけるために、まずは「おいくら」の一括査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

釣具の買取については下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてください。

おいくら

釣具の種類|中古でも売れ筋のもの

釣具と一口に言っても、さまざまな種類があります。それぞれの釣具と中古での売れ筋をご紹介します。

釣竿(ロッド)

釣竿(ロッド)

釣竿には、『スピニングロッド』、『ルアーロッド』、『フライロッド』、『渓流竿』といった種類があり、それぞれねらう魚や使用する場所が違います。

軽いものを投げやすいグラスファイバー(ガラス繊維強化プラスチック)や、軽くて最も普及しているカーボン(炭素繊維強化プラスチック)、チタンなど、使用されている材質もさまざまです。

リール

リール

シンプルな構造で華奢な『方軸受けリール』と、ブラックバスを中心としたルアー釣りに使われる『両軸受けリール』、岸からの投げ釣りや磯釣り、ルアー釣りなどに使われる『スピニングリール』があります。

中古市場ではリールは人気が高く、特に電動リールは高値で取り引きされています。もともと電動リールは3万円~10万円ほどのものが売れ筋で、中古でも状態がよければ高く買い取ってもらえます。

ルアー(疑似餌)

ルアー(疑似餌)

動きや色、光、におい、味など、さまざまな種類のものがあります。

ルアーの一つひとつの買取価格はそれほど高くありませんが、釣りが趣味の方はたくさんルアーを持っていることが多く、合計するとそれなりの価格になることがよくあります。そのため、大量にまとめて売ることをおすすめします。『エバーグリーン』や『アムズデザイン』、『タックルハウス』などが人気のメーカーです。

魚群探知機(GPS)

魚群探知機(GPS)

最近では、個人でも魚群探知機(GPS)を使って、本格的かつ効率的に釣りを楽しむ人が増えています。

魚群探知機は海外メーカー、日本メーカーどちらも人気があります。もともと高価なアイテムということに加えて、魚群探知機は釣りの愛好家たちから大変人気がある商品のため、中古でも高く取り引きされています。

高く売れるメーカー

高く売れるメーカー

釣具を扱うメーカーはたくさんありますが、そのメーカーによって人気度が異なっていて、査定価格にも影響してきます。釣具で特に人気のあるメーカーは、『ダイワ(Daiwa)』と『シマノ(SHIMANO)』です。この2つのメーカーは突出して人気があり、中古でも高値で取り引きされています。

そのほかにも、人気のあるメーカーの一例は以下の通りです。

  • がまかつ
  • ダイコー
  • エバーグリーン
  • メガバス
  • メジャークラフト
  • アブガルシア
  • オリムピック
  • UFM
  • 宇崎日新
  • ミヤマエ
  • TIEAP
  • プロックス

メーカー品以外のショップオリジナルの釣具などは、販売店でしかパーツが提供されていなかったり、パーツ保有期限がなかったりして買取を断られてしまうこともあります。お持ちの釣具が上に挙げた人気のメーカーのものであれば、ぜひ一度買取依頼を検討してみてください。

できるだけ高く釣具を売るには

少しでも高く釣具を売るために、何かできることはあるのでしょうか。

掃除をしてきれいにしておく

掃除をしてきれいにしておく

釣具は、使用しているうちに海水や潮風などによって劣化してしまいます。普段、きちんと手入れをしていないと、さびついたり汚れたりしてしまっているかもしれません。釣具はメーカーやブランドだけでなく、物の状態も査定に影響します。売りに出すときにはできる範囲で掃除をしてきれいにしておきましょう。

掃除の方法は、以下の通りです。

  • 釣具に魚などの汚れがついていれば、水洗いして柔らかい布で拭きあげる
  • ほこりがあれば、柔らかい布でやさしくふき取る
  • さびがついていれば、さび取りや金属磨きなどで落とす

ここで注意したいのは、力を入れすぎないことと傷がつかないようにすることです。傷がついて商品価値が下がってしまわないように、無理をせずきれいにすることを意識しましょう。

付属品をそろえておく

付属品をそろえておく

購入時の付属品があれば、すべてそろえておきましょう。釣具の付属品とは、外箱やケース、説明書、竿袋、リール袋、パーツリスト、保証書などです。竿袋がないだけで査定から「数千円引かれてしまった」ということも実際にあるようです。できるだけ付属品はそろえておきましょう。

使わない釣具はすぐに売る

使わない釣具はすぐに売る

新しい釣具を買ったものの、「しっくりこない」「思っていたのと違った」ということもあるかもしれません。そんなときは、お蔵入りしてしまう前に、すぐに売るのが鉄則です。

中古買取市場では、基本的に早く売るほど高く売れます。釣具においてもそれは同じで、時間が経つと使わなくても劣化したり、新モデルが発売されたために、現行モデルの商品価値が下がってしまうこともあります。使わずに保管していても買取価格はどんどん下がってしまうだけです。「使わない釣具の売り時は『今』」と覚えておきましょう。

まとめ

まとめ

ねらう魚や釣るポイントで道具が変わる、奥深い釣り。

釣りを趣味にしていると、釣竿やルアー、浮き、錘など釣具はどんどん増えてしまいます。増えすぎてしまったコレクションを整理したいときや、使わなくなった道具を思い切って処分したいというときには、ぜひこの記事を参考にして処分の方法を考えてみてください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード