釣具の買取ポイントまとめ|不要な釣具は捨てずに高く売ろう!

釣具の買取方法や少しでも高く売るためのポイントについて詳しくご紹介します。不要になった釣具が家にたくさんあり、そろそろ捨ててしまおうかと思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、その不要になった釣具はまだ価値があるかもしれません。買取に出すことで思わぬ臨時収入につながる可能性もあります。不要な釣具は有効活用して新しい釣具の購入費用や海釣りや川釣りの遠征費用にしてはいかがでしょうか。


釣具の買取ポイントまとめ|不要な釣具は捨てずに高く売ろう!

一昔前まで釣りといえば、お父さんの趣味というイメージを持っていた方もいたのではないでしょうか。

ところが近ごろは、テレビの釣り番組で釣りを楽しむタレントを多く見かけるようになり、釣りが趣味という一般の女性も増えてきました。休日に家族やカップルで釣りを楽しんでいる方も大勢いらっしゃいます。釣りが人気のスポーツになった一方で、不要になった釣具の置き場に困っているという悩みも、よく耳にするようになりました。

そんな方におすすめなのが、釣具の買取サービスです。部屋の邪魔者だった不要な釣具を売ることで、部屋を広く使えるようになり、その上、臨時収入が手に入るかもしれません。

しかし、実際に釣具の買取サービスといっても、具体的にはどのようなサービスなのかわからないという方も多いと思います。そんな方に向けて、買取サービスがどういったサービスなのかを詳しくご紹介します。

さらに、釣具を少しでも高く買い取ってもらうためのポイントもご紹介しますので、釣具の買取を利用する際の参考にしてください。

釣具の買取サービスとは

  釣具の買取サービスとは

ブランド品や書籍などの買取サービスと同じように、釣具も買取している業者があります。釣具の買取価格の相場は、新品で購入した価格の2割程からで、人気のメーカーの最新モデルであれば4割程と言われています

買取可能な釣具とは

「そもそも手元にある釣具は買取の対象になるのか」という疑問が浮かぶ方も多いと思います。釣具にも買取可能なものと買取不可のものがあります。

買取可能

買取可能なものには、以下のようなものがあります。

  • ロッド、釣り竿
  • リール
  • ハードルアー
  • 魚群探知機
  • クーラーボックス
  • 釣り関連DVD
  • 書籍

釣具の買取で高額買取が期待できるのは、需要が多いロッドです。ロッドは高額のものでも、少しの衝撃で曲がってしまったり折れてしまったりすることがあります。そのため、新品ではなく最初から中古で購入するようにしている人もいます。

また、リールも高額な買取価格が付くことが多い釣具です。商品の状態やメーカーによっては新品価格の4割程まで高値が付くこともあります。しかし、高額買取が期待できるリールですが、保管する環境に注意が必要です。特に電動リールは、高温多湿な場所などに長期間放置している間に、故障してしまうことがあるからです。

使わない釣具の保管場所は、通気性が良く高温にならない場所にしましょう。リールを査定に出す際には、充電や電池交換をして動作確認をすることをおすすめします。

逆に、高額買取があまり期待できない釣具がルアーです。買取自体は可能ですが、基本的に買取対象は未使用品のみとしている業者が多く、一点のみではなく大量に売ることが前提となります。

買取不可

買取ができないものには、以下のようなものがあります。

  • 大きな傷や割れがあり使用が困難なもの
  • 電動リールや魚群探知機などで故障しているもの
  • 修復などを施しているもの
  • 購入から7~8年経っているもの
  • 個人が作成した自作もの

買取できない釣具の処分方法はこちらの記事を参考にしてください。適切な捨て方がよくわかります。

どんなに使い勝手がいい釣具でも、個人が作成した釣具は買取対象外になります。この他にも、新品の購入金額がもともと安価だった釣具は、買取金額が付かない場合があります。

傷や割れについては、人によって感覚が異なるものです。自己判断で買取不可と思って査定に出さなかったものも、本当は買取対象だったという可能性もあります。買取の可否の判断に迷った場合は、ダメもとで買取査定に出してみましょう。

買取額アップのポイント

少しでも買取価格を高くしたいという方のために、買取額アップのポイントをいくつかご紹介します。ほんの少し工夫するだけで、買取価格がアップすることもあるので、査定の申し込みをする前に必ず確認するようにしてください。

査定前にしっかりとお手入れをする

査定前にしっかりとお手入れをする

もう不要なものだからと、保管していた状態のまま査定に出すのはとてももったいないことです。

査定をする際に、ほこりをかぶっていたり、固まったワックスがこびりついていたりと、汚れが残っていることで査定額がダウンしてしまう可能性もあります。そうならないためにも、査定に出す前にきれいに汚れを落とし、丁寧にワックスがけをするようにしましょう。これだけでも査定額がアップすることもあります。

また、日々のお手入れも怠らないようにしましょう。特に海釣りに使用したロッドは、海水の塩分でさびやすい状態になっています。使用後にはその日のうちに、真水で水洗いをして陰干しするなど、普段から釣具の手入れをしっかりとしてきれいな状態を保つことも大切です。魚の生臭さを取る為に、釣具を洗剤で洗ってしまう方もいますが、それは釣具を痛めてしまう原因になるので、洗剤は使わずに真水で洗うようにしましょう。

ただし、釣具の中には、水洗いが不可なものもあるので、取扱説明書を確認してそれぞれの釣具に合った正しいお手入れをしてください。

付属品は必ず一緒に査定に出す

付属品は必ず一緒に査定に出す

中古品を購入する場合も、できれば新品に近い状態のものを購入したいと思う方が多いものです。そのため、付属品がそろっている商品の方が買取価格が高くなるのです。購入時に付属していた説明書やカバーなどが手元にある場合は、必ず一緒に査定に出すようにしましょう。また、今後新しく釣具を購入する際にも、付属品や説明書類は保管しておくことをおすすめします。

使わなくなった釣具は早めに売る

使わなくなった釣具は早めに売る

新しい釣具を購入しても、今まで使っていた釣具を手放すことができずに、自宅に長期間放置してしまうなんて話も多く聞かれます。しかし、古ければ古いほど価値が高くなる骨董品とは違い、中古釣具は新しければ新しいだけ価値が高いことが多いのです。

今まで最新モデルだった釣具も、後継モデルが販売されて旧モデルになったとたんに、買取価格が急激に低下してしまうことも珍しくはありません。「もう少し早く買取に出していれば、高額買取だったのに…」なんて残念なことになってしまう前に、「もう使わない」と思ったらなるべく早く買取に出すようにしましょう。

釣具をまとめ売りする

釣具をまとめ売りする

釣具をまとめて大量に買取に出す場合、買取価格が少しアップする場合があります。家電量販店で家電をまとめて購入する際に、店員さんに価格交渉をすると少し購入金額をまけてもらえることがあります。それと同じで、買取業者でもまとめて多くの商品を買取に出すと、買取価格が少し高くなることがあります。

 

高額買取が可能な釣具メーカー

 

釣具も人気メーカーのものは、高額買取になる可能性が高いです。釣り具メーカーといえばやはりダイワとシマノの2メーカーが人気です。これらのメーカーは新商品も多く販売されるので、モデルチェンジのタイミングには注意が必要です。

ダイワとシマノのほかにも、がまかつ、オリムピック、ダイコーなども人気です。お手元にある釣具が人気メーカーであれば高額買取の可能性もあります。自己判断せずに、一度、査定に出してみましょう。

その釣具、高く売れるドットコムに買取依頼をしませんか?

その釣具、高く売れるドットコムに買取依頼をしませんか? 釣具高く売れるドットコムで査定してみる

釣具を売りに出すことに決めたなら、ぜひ釣具買取専門サイト「釣具高く売れるドットコム」をご利用ください。

磯竿や投げ竿、ヘラ竿などさまざまなタイプの釣竿をはじめ、電動リールやスピニングリール、カヤック、魚群探知機なども買取対象です。全国対応をしており、事前に無料査定も実施しています。

自宅にいながら取り引きができる宅配買取、大型のものでも安心の出張買取、その場でお支払い可能な店頭買取があります。ご都合に合わせてお選びください。

まとめ

まとめ

どんなに人気メーカーの最新モデルの釣具でも、状態が悪いものは残念ながら高額買取にはならない傾向にあります。

日頃から、いつか買取に出すかもしれないということを頭の隅に置いて、釣具のメンテナンスはしっかりしておくことをおすすめします。普段から釣具を大切に扱うようにするのが、高額買取の近道かもしれません。そして、不要になった釣具は自宅に眠らせておくのではなく、すぐに買取に出して、お得に賢く釣りライフを楽しんでください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード