ギターの高額買取方法|出張・見積もり・高く売るポイント

自宅で古いギターを持て余してはいませんか?新しいギターの購入や新生活で部屋を整理する際に、古いギターをどう処分したらいいのか悩みますよね。せっかくなら買取してもらうのはいかがでしょうか。要らなくなったものが高値で買い取ってもらえたら嬉しいですよね。今回は店舗で高額査定してもらう方法について掘り下げます。ぜひこの記事を参考に、自宅にあるギターをどのようにすれば高く売れるか考えてみてください。
ギターの高額買取方法|出張・見積もり・高く売るポイント

使わなくなった愛着のある大切なギター。処分するよりもギターを買い取ってもらい、お金に変えたいですよね。欲をいえば高く買い取ってもらいたいものです。

ギターひとつでも、査定前に準備をすることで買い取り金額が上がることがあります。高額査定してもらうために査定額を上げる方法や、逆に下げない方法などの注意点などを見ていきましょう。

おすすめのギター買取の方法

おすすめのギター買取の方法

ギターの買取をどの店舗で依頼するのが一番よいのでしょうか。店舗にもリサイクルショップ、中古楽器店、質屋など種類があります。また、オークションやフリマアプリ等のネットで売る方法も入れると買取の方法は様々です。

リサイクルショップへの持ち込み

最も一般的な方法です。ショップに出向き、その場で査定・買い取りしてもらう方法。対応しているエリアが限定されている場合もありますが、最も楽な方法ではあります。

しかし、ギターの状態によっても選ぶショップは変わってくるでしょう。本体の状態が良く劣化が少ないのであれば、中古楽器店。高額な値段で査定される可能性のあるものなら質屋。本体の状態が悪く劣化しているものであれば、リサイクルショップ等の使い分けが必要です。

高額査定の可能性が高い大手のお店では、イシバシ楽器店やイケベバイキング、おたからやなどがあります。大手でなくても、ユーズド楽器の買取を扱っているお店などでもよいでしょう。

在宅買取を利用する

ギターをわざわざ店頭まで持っていくのは手間もかかりますし、大変ですよね。また、忙しくて中々時間が作れないことも多いでしょう。そんなときに在宅買取を利用し郵送や出張で来てもらう方法もあります。

店舗への宅配買取や出張買取の依頼は、電話でも行えますが、スマートフォンやパソコン等で買取業者のwebページから申し込むことができます。最近は、ラインでの依頼も行えるようになってきています。以下「宅配買取」と「出張買取」の方法について店舗によって異なるかと思いますが参考にしてください。

「宅配買取」

店舗に連絡して、宅配便で買取業者にギターを配送し、買取業者にて査定後、査定結果を確認し納得できれば後日買取してもらいます。段ボールや緩衝材などは、大概業者のほうで用意してくれます。発送料も業者のほうで負担してくれる場合が多いです。

ギター1本からでも査定してくれるのでとても便利です。手続き完了まで数日から一週間かかりますが、自分の都合の良いタイミングで、自宅から手軽に行うことができます。

参考:宅配買取について|イシバシ楽器

「出張買取」

買取業者に自宅に来てもらい、その場で査定・買取してもらう方法です。出張費は無料。査定金額が合意した場合、その場でお金を払ってもらえることが多いです。ギターなどの楽器は、繊細なため破損の危険もありますが、そんな心配をすることなく買取を行ってもらえます。

出張地域が店舗によって異なりますが、お住まいの地域に対応している際は、出張買取を利用してみるのも良いと思います。

出張買取を利用してまとめて買取

使っていないギターが何本もある、アンプなどの周辺機材もまとめて売ってしまいたい。そんなときは出張買取を依頼してはどうでしょうか。

アンプ等の周辺機材はサイズも大きくて、重いので店頭まで持ち運ぶのは、とても大変ですよね。重い周辺機材も一緒に買取してくれる業者に出張買取をお願いして、ギターと一緒にアンプもまとめて売ってしまうのもいい方法だと思います。

参考:出張買取について|ギター高く売れるドットコム

自分のネットショップで売る

自分が出品しているネットショップなどで販売する方法などもあります。メルカリなどのフリマサイトなどで買い手と直接取引するやり方です。中古楽器店や大手の買取業者が仲介すると、楽器の調整費用や手数料等の金額が引かれてしまいますが、このようなショップなら業者を介すよりも高く売れるかもしれません。

オークションに出品する

自身でネットオークションに出品する方法もあります。ヤフオクや楽天オークション等が有名です。思わぬ高値で売れるときもあるのですが、いつまでも売れない可能性も。リスクは高いですが、高額な報酬になる可能性もありますので、検討してみるのもよいかもしれません。

査定額を上げて高価買取にするコツ

査定価格を上げるには、いくつかコツがあります。業者に査定に出す前に、事前準備をすることで高額査定になることもあるのでチェックしていきましょう。

事前にネットで査定をする

事前にネットで査定をする

業者に出す前に、だいたいどのくらいの値段になるのかネットなどで事前査定してみることをおすすめします。事前査定を行ってくれるサイトに申し込み、メーカー、年式、品番、状態や写真などを正しく入力すると、情報を伝えるのみで正確な査定を行ってくれます。

最初に査定してもらう業者が、正しい見積もりが出来ていない場合もありますので、査定された金額に対して疑念が出たときは何社か査定を依頼してもらってから業者を決定するとよいでしょう。

また、ネット査定してもらうときに必要な商品写真は、重要な要素になります。商品(ギター)の状態がよく分かる写真がよいです。全体を写した写真と、汚れや傷などの細部を写した写真等は必ず撮るようにしましょう。汚れや傷、劣化の状態などは買い手が最も知りたい情報ですので隠さずに撮影したほうがよいです。

ギターを綺麗に掃除をする

ギターを綺麗に掃除をする

何社かの査定を申し込んだら、業者に見てもらう前にギターをキレイに掃除しておきましょう。傷や汚れ、付属品の欠品など小さなことでも査定価格に大きく影響することがあります。

傷やへこみ、劣化などはクリーニングを施しても変わらないですが、ギターを隅々まで磨いておくと、第一印象が良くなり高額査定につながります。ボディ表面はもちろん、指板の汚れもしっかり落としておきましょう。指板は汚れがたまりやすいので、フレッド脇なども磨きます。

メッキ部分も磨いておくと、だいぶ印象が良くなります。ペグが緩すぎたり、硬すぎたりする場合も査定価格に大きく影響しますので、ドライバー等で調節しておきましょう。エレキギターの場合は、ガリ音(アンプにつなぐと雑音がする)が発生することも査定価格を下げますので、ジャック内部もきちんと清掃することが大重要です。

付属品があったら一緒に査定する

付属品があったら一緒に査定する

古い楽器はアクセサリーの製造が終了している場合が多いです。欠品していると、査定価格に影響します。見つけられそうならば、探しておきましょう。エレキギターの場合は、次の購入者が使用できない恐れもあるので、必ず演奏できる状態か確認してから査定に出します。

付属部品であるアーム、ピックアップなど部品がそろっているか、純正のハードケースがあるかどうかも査定額を上げることのできるポイントです。ぜひ探してみましょう。

弦をチェックする

弦をチェックする

弦の状態もチェックしましょう。ギターの弦は劣化が進むと、張り替えた当初に比べて緩みが少なくなってきます。弦の緩みがなくなってくると、艶のある音も損なわれてきます。質の良い演奏のために弦の状態は重要な要素です。

錆びてしまった弦も査定時の印象が悪くなります。弦は元々消耗品のため査定前に新しいものに張り替えてしまっても良いと思います。傷んでしまっている弦ならば張ったままにするのではなく、新しい弦に張り替えることで見栄えもよくなるでしょう。

人気メーカーは査定額が上がる

中古のギターであっても、世界的に有名なメーカーのギターは高額買取できることが多いようです。エレキギターのフェンダーやギブソンなどは現在でもとても人気が高いものです。1989年以前の年代のギターなどは、高額な値段がつく場合も。特に有名なブランドメーカーでは、ギブソン、YAMAHA、PRSなどです。

ギブソン

ギブソン

ギブソンは、アコースティックギターやエレクトリックギターの製造メーカーです。主な製造拠点や本社はアメリカで、マンドリンや弦、アンプなども製造しています。ギブソン社は様々なデザインのギターを世に産み出し、1952年にはソリッドギター(中に空洞のないギター)を生みました。

これは、現在でもレスポールモデルとして非常に人気の高い製品であります。ギブソンのギターは、どの年代のギターでも比較的高値で買取されますが、古い物はヴィンテージと呼ばれ傷などがあっても高額な値段であっても買取できます。

2018年5月1日に米ギブソンは米連邦破産法第11章(日本の民事再生法に近い)を適用を行い事実上の経営破綻と報じられましたが、ギター自体の製造は継続される可能性が高いという見立てとなっており、多くのギターファンは安堵しています。今後の動向に注目していきましょう。

参考:米ギブソン、事実上の“経営破綻”を選んだ理由 老舗ブランドが消える可能性は?|Real Sound

フェンダー

フェンダー

フェンダーはギブソンに並び絶大な人気と知名度を誇るギター製造メーカーです。ストラトキャスター、テレキャスターなど国内外問わず世界中の著名なアーティストが使用していることで有名です。フェンダーUSAのCustom Shopはもちろん、どのモデルも安定した人気を誇り、中古市場でも高値で取引されています。

PRS(ポールリードスミス)

PRS(ポールリードスミス)

1985年創業のブランドメーカーです。フェンダーやギブソンなどの老舗メーカーなどと比べると比較的若いメーカーですが、楽器としての質が高いので、多くのミュージシャンから愛用されています。エレキギターの代表モデルです。

YAMAHA

YAMAHA

YAMAHAといえば、言わずと知れた国産メーカーです。YAMAHAギターは国産の名に恥じない質の高さで、アマチュアのギタリストからプロのミュージシャンまで幅広く選ばれています。品質の良さに裏付けされた人気の高さから、中古のギターといえども思わぬ高額な値段になることも。

買取を行うギターの相場を確認する

ギターの買取価格には独自の相場があります。家電や電化製品であれば、最新モデルであったりすると高く売れるということがあるでしょう。しかし、ギターの場合はまた異なるのです。同じブランドの同じモデルであっても、製造年によって価格が変動するということも。事前に買取価格を調べるには方法があります。

店舗の買取査定表を確認する。

買取を行っている店舗のホームページなどで、買取査定表の一覧を出している店舗も数多くあります。そういったところで確認するのもよいでしょう。商品の使用状況や傷やへこみ、付属品の有無によって価格は変動しますが、買取価格のおおよその指標にはなります。売ろうと考えているギターを調べてみましょう。

しかし、注意点が一つあります。それは、ホームページなどで掲載している査定額一覧は、新品に近い状態、付属品などが全てそろっている状態で出している査定価格であることが多いです。

しかし、実際の商品では、多少の汚れや傷等があったり、付属品がそろっていない場合が。その際は査定額が大きく下がることもありますので、より正確な査定額を知るならインターネットによる事前査定のほうがよいと思います。

査定額を下げないための注意

ギターの本来の査定価格を下げないために、気を付けてほしい点があります。ギターは繊細な楽器のため、保管や移動の際など、業者に渡すときまで油断しないようにしましょう。

保証書をなくさないようにする

ギターの査定価格を事前に調べたら、後はいよいよ業者に買取依頼をします。クリーニングしたギター、付属品も一緒に出したら、もう一つ忘れてはいけないのが保証書です。ヴィンテージなどの貴重なギターであれば、特に大切な証明です。

そういったものでなくても保証書・証明書類があるかないかでは、査定価格に大きく影響し、査定価格アップにつながることもあります。見つけられるなら探してギターと一緒に提出しましょう。

保管場所に注意する

ギターはデリケートな楽器であり、日頃のこまめなお手入れが劣化を防ぎます。長年愛用したギターであっても、丁寧に扱っていれば質の良い製品の状態をキープすることができ、買取の際も高額で引き取ってもらえる可能性が高くなります。

ギタのー使用後は、手の皮脂や汗などの汚れが多く付着します。汗や皮脂の酸で、弦がさびる原因ともなりますので、使用後は柔らかい布などでふき取り、ペグやブリッジなどの金属パーツも忘れずふき取りましょう。定期的なメンテナンスの他、ギターの保管場所にも気をつけることが大切です。

ギターを保管する際は、ギタースタンドを使用し風通しの良い場所に置きましょう。湿気のたまりやすい場所や高温な場所に置くと、ネックの反りなどのトラブルが起きやすくなります。

しかし、窓辺の近くや、冷暖房など風が直接当たる場所もよくありません。このような場所は、直射日光が当たったり、急激な温度・湿度変化が起きる可能性があります。ネックなどの木材は特に、金属パーツ、塗装面も大きく傷めてしまいます。

移動中の破損に注意

店頭などに直接ギターを持っていく場合などは、特に気を付けましょう。予期せぬトラブルや事故に遭遇してまうこともあります。自転車だとぶつけてしまう可能性が高いと思います。移動するときは、ハードケースに入れて、できれば車移動で行ったほうが安心です。

音の出ないギターも買取OK

破損してしまったギター、音が出なくなってしまったギターなど買取が難しいと思われるギターをお持ちの場合も、諦めずに一度査定に出してみてください。

多少破損しているギターても、修理や加工によって元通りに使用できるようになるケースが多いのです。もちろん程度によっては難しい場合も考えられます。中古ギターであっても、パーツ1つ1つに価値があるため、壊れていても高額で売れることが多々あります。

しかし、必ずしも破損品が高額で売れるとは限りません。破損してないものなら数万円の品でも、数千円に下がってしまうことも。ですが、壊れているからと言って、ギターをそのまま捨ててしまうのは非常にもったいないことだと思います。ぜひ、何社か業者に査定をしてもらうといいでしょう。

もし、買取が断られてしまった場合のギターについて、こちらの記事で処分方法をいくつか挙げて紹介しています。あわせて読んでみてください。

おすすめのギター買取サービス

おすすめのギター買取サービス ギター高く売れるドットコムで査定する

ネット型ギター買取専門サイト「ギター高く売れるドットコム」は人気モデルのギターはもちろん、アンプ、エフェクターなどギター関連機材の高価買取を全国対応で実施しています。

出張・宅配・店頭の3つの買取方法を用意し、どれも手数料無料で利用可能です。ギターの知識を持った専門スタッフが査定を担当。ウェブまたは電話からの申し込みで無料事前査定を毎日受け付けています。事前査定はリアルタイムの相場や状態などで売りたいギターの査定金額の目安をご提示することができます。納得いただいてから取引開始のため安心して利用できる買取サービスとなっています。

ポイントを抑えて希望に近い買取を目指そう

ポイントを抑えて希望に近い買取を目指そう

中古ギターを、高額買取してもらえるポイントをいくつか見ていきましたが、上記でも述べた買取業者は、何社か見てもらうことをおすすめします。

査定だけなら無料ですし、せっかくなら大切に使ってきたギターを希望に近い形で買い取ってほしいですよね。希望通りの取引ができるように、事前準備を怠らないようにしましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。