世田谷区のごみ収集日と可燃・不燃・資源ごみの品目について

世田谷区でのごみの収集日や分別方法についてご紹介しています。可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ、粗大ごみなどの正しい出し方を説明しています。お住まいの地区によって、収集日が異なりますので、収集日カレンダーで確認して正しく出しましょう。また、「木の枝は何ごみかな」「割れたガラスはどうやって出すの」など、迷ったときもぜひ参考にしてください。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

世田谷区のごみ収集日と可燃・不燃・資源ごみの品目について

世田谷区内にお住まいの方で、ごみの出し方で迷われた方はいませんか。

世田谷区では、家庭から出されるごみは、可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ(ペットボトル)に分けて収集されます。ごみによっては、集積所で収集していない場合もあるため、出すときは気をつけなければなりません。今回は世田谷区のごみの収集や分別の方法、そしてその際に注意することについてご紹介します。

世田谷区でのごみの種類と収集

家庭から出されるごみは、大きく分けて以下の3種類があります。種類と収集の回数は次の通りです。

  • 可燃ごみ…週に2回
  • 不燃ごみ…月に2回
  • 資源ごみ…週に1回(ペットボトルは月に2回)

これらは収集日の朝8時までに集積所に出すと収集されます。それぞれの収集日は、地区ごとに異なりますので、お住まいの地区の収集日を確認して、正しく出しましょう。各地区の収集日は、以下のサイトから調べることができます。

参考:世田谷区 資源・ごみ収集日(一覧

可燃ごみに出せるもの

可燃ごみに出せるものの品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。

生ごみ水切りをして出す
少量の植木の枝、葉50センチ以下に切って、束ねて出す
紙くず※古紙は資源ごみとして出す
衣類ストッキングなどの化学繊維も出せる
プラスチック類・ゴム・皮革類以前は不燃ごみとして扱っていたが、可燃ごみとして出せる
出し方
90リットル以下のふたつき容器、または中身の見える透明のごみ袋に入れて出します。
1回の排出量は、45ℓ袋で3袋までです。
段ボールでは出せませんので、注意が必要です。

不燃ごみに出せるもの

不燃ごみの対象となる品目と出す際の注意点は、以下のとおりです。

びん以外のガラス製品厚紙などに包み、「キケン」などと表示。割れたびんなども含む
スプレー缶必ず、最後まで出し切ってから出す
蛍光管・電球ケースに入れて出す
陶磁器類
乾電池、リチウムイオン電池ただし、ボタン電池・充電式電池は販売店へ返却
小型家電製品、金属類一辺の長さが30センチ以下のもの
出し方
ごみを入れる容器や袋など、可燃ごみと同様です。1回に出すことができる排出量も、可燃ごみと同様です。

関連記事

資源ごみに出せるもの

資源ごみとして収集される対象品と出す際の注意点は、以下のとおりです。

古紙まとめてひもで十字にしばって出します。
ガラスびんキャップをとって、中をすすいで、水を切ります。黄色いコンテナにびんだけを入れます。
中をすすぎ、水を切って、つぶせるものは軽くつぶします。青いコンテナに缶だけを入れます。
ペットボトルキャップをとって、中をすすぎ、つぶします。中身の見える袋に入れて出します。

※ペットボトルは通常の資源ごみの日ではなく、ペットボトル収集日があります。各地区の収集日を確認して、間違いのないように出してください。

関連記事

粗大ごみの収集

一辺が30センチを超えるものは、粗大ごみとして処分しなければなりません。

世田谷区では粗大ごみは有料で、事前予約制で収集しています。まず、電話かインターネットで申し込みをして粗大ごみ処理券を購入します。粗大ごみに処理券を貼り付け、自宅前か指定の場所へ出します。通常のごみ集積所には出せないのでご注意ください。

また、土曜日と日曜日のみ、粗大ごみを持ち込むことが可能です。通常の処分手数料より安くなるので、お得に処分したい方は持ち込みも検討してみてください。

申込先
世田谷区粗大ごみ受付センター
電話
03-5715-1133
ホームページ
https://www.sodai-city.jp/setagaya/pc/index.html

こちらの記事で世田谷区の粗大ごみルールについてもっと詳しくまとめています。

不用品回収業者にまとめて依頼!

粗大ごみを処分するには事前申し込みや手数料シールの購入など、面倒なことが多いものです。粗大ごみとして処分する前に、不用品回収サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

エコピット

不用品回収サービスを活用!

エコピットは関東地域対応の不用品回収サービスです。定額パックを用意しわかりやすい料金体系で安心度が高く、ベッドやタンス、ソファといった大型家具から生活家電、自転車、健康器具などの回収にも対応しています。

パック料金には搬出作業や出張費、スタッフ追加(2名まで)料金等がすべて入っているため後から請求金額が高くなるといったことがありません。ご自身のニーズにあったパックを選んで安くお得に不用品を処分できるためおすすめです。

エコピットへ不用品回収を依頼する

まとめ

いかがでしたでしょうか。自治体によって、対象となるごみの種類や収集の方法が異なります。お住まいの地区の収集日を確認して、正しく出しましょう。

また、資源としてリサイクルできるものは、できるだけリサイクルして、環境に配慮した生活をしたいものです。正しい処分方法を把握して、ごみは正しく出すよう心がけましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。