【キャノンの買取】相場比較&高値で売れるコツとは?

【キャノンの買取】相場比較&高値で売れるコツとは?

キャノンを少しでも高く売るためには秘策があります。まず、買取相場を知ることで自分のカメラがどのくらいの価格で売れるかがわかります。今回はキヤノンの買取査定ポイントなどまとめていきます。

キャノンの買取相場

【キャノンカメラの買取相場】まずはチェック

キャノンの買取相場を買取業者の出している価格からチェックしています。キャノンのデジタル一眼レフは買取価格が高く安定しています。一眼レフ、ミラーレスやレンズなどの相場を見ていきましょう

※相場は査定時期や需要、カメラ自体の状態により変動するため、あくまで参考としてご覧ください。

キャノンのデジタル一眼レフで2,000円~28万円

買取されているキャノンのデジタルカメラにはEOSプロフェッショナルモデルやキャノンEOSハイアマチュアモデル、EOSkissシリーズなどがあります。プロフェッショナルモデルの5Ds R、5Ds、EOS-ID X MARK ?などは一番高く買い取っています。ハイアマチュアモデルになると、EOS 5DやEOS 6Dが10万円~15万円で買い取られています。kissシリーズは5,000円~7万円の価格となります。キャノンのフイルムカメラは1万5千円です。

キャノンのレンズは、5,000円~39万円

レンズには、望遠レンズ、焦点レンズ、広角レンズ、標準レンズがあります。EF300mmF2.8LIS?USMやEF200?F2L IS USMはレンズだけで買取価格が39万円と高額に。一般に、標準レンズより望遠レンズや焦点レンズのほうが買取価格が高いです。

キャノンのミラーレスは、6,000円~5万2,000円

ミラーレスは、一眼レフは光学式ファインダーですが、ミラーレスは電子ビューファインダーや液晶ディスプレィで像を確認しています。ミラーレスは価格が安くてコンパクト。もともとの価格が安いため、買取価格も安くなります。

キャノンを高く売るには?

キャノンのカメラを高価買取してもらうための手段

キャノンのカメラを売る方法は色々な手段があります。買取業者の店舗やネットにある買取業者、アプリの買取業者、ネットオークション、知人など色々な方法で売ることが可能。高く売れるのは、ネット買取業者やオークションです。

店舗に持ち込んで売る

カメラのキタムラのような大手の買取店舗に持ち込んで売る場合は安心して売ることができます。個人情報はきちっと管理されているので安心です。ただ、店舗での買取価格はオークションで出すときより安い価格になることが多いのはデメリットでもあります。査定も隅まで見るため厳しくなります。そのため、傷が少しでもあると、かなり価格が下がる可能性があります。

ネットのカメラ専門買取業者に売る

ネットのカメラ専門買取業者は、カメラに対する査定がしっかりしていて価格も安定しています。ネットの買取は国内だけでなく海外での需要が高いので買取価格も高くなります。何社かあるので、無料査定をしてもらい、一番査定の高い業者に買い取ってもらいましょう。特にキャノンは高価買取が期待できるモデルが揃っています。

参考:カメラ高く売れるドットコム

インターネットオークションで売る

ヤフオクは多くの商品が出品されるため、参加する人が多いときはオークションだと買取店舗より高い値段で買い取られます。しかし、人気のない機種だとオークションに出してもあまり高値にならず、買取が難しい場合も。ヤフオクだと出品をするのは写真を撮らないといけないため、少し手間がかかります。

送料が無料で宅配キットも送ってくれるので助かります。査定額が気に入らなければカメラを返してもらえるのもポイントの一つ。ネットのフォームで申し込むとカメラの機種や発売年、保存状態、付属品、傷の状態などで大体の査定価格を出してもらえます。

フリマアプリから売る

メルカリやラクマなどのフリマアプリでキャノンを売ることができますが、相手とのやり取りや最初のページに出ていないと売れないというデメリットがあります。その場合は、一度出品停止をして、次の日に再度出すと前のほうに表示されるためおすすめです。

知人に買い取ってもらう

知っている人に譲る場合は、知り合いなのであまり高い値段を言えないかもしれません。自分の使っていたカメラを知人が買い取って使ってくれるなら価格に関係なく安心です。知人も使い方がわからないときにすぐに訪ねることができるので助かります。

キャノンの買取価格を上げる5つの方法

キャノンのカメラの買取価格を上げる5つの方法とは?

これだけをしておくと、お持ちのキャノンの買取価格がアップする可能性が高まります。付属品や箱を揃えておく、湿度の低い状態で保存する、掃除をする、ボディ本体とレンズなどが揃っているキットとして売ると査定価格が上がります。

箱や付属品を揃えてキットとして売る

箱や付属品が付いている場合は店はカメラキットとして販売できるので高く買い取ります。特に、店舗では付属品があるかないかをチェックするので、箱や付属品は売るときに揃えておきましょう。付属品がない場合は、欠品として買取価格がさがります。

湿度の低い状態で保存する

湿度が高いとレンズにカビが生えてしまいます。カメラやレンズには湿気がない状態にするために容器に乾燥材をいれておくとよいでしょう。きれいな状態で保存されているカメラは高く売れますが、カビが生えていると査定価格が下がってしまいます。

レンズやボディ本体をきれいにする

カメラをきれいにするには、ほこりをはらう専用のブロアーや柔らかいブラシ、クロスを使います。ブラシでカメラ全体のほこりを払い落としましょう。フラッシュをファインダーカバーや電池をいれる場所などもブラシでなどを使ってほこりを取り除き、柔らかいクロスできれいに拭き掃除します。

ブロアーを使って内部のほこりをはらい落としてから専用のクロスでレンズをきれいに拭き上げておきます。査定前に掃除してきれいにしておくと査定額がアップします。

複数のカメラやレンズを持ち込むと価格がアップする

レンズやカメラはまとめ売りをしたほうが価格がアップすることがあります。特に新しくて人気モデルの場合は高くなります。家にある中古のカメラをすべて処分して、新しいカメラを購入する費用に充てる良い機会になります。

購入してから早い時期に売る

新しいモデルのカメラの方が買取価格が高くなります。購入してから年式が新しいほど査定額が高く、仮に、モデルチェンジをした旧型モデルでも早めに査定に出し買取価格の評価が落ちる前に売ってしまうことも高く売るポイントのひとつです。

カメラ買取サービスの選び方

カメラ買取サービスの選び方

買取業者を選ぶときのポイントは次の3つです。

  • 査定額が高いと評判の業者を選ぶ>
  • 出張買取または宅配買取に対応している<
  • >
  • 宅配キットが郵送され、送料も無料である

注意する点

さっそく、注意する点を詳しく見ていきます。

査定金額と実際の買取金額と違う

注意する点は、ネットで無料査定した金額と、実際に査定した金額とでは異なります。査定するときに詳しく、傷の状態や付属品の欠品などを伝えておきましょう。査定額では4万円だったのに実際には1万円しか値段がつかなかったということもあります。

見積書を確認する

査定金額の見積書には、商品一品ずつの商品名と買取金額の内訳、すべての買取金額を明記することになっていますが、悪質な買取業者の場合は合計金額しか明記されていない場合が多いです。一品ずつを丁寧に査定すると、金額がもっと高くなる場合があります。見積書を見て、それぞれの商品名や買取金額の記載があるかを必ず確認しましょう。

配送中にカメラが壊れた場合の保障

配送中にカメラが壊れるというトラブルがあった場合に、保障されるのかを確認しておくとトラブルになりません。宅配キットで送るときは、丁寧に梱包して壊れないように気をつけましょう。

【比較】おすすめのキヤノン買取サービス

上の3つの基準に沿って選んだおすすめのカメラ買取業者・サービスを紹介します。それぞれのポイントを比較した自分に合ったものを選びましょう。

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコム

全国に対応しているネット型カメラ専門買取サービスで、一眼レフはもちろん、レンズ、三脚などカメラ機材まで幅広く買い取っています。買取は出張買取、宅配買取、店舗買取の3つの買取を選ぶことが可能。フリーコールに電話をして、商品情報を伝えると、その後、買取の査定額を電話かメールで連絡があります。

その後、3つの買取方法のどれかを選び、カメラの引き渡しをして買取金額に納得の場合は現金または銀行振込みでの支払いとなります。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

カメラ買取アローズ

カメラ買取アローズ

全国どこでも宅配買取に対応しています。宅配キットや送料すべて無料。宅配キットが届いたら、その場で詰めて業者にわたすこともできますし、別の日にヤマト運輸が指定された日に受け取りに行きます。熟練スタッフによる審査で査定額を出し、その金額で納得したら24時間以内に口座に振り込まれます。

参考:カメラの買取アローズ

フジヤカメラ

フジヤカメラ

1938年創業のカメラ販売・買取店です。サイト上からメーカー、カテゴリー等を選んで査定参考額を調べることができます。下取りも実施しているため、一眼レフの買い替えを検討している方はフジヤカメラで下取りに出せばお得に購入することができます。カメラ機材のみの売却も積極的に受け付けているため、大量にある三脚や雲台、カメラボックスの整理におすすめです。

参考:フジヤカメラ

まとめ

キヤノンの買取相場や高く売るコツなどまとめてきました。買取サービスをうまく活用すれば新モデルの購入資金に使うこともでき非常に便利です。よりいっそうのカメラライフを満喫するためにサービスを賢く利用してみてはいかがでしょうか。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。