フィルムカメラの買取相場解説!おすすめ業者と査定ポイントも

フィルムカメラを買取に出す前に確認したい情報をまとめて紹介します。ニコンやキャノン、ライカなどメーカーごとの相場価格や高く売るための売却方法や査定ポイント、おすすめのカメラ買取専門店など事前に確認したい情報が満載です。高価なフィルムカメラは、売却方法によって値段の付き方が全く異なるのでお得に処分したいものです。中古フィルムカメラを買取専門店に売ることを検討している際は、ぜひ参考にしてください。
フィルムカメラの買取相場解説!おすすめ業者と査定ポイントも

今ではすっかりデジタルカメラが主流になり、フィルムカメラを使う人も減ってきました。

「フィルムカメラなんて、もう値段がつかないのでは?」と簡単に処分してしまう人もいますが、実はフィルムカメラには根強いファンがいるのです。

この記事では、フィルムカメラの買取相場についてや中古品を高く売る方法、おすすめの買取業者を見ていきます。

フィルムカメラの買取相場

フィルムカメラの買取相場を知っていれば、売る際のおおよその目安となります。ここではブランドごとの価格帯をみていきます。状態は動作品で一般的なコンディションの中古品とします。

※下記の買取価格はその金額を保証するものではございません。商品の状態・付属品の有無などによって価格も変動いたします。あくまで参考としてご覧下さい。

Nikon(ニコン)で1,000円~48,000円

Nikon(ニコン)で1,000円~48,000円

ニコンは日本の光学機器メーカーで、今でもフィルムカメラへの高い人気があります。そのため買取の価格帯も幅広く、1,000円~48,000円と幅をもたせていますが、この枠からはみ出ることも多いです。

そのため販売前には必ずインターネットなどで、おおよその買取金額を確認しておいたほうがよいでしょう。人気モデルにはFM10やF6などがあります。

Canon(キャノン)で1,000円~10万円

Canon(キャノン)で1,000円~10万円

キャノンは、デジタルマルチメディア機器メーカーとして知られています。

特にオフィス機器事業におけるプリンターと、イメージングシステム事業におけるコンパクトデジタルカメラと一眼レフカメラは、世界シェア1位の製品を持っています。カメラ事業に関しては、ニコンのライバルだといえるでしょう。

そのように高い技術を持っているキャノンなので、過去に制作したフィルムカメラにも人気があります。

こちらは価格帯1,000円~10万円と記載しましたが、実際の買取価格は、機種や買取店などによっても幅広くなるかと思います。Canon EOS55やCanon Pなどが当時の人気機種です。

Leica(ライカ)で5,000円~23万5千円

Leica(ライカ)で5,000円~23万5千円

ライカは日本ではなく、ドイツ光学機器メーカーのエルンスト・ライツのブランドです。かつて日本のカメラメーカーは、ライカを目標として小型カメラの制作を行ってきました。

そのライカが1954年に発表したライカM3は技術力がとても高く、日本のカメラメーカーをこぞって一眼レフカメラへ転向させるきっかけとなりました。

1930~1940年代にかけて発表されたライカの価格はとても高く、「ライカ1台あれば家が一軒建てられる」といわれるほどでした。

もちろん、カメラの性能の点だけではなく、第二次世界大戦による価格変動のせいもあるのですが、この言葉が流布されるほどライカの人気があったといえます。

そのようなわけで中古のライカは今でも人気があります。5千円~23万5千円と書きましたが、人気機種になると50万円を超えるものもあります。

参考:フィルムカメラの買取査定|カメラ高く売れるドットコム

フィルムカメラおすすめ売却方法

フィルムカメラおすすめ売却方法

フィルムカメラをせっかく売りに出すのなら、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。どこで売れば高値がつくのでしょうか。

中古カメラ専門店に持ち込む

最新のデジタルカメラなら相場は読みやすいのですが、フィルムカメラのような古いカメラだとその価値を見極めるのは難しくなります。

そのため、リサイクルショップに持っていっても、買取担当はカメラの専門ではないので、いくらそれが希少なモデルだったとしても値段を安く見積もられる可能性があります。

その点、中古カメラ専門店なら買取担当はその道の専門家です。中古カメラにカビや曇りがあるのは当たり前で、それを前提として相場を知っています。

最近ではネットから宅配買取をできる業者も増えてきました。簡単に見積もりをしてもらえるのでおすすめです。また、いくつか査定をしてもらって買取に出すのも相場を知るのにおすすめです。

ネットオークションで売る

店舗を介さず、インターネットオークションで売るのも高値で売る1つの手です。店舗を仲介させない分マージンを取られることがありません。

ヤフーオークションなどのほか、フリマアプリなどを使用してもよいでしょう。高値で売るポイントの1つは、しっかりと事前に販売したいと思っているカメラの相場を把握しておくことです。

最低入札金額を設定したり、メルカリなどのフリマアプリの場合には売りたい金額を掲載します。少し高めに設定して、売れなければ下げていく方法でもよいです。

ただしカメラは高額な精密機器のため、購入した人からクレームが入る可能性があります。事前にキズや曇り、カビといった情報はしっかりと写真付きで記載しておきましょう。

フィルムカメラ買取査定対応のサービスをチェック

では、ここではおすすめのカメラ買取サービスをいくつか見ていきます。それぞれメリットが違いますので、自分にあった買取サービスを選びましょう。

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコムで買取価格を調べる

カメラ高く売れるドットコムは、カメラだけではなくレンズや周辺機器も取り扱っている中古カメラの買取専門店です。特徴としては以下のようなことが挙げられます。

  • 査定から買取まで一切無料
  • 店頭・宅配・出張買取に対応
  • 上場企業運営で安心サービス
  • 1点から複数点まで対応
  • 全国対応で買取サービスを展開

近所に店頭が無い場合でも宅配・出張買取を利用することでカメラをまとめて簡単に売却することができます。

また、宅配買取の場合の資材に関しては、ダンボールや緩衝材の入った無料の宅配キットが送られるので安心して買取に出すことができます。

電話・WEB申し込みから「メーカー」「型番」「状態」を伝えしていただくことで簡単に事前査定が行えるので、ぜひ一度、買取価格をお調べください。

カメラ買取市場

カメラ買取市場

カメラ買取市場は、買取金額の確認のみならば、匿名でも電話で受けつけてくれます。またホームページにて「他店と比べて安かったら迷わずご相談ください」とあり、値段交渉を行うこともできます。

カメラ買取市場も全国対応で無料で宅配買取を行っています。無料の出張買取サービスもありますが、東京・千葉・埼玉と地域限定です。

1~50点まで一度に買取をしてくれるので、大量に売却したい場合にも便利です。比較的状態が悪いものでも値段をつけてくれる場合があります。

参考:カメラ買取市場

グローバルサプライ

グローバルサプライ

グルーバルサプライは、カメラやオールドレンズの買取を専門としている中古カメラ専門店です。おすすめするポイントは、他社よりも高い査定金額がつきやすいこと。

そして宅配買取と無料査定(まずはメールにて問い合わせ)をしていることです。

他社より買取価格が高くなりやすいのには理由があります。それはグローバルサプライは買い取ったフィルムカメラの販路にあります。

国内よりも海外のほうがフィルムカメラは高値で取引されています。そのためグローバルサプライは海外での販売に力を入れているのです。

ただ1万円以上の買取になった場合、身分証明書がないと売ることができないので、あらかじめ用意しておかなければなりません。

参考:グローバルサプライ

買取業者に売る前に確認したいこと

買取業者に売る前に確認したいこと

買取サービスを選ぶ際のポイントを5つみていきたいと思います。

  • 買取サービスの内容がインターネット上で確認できる
  • 無料で出張買取や宅配を行っている
  • カメラ専門で査定をしている人がいる
  • インターネット上での口コミがよく信頼ができる
  • インターネットの買取価格比較サイトなどを利用する

高額をつけてくれる買取サービスを探すには、まずインターネットの情報を利用しましょう。どのようなものを取り扱っているのか。無料の宅配・出張買取などを行っているのかを確認します。

その際に、リサイクルショップはできれば避けたほうがよいでしょう。カメラ専門で査定している人がいるわけではないので、価値のあるフィルムカメラでも安く買取金額をつけられる可能性があります。

事前に買取価格比較サイトなどを利用して、おおよその買取金額の目安をつけます。そのうえで買取サービスを利用します。

買取専門店とリサイクルショップの違いやお店の選び方などを詳しく解説した関連記事がありますので、合わせてご覧下さい。

チェックしたい2つの高額査定ポイント

フィルムカメラを売るときに、気をつけたいポイントとはなんでしょうか。ちょっと気に留めておくだけで値段が上がる可能性があります。

箱や付属品を揃えて売る

箱や付属品を揃えて売る

カメラを購入したときにカメラが入っていた箱。それから説明書やストラップ、アクセサリー類といった付属品も揃えて売るようにしてください。一緒に査定に出すだけで、金額がアップする可能性があります。

逆にいえば、それらの付属品がない場合には減額の対象となります。そのためメールやネットでの無料査定を行う場合には、付属品(箱や説明書)が欠けている旨を買取店に伝えなければなりません。

そうでないと、実際の査定のときに思ったよりも高い金額がつかずに、がっかりすることになります。

レンズや関連機器なども一緒に売却

中古カメラ専門店によっては、カメラのみを扱っているのではなく、レンズや三脚、プリンターやカメラ関連アクセサリー、カメラ関連本などを販売している店もあります。

そのような店では、それら関連機器などの買取も行っていることが多いです。フィルムカメラを売るさいには、いらなくなった関連機器も持っていって一緒に売りましょう。

それほど高額ではないかもしれませんが、値がつくものがあるかもしれません。また事前に売れるものかどうかわからない場合には、直接店舗に問い合わせをしてみるとよいです。

実際に店舗などに持ち込む場合には、埃をはらうなどある程度きれいにしてから持ち込みましょう。汚れた状態で持っていった場合には減額される可能性があります。

まとめ

思い出のつまったカメラ。実は買取サービスの選び方や、売却方法でフィルムカメラの売値は数千円から万単位で変わってきます。

高価なものほど買取価格に差が付きやすいものです。しっかりと最適な方法を見極めて売却することをおすすめします。

中には、買取価格の付かなかったフィルムカメラもあるかもしれません。そんなときに役立つカメラの処分方法を下記の関連記事で紹介していますので合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。