補聴器の買取まとめ|中古相場はいくら?高く売るコツも

「不要になった補聴器を売りたいな」と思っている方は買取に出す前に、要チェックです。買取には、高価買取してもらうときには気を付けるべきポイントがいくつかあるのです。高額買取をしてもらえれば、新しい補聴器を買うときの資金にもなります。少しでも高く売るために、売り方のポイントや相場、高く売るコツについて確認していきます。


補聴器の買取まとめ|中古相場はいくら?高く売るコツも

補聴器は体と合わなくなったり、買い替えが必要になったりと不要になることもあるでしょう。しかし、補聴器は決して安いものではないのでそのまま捨ててしまうのももったいないです。そんなときは買取に出してみてはいかがでしょうか。

補聴器の買取相場とは?

補聴器の買取相場とは?

まずは、補聴器の買取相場について知りましょう。ここで紹介する相場はあくまで一例です。状態や査定時期などで変動するため、買取価格を保証するものではありません。参考までにご覧ください。

耳かけ型の補聴器で2~3万円

補聴器には、いくつかのタイプがあります。中古で買取してもらえるのは、既成タイプの補聴器で、オーダーメイドなどの個人対応が必要なタイプは買取しても販売できないので、中古買取は期待できません。耳かけ型の補聴器は既成のものがほとんどなので、買取してもらうことができます。

新品の場合、5万円くらいからが相場で高いものだと30万円を超えるものもあります。買取の際には価格帯がぐんと下がって、2万~3万円くらいが相場になるでしょう。未使用な場合や販売価格が高いとさらに高く買い取ってもらえます。

中古で補聴器を売る場合、購入してすぐ手放す場合と使っていたが徐々に合わなくなっていったため手放したいというような長期使用後の場合の大きく2通りが考えられます。前者の場合は高く買い取ってもらえる可能性がありますが、後者の場合は買い取り額が低くなる可能性が高いことも認識しておきましょう。

ポケット型の補聴器で数千円~1万円程度

ポケット型の補聴器は耳かけ型の補聴器よりも安価に取引されています。耳にかけて使う耳かけ型や、耳の穴に入れて使う耳あな型などと比べると箱状の本体を持ち歩く必要があります。ポケット型の補聴器は、補聴器の中でもっともリーズナブルなタイプです。

ポケット型の補聴器は、新品の場合で3万円~が相場で高いものでも8万円程度です。中古買取では、数千円から1万円程度から買い取ってもらえます。未使用品や使用年数、頻度によってはさらに高く2万円や3万円での買い取り実績も見られるので、買取額には幅があります。

補聴器はどうやって売るのか

補聴器はどうやって売るのか

補聴器を高価買取してもらうための手段について2つご紹介します。

補聴器買取の専門店に持ち込む

補聴器は医療機器の一種であるので、一般のなんでも買い取るタイプのリサイクルショップなどでは取り扱っていない可能性もあります。また、専門の店舗でないと正しく価値判断をしてくれなかったり、安く買い取られてしまったりします。専門店だと、中古を買い取った後の売り先が豊富なので、比較的高く買い取ってくれるでしょう。

補聴器買取の専門店は、都市部などでないと店舗を探すことは難しいでしょう。地方に住んでいる場合など、直接店舗にいけない場合にも、インターネットショップを利用したり出張買取、宅配買取をしている店舗を探してみてください。

関連記事

インターネットオークションで売る

補聴器はインターネットオークションで売ることもできます。代表的なインターネットオークションサイトとしては、ヤフオクが挙げられます。インターネットオークションと似た仕組みとしては、直接売買ができるアプリなども利用できます。

ネットやアプリならば、買い手と直接的なやり取りができるので、買取店に持ち込むよりも高値で売ることができる場合が多いです。しかし、高価な補聴器や専門的な知識がいるタイプはネットなどでは売りづらいというデメリットがあることも。また、買取店に買い取ってもらう場合と比較して手間がかかるのも難点です。

おいくら

補聴器の買取価格を上げる2つのポイント

補聴器の買取価格を上げるためのポイントを確認して、高価買取を目指しましょう。

箱や付属品を揃えよう

箱や付属品を揃えよう

補聴器の買取の際に、価格を大きく左右するのが箱や付属品の有無です。補聴器は医療機器として使い方や安全性が重要視されるものでもあります。そのため、正しい使い方が書いてある箱や説明書、小さな付属品、商品が入っていた袋や箱などもあるとよいでしょう。

補聴器を買取に出す可能性も考えて、箱や付属品は安易に捨てず、できるだけきれいな状態で保存しておくようにしてください。箱はない、説明書がない、付属品がないなどということで買取価格は減額になる可能性が高いです。特に、使用において必要な付属品がないと相場よりかなり低い価格での買い取りになったり、買取不可になることもあるので注意が必要です。

きれいな状態で買取に出そう

補聴器を買取に出すときは、できるだけきれいな状態で出すようにしましょう。これは補聴器本体はもちろんのこと、付属品や箱などもできるだけきれいな状態で買取に出すことが望ましいです。補聴器はきれいな布で拭く、消毒シートで拭き掃除をするなどしておくとよいでしょう。

付属品の箱も汚れや傷、欠けなどがあると減額の対象となります。箱に一式をまとめて入れて買取に出すときも、丁寧に扱っていることが分かるように購入時とできるだけ同じように正しく詰めて査定に出すようにしてください。全てのものが揃っていたとしても、乱雑に詰め込んであると傷ができてしまったり、減額された査定額となってしまう可能性も考えられます。

買取に出す前にチェックすべきこと

買取に出す前にチェックすべきこと
  • 補聴器の買取実績を確認する
  • 補聴器を専門的に扱っている店であるか
  • インターネットで査定、買取が可能か
  • 無料で査定を行っているか
  • 出張買取や宅配買取を利用可能か

買取サービスにはさまざまな種類がありますが、買取サービスを選ぶときには上記の点に気をつけて選んでみてください。まず、買取をしてもらいたいと思っているお店で補聴器の買取実績があるか確認しましょう。また、そこで買取実績から相場などが分かる場合はその相場もチェックしておきましょう。

補聴器の場合は、専門で扱っている店の方が高価に買取してくれる可能性が高いです。できるだけスムーズに手間なく買取を行うためには、インターネットで査定、買取が可能な店舗を選ぶとよいでしょう。また、無料で査定を行っている店舗を選ぶことで複数店舗を比較することができ、最もよいものを選べます。

補聴器買取を実施しているサービスをご紹介

では、補聴器の買取を行っている業者やサービスをいくつかご紹介したいと思います。

おいくら

おいくら

「おいくら」は、複数のリサイクルショップへ売りたいアイテムの一括見積りが行えるサイトです。

不用品の情報を入力するだけで、最大20社に一括査定を依頼して買取価格を比較できるので、いろんなショップへ足を運んだり、電話する手間をかけずに買取条件の良いショップを見つけることができます。

ご自身の補聴器が買い取ってもらえるか不安な場合は、自宅に保管したままにせず、気軽に一括買取査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

買取大臣

買取大臣

買取大臣は補聴器買取も積極的に行っています。宅配買取が利用可能なので便利な面も。

参考:買取大臣

補聴器買取.com

補聴器買取.com

補聴器買取.comは、補聴器を専門的に扱っているので、高価買取が期待できます。無料でネット査定も利用できます。

参考:補聴器買取.com

良品企画

良品企画

良品企画は幅広い買取を行っている店舗ですが、補聴器の買取にも力を入れています。取扱商品をサイトで確認できるので、安心です。

参考:出張買取・宅配買取の良品企画

高く売れるドットコムの全国対応買取サービス

高く売れるドットコムの全国対応買取サービス

この記事を掲載している高く売れるドットコムでも補聴器の査定・買取を実施しており、国対応でウェブまたは電話から無料査定を毎日受け付けています。

補聴器なら宅配買取がおすすめです。無料査定の価格に納得いただくと宅配梱包キットをご自宅までお届けいたします。もちろん送料は一切かかりません。補聴器の買取相場比較にもぜひご利用ください。

高く売れるドットコムで査定する

まとめ

一度使わなくなった補聴器はそのまま不要品になってしまいます。高価な補聴器はぜひ買取してもらってお金に替えましょう。

新しいものを購入したり、他に必要なものを購入することができます。買取の際には高価買取のポイントを忘れずにチェックしてください。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。