ライカの買取|相場・高く売るポイント・買取業者の選び方など

ライカの買取|相場・高く売るポイント・買取業者の選び方など

新しいカメラを買うためだったり、引っ越しの費用だったりでお金が必要になることがあります。そのためにライカを売りたいと思ったとき、どこでどのように買い取ってもらうのがよいのでしょうか。ここでは、ライカの参考買取相場や高く売るためのポイントをお伝えしていきます。

人気のキヤノン製カメラの買取ポイントの記事もおすすめです。

ライカの参考買取相場

自分のライカを高く買い取ってもらうために、まずライカの買取相場を確認しましょう。相場の値段を知っていれば、提示された買取額が高いのか低いのかを判断することができます。

※相場は状態や査定時期、新製品発売などで変動します。あくまで参考としてご覧ください。

カメラの場合は4万円~43万円

ライカはどこのカメラ店でも扱っているわけではなく、手に取れる機会が少ない貴重なカメラです。そのためライカのカメラ本体は状態が良ければ比較的高く買い取ってもらえます。ライカのカメラは4万円~43万円が相場です。M1 シルバーは約4万円、M2 シルバーは約5万円が相場です。そのような中でもM9-Pは約43万円が相場だと言われています。

また、アンティークとして価値のがあるものは、高価買取が期待できます。35mmフィルムを使用するレンジファインダー型カメラの名器の一つと呼ばれるM3やその後継のM4は高価買取が期待できるモデルです。

レンズの場合は3万円~27万円

カタログスペック・実写結果ともに非常に高い実力をもつ、高性能なレンズとして定評のあるライカのレンズは高価買取が期待できます。レンズは状態がよければ3万円~27万円が相場です。ズマロン(SUMMARON) 35 mm f2.8は約3.5万円が相場です。SUMMILUX-M 50 mm f1.4 ASPH (6bit)は約27万円が相場です。

とくに1950~1960年代のライカレンズは、全世界、全時代の写真用レンズのなかでも最高の仕上げのものだと言われており高価買取が期待できます。1950~60年代のライカのレンズはオールドレンズと呼ばれており、一部のマニアから支持を得ています。インターネットオークションに出品するとそう相場以上に高く売れる場合があります。

ライカを高価買取してもらうための方法

ライカを高価買取してもらうための方法

ライカを買いってもらう方法にはどのようなものがあるのでしょうか。自分にあったものを選びましょう。

カメラの買取専門店に売る

状態のよいライカを売るときや、アンティークとして価値のあるライカを売るときにはカメラの買取専門店に売るのがよいでしょう。専門の鑑定人がいるので適切な価格で買い取ってもらえる可能性が高く、大切なライカを安く買いたたかれる心配が少ないです。専門店であれば安心して託すことができるのではないでしょうか。

宅配買い取りを行っている専門店もあり、全国から利用が可能なので自宅近くにレコードプレイヤー専門の買取店がない場合でも安心です。宅配買取の場合、梱包キットが無料で利用できなかったり、送料を負担しなければならないサービスもあるので選ぶ際に注意するとよいでしょう。

様々なものを扱う買取専門店に売る

衣料品や貴金属を扱う買取専門店のなかにはカメラも扱っている業者もあります。特にカメラやライカの買取専門のホームページをつくっている総合買取専門店はライカの買取を強化しているので、参考にするとよいでしょう。

また、ライカのほかに売りたい衣料品や貴金属に関連するアイテムがある場合、ライカと一緒に売ることで買取額がアップする可能性があります。衣料品や貴金属と別々にライカを持ち込むのではなく、一緒に総合買取専門店に売るとよいでしょう。ライカが壊れている、カビがはえているなど非常に状態が悪い場合も総合買取店に売るのがよいでしょう。他のものと一緒に売ることで状態が悪いライカでも買い取ってもらえる場合があります。

ライカの買取価格を上げる3つの方法とは?

ライカの買取価格を上げる3つの方法とは?

ライカの買取価格をあげる3つのコツがあります。ひと手間かけることになりますが、3つを行うことで買取額がアップする場合があります。

故障個所がないか確認する

古いライカを売る場合は、故障していないかを確認しましょう。業者によってはレンズが割れていたり、ひびが入っていたりすると買い取ってもらえなかったり、減額の対象になるので注意しましょう。もし修理可能であればなおしてから出品するようにしましょう。

どうしても修理できず壊れたままで買取にだすと最悪、ジャンク品として買いたたかれてします場合があります。その場合は、故障していても買い取りますとHP等に明記している業者に持ち込むか、インターネットオークションに出品すると、買いたたかれずにそこそこの値段で買い取ってもらえる場合があります。

付属品を一緒に売る

ライカを買った際の箱や保証書、レンズ等付属品があれば一緒に売りましょう。箱や保証書があることで買取額がアップする場合があります。逆に保証書や元箱がない場合は減額される可能性があるので注意しましょう。

なぜ付属品があると買取額がアップするのかというと、付属品がある方が次の買い手が付きやすくなるからです。特に売りたいレコードプレーヤーがアンティークとして価値のあるものの場合、付属品とついていたアクセサリーなどの製造販売が停止していることも多く、今では入手困難な場合があります。そのため、付属品があると高価買取が期待できるのです。

クリーニングする

ライカ本体や箱などはきれいな状態で売りに出しましょう。箱がホコリをかぶっていたり、本体に汚れがあったりすると心証が悪くなってしまい、減額の可能性があります。減額されないためにもクリーニングをしましょう。

外見が汚れているとどうしても査定する人の持ち込み商品への印象が悪くなってしまいます。買取額を減額される可能性を減らすために、必ず外見のよごれを落としてから買取にだすようにしましょう。きれいな状態であれば、ライカを大事に使っていたことを査定人に伝えることができます。

買取サービスの選び方。ライカを売る前に確認しよう

ライカの買取サービスを選ぶときは以下のポイントに注意しましょう。

  • 無料で査定可能か
  • 買取額から査定額の減額がないか
  • ライカの買取実績があるか
  • ライカを強化買取中か
  • 店内持ち込みか宅配買取か

必ず複数の業者に査定をお願いしましょう。業者によっては他社の査定額を見せることで買取額をアップしてもらえる場合があります。価格交渉をするために複数の査定額を出してもらいましょう。

次に、業者が以前にライカを買取ったことがあるのか確認してください。できるなら買取金額まで確かめるとよいでしょう。最後に、自分の望む買取方法があるのか確認しましょう。大切なものであれば店頭に持ち込むのがよいでしょうし、忙しい場合は宅配買取を選ぶのがよいでしょう。

おすすめのライカ買取サービスを紹介

先ほど説明した基準を満たすサービスを見ていきましょう。自分のライカが最も高く売れるサービスを見つけましょう。

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコム

カメラ高く売れるドットコムはインターネット型のカメラ買取専門サービスです。ライカはもちろんのこと一眼レフなどあらゆるカメラ機材の知識を持ったプロが査定を担当しているため、常に適切な買取価格をご提示しています。

取引は無料査定から始まるため、売却する前にいくらで売れるか目安の金額がわかるため安心です。出張買取なら自宅まで伺うことができるので高価なライカを宅配買取で送るのは怖い、という方におすすめです。

カメラ高く売れるドットコムで査定する

Map Camera

デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取など、新品から中古まで様々なカメラ関連商品の販売・下取見積を行っているサービスです。「ワンプライス買取」という確定した買取金額でカメラを買い取るサービスを行っています。ライカも対象に含めれているので査定額と比較するとよいでしょう。

参考:Map Camera

スリースター商会

ライカ専門の買取店です。バルナック型から最終LeicaM型まで幅広く買取可能で、ライカ商品のほとんどを取り扱っています。最低保証価格があるので一度査定を頼むのがよいでしょう。

参考:スリースター商会

カメラ総合買取ネット

様々なメーカーの一眼レフ・交換レンズ・三脚・照明・その他アクセサリーを宅配買取するサービスです。ライカ専用のページを設けており、HPから型番ごとの買取参考額を提示しています。

参考:カメラ総合買取ネット

まとめ

ライカの買取ポイントについてまとめてきました。ライカは非常に高価なカメラメーカーでコレクターが非常に多いため、中古品でも状態の良いまま保管されている方が多いのが特徴です。そのため、買取価格も常に高値水準となっています。

コレクションの整理などを考えているなら、買取サービスの利用も手段の一つとして検討してみはいかがでしょうか。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。