処分と買取の違いとは?特徴やメリット・デメリット解説

不用品を処分するという方は、多くても買取サービスを利用するという方はあまり多くはありません。そこで今回は「処分」と「買取」のメリットとデメリットを比較しながら最適な処分方法は何かを検討していきます。また、冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの品目を例に処分と買取どちらがおすすめかについても解説していきます。買取サービスを利用したいという方のために高く売れるドットコム買取サービス利用方法もありますので、ぜひ参考にしてください。
処分と買取の違いとは?特徴やメリット・デメリット解説

家電・家具・楽器・オーディオ・カメラ・ブランド・パソコン・ホビーなど家庭や職場にある様々なものが引越しや買い替えなどで不要になることがあります。

そんな時に料金を支払って処分するか、それとも買取してもらうかを考える方も多いのではないでしょうか?

どうせ不用品を処分するならお得に処分したいものです。そこで今回は「処分」と「買取」のそれぞれの特徴や違い、買取に出せる品目まで詳しく解説していきます。大掃除や引越しの際にぜひ、お役立てください。

「処分」と「買取」メリット・デメリットを比較

家電や家具などの不用品を処分する方法としては、自治体の粗大ごみとして捨てる方法や不用品回収業者に回収してもらう方法などがあります。

買取はリサイクルショップに売却したり、買取専門店に売却する方法があります。処分・買取方法ごとに利便性をまとめてみましたので、下記の表をご覧下さい。

処分方法対応可能品目数料金の安さ手間がかからない
粗大ごみに出す×
不用品回収業者に回収×
引越し業者に引き取り
フリマアプリで売却◎(売り上げが利益になる)×
買取業者に売却◎(買取金額が貰える)

処分のメリット・デメリットは処分方法によっても異なります。「粗大ごみに出す」「不用品回収業者に回収」「引越し業者に引き取り」「フリマアプリに売却」などに分けて解説していきます。

粗大ごみに出す

粗大ごみに出すメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

自治体に粗大ごみとして出す場合のメリットとしては、なんといっても料金が安いということです。主に回収・持ち込みの2つの処分方法があり、回収の場合は粗大ごみ処理券を購入して回収予定日に指定場所に搬出します。

持ち込みの場合は清掃センターなどに自分自身で搬入して粗大ごみを処分します。基本的に持ち込みの場合の方が料金が安いのも粗大ごみとして捨てる場合の特徴です。

デメリット

デメリットとしては電話またはWEB予約をしてから回収までに時間がかかるということです。

長くて2週間ほどかかる場合もあるので引越しの際などは、事前の予約をしておく必要があります。(持ち込みの場合はすぐに処分できる場合があります。)

また、不用品の処分で多い洗濯機や冷蔵庫などの家電リサイクル法対象品目は、処分できないということが挙げられます。処分したい品目が、お住まいの自治体で捨てることができるか、一度確認してみることをおすすめします。

不用品回収業者に回収

不用品回収業者に回収

不用品回収業者に回収してもらうメリットとデメリットを紹介します。

メリット

不用品回収業者に依頼する場合のメリットとしては、自身で不用品を搬出・処分する必要がなく、手間がないのが特徴です。

また、洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビなどの家電リサイクル法対象品目は粗大ごみとして捨てることができないですが、不用品回収であれば処分できます。まとめて処分する際などに便利です。

デメリット

デメリットとしては、料金が高額になりやすいことが挙げられます。軽トラックや2トントラックなどの対応車両と出張人数によって料金が変わってきます。

また、不当な業者によっては回収した不用品を不法投棄したり、トラブルに巻き込まれることもあるので、一般廃棄物処理業の許可を得ているかなど事前に確認しておくと安心です。

引越し業者に引き取り

引越し業者に引取りを依頼するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

もし、引越しをする場合に不用品の引き取り・処分を一緒に依頼することができれば最も手間のかからない方法といえます。

引越しとセットで不用品の処分を依頼することで料金が無料になるか、安くなる場合もあります。また、引越し当日まで不用品を使用できるのも1つの特徴です。

デメリット

不用品の量によっては、想定していた引越し費用を超過してしまうこともあるので、金額には余裕を持っておくことがおすすめです。

フリマアプリで売却

メルカリやフリルなどのフリマアプリを使って売却する方法のメリットとデメリット

メリット

フリマアプリを利用するメリットとしては、売り上げがそのまま利益として受け取ることができる部分に一番の魅力があります。品目によってはリサイクルショップで売却するよりも高値で売却することができるのも特徴です。

比較的新しい家電や市場価値の高い製品に関しては一度売却してみることで高く売ることもできます。

デメリット

デメリットとしては、出品した商品が必ず売却できるかは分からないということや若年層の利用者が多いことからマナー違反が目立つ部分がある場合があります。

また、梱包や配送はすべて自分自身で手配する必要があるので、手間になりやすいというデメリットがあります。

買取業者に売却する

買取業者に売却する

不用品を処分するという方法とは反対に買取するという選択肢について考えていきます。

関連記事では買取サービスの違いと特徴、選び方についてをまとめた記事もありますので、合わせてご覧下さい。

メリット

買取は処分費用がかからずに不用品の買取価格を手に入れることができるのでお得です。また、店頭での買取以外にも宅配・出張での買取に対応しているところも多く、手間も少ないのが特徴です。

また、冷蔵庫や洗濯機などの家電リサイクル法対象品目も買取業者に依頼すれば売却することができるので不用品をまとめて売却するのにも向いています。

デメリット

買取業者に売却するデメリットとしては、品目によっては買取のできない製品があります。例えば製造されたのが5年以上前の古い家電やノンブランドの家具などは、買取価格が付けられない場合があります。

また、買取業者によって買取価格も製品ごとに異なるのでいくつかの業者に査定に出してみるといいです。

品目ごとのおすすめの処分方法

今回は家庭から不用品として出される頻度の高い「ベッド」「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」「パソコン」を例に処分するがお得か買取に出すのがお得かを見ていきます。

それぞれの処分方法も解説している関連記事も合わせて紹介しているので参考にしてみてください。

冷蔵庫
製造年式が5年以上前でかつ2ドア150L以下の冷蔵庫に関しては買取価格が付かない場合があります。5年以内の製造年式のものは一度、査定に出してみるのがおすすめです。
ベッド
ベッドは処分の難しい品目になります。ノンブランドのものだと買取価格が付かない場合がほとんどです。Simmons(シモンズ)やSealy(シーリー)、Sarta(サータ)などのブランドベッドであれば高く売ることも可能です。
洗濯機
洗濯機に関しても製造年式が新しいほうが高く売却することができます。ドラム式洗濯機や乾燥機能付きの洗濯機も高く売ることができるので一度査定してみましょう。
テレビ
テレビの場合は、インチなどのサイズによって買取価格が大きく変わります。プラズマテレビや液晶テレビの他、有機ELテレビなども高価買取が可能です。家電に共通する部分ですが製造年式も買取価格に影響します。
パソコン
パソコンはCPU、ストレージ、メモリ容量などのスペック部分が価格に大きく影響します。デスクトップや一体型、ノートPC高額での買取も可能ですので、ぜひ一度買取業者に査定に出しみましょう。

買取の手順について

買取の手順について

処分という選択肢以外にも買取という選択肢もあるということを述べさせていただきました。もしかしたら今度不用品として売却しようと思っていたものの中に「これ売れるんじゃないか?」と思った製品もあるのではないでしょうか。

そんな方のために買取の手順について「高く売れるドットコム」の買取サービスを例に簡単に説明していきたいと思います。

事前査定で買取価格を調べる

事前査定とは実際に商品を専門スタッフが査定する前に目安となる査定金額を電話・メールにて伝えるサービスです。

こうすることで実際に店頭まで持って行って、「思っていた査定金額よりも低かった」、「そもそも買取金額が付かなかった」といったことも避けることができます。

査定をする際は何の不用品を処分するかを買取業者側が把握する必要があるので以下の情報を揃えて電話やメールをすると査定がスムーズになります。

  • 製品の型番
  • 付属品の有無
  • 製品状態

上記の内容を伝えることで詳しい査定額を提示することができます。高く売れるドットコムで査定をしてみたいという場合は以下のボタンからお電話・WEBフォームよりご依頼ください。

高く売れるドットコムで査定する

買取方法をご案内

買取業者によって異なりますが、基本的に店頭・宅配・出張の3つの買取方法を用意している買取業者が多いです。

店頭買取
店頭まで商品を持ち込んで、その場で査定・現金化ができる買取方法
宅配買取
宅配キットをお送りし、その中に売りたい不用品を梱包して、指定場所まで発送することで査定・買取してもらうことができます。
出張買取
出張予定日を決定し、当日スタッフが不用品の買取に伺う買取方法です。まとめて売却でき、手間の少ない買取方法です。

本査定と買取

店頭買取ではその場で査定を行い、査定完了後に買取価格を支払います。

宅配買取の場合は商品が店頭まで届き次第、査定を行い、電話またはメールにて査定金額をお伝えし、査定金額を銀行振り込みにて支払います。

出張買取はご自宅にお伺いし、その場で査定と買取を行います。もし、追加で不用品を売却したい場合も一緒に出すことができます。現金での支払いもその場で行います。

高く売れるドットコムで査定する

まとめ

まとめ

処分と買取のメリット・デメリットについて紹介してきました。これまで処分するという選択肢しかなかった方にとっては買取を利用してみるという選択肢も増えたのではないでしょうか。

高く売れるドットコムでは、洗濯機や冷蔵庫など紹介した品目以外にも、家電・楽器・オーディオ・ブランド・カメラ・ホビーなど様々な商材の買取を行っています。

引越し・大掃除などでまとめて売却する際も、ぜひ買取サービスを利用してみてください。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。

関連キーワード