ドライヤーの処分方法|ゴミとして捨てる?お金に変えられる?

ドライヤーの処分に困ったことはありませんか?ドライヤーなどの家電製品は、長く使っていればいつかは壊れてしまうものです。新しいドライヤーを購入したけれど、古いドライヤーは引き出しの奥にしまったままという方はこの記事を読んで片付けてみはいかがでしょうか?


ドライヤーの処分方法|ゴミとして捨てる?お金に変えられる?

ひとくちにドライヤーといっても、今やドライヤーの形状や機能はさまざまです。用途に合わせて複数のドライヤーを所有している方も多いでしょう。しかし、残念ながらドライヤーなどの機械製品は一生使えるものではなく、時期が来ればいつかは故障してしまいます。その時に気になるのが、ドライヤーの処分方法についてです。正しい処分方法を知ることで、処分後もすっきりとした気持ちになれるでしょう。

ドライヤーの処分方法は?

ドライヤーの処分方法は?

自治体のごみ

そもそもドライヤーって燃えるゴミ?燃えないゴミ?と疑問に思う方もいるでしょう。ほとんどの自治体でドライヤーは燃えないゴミ(不燃ごみ)に区分されています。燃えないゴミの収集日に、いつものごみ収集所へ持って行って捨てます。

しかし一部の地域では、ドライヤーは燃えないゴミではなく、違う区分になっている場合がありますので、きちんと確認してから捨てるようにしましょう。またドライヤーの大きさによっては、粗大ゴミの扱いになる場合もあります。お住いの地域のごみ分別ガイドブック等を確認し、各自治体のルールに従って捨てましょう。

小型家電回収ボックスに入れる

平成25年に施行された小型家電リサイクル法に基づき、金属や有効部分の再資源化を目的として、自治体が小型家電の回収を行っています。主に公共施設や役所、家電量販店等に回収ボックスが設置されていますが、認定事業者による回収を行っている自治体もあります。

捨てるだけではなく、リサイクルに活用してもらえるのであれば、手放す気持ちも違いますね。回収できる物は地域により異なりますが、ドライヤーも回収の対象となっている自治体もあります。一度お住いの自治体の回収品目を確認してみましょう。

不要品回収業者に引き取りを依頼する

不要になったドライヤーを回収している業者が多くあります。お店によって形態はさまざまで、自宅へ回収に来てくれる業者もあれば、宅配回収が可能な業者もあり、中には不要品を持参する必要がある業者もあります。また不要品の引き取りには基本的に費用がかかりますので、必ず事前に確認しましょう。

おいくら

処分にかかる費用は?

処分にかかる費用は?

ドライヤーの処分費用の相場は0円~500円程度

小型家電リサイクル法による回収ボックスを利用する場合は、設置されたボックスに入れるだけなので無料です。また自治体の燃えないゴミとして処分する場合でも、お住いの地域によっては、無料回収の場合もあれば、有料のゴミ袋を使用する必要があるでしょう。

不要品回収業者にドライヤーの回収を依頼する場合は、おおよそ500円~程度が目安となっているようです。金額が一律で決まっているわけではありませんので、もちろん業者によって金額が異なるでしょう。もしドライヤー以外にも、不要になった家電製品等があれば、一緒に回収を依頼すると少し割り引いてくれる場合もあるようです。中には無料で回収し、故障個所を修理して再販売する業者もありますので、後ほどご紹介します。

不要品回収業者を利用する場合は、複数業者の費用を比較しましょう

ドライヤーを引き取ってくれる不要品回収業者は数多くありますが、回収費用は一律ではありませんので、各業者に金額の確認をする必要があります。

お願いする業者が決まっていないのであれば、はじめから1つの業者に絞るのではなく、気になる業者をいくつかピックアップして、回収費用や回収方法を比較することで、より自分の希望に合った業者を見つける事ができるでしょう。

無料で処分することはできる?

無料で処分することはできる?

自治体のゴミ回収に出す

ご家庭で出たゴミを捨てる方法と同じです。ドライヤーは、ほとんどの自治体で「燃えないゴミ」に区分されますので、お住いの自治体の燃えないゴミが無料回収であれば、処分費用は0円です。

有料の袋を使用する必要がある場合でも、ドライヤーを捨てる日に、もともと他にも捨てる不要品がある場合は、同じ袋に入れて出すことで、実質0円ですね。自治体のゴミ回収に出す場合は、自治体によってルールが大きく異なるため、きちんと確認してから捨てるようにしましょう。

小型家電回収ボックスに入れる

上記でご紹介した小型家電リサイクル法に基づく「小型家電回収ボックス」を活用する方法です。回収ボックスに入れるだけなので無料です。家電にはさまざまな小型電子機器が使用されているため、回収ボックスを利用することは、金属や有効利用できる部分がただ破棄されるのではなく、再資源化の促進にもつながるのです。

小型家電回収ボックスを利用する場合は、そこに行くまでの交通費等を考え、お近くの回収ボックスを調べるとよいでしょう。

無料の引取業者に依頼する

家電を無料で回収し、修理して再販売するお店があります。もし再販売できなくても、部品を有効利用し、修理部品に使ったり、資源としてリサイクルに回す仕組みになっています。

参考:家電回収キッドくん

交流サイトを活用する

お持ちのドライヤーがまだ正常に使える状態なのであれば、不要になった物を譲り合うフリマ交流サイトがいくつかあります。これらは、家電・おもちゃ・衣料品をはじめ、取り扱い範囲がとても広く、過去の取引実績が豊富です。自分で譲りたい物の写真を撮り、説明文を加えて出品することで、それを見た人からサイト内で連絡がくるシステムです。

まだまだ使えるものであれば、だれか必要な人に使ってもらうのもよいですよね。出品する際は金額を付けることもできますし、無料で譲ることもできます。サイトによって、郵送での引き渡しのものもあれば、日時を決めて直接会って渡すものもあります。どちらも個人同士の取り引きですので、トラブルにならないよう注意しましょう。

1.ジモティー 2012年のサイト開設から1年で、月間訪問者数60万人を超えた有名サイトです。サイト名にも表れているように、地元の人で譲り合うことを目的としており、サイト内で事前に日時を決めて、直接会って取引をするタイプです。

2.メルカリ 2017年6月の時点で、日本で5000万ダウンロード・海外で2500万ダウンロードされた大規模なフリマアプリサイトです。郵送で取引をするサイトですが、サイト内での決済時に、出品者と購入者の間に運営会社が入ることで、金銭トラブルの軽減になっています。また相手側に住所や名前などを知られたくない場合は、メルカリ専用の発送方法を取ることで、個人情報を出さずに済むことも高く評価されているようです。出品の最低金額は300円です。

3.メルカリアッテ メルカリ系列ですが、郵送ではなく、直接会って取引をするサイトです。メルカリとの連携も取れます。

不要になったドライヤーは買い取ってもらえる?

いらなくなったドライヤーは売ることで処分することもできます。チェックしたいポイントと買取店をご紹介してきます。

売りたいドライヤーが買取対象になるかを確認する

もしドライヤーが故障しているのであれば、基本的に買取は不可能でしょう。しかし新しいドライヤーを購入する等の理由で、これまでのドライヤーが不要になった場合は、リサイクルショップ等で買い取ってもらえるケースがあります。

もしそのドライヤーの機能が豊富であったり、状態が新しく綺麗でもとの定価が高いものであれば、買取してもらえる可能性が高まります。ただし、買取金額はお店によって異なりますので、少しでも高く買い取ってもらいたい場合は、いくつかのお店で買取金額の査定をしてもらうのがよいでしょう。

ドライヤーの買取を行っているお店・サービスをいくつかご紹介します。

BUY王

バイ王

宅配での査定・買取のお店です。時期によって高価買取キャンペーンの品目が異なるようです。

参考:BUY王

おいくら

おいくら

おいくらは、全国のリサイクルショップおよび質屋へ売りたいアイテムの一括見積りが行えるサイトです。売りたいものの情報を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届くので、一度の申し込みで買取価格が比較できます。

全国1400以上のショップが登録されているので、買取が難しいかなと思うような品物も処分する前に、一度査定の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

おいくらで一括査定する

セカンドストリート

セカンドストリート

全国に店舗を構えるリサイクルショップです。

参考:セカンドストリート

リサイクルマート

リサイクルマート

全国に店舗を構えるリサイクルショップです。リサイクルショップや不要品買取業者は全国に多数存在します。店舗へ持ち込むタイプもあれば、宅配・出張買取サービスを行っているお店もありますので、いくつかのお店をピックアップして、査定金額の確認をしましょう。

参考:リサイクルマート

まとめ

ドライヤーを処分するタイミングは人それぞれですね。新しい機能のドライヤーもどんどん発売されていますので、ついつい新しいドライヤーが欲しくなってしまうこともあるでしょう。お手持ちのドライヤーが故障して使えなくなってしまった場合は処分するしかないでしょうが、ただ処分するといっても「ゴミとして捨てる」「小型家電回収ボックスに入れる」「不要品回収業者に引き取ってもらう」といった方法があるのです。

また、まだ使えるドライヤーの場合は、上記の方法で処分する以外にも、「必要な人に譲る」「リサイクルショップに買い取ってもらう」といった方法もあるのです。毎日使うものだからこそ、最後は自分に合った処分方法を選びましょう。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。