眼鏡の処分に困った方必見|適切な廃棄方法・売る手段まとめ

眼鏡を捨てる際には、レンズやフレームの材質が違うので、ゴミの分別に悩んでしまいます。眼鏡を廃棄処分する場合の捨て方は、眼鏡の材質によって違うので、基本的な捨て方のルールを知っておくとよいです。材質ごとの捨て方について確認して、正しく分別をしましょう。また、リサイクルや買取など、捨てる以外の方法も解説していきます。


眼鏡の処分に困った方必見|適切な廃棄方法・売る手段まとめ

眼鏡はレンズやフレームなどパーツによって使用されている材質が違うので、何ゴミで捨てるのかわからずに悩む方が多いです。ゴミの分別方法は住んでいる地域のルールに従う必要があります。そのため、まずは自治体のホームページなどで眼鏡の捨て方について確認してみるとよいです。

一般的には何ゴミで捨てるケースが多いのか、他の処分方法についてなどの記載があります。眼鏡を処分する際の参考にしてみてください。

眼鏡の処分方法とは?

眼鏡の処分方法とは?

眼鏡を処分したい場合は、何ゴミで捨てるのかを確認しておきましょう。これから紹介する方法は一般的に多い例ですが、住んでいる地域によってゴミの分別方法が異なるので、自治体に確認することも大切です。

レンズがプラスチック製なら燃えるゴミ

眼鏡を処分する場合、パーツによって材質が異なるので、レンズを外した状態で処分しましょう。レンズがプラスチック製の場合は燃えるゴミとして捨る地域が多いです。

レンズ(プラスチック製)が外れずにそのままの状態で処分する場合は、フレームの材質をチェックします。金属製のメガネフレームであれば、金属類として捨て、プラスチック製のメガネフレームであれば燃えるゴミで出すことになるでしょう。これは主な例なので、自治体に確認したほうが確実です。

レンズがガラス製なら燃えないゴミ

レンズがガラス製の場合、燃えないごみで捨てる地域が多いです。レンズを燃えないゴミで出し、フレームは材質に合わせて分別して処分します。金属フレームであれば金属類、プラスチック製のフレームであれば燃えるゴミなど、地域の分別方法通りに捨てましょう。

ガラス製のレンズが外れない場合、メガネフレームが金属製であれば金属類として処分します。プラスチック製のメガネフレームであれば、燃えないゴミ(地域のガラスの分別方法)で処分しましょう。

粗大ゴミになることはほぼない

粗大ゴミになるのは、可燃ゴミの袋や不燃ゴミの袋に入らないくらい大きなものです。それほど大きなサイズの眼鏡はおそらくないので、眼鏡を処分する際に粗大ゴミとして処分することはほぼないといえます。

そのため、眼鏡を処分するのは比較的簡単な方法で済みます。ただし、燃えるゴミになるのか、燃えないゴミになるのか、その他の資源ゴミになるのかは、住んでいる地域で指定されている分別方法によって異なるので、それを調べるのが第一です。分別方法を調べる手間や、それに合わせて処分する手間が面倒だと感じるなら、リサイクルや買取など、もっと楽に処分できる方法を探しましょう。

処分するときにかかる費用の相場

処分するときにかかる費用の相場

眼鏡を処分するときにかかる費用の相場を確認しておきましょう。

眼鏡は無料で処分できる

眼鏡を処分する場合、燃えるゴミまたは燃えないゴミなどの家庭ゴミで捨てることができます。そのため、処分費用は無料です。(厳密にいえば、普段使っている指定のゴミ袋代のみかかります。)燃えるゴミも燃えないゴミも、地域で指定されている収集日に出すだけなので、手間もかかりません。

もし、コレクションしていた大量の眼鏡をまとめて断捨離したいなど、量が多い場合はゴミとして出すよりもリサイクルショップに出すなど別の方法を利用することをおすすめします。

リサイクルショップや買取業者を利用するなら複数の業者を比較しよう

眼鏡を捨てる際には、基本的には家庭ゴミとして出すことができるので、処分費用はかからず、手間もほぼかかりません。しかし、まだきれいな眼鏡や人気ブランドの眼鏡であれば、リサイクル品として引き取ってもらえたり買い取ってもらったほうがエコになっておすすめです。

捨てる前に、売る価値がある眼鏡かどうかを自分でもよく確認しましょう。高級ブランドの眼鏡であれば、思ったよりも高く売れる可能性があります。高価買取が期待できる眼鏡であれば、複数の業者に見積もってもらい、査定価格を比較するのがおすすめです。

おいくら?で買取価格を一括査定

おいくら?で買取価格を一括査定

おいくらは複数のリサイクルショップから一括査定で買取価格の見積もりをもらうことができるサービスです。わざわざ自身でリサイクルショップをまわって高く買い取ってくれるお店を探す必要がなく、一度の査定申し込みで最も高値で買取してくれるリサイクルショップが手間がかからずすぐに見つかります。

特においくらは、家電製品や家具の出張買取に強いので眼鏡以外にも売りたい物があれば査定を申し込んでみることをおすすめします。

参考:おいくら?|リサイクルショップや質屋の買取価格を見積り&簡単比較!

無料で処分をする方法

捨てる前に他の方法で処分できないか検討しましょう。無料で処分できるどころか、処分してお金がもらえる可能性もあります。

眼鏡販売店の引き取りサービスを利用する

眼鏡販売店では、不要になった眼鏡を無料で引き取ってくれるサービスを実施しているところがあります。特に、大手眼鏡販売店では、無料引き取りサービスを実施している店舗が多いです。

引き取った眼鏡は、開発途上国などに寄付したり、資源ゴミとしてリサイクルしています。寄付が目的で引き取りサービスをしているお店の場合、回収できるものは、まだ使える眼鏡に限定されていることがあるので注意が必要です。リサイクルを目的にしているのであれば、壊れた眼鏡でも引き取ってくれる可能性があります。

フリマアプリに出品して売る

捨てる前に、試しにフリマアプリに出品してみるのもおすすめです。ブランドの眼鏡ではなくても、フリマアプリに出品すれば売れる可能性があります。

不要になった中古の眼鏡でも、デザインが気に入ったなどの理由で欲しいと思う方はいるかもしれません。ブランドのものや最新作、新品ではないと、ギリギリ利益になるくらいの値段設定しかできないので、収入目的ではなくリサイクルをする感覚で出品するのがおすすめです。収入にならなくても、捨てるよりは誰かに使ってもらえたほうがエコになります。

ブランドの眼鏡なら買取業者に売る

ハイブランドの眼鏡や、人気ブランドの眼鏡で、まだ使える状態であれば、買取業者に売ることができます。ただし、眼鏡の場合は宅配買取が利用できないお店もあるので、利用したい買取業者があれば、眼鏡の買取方法についての確認が必要です。

眼鏡が人気のブランドといえば、海外ブランドではアランミクリやオークリーなど、国産ブランドでは999.9(フォーナインズ)、泰八郎謹製などがあります。これらの人気ブランドで状態が良い眼鏡であれば高価買取になる可能性もあるので、試しに査定に出してみましょう。

眼鏡を処分ではなく買取に出す方法

眼鏡を処分ではなく買取に出す方法

捨てるのではなく売りたいと思っているなら、買取についての確認が必要です。おすすめのお店をチェックしておきましょう。

買取対象になるかを確認する

まだ使える眼鏡ならどんなものでも買い取ってもらえるということではありません。買取業者によって買取対象が定められているので、ホームページなどで買取対象についてのチェックが必要です。

例えば、ほとんどのお店が買取対象ブランドの指定があるので、対象ブランドに含まれているかを確認しましょう。また、買取強化ブランドが指定されているお店も多いです。強化ブランドに指定されているものは高価買取になります。その他にも、販売時期の指定など、さまざまな買取条件を定めているお店もあるので、売る前にホームページをよく見ておくとよいです。

眼鏡の買取が評判のお店を紹介

眼鏡の買取が評判のお店をいくつか厳選しました。メガネ専門店や眼鏡の買取に強いお店が中心です。これらのお店以外にも、ハイブランドの眼鏡であればハイブランドの買取に強いお店に出すというのもよいでしょう。

誠眼鏡店

誠眼鏡店

眼鏡専門店なので、眼鏡の本当の価値を見出し、その分を査定価格に上乗せしてくれます。特に、有名な眼鏡ブランドは高価買取実績が多いです。

店頭買取もOKですし、宅配買取もOKなので、お店に持ち込む手間なく郵送で送ることができます。事前査定申込フォーム(または電話やメール)を利用して事前査定ができるので、査定金額を知ってから買取の手続きをしたいという方は、事前査定サービスの利用がおすすめです。

参考:誠眼鏡店

リアルクローズ

リアルクローズ

人気の眼鏡ブランドの買取に強いお店です。宅配買取も利用可能で、さらにLINE査定(簡易の見積もり査定サービス)にも対応してくれます。

基本的にメンズが中心なので、メンズの眼鏡を売りたい方におすすめです。度入りのレンズ付きや、擦れ傷やフレームの歪みがある眼鏡も買取可能になります。取扱品目は豊富なので、その他に売りたいものがあればまとめて売って買取金額アップにつなげましょう。

参考:リアルクローズ

ウルトラバイヤー

ウルトラバイヤー

店頭買取、宅配買取、出張買取の中から、自分好みの買取方法が選択できます。高価買取実績のある眼鏡ブランドは、アランミクリ、白山眼鏡、レイバン、トムフォード、シャネルなどです。(サングラスも含んでいます。)

期間限定のお得なキャンペーンがあることも嬉しいポイントです。例えば、「対象商品内で値段が付かなかったものでも、45Lのゴミ袋分を1,000円で買取」という内容のキャンペーンもあり、他にはないお得なキャンペーンがあるので、ホームページでチェックすることをおすすめします。

参考:ウルトラバイヤー

まとめ

まとめ

眼鏡を廃棄処分する場合は、燃えないゴミまたは燃えるゴミに分別して、家庭ゴミに出すことができます。ゴミの分別は自治体の指示に従うことが大切です。

家庭ゴミで出せるので基本的には処分費用はかかりません。しかし、まだ使える眼鏡であれば、捨てるのではなくリサイクルや買取に出したほうがエコになるのでおすすめです。売ることができれば処分すると共にお金も得られるので、売れる眼鏡であれば売ったほうがよいでしょう。

売れなかったとしても、寄付やリサイクル目的で、眼鏡販売店で無料で引き取ってもらえることがあります。眼鏡を処分して、寄付やリサイクルに貢献するのも良い選択肢だといえるでしょう。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード