農機具の買取情報まとめ|相場・おすすめサイト・高く売るコツ

農機具の買取情報まとめ|相場・おすすめサイト・高く売るコツ

買い替えや離農などで農機具を手放そうと考えている方で、農機具を売って少しでも生活の足しにできればと思っていませんか。この記事では農機具をどこに、どのように売れば高く買取ってもらえるか、また、高く買取ってもらうためのコツについてもまとめています。さっそくみていきましょう。

農機具の買取相場をチェック

農機具は、いったいいくらで買い取ってもらえるのでしょうか。代表的な農機具で買取相場をみていきましょう。

※買取相場は買取店の基準やメーカー、稼働時間等の状態により常に変動し買取ができないケースも発生するため、あくまで参考までにご覧ください。

トラクターの買取相場

トラクターの買取相場は約5万円~40万円

トラクターの買取相場は5万円~40万円が多いようです。クボタやヤンマーなどの国内メーカーであれば、古いモデルでも高く買取ってもらえるようで、クボタのL1型、L02型の22馬力やヤンマーのF/FX・AF型の22馬力のモデルは海外でも人気があり、高値で売れます。

コンバインの買取相場

コンバインの買取相場はは0円~20万円

コンバインの買取相場は買取自体が難しいケース~30万円が多いようです。コンバインもクボタやヤンマーなどの国内メーカーが人気が高いようで、排出タイプ(ホッパー式もしくは、グレンタンク式)、クローラーの状態により価格が変動します。

田植機の買取相場

田植機の買取相場はは0円~10万円

田植機の買取相場は0円(買取不可)~10万円が多いようです。田植機には歩行型と乗車型があり、また、一度に苗を植えれる本数、そして、田植機用アタッチメントや殺虫剤散布機などのオプションの有無によって、買取相場に変動するようです。

4つの農機具を売る方法

農機具を売る方法

農機具を実際に売りたいと思ったときに、実際にどこで売ればよいのでしょうか。一般的には、インターネット、スマホアプリ、地元の農機具を販売店での買取などが挙げられます。では、どのような手段があるかみていきましょう。

インターネットオークションで売る

現在ではインターネットオークションを使用して、個人でもさまざまな商品を簡単に売ることができます。「ヤフーオークション」はその代表格といえます。

農機具情報や写真などをサイトにアップしたり、買い手とのやりとり、農機具の受渡しなど、全てを自分自身でやる必要がありますが、価格設定などを自分できめることができ、やり方次第ではかなりの高値で売ることも可能です。

スマホアプリを利用する

最近ではスマホの普及でアプリを利用して、農機具を買取ってもらうことができます。アプリをインストールし、アプリから見積もりを依頼したり、出張見積もりを依頼できるようになっています。

その他に買取実績や買取以外の困りごとの相談もできたりします。外出先でも簡単に買取業者とやりとりができるので、外出が多い方やできるだけ早く売ってしまいたいという方にはオススメです。

インターネットサイトを利用する

インターネットには多くの農機具買取サイトが存在します。スマホアプリでは買取業者とのやり取りがメインとなっていますが、インターネットの農機具買取サイトでは査定依頼ができるほか、査定の際のポイントや高価買取の条件、買取相場など、さまざまな情報を得ることができます。事前に情報を得ることにより、売りたい農機具がどのくらいの値がつくのかがイメージしやすくなるでしょう。

また、見積もりを多くのサイトから業者に依頼することにより、売りたい農機具の買取相場がわかるので、少しでも高い値段で売りたい人にはオススメです。

農機具販売店で売る

地元の農機具販売店で買取ってもらえる場合があります。ただし、農機具は長年使えるものが多いため、海外に販路がある販売店でなければ、需要があまりないことで、買取金額が低くなる可能性があります。

また、買取相場がわからないことから、農機具販売店の言い値で売ることになることにもなりえるので注意が必要です。

買取価格を上げる5つの方法

次は買取価格を上げるためのポイントをみていきましょう。

メーカーとモデル

メーカーとモデル

農機具も自動車やオートバイと同様に、人気メーカーやモデルが買取金額が大きな影響を与えます。人気メーカーや人気のモデルであれば、高く買取ってもらえる可能性が高いです。裏を返せば、不人気メーカーや不人気車種であれば、査定額が低くなることもあるので注意が必要になります。

しかし自動車やバイクに関しては、地域によって流行がかわることが少ないのですが、農機具に関しては地域によって流行がかわることがあります。そのため、買取価格に差がでることもあるのです。もし、農機具を査定に出す際は、いろいろな地域に出してみるのもいいかもしれません。

稼働時間

稼働時間

自動車やオートバイを買取ってもらう際の重要な査定ポイントとして、「走行距離」があります。しかし、農機具には「走行距離」を表示するメーターがついていません。そのかわりに農機具が稼働した時間を表示する「アワメーター」とよばれるものがついています。

この「アワメーター」によって、農機具がどのくらいの時間、稼働したかがわかるようになっています。自動車やオートバイが走行距離によって、部品の劣化具合を判断するのと同様に、農機具は「アワメーター」の稼働時間によって、部品の劣化具合を判断します。

海外バイヤーによって農機具が買取られる場合はあまり重要視されないようですが、国内では人気があり、新しいモデルの場合には重要視されることも多いようです。

タイヤやキャタピラ

タイヤやキャタピラ

トラクターやコンバインなどの農機具は、普段畑の土の上をゆっくりと作業をするためのものなので、自動車やオートバイと比べると固いアスファルト上を走行する時間はあまり長くありません。10年以上、タイヤ交換、キャタピラ交換をせずに稼働することも多々あるようです。

これらのことからタイヤ交換やキャタピラ交換費用が高額になり、中古部品もほとんどない出回らない状況となっています。タイヤやキャタピラの消耗具合が大きかったり、ゴムが劣化している場合は注意が必要です。

エンジン・駆動系の状態

エンジン・駆動系の状態

農機具は実用性とどれだけ長く使えるかが重要になってきます。自動車やオートバイと同様にエンジンの掛かり具合、オイルもれ等で駆動系に問題がないか、また万が一壊れたときに簡単に修理ができることも、重要なポイントとなっています。

農機具は自動車と比べて買い替え頻度も低く、十年以上使い続ける人も多く、故障の際に交換する部品が生産されていないということにならないよう注意が必要です。

裏を返せば古くても、エンジン・駆動系が問題なければ、年式が古かったり外観が傷だらけでも、高値で買取ってもらえる可能性があります。

農機具の修理についてもまとめています。ぜひ読んでみることをおすすめします。

外装の状態や仕様、オプション

外装の状態や仕様、オプション

特に新しいモデルだと、自動車やオートバイと同様に外観の状態が高価買取の重要なポイントとなってきます。買う側にとっては、自動車やオートバイと比べて、外観の見た目や綺麗さについては重要視されませんが、やはり外装が綺麗だとエンジンや駆動系も良好という印象を与えることができます。

また仕様やオプションによっても、買取価格に影響がでます。トラクターの場合は4WDやロータリー付きが人気が高いようです。オプションといっても特殊なものは需要が低く、査定額が低くなる傾向にあるようです。

査定前に確認すべきこと

農機具の査定前に確認すべきこと

ここまでで、さまざまな農機具の買取相場や売るための手段、高く買取ってもらうためのポイントをみてきました。ここでは、実際にサービスを利用する際に注意すべきポイントを見ていきましょう。

サービスを選ぶ際のポイントとしては、以下が挙げられます。

  • 買取ってくれる農機具の種類
  • 買取地域
  • 査定
  • 買取実績
  • 古い農機具、故障した農機具の買取

売りたい農機具が買取ってもらえるか、業者によっては部品も買取ってくれることもあります。また、買取地域が広いということは、販路が広いということなので、買取査定金額が高くなる可能性があります。

査定については、査定費用・出張査定費用の有無に注意が必要です。買取実績とは、たくさん買取っているということではなく、売り手が納得のいく金額で買取っているかということが重要になります。古い農機具、故障した農機具も業者によっては買取対象になることもあります。

これらに注意して、利用するサービスを選びましょう。

農機具の買取を行っているサービスを紹介

ここでは、さきほど解説した「サービスを選ぶ際のポイント」にあったサービスを実施しているサイトをあげていきます。ご自身に合ったサービスを比較検討し選ぶことをおすすめします。

農機具高く売れるドットコム

農機具高く売れるドットコム 農機具高く売れるドットコムで査定する

農機具高く売れるドットコムは日本全国どこでも買取可能で、全国に販路を持っているため、古い農機具や故障した農機具の買取を実施しています。査定費用、出張査定時の費用も無料です。専門スタッフが土日祝日も含めて常時、電話・ウェブで査定を毎日受付しています。

農機具買取ドットコム

農機具買取ドットコム

年間買取台数5,000台と国内最大級を誇る農機具専門の買取サイトです。4種類の査定方法(オンライン、電話、メール、FAX)が用意されており、都合に合わせて申し込みをすることが可能です。農機具高く売れるドットコム同様、出張費用やその他手数料も一切かかりません。長年倉庫に眠っていた20年前補の古いトラクターでも海外需要が高いため、買取可能なケースがあるため、まずは査定に出してみることをおすすめします。

参考:中古トラクターや中古農機具の買い取りなら農機具買取ドットコム

農機具王

農機具王

農機具王は、買取ってくれる農機具の種類が多いことが特徴の一つに挙げられます。また古い農機具や故障した農機具の買取もおこなっていて、農機具以外の重機やユンボ・車なども買取ってくれます。

倉庫に長い間、放置してある多くの農機具も一括で買取ってくれるのもうれしいポイントです。ただ、買取地域が限定されているので注意してください。

参考:中古農機具買取り専門店「農機具王」

農機本舗.com

農機本舗.com

買取可能な農機具はトラクター、耕運機、コンバイン、田植機などです。さほど多くはありませんが買取地域は北海道、沖縄、離島は除かれますが、日本全国をほぼ網羅しています。

ベトナムに農機を輸出していることもあり、製造年数15年経った古い農機具も買取ってもらえるというのが、オススメポイントとなっています。

参考:トラクター、コンバインの高価買取『農機本舗.com』

まとめ

これまでの解説で農機具を売るポイントが理解できたのではないでしょうか。売却する農機具も次の持ち主により再び活躍できるため、農業の活性化につながります。ここでの内容を参考にぜひ農機具の買取サービスを利用してみてください。

また、農機具の適切な処分方法についてもまとめているので、あわせて読んでみることをおすすめします。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード