岡崎市の粗大ごみ出し方|回収と持ち込みの申し込みから料金も

愛知県岡崎市の粗大ごみ出し方をまとめています。岡崎市では粗大ごみの回収・持ち込みによる処分が可能です。それぞれ申し込み方法から粗大ごみ処理券(シール)料金まで詳しく解説しています。粗大ごみの定義、廃棄が困難な品目などもわかりますので、参考にしてください。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

岡崎市の粗大ごみ出し方|回収と持ち込みの申し込みから料金も

毎週、出している普通ごみに関しては、捨て方などのきまりは理解しているけれど、粗大ごみとなると良く分からないという方は少なくありません。愛知県岡崎市で粗大ごみに含まれるものは、どのようなものか。

岡崎市で粗大ごみを出す方法は2種類ありますが、手順や出せるごみの量、手数料に違いがあります。

自身の状況に合っているのは、どんな処理方法か、また市の粗大ごみに出す以外にもよい方法があるのか。自宅の不用品の処分をお考えの方は、粗大ごみ出し方をご紹介しますので参考にしてください。

岡崎市で粗大ごみになるものとは

どのようなものを粗大ごみとして扱うかは自治体によって異なります。岡崎市では、粗大ごみの大きさの目安は一辺がおよそ30cm以上です。市指定のごみ袋(大)に入れて口を結ぶことができないものと、極端に重いものが粗大ごみになります。

分類としては、「可燃性粗大ごみ」と「不燃性粗大ごみ」に分けられます。岡崎市の戸別回収では、1個600円の手数料です。ほかの市では粗大ごみとして回収していないタイヤやバッテリーも、岡崎市では粗大ごみとして収集してもらうことができます。

粗大ごみを処分する手順

粗大ごみを処分する手順

岡崎市で粗大ごみを処理する方法は、大きく分けて2種類あります。粗大ごみ受付センターに予約して収集に来てもらう方法と、中央クリーンセンターに自分で持ち込む方法です。

収集に来てもらう場合

まず、粗大ごみ受付センターに電話で予約します。受付は月曜日~金曜日の8:30~17:15で、収集日として選べるのは月曜日~土曜日です。1か月前から予約可能ですので、引っ越しなどの都合で希望の日が限られている場合は、早めに予約するといいでしょう。

その後、必要な分の粗大ごみシールを購入して、予約した収集日に粗大ごみにシールを貼って出しておきます。指定された場所に、午前8:30までに出しておきましょう。収集時に立ち会いの必要はなく、当日お仕事に出かける方も朝のうちに出しておけばよいので、とても便利です。

一度に収集してもらえるのは5個までです。それより多い場合は2度に分けたり、自分で直接持ち込んだりする必要があります。

収集依頼の受付先

  • 申し込み先:粗大ごみ受付センター
  • 電話番号:0564-22-2000
  • 受付時間:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く) 8:30~17:15
  • 収集可能日:月曜日~土曜日

自分で直接持ち込む場合

粗大ごみの受付時間は、月曜日~金曜日は8:30~12:00、13:00~16:00です。土曜日と、毎月第4日曜日(12月のみ第3日曜日)の『リサイクルの日』は、8:30~11:30です。

  

持ち込みには、岡崎市に居住していることを証明できるもの(免許など)と認印が必要なので、忘れず持参しましょう。岡崎市内で発生した家庭ごみだけを受け付けています。ごみを降ろす作業は、係員にやってもらうのではなく、自分で行う必要があります。

また、品目により、1日に持ち込めるごみの量に制限があります。布団(袋に入れた毛布は除く)は5枚まで、バッテリーは2個まで、タイヤやホイールは5本まで(年10本まで)、などです。詳しくは、市のサイト内にある家庭ごみ搬入の手引きをご覧ください。

直接持ち込みの受付先

  • 持ち込み先:中央クリーンセンター
  • 電話番号:0564-27-7153
  • 所在地:〒444-3171 岡崎市板田町西流石2-1
  • 受付時間:月曜日~金曜日、土曜日、毎月第4日曜日(12月のみ第3日曜日)
おいくら

粗大ごみの処分料金の払い方

粗大ごみの処分料金の払い方

岡崎市では収集に来てもらう場合と自分で持ち込む場合では処分料金が異なります。

収集に来てもらう場合

手数料は、品目により300円、600円、900円、1,200円の4種類です。粗大ごみシールは300円のものしかないので、600円なら2枚、900円なら3枚のように組み合わせて使います。予約の電話の際に何を出したいか、大きさはどれ程かを正確に伝えましょう。必要な粗大ごみシールの金額を教えてもらえます。

粗大ごみシールはコンビニエンスストアやスーパーなどで販売されています。粗大ごみシール取扱店一覧表を参考に、お近くの店を探してみましょう。または、予約時に尋ねることもできます。

直接持ち込む場合

料金は100kg以内であれば無料、それ以上は10kgごと70円と、非常に安価で処分することができます。持ち込みの場合、粗大ごみシールは不要です。

岡崎市では粗大ごみとして処理してもらえないもの

岡崎市で、粗大ごみとして収集や持ち込みができないものもあります。

家電リサイクル対象品目

テレビ(ブラウン管式・液晶薄型)、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫は、家電リサイクル法にもとづいて処理することが義務付けられています。

これらの品目の処分にはリサイクル料金と運搬料を支払う必要があります。家電リサイクル法に関してや対象品目の詳しい処分方法は下記の関連記事を参考にしてみてください。

パソコン

パソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコンなどはどれも資源有効利用促進法の対象品目です。PCリサイクルマークのあるパソコンはメーカーに回収・リサイクルしてもらいます。

パソコンの詳しい処分方法に関しては下記の関連記事を合わせてお読みください。

処理が困難なもの

市では処理することができないため、自分で販売店や専門業者に処理について問い合わせなければならない品目があります。種類別にご紹介します。さらに詳しく知りたい方は、市のサイトにある処理困難物等についてをご覧ください。

有害性や危険性のあるもの
硫酸や農薬など有害性のあるもの、化学薬品・塗料・廃油・プロパンガスなど危険性のあるものは、市では安全な処理が困難です。適切に処理しないと大変危険ですので、購入した店舗などに問い合わせましょう。
設備上、処理が難しいもの
ピアノやソーラーパネルなどは、市のごみ処理施設では設備の能力上、受け付けることができません。購入した店舗やメーカーに回収を依頼しましょう。
リサイクルシステムのあるもの
消火器、自動車・自動二輪・原付などの本体や部品はそれぞれリサイクルシステムがありますので、販売店などに問い合わせてリサイクルしてもらいましょう。

お得な買取サービスで売却

お得な買取サービスで売却

高く売れるドットコムでは、不要になった家電やオーディオ機器、楽器・スポーツ用品などの買取を行っています。引っ越しなどで処分するものの数が多い場合や、大型家電製品などで運搬が困難な場合は、出張買取が便利です。

ご都合のいい時間にスタッフがご自宅に伺い、無料で査定・運搬します。出張費など、お客様の費用負担は一切ありませんので、お気軽にご利用いただけます。

運搬に必要な車を用意したり、出かけたりする必要もなく、家で待っているだけでいいので、とても便利です。売れるかどうか気になるものがある方は、電話やネットでまずは無料査定されることをおすすめいたします。

高く売れるドットコムで査定する

リサイクルショップへの一括査定サービスも

おいくら

買取価格の比較サイト「おいくら」を使えば、最大20社のリサイクルショップに一括見積もりの依頼ができます。売りたいアイテムの情報を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届くので、一度の申し込みで買取価格が比較できます。

さらに、ショップ検索機能を使ってご自宅近くのリサイクルショップを探したり、ショップの買取実績が紹介されているケースもあるので、一括査定で出た査定価格とこれらの情報を合わせて比較して、ご自身の希望条件に合うショップを探すこともできます。

不用品に思わぬ価値がつくこともあるので、捨ててしまう前においくらの一括買取査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

まとめ

岡崎市で粗大ごみを出す方法についてご紹介しました。自分で処理施設に持ち込みをする場合、100kg以内あれば処分手数料がかからないなど、節約しやすいのが特徴でした。

収集を依頼する場合も、粗大ごみシールの種類は1種類なので買い間違えの心配はありません。市民にとって利用しやすい仕組みを整えているといえます。

粗大ごみのように見えて、危険性があるものや、設備能力上処理できないもの、リサイクルが義務付けられているものなどもあります。よく確認の上、適切な処理を心がけましょう。

下記の関連記事も合わせてご覧ください。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。