豊川市の粗大ごみ出し方|持ち込み時にトラック無料貸出も!

愛知県豊川市の粗大ごみ出し方をまとめています。回収・持ち込みの申し込み方法から粗大ごみシールの料金まで解説しています。豊川市は持ち込みの際にトラックの無料貸出や他の自治体では行っていないテレビ・洗濯機など家電リサイクル法対象品目の回収を行っています。粗大ごみを処理する際にぜひ参考にしてください。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

豊川市の粗大ごみ出し方|持ち込み時にトラック無料貸出も!

引っ越しや家電の買い替えのときには、粗大ごみが出てきます。粗大ごみの出し方は、住んでいる自治体によって異なり、ルールも細かく定められています。テレビやパソコンなど法律によってリサイクルが義務づけられている品目もあり、粗大ごみの出し方は複雑になっています。

そこで今回は愛知県豊川市にお住まいの方のために、粗大ごみの申し込み方法や回収方法・持ち込み方法などを詳しくまとめました。住みよい街と環境のために正しい処分を心がけましょう。

豊川市で粗大ごみとなるもの、対象の品目

豊川市では、指定ごみ袋からはみ出してしまう大きさのものを粗大ごみとしています。そのほかにも次のようなものも粗大ごみにあてはまります。

長いもの・太いもの

  • 直径10~30㎝、長さが1.5mまでの木(枝葉を切り落とししたもの)
  • 1m角よりも大きい布(カーテンや毛布など)
  • 1m以上のホースや縄など細長い形状のもの

1m角より小さい布や、細長いものは1mより短く切れば可燃ごみとして出すことができます。

家電リサイクル法対象4品目

家電リサイクル法でリサイクルが義務づけられている家電4品目(エアコン、冷蔵庫、洗濯機・衣類乾燥機)は多くの自治体で粗大ごみとして出すことはできませんが、豊川市では手続きを経れば、粗大ごみとして出すことができます。

粗大ごみを出す手順

粗大ごみを出す手順

豊川市で粗大ごみを出す方法は、戸別収集制度を利用する方法と自分で粗大ごみ受付センターへ持ち込む方法の2つの方法があります。それぞれの方法について手順を詳しく紹介します。

戸別収集の場合

豊川市の粗大ごみ収集日は週2日あり、小学校区によって火曜日・木曜日の地区と、水曜日・金曜日と2つの地区に分かれています。収集を依頼するには事前予約が必要ですので、お住まいの地区の収集日を確認してから申し込みましょう。

電話で予約する

週に2日ある収集日のうち、収集希望日の3日前までに粗大ごみ受付センターへ電話をして予約します。粗大ごみの具体的な品名・数・収集希望日を伝えます。このとき、収集日・収集費用・収集場所を教えてもらえるので、メモをとっておくと良いでしょう。

申し込み状況によっては希望日に収集してもらえないことがありますので、余裕を持って申し込みをしてください。

  • お申し込み先:粗大ごみ受付センター
  • 電話番号:0533-89-2174
  • 受付時間:12月31日~1月3日を除く毎日 午前9時~午後4時30分

粗大ごみシールを粗大ごみに貼る

事前に購入した収集費用分の粗大ごみシールを貼ります。家電4品目を収集してもらう場合は粗大ごみシールに加えて、家電リサイクル券が必要です。

粗大ごみを出す

収集日の朝8時30分までに粗大ごみを自宅の玄関前に出します。集合住宅の場合は1階に出しましょう。

自分で持ち込む方法

豊川市では自分で粗大ごみを粗大ごみ受付センターへ直接持ち込むこともできます。予約は不要で年末年始以外は、土日祝日も全て受付を行っています。収集日に合わせて粗大ごみを出せないときや、早く粗大ごみを処分したいときなどはとても便利です。

豊川市内で発生したごみかどうかを確認するために、住所が記載された運転免許証の提示が必要です。粗大ごみ以外のごみは受け付けていませんのでご注意ください。

持ち込む点数に制限はありませんが、同じものを大量に持ち込む場合は、家庭から出たものと判断してもらえない場合がありますので注意してください。

  • 粗大ごみの搬入先:粗大ごみ受付センター
  • 住所:豊川市千両町上西ノ谷61番地の1
  • 電話番号:0533-89-2174
  • 受付時間:12月31日~1月3日を除く毎日 午前9時~午後4時30分

軽トラックの貸し出し

豊川市では市内で出たごみの運搬を自分で行いたい人のために、清掃事業課から軽トラック(オートマチック車)の貸し出しを行っています。使用料、燃料はともに無料です。車を持っていない人でもごみの持ち込みを行うことができます。

市役所の清掃事業課窓口に直接行くか、電話で仮予約をすれば利用できます。市役所が休みの日に使用したい場合は、下記の受付時間内に事前予約しましょう。

  • 清掃事業課窓口(市役所2階)
  • 電話番号:0533-89-2166
  • 受付時間:平日 午前8時30分~午後5時15分
  • 貸出時間:12月31日~1月3日を除く毎日 午前9時~正午または午後1時~午後4時
おいくら

粗大ごみの収集費用

粗大ごみの収集費用

豊川市の粗大ごみの収集費用は、粗大ごみシールを購入することで支払いが完了します。原則として1個につき1,000円、家電4品目は1個2,000円です。家電4品目はこれに加えて家電リサイクル券が必要となります。このほかにも例外もありますので、申し込みのときに収集費用を確認しましょう。

粗大ごみシールの販売場所

市内のホームセンターやスーパーなどの商業施設、または豊川市役所などの自治体で粗大ごみシールを販売しています。粗大ごみシールは、原則として払い戻ししていません。必要枚数を確認してから購入しましょう。

販売場所住所
ひまわり農業協同組合本支店愛知県豊川市諏訪1丁目1
DCMカーマ豊川東店愛知県豊川市金屋町77番1
DCMカーマ豊川西店愛知県豊川市八幡町足洗61番地の1
アットホーム国府店愛知県豊川市国府町桜田7番
コープあいちコープ諏訪店愛知県豊川市萩山町1-28

詳細については豊川市の粗大ごみシールの販売場所を参考にしてください。

家電リサイクル券の販売場所

最寄りの郵便局で購入できます。製品のメーカーや大きさによって料金が異なりますので、メーカーや大きさを確認してから購入しましょう。

持ち込み手数料

粗大ごみを持ち込むときの手数料は無料です。ただし、家電4品目に関しては家電リサイクル券のほかに、運搬手数料500円が必要です。運搬手数料とは粗大ごみ受付センターから指定引き取り場所(処分先)まで家電4品目を運搬するためにかかる手数料です。

豊川市で粗大ごみとして出せないもの

豊川市で粗大ごみとして出せないもの

豊川市では下記のものは粗大ごみとして出せないので注意しましょう。

パソコンリサイクル法の対象品

対象となるパソコン本体やディスプレイは、製造したメーカーなどが直接回収しています。プリンターなどの周辺機器は対象外です。PCリサイクルマークのないものに関してはリサイクル料金が必要ですが、メーカーによって料金がかわります。

下記のパソコン3R推進協会のホームページでご確認ください。

パソコンの詳しい処分方法については下記の関連記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

適正処理困難物とみなされるもの

以下のものは、粗大ごみには出せません。専門の処理業者や販売店へ問い合わせをして、回収してもらいましょう。また事務所、店舗、工場などで出たごみは市で回収していません。

  • ガソリン、オイル、灯油、バッテリー、タイヤ・ホイール、バイク、自動車部品
  • 農業用機械、農薬、農業用ビニール
  • 塗料、シンナー、火薬、劇薬
  • ピアノ、建築廃材、大型木材
  • 土砂、石、コンクリートブロック、レンガ
  • ガスボンベ、消化器、充電式電池など

バイクやピアノの処分方法について詳しく解説した関連記事もありますので、合わせてご覧ください。

不用品をお得に処分できる買取サービス

不用品をお得に処分できる買取サービス

粗大ごみとして出す前に買取サービスを利用するというお得な方法もあります。高く売れるドットコムでは、全国対応で家電製品、楽器、パソコンなど様々な製品を、出張買取・宅配買取・店頭買取の3つの方法で買取を行っています。

冷蔵庫などの大型家電製品など持ち出しが難しいものには、出張買取がおすすめです。ご都合の良い日にスタッフが自宅にお伺いし、査定・搬出・お支払いを行います。出張料・搬出費用もかからないのでお気軽にご利用していただけます。

パソコンなどの粗大ごみとして捨てられないものも買取査定をしています。手数料がかかる粗大ごみも、買取サービスを利用すれば臨時収入になるかもしれません。ぜひ一度、ご相談ください。

高く売れるドットコムで査定する

まとめ

豊川市の粗大ごみの処分方法について紹介しました。粗大ごみは手順に沿って出せばスムーズに処分ができます。豊川市では粗大ごみを自分で持ち込みする場合は、処分費用がかかりません。

また、運搬用の軽トラックの無料貸し出しもあり、市民にはとても便利なシステムになっています。粗大ごみは自治体のルールに従って、きちんと処分しましょう。

※マンションを所有されている方へ

現在、不動産の価値が上昇傾向にあり、マンションの売却ニーズが高まっています。購入時よりも高い金額で売れるケースも。


数年前にマンションを購入されていてどれ位の価値があるのか知りたい方は、不動産業界のプロが解説するこちらの記事を読んでみてください。

>>マンション売却の流れや注意点・失敗例まとめ
乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。