プリンターの処分・廃棄方法4選|費用無料の下取り・買取も

プリンターを処分・廃棄する方法にはどのような方法があるでしょうか。捨てる方法に悩んでしまうプリンターですが、粗大ごみに出す・家電量販店に下取りに出す・回収業者を利用する・買取業者に売却するなど様々な方法がありますので、それぞれ詳しく解説していきます。その他、小型家電リサイクル法についてや処分する前に注意しておくことについても触れていますので、ぜひ参考にしてください。


プリンターの処分・廃棄方法4選|費用無料の下取り・買取も

不要になったプリンターをどう処分するのか皆さんお悩みではないでしょうか?

家電リサイクル法や小型家電リサイクル法など、家電を処分するためには様々な法律が義務付けられていることが多く、難しく感じてしまうでしょう。

実はプリンターも小型家電リサイクル法という法律の対象品目です。これは使用済みの小型家電の再資源化を促進するために設定された法律で、定められた方法で処分する必要があります。

「プリンターの正しい処分方法ってなに?」「処分にはやっぱりお金がかかるの?」など、プリンターを処分する際のお悩みを解決しながらご紹介します。

小型家電リサイクル法の対象家電はごみに出すことが可能?

小型家電リサイクル法の対象品目はプリンターを始め、パソコンや携帯電話、デジタルカメラなどがあります。

しかし、パソコンやパソコン用のディスプレイ以外は自治体に定められた種類のごみに出すことが可能となっているのでそちらで処分しましょう。また、家電量販店のリサイクルボックスでも処分可能となっています。

一方、パソコンやパソコン用のディスプレイは資源有効利用促進法という法律の対象品目であるため、リサイクル料金を払って定められた方法で処分しなければなりません。

これを踏まえるとプリンター単体の場合、ごみとして処分が可能ということになります。しかし、事業用のプリンターは産業廃棄物として扱われるため、業者に委託する必要があります。

次の項目で、プリンターのごみとして処分する際の注意点を紹介していますので参考にしてみてください。

おいくら

粗大ごみとして処分する

粗大ごみは各自治体によって方法が異なりますが、基本の流れは同じです。気になる方は下の記事を参照ください。

事前にインターネットか電話で申請をして、コンビニや郵便局で粗大ごみシールや処理券を購入します。それをプリンターに貼りつけて指定日に収集場所に捨てれば完了です。

処分費用はプリンターの大きさによって変わりますが、約300~1,000円程度が多いでしょう。

プリンターをごみに出す際の注意点

プリンターをごみに出す際の注意点

プリンターをごみとして処分する際にいくつか注意点があります。ひとつずつ見ていきましょう。

プリンターのごみの分別は?

プリンターは通常のごみとして処分が可能とお伝えしましたが、各自治体によって分別が異なる場合があります。処分する際には市や区のHPに記載されているごみの分別項目を必ず確認するようにしましょう。

ホームページに記載されているケースが多いですが、万が一分からない場合は自治体に電話すれば教えてくれます。

インクカートリッジの処分

プリンターを処分する際は、インクカートリッジを別に処分しましょう。純正品であれば、ぜひリサイクル用の回収箱に入れてください。

キャノンやエプソンなどのメーカーが共同でインクカートリッジ里帰りプロジェクトを行っています。

回収箱の設置場所もプロジェクトのサイトに載っているのでご覧ください。

もし、純正品以外の場合は、自治体のルールに従って可燃ごみや不燃ごみで処分が可能です。皆さんも協力することで、気持ちよく処分を行い環境に貢献しませんか?

下取り・回収・買取による処分方法

下取り・回収・買取による処分方法

プリンターはごみで処分できるとお伝えしましたが、その他の4つの処分方法をご紹介します。それぞれ比較をして、あなたにぴったりな方法を検討してください。

家電量販店やメーカーによる下取り

新しいプリンターを購入する際に下取りをしてもらう方法があります。メーカーや家電量販店によって方法や条件が様々なので確認は必須です。

また、下取りを行っていないこともありますので注意しましょう。

エプソンダイレクトショップの下取り条件

  • 下取りキャンペーン対象商品を購入した場合のみ
  • 宅配便で送付できるものであればメーカー、付属品は問わない
  • エプソンダイレクトショップで使える2,000ポイント還元

※2019年1月18日まで

詳しくはインクジェットプリンター下取りキャンペーンをご確認ください。

ビックカメラ各店舗の下取り条件

  • 税抜8,000円以上プリンターをご購入いただいた方のみ
  • 動作未確認でも可
  • 費用は無料で全国対応
  • 詳しくはこちら:買い替え無料下取りサービス

    メリット
    費用がかからない店舗が多い。
    買い替えのタイミングで処分できるため手間がかからない。
    デメリット
    条件が限られる。
    プリンターを下取り対象にしている家電量販店が少ない。

    回収業者に依頼する

    プリンターの処分を回収業者に依頼する際は、業者選びが重要です。無料で回収と謳っている業者の場合は、許可を得ていない違法業者ということもありえます。

    そのような業者は不法投棄をしていたり、後から多額の請求をしてくるといったパターンもありえますのでしっかりと見極めましょう。

    回収費用の相場は3,000円前後が多いです。大きさによって金額が変わることが多いので、事前に問い合わせて確認ができる業者を選ぶと安心して処分してもらえるでしょう。

    メリット
    すばやく手間をかけずに処分できる。
    自宅まで回収にきてくれる。
    デメリット
    自治体で処分するより費用がかかる。
    業者の見極めが必要。

    不用品業者に依頼するなら一括見積がおすすめ

    ベッドの処分・回収なら一括比較がおすすめ

    相場がわかりづらい不用品回収業者に依頼するなら一括見積をおすすめします。複数の業者から見積もりを素早くもらうことができ、サービス内容についても比較・検討ができます。プリンター以外の不用品もまとめて処分すれば手間がかかりません。見積もり自体は無料のため、活用してみてはいかがでしょうか。

    エコノバで処分を依頼する

    買取専門店に依頼する

    最後は買取専門店に依頼する方法です。

    年式が古いものや傷が多いプリンターだと値段がつかない場合もあります。しかし、ジャンク品として無料で回収してもらえる場合もあるので査定を試してみるのもひとつの手段です。

    また、プリンター以外のデジタル家電もまとめて売れば、無料で出張買取を行っている専門店も存在しますので手間なく商品を売却できます。

    「最近買ったし捨てるのはもったいない」「ちょっと古いけど綺麗だし売れるかも」という場合は売却も1つの選択肢です。

    メリット
    費用や手間をかけずに処分できる。
    商品の状態によっては高額買取が可能。
    デメリット
    業者によっては出張費用などの手数料がかかる場合がある。

    ではここから、買取業者や一括見積もりができるサービスをご紹介したいと思います。

    家電高く売れるドットコム

    家電高く売れるドットコム

    全国対応の家電買取専門サービスです。あらゆるメーカーのプリンター買取実績があり、ページ内でも実際に買取したプリンターを紹介しています。査定・買取にかかる費用は一切なく、完全無料でプリンターを売却できます。

    年式や状態によっては買取が難しい場合があるので、まずはウェブから申し込める無料査定をお試しください。

    家電高く売れるドットコムで査定する

    ReRe買取

    ReRe買取 ReRe買取で査定する

    ReRe買取はサイト上で買取実績が公開されており、安心感の高いリユース品の販売・買取サービスです。全国対応・利用料無料のため処分したいプリンターの査定も無料で申し込むことができます。その他、パソコンやテレビといった電化製品の買取にも対応しています。

    おいくら

    おいくら

    おいくらは、全国のリサイクルショップおよび質屋へ売りたいアイテムの一括見積りが行えるサイトです。不用品の情報を入力するだけで、最大20社に一括査定を依頼できるので、じっくり選んで気に入ったショップに買い取ってもらうことができます。

    いろんなショップへ足を運んだり、電話する手間をかけずに高価買取してくれるショップを探せるので、はじめて買取サービスを利用する方におすすめです。

    買い替えや引っ越しなどで家電・家具の処分にお困りの際は、ぜひ活用してみてください。

    おいくらで一括査定する

    家電買取専門店 リサイクルネット

    サービス紹介|家電買取専門店 リサイクルネット リサイクルネットで無料査定する

    リサイクルネットは家電買取専門として幅広いエリアへ出張買取が可能です。査定は無料のため、捨てる前に価値がつくか試してみてはいかがでしょうか。プリンターに限らず、冷蔵庫や洗濯機、テレビなど不要になった家電をまとめて査定に出すことが高価買取のポイントです。

    プリンターにデータが残ってないですか?

    プリンターにデータが残ってないですか?

    一般的な家庭用プリンターで、本体にデータが残ることはほぼないといえます。しかし、HDDがついているプリンターの場合はデータが残る可能性があるので、処分する前にチェックをしましょう。

    データをチェックする方法

    まずは使っているプリンターにメモリーが搭載されているか確認しましょう。ハードディスク、内臓メモリーなどの項目があるプリンターにはデータが残る可能性があります。

    データ削除の必要性

    個人の方でしたら、個人情報や人に知られたくない情報が残っている場合は、削除してから処分したほうが安心です。個人事業主の方は顧客情報などが残っていると、情報漏えいにより大きな問題となってしまうため忘れずに消去するようにしましょう。

    付属品にも注意

    処分する前にUSBメモリーやSDカードなどを刺しっぱなしにしていないか確認しましょう。急いで処分すると案外見落としがちなので、最後に必ず確認してください。

    まとめ

    この記事ではプリンターの処分方法についてご紹介してきました。

    プリンターは意外と寿命が短いため、処分したことのない方もこのような機会が訪れるかもしれません。その際にこの記事が少しでも参考になれば幸いです。

    プリンターは小型家電リサイクル法に定められ、再資源化を目的としているので、再利用ができるように正しく処分しましょう。また、インクもリサイクルを行う取り組みが行われているので、ごみで捨てずに協力していくことが大切です。

    正しい処分方法を理解し、実践しながら、大切な資源の再利用につなげていきましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。