板橋区で粗大ごみを出す方法と処分可能な品目・料金まとめ

板橋区で粗大ごみを出す方法をご紹介しています。処分にかかる費用やごみを出すときの規則、粗大ごみに扱われるものの品目、出せない不要品などわかりづらいルールを整理してまとめました。また、ごみ処理券シールの買い方や家電リサイクル法についても触れています。さらに、お金をかけて粗大ごみに出す方法以外にも、もっとお得に費用のかからないお得で賢い処分方法もご紹介していますので、板橋区でこれから粗大ごみ回収サービスの利用を検討している人はぜひ読んでみてください。
板橋区で粗大ごみを出す方法と処分可能な品目・料金まとめ

「粗大ごみの処分にはどのような方法があるのか」「粗大ごみはいつ、どこへ出しておくと持って行ってもらえるのか」「処分費用はいくらかかるのか」など、不要品の処分方法をよく知らない方が多いかと思います。いざ処分するときになって困った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

各自治体によって、粗大ごみの処分方法が異なる場合があります。粗大ごみを出すときには、住んでいる区のそれぞれの自治体で決められた規則に従うことが大切です。

この記事では、板橋区で粗大ごみを出すときの決まりや、ごみの種類、粗大ごみに扱われないものなどをまとめました。

さらに、粗大ごみに出すという処分方法だけでなく、費用をかけずにお得に不要品を処分できる方法も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

板橋区の粗大ごみ出し方・持ち込みについて

板橋区の粗大ごみ出し方・持ち込みについて

部屋や倉庫、納戸の掃除などで出てくる不要品は、自治体の決まりに沿って捨てなくてはなりません。

しかし、不要品の出し方は、住んでいる区や地域によってルールが違います。板橋区では、どのような規則を定めているのでしょう。

板橋区で粗大ごみを出す方法・粗大ごみの定義

板橋区が収集する粗大ごみは、次のような種類に限られます。

回収されるもの
一辺が30cmを越えるもの(家具・ふとん・ドライヤー、アイロンなどの家電製品) ※(ボーリングのボール・鉄アレイ・ダンベルなどは、一辺が30cm以下でも収集が認められます)
家庭で使われていた大型の耐久消費財(使うごとに価値が落ちていく家財のこと)

粗大ごみかどうかは、もともとの大きさにより分別されます。そのため、分解・解体をしても、もとの大きさが上記に該当するなら、粗大ごみと見なします。

そのため一般のごみに出しても、集められずにその場に残されてしまいます。

板橋区で粗大ごみを出す方法

板橋区で不良品のごみを出す方法は2つあります。ごみの量や大きさ、重さを考慮して、各自に適した処分の仕方を選びましょう。

  • 収集車に回収をしてもらう
  • 粗大ごみセンターへ持込む

粗大ごみ受付センターに申し込む

粗大ごみ受付センターに申し込む

収集車に回収してもらう場合でも、持ち込む場合でも、まずは粗大ごみセンターへ申し込みをしなければなりません。

どちらの場合でも、粗大ごみセンターから指定された日に粗大ごみを出す、もしくは持ち込まなければなりません。思い立った日にすぐに出せるわけではないので、注意が必要です。事前に申し込みを済ませて、粗大ごみを出しましょう。

家の前、マンションのごみ置き場から回収してもらう方法

粗大ごみは、ごみの集積所には出せません。指定した場所を収集車が回って、粗大ごみを回収するシステムです。

指定する回収場所は一軒家では道路に面した敷地のなか、ひとつの建物をたくさんの人が共有するマンションなどでは、エントランスの前や、不要品置き場などの目につきやすいところです。

粗大ごみを出す時間

予約日の朝8時までに出しておきます。申込みのときに希望日を指定できる場合があるので、希望日がある方は申し込み時に相談してみましょう。

ごみ処理券を貼る

粗大ごみには一般のごみと区別をするために、処分のための費用を支払ったことを証明する券を、ごみに貼る必要があります。

ごみ処理券には、申込みをした人の名前・予約日(たくさんの人が住む建物の場合は部屋番号も)を忘れずに記入してください。漏れなく記入したうえで、回収する人の目に留まりやすい位置に貼ります。

立ち会う必要はなし

粗大ごみを指定した場所に出したら、立ち会う必要はありません。収集車が取りに来てくれます。

ごみを出すときのルール

人の視界に入るため、長い間不要品を置いておくと、近所の方に迷惑をかけてしまいます。そのため、粗大ごみを出すときは次のような点に注意をしておく必要があります。

  • ごみ出しは収集日の朝に行う。盗難の恐れがあるため、決して前日の夜に出さないようにしましょう。
  • マンションなどでは、建物の規則に従いましょう。
  • マンションなどは、ごみ置き場に鍵がかかっている可能性があります。収集車の作業員が回収できるよう、鍵を開けておきましょう。
  • ごみの集積所には出してはいけません。回収する作業員は指定された場所を訪れます。違う場所では回収されません。

粗大ごみセンターに持込む

粗大ごみセンターに持込む

粗大ごみは、粗大ごみセンターへ直接持込んでも処分をしてくれます。

ごみ処理券は記入に留める

ごみ処理券を持参しましょう。申込みをした人の名前、持込む日を書いて、係りの方へ提出します。

持込みは本人または同じ家に住む家族

粗大ごみの持込みは、申込みをした人のほかに、同じ家に住む家族だけが行えます。

粗大ごみセンターではごみ処理券を販売していない

板橋区の収集所である西台粗大ごみセンターでは、ごみ処理券の販売を行っていないため注意してください。

ごみ処理券は、所定の取扱所(コンビニや板橋区のなかにある事業所、商店など)で販売されているので、事前に購入してから持ち込みましょう。

持込むと粗大ごみの処分費用が半分

粗大ごみを粗大ごみセンターへ持込むと、処分費用は収集の半分で済みます。1人でも運べる大きさや重さであったり、時間に余裕があったりする方は、持込みで処分する方がお得です。

車の重量は2トンまで

粗大ごみの持込みに使う車には、重量制限があります。車の重量は2トンまでです。車を借りて粗大ごみを運び入れる場合は、車の重さも確かめておきましょう。

また、積み荷を下す作業は、持込む方だけで行います。係員の方は、手伝ってくれません。

1人で下すことが難しいときは、積み下ろしを手伝ってくれる人と一緒に持ち込みに行きましょう。

持込みは1度に10個

1度の持込みにつき10個と決められています。既定の数を越えるなら、回数を分けて運びましょう。

粗大ごみセンターの受付にも時間が定められています。時間内に運べるように、住所や受付時間を把握しておきましょう。

粗大ごみセンター所在地
西台粗大ごみセンター|板橋区西台2-39-11
受付時間
月曜日~金曜日:13時~16時 土・日・祝日:9時~16時

板橋区の粗大ごみ処分にかかる料金と処理券の購入

板橋区の粗大ごみ処分の料金

収集してもらったり、持込んだりして処分を任せるには、不要品に見合った券を購入します。これに不要品を貼ることで、回収・持込みが可能になります。

粗大ごみ有料ごみ処理券を買いましょう。収集・持込みに必要な手数料は、申込みのときに知ることができます。

また、以下のページに品目ごとの料金(必要な券の枚数・組み合わせ)が掲載されています。

参考:粗大ごみ受付センター

ごみ処理券の種類

ごみ処理券には、2種類が用意されています。ひとつは、有料粗大ごみ処理券で、もうひとつが事業系有料ごみ処理券です。

板橋区に住む方は有料粗大ごみ処理券を選びましょう。事業系を選ぶと、回収の対象になりませんので、注意をしてください。

購入する券には、200円のA券と、300円のB券があります。申込みのときに案内された金額の券を購入してください。

また、基本的に払い戻しは行われません。ただし、一定の条件に当てはまる方は、支払った料金が手元へ戻ってきます。

払い戻しが行われるケース

  • 有料粗大ごみ処理券を買ってから、ほかの区へ住所を移した場合
  • 間違えて事業系有料ごみ処理券を買ってしまった場合

※ただし、払い戻しができるようになってから、5年を過ぎた場合は払い戻しに該当しません(地方自治法236条より)。

払い戻しに必要なもの

払い過ぎた料金を取り戻すには、次のものを用意しておきましょう。

  • ごみ処理券
  • 領収書
  • 廃棄物処理手数料還付請求書
  • 支払金口座振替依頼書

最後の2つは、板橋区役所の清掃リサイクル課、清掃事務所で受け取れます。

払い戻しに向かう前に、まずは連絡をすること

払い戻しの手続きは、清掃リサイクル課、清掃事務所で行います。

手続きには印鑑など、必要なものがあります。二度手間にならないように、あらかじめ手続きを行うところへ、連絡をしておきましょう。問い合わせをしておくと、必要なものを持ってから出向くことができ、1度で手続きを済ませられます。

清掃リサイクル課
03-3579-2217
板橋東清掃事務所
03-3969-3721
板橋西清掃事務所
03-3936-7441

粗大ごみとして出せないもの

板橋区で粗大ごみとして出せないもの

板橋区では以下のものが、粗大ごみとして出せません。それぞれに定められた処分方法に従って、粗大ごみを処理してください。

事業で使われていたもの

板橋区では、収集・持込みが認められる粗大ごみは、一般の家庭から出たものに限られます。

会社やお店で使用していたものは、それぞれの事業所で処分を頼みましょう。廃棄物処理の専門業者へ連絡をして、収集をしてもらってください。

リサイクル家電

リサイクル家電に指定されているものは、粗大ごみに出すことができません。家電リサイクル法、資源有効利用促進法に従って、処分をしてください。

家電リサイクル法の対象品目

  • エアコン
  • 冷蔵、冷凍庫
  • 洗濯機、乾燥機
  • テレビ(ブラウン管、液晶、プラズマ)

資源有効促進法の対象品目

  • パソコン

家電リサイクル関連記事

板橋区でリサイクル家電とパソコンを処分するにはどうすればいいの?

リサイクル家電の回収方法

家電リサイクル法の対象になる家電は、次の回収先に処分を依頼してください。

家電を購入したお店、買い替えを行うお店

リサイクル家電を購入したお店では、家電を引き取ってくれます。また、買い替えを行う場合は、お店に古い家電の処分をお願いしましょう。

家電リサイクル受付センター

「リサイクル家電を購入したお店を忘れた」「お店が存在しない」「遠い場所にあって持込めない」などの状況には、家電リサイクルセンターに回収を依頼します。

ただし、回収には料金(リサイクル料+収集運搬料)が発生します。問い合わせをしたときに、料金を確かめておきましょう。

ホームページ
家電リサイクル受付センター
電話番号
03-5296-7200
受付時間
月曜日~土曜日:8時~17時

指定取引所

回収してくれないリサイクル家電は指定取引所に持込むことでも、処分ができます。

処分方法は、次の通りです。

郵便局・ゆうちょ銀行に用意されている家電リサイクル券を購入して、窓口で料金を支払います。

あとは、リサイクル家電に券を貼りつけて(家電の右上、液晶・プラズマテレビは背面の左上)、指定取引所へ持込みましょう。予約の必要はありません。受付時間内なら、いつでも持込めます。

指定取引所は以下の2ヶ所です。

所在地
西濃運輸(株) 池袋航空海運営業所 板橋区板橋2丁目10番7号
電話番号
03-3962-4378
受付時間
9時~17時(12時~13時を除く)
定休日
日曜、祝日、年末年始、お盆
所在地
東亜物流(株) 板橋リサイクルセンター 板橋区舟渡1丁目6番8号
電話番号
03-5914-6440
受付時間
9時~17時(12時~13時を除く)
定休日
日曜、祝日、年末年始、お盆

また、別の記事でも家電リサイクル法対象の品目の処分方法について詳しく解説していますので、あわせて読んでみてください。

捨てる前に買取サービスで査定してみませんか?

春の入学・入社や人事異動のシーズンには、引っ越しが増え、家電や楽器、オーディオなどの不要品が出てきます。粗大ごみに出すと費用がかかるとお悩みのときは、買取サービスを検討してみてはいかがでしょうか。

高く売れるドットコム

捨てる前に、高く売れるドットコムで査定してみませんか?

高く売れるドットコムでは、全国に対応しており、処分のための費用も一切かかりません。大型の商品には、出張買取がおすすめです。電話がWEBでお申し込みいただければ、自宅にいながら、おおよその査定金額がわかります。(買取できない場合も含む。)

出張買取のご予約をいただければ、当日にお客様の自宅へ伺い、その場で丁寧に査定します。査定価格にご納得いただければ、お支払いをし、商品の搬出・運搬を行います。

買取商品は弊社のスタッフが運び出すため、お客様が重たい家財道具や電化製品を運ぶ必要がありません。粗大ごみの処分のように、粗大ごみ処理券を購入したり、指定場所に運んだりする手間が省けます。

「重くて運べない」「粗大ごみに出すと費用がかかる」「忙しくて時間に余裕がない」とお悩みのときは、弊社の買取サービスを試してみてください。

高く売れるドットコムで査定する

おいくら

おいくら

買取価格の比較サイト「おいくら」を使えば、最大20社のリサイクルショップに一括見積もりの依頼ができます。売りたいアイテムの情報を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届くので、一度の申し込みで買取価格が比較できます。

さらに、ショップ検索機能を使ってご自宅近くのリサイクルショップを探したり、ショップの買取実績が紹介されているケースもあるので、一括査定で出た査定価格とこれらの情報を合わせて比較して、ご自身の希望条件に合うショップを見つけることができます。

不要品に思わぬ価値がつくこともあるので、捨ててしまう前においくらの一括買取査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

まとめ

板橋区の粗大ごみの出し方など全般的なルールをチェックしてきました。

板橋区で粗大ごみの処分をしてもらうためには、粗大ごみセンターへの申込みが必要です。また、収集日・持込み日にしか、粗大ごみは処分してもらえないため、スムーズに廃棄するためには計画的に申し込むことが大切です。

そのため、粗大ごみを出すときは、品目と数、収集日・持込み日を決めて、予約をしておきましょう。

早めに予約をしておけば、指定した日に粗大ごみを処分できます。この記事が役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。