冷蔵庫の処分・捨て方7選|引き取り・持ち込み・費用徹底解説

冷蔵庫の処分方法を引き取り・持ち込み・回収・売却に分けて解説しています。買い替え時に販売店に引き取ってもらう方法などがありますが、費用なども気になってしまいます。そこでヤマダ電機やケーズデンキなど例を挙げて捨てるのにかかる料金なども分かりやすく説明しています。その他、指定取引場所に持ち込む方法であったり、買取専門業者に売却する方法についてもポイントを押さえて解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。
冷蔵庫の処分・捨て方7選|引き取り・持ち込み・費用徹底解説

不要になった冷蔵庫をどう処分するか誰もが悩んでしまうと思います。2001年以降、家電リサイクル法が定められ、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの4品目が特定家庭用機器として指定されました。

家電リサイクル法は一般家庭で処分する家電製品から有用な資源のリサイクルや廃棄物を少なくし、資源の有効活用を目的として制定された法律です。

その処分方法に沿った方法で処分しないと違法となってしまいます。

「正しい冷蔵庫の処分にはどのような方法があるの?」「リサイクル料金や収集運搬料がかかるって聞いたけどどのくらいかかるの?」など冷蔵庫を処分する際に気になる点をご紹介していきます。

おすすめ関連記事もぜひ読んでみてください。

家電リサイクル法の対象家電はどのように回収されるのか

エアコン、テレビ、冷蔵庫など家電リサイクル法の対象になった家電は基本的に販売店が回収します。処分したい冷蔵庫を購入した販売店で引き取ってもらうのが一番良いですが引っ越してしまった場合や遠方に店舗がある場合には他の販売店で引き取ってもらうこともできます。

近くに販売店が無い場合には自治体に回収してもらえる場合があります。自治体によっては回収を行っていない場合があるので一度自治体に問い合わせて正しい処分方法を聞いてみましょう。

家電リサイクル法の詳細については3分で分かりやすく解説した経済産業省のアニメーションがありましたのでこちらも参考にしてみてください。

冷蔵庫を処分する7つの方法

リサイクルを処分するための主な方法をご紹介。先ほどご紹介した販売店で引き取ってもらう方法以外にも買取専門店に買い取ってもらう方法などあなたにピッタリな処分方法を7つご紹介します。

買取専門店を利用する

処分=捨てるではなく、処分=売るという発想です。使用感や傷の多い商品は値段が付かない場合もありますが、年式が2013年以降の比較的新しい冷蔵庫であればリサイクル料金と収集運搬料金をかけずさらに買取金額をもらえる場合があります。

年式が浅く(概ね5年以内)、高性能な冷蔵庫ほど高値で売却ができる可能性があります。リサイクル(再生利用)ではなくリユース(再使用)することも考えてみましょう。

買取業者が出張で商品の買取にも対応している場合があるので手間なく商品を売却できます。値段の付く冷蔵庫であれば売却するのも選択肢の一つです。

売却先は、こちらで紹介する全国対応のネット型家電専門買取サービスが便利です。

家電高く売れるドットコム

家電高く売れるドットコム 家電高く売れるドットコムで冷蔵庫を査定する

家電高く売れるドットコムでは、冷蔵庫などの家電リサイクル法対象4品目の買取はもちろん、様々な家電製品の買取をしています。

引越しや大掃除で出てきた家電や不用品をまとめて売却することができます。特に冷蔵庫や洗濯機といった生活家電は、なるべくセットで査定依頼をすることで買取価格が付く可能性が高まります。

査定から買取まで一切無料で利用できるうえ事前査定という査定システムにより、売りたい商品のメーカー・型番・状態などをお伝えいただくことで目安となる査定金額を気軽に調べることができます。

買取となるためには、冷蔵庫と一緒に他の家電製品(洗濯機やテレビ、掃除機など)もまとめて査定に出すことをおすすめします。

リサイクルネット

家電買取専門店リサイクルネット

リサイクルネットは家電の無料査定・買取を全国対応で実施しています。家電買取専門で冷蔵庫等も買取対象品目に含まれているため、いくらで売れるかまとめて見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

参考:家電買取リサイクルネット

冷蔵庫の買取相場や注意点など、詳しくはこちらの記事でご紹介しているので読んでみてください。

費用
0円
メリット
リサイクル料金と収集運搬料金がかからず、冷蔵庫の買取金額をもらえる。出張してもらえれば手間も少なく売却することができる。

関連記事

買い替え時に販売店に冷蔵庫を一緒に引き取ってもらう

冷蔵庫を買い換える場合、新しい冷蔵庫を購入する量販店に昔の冷蔵庫を引き取ってもらうことができます。

リサイクル料金や収集運搬料は別途必要になりますが新しい冷蔵庫を届けてもらう時に引き取ってもらうことができます。

費用
リサイクル料金+収集運搬料金
メリット
新しい冷蔵庫を届けるのとあわせて古い冷蔵庫を回収してもらえる

購入店に引き取ってもらう

新しい冷蔵庫を購入せず処分だけをしたい場合には過去に購入した販売店に引き取ってもらう方法があります。また、購入した販売店が分からない場合には家電4品目を扱っている販売店へ収集を依頼することもできます。

収集時にリサイクル料金と収集運搬料を支払い、家電リサイクル券を受け取ります。

家電リサイクル法では基本的に家電を販売した小売店がリサイクルを受け付けるよう義務を定めているので断られることもありません。

費用
リサイクル料金+収集運搬料金
メリット
家電4品目を扱っている販売店ならどこでも利用することができる

大手家電量販店のリサイクル料金+収集運搬料の例

ヤマダ電機(大手冷蔵庫メーカーの場合)

  • 冷蔵庫(170L以下):4,752円
  • 冷蔵庫(171以上):¥5,724円

参考:ヤマダウェブコム

ヨドバシカメラ(大手冷蔵庫メーカーの場合)

  • 冷蔵庫(170L以下):4,212円
  • 冷蔵庫(171以上):¥5,184円

参考:ヨドバシカメラ

ケーズデンキ(大手冷蔵庫メーカーの場合)

  • 冷蔵庫(170L以下):リサイクル料金3,400円+収集運搬料金1,000~
  • 冷蔵庫(171以上):¥リサイクル料金4,300円+収集運搬料金1,000~

参考:ケーズデンキ

指定取引場所へ持ち込む

指定取引場所へ持ち込む

事前に郵便局にある家電リサイクル券に必要事項を記入し、郵便局の窓口でリサイクル料金を支払うことで全国にある指定取引場所へ直接冷蔵庫を持ち込むことができます。引越し先での処分や過去に購入した店が分からない場合に便利です。

指定取引場所に直接持ち込む必要がありますが運搬料金がかからないので比較的安く処分することができます。

最寄の指定取引場所の確認は一般財団法人 家電製品協会で確認することができます。

お住まいの地域を選択すれば最寄の指定取引場所を調べることができますので、ぜひ、活用してみてください。

費用
リサイクル料金
メリット
収集運搬料金がかからずお住まいの近くの指定取引所を利用できる

家電リサイクル受付センターに申し込む

買い替えるわけでなく、昔冷蔵庫を購入した店舗はどこか忘れてしまったという場合には東京・横浜に限られてしまいますが、家電リサイクル受付センターを利用することができます。

家電リサイクル受付センターはリサイクル事業組合が運営する家電リサイクル法対象4品目を回収するサービスです。

回収の流れについて

  1. 品目やメーカー名を確認し、家電リサイクル受付センターに連絡
  2. 「収集運搬会社」「連絡先」「収集予定日」「料金」などを案内される
  3. 収集の前日から当日に業者から確認電話を受ける
  4. 収集当日に冷蔵庫を玄関先で引き渡す
  5. 料金を現金で支払い、家電リサイクル券を受け取る

家電リサイクル受付センターを利用した場合の料金目安

国内大手メーカーの場合を例にかかる料金の目安を記載します。

冷蔵庫のサイズリサイクル料運搬料合計金額
170L以下の冷蔵庫3,672円3,240円6,912円
171L以上の冷蔵庫4,644円3,240円7,884円
かかる費用
リサイクル料金と収集運搬料金
メリット
家電リサイクルセンターなどの組合は家電リサイクル券を発行することができるので、郵便局まで購入しにいく必要がない

各自治体のリサイクル受付センター情報

東京23区の区民と23区内の事業者は東京23区家電リサイクル事業協同組合に収集依頼をします。

ホームページ東京二十三区家電リサイクル事業協同組合
電話番号03-5296-7200
受付時間月~土の8:00~17:00※12/29~1/3の年末年始を除く、祝祭日も受付しています。
対象者23区ないの区民、事業者

横浜市の家電リサイクル受付先は以下になります。

ホームページ横浜家電リサイクル推進協議会
電話番号0120-632-515
受付時間月~土9:00~12:00、13:00~17:00(土曜日は16時まで、祝日・夏季休暇・年末年始は除く)

ネットオークションに出す方法

こちらの方法はヤフオクなどのネットオークションに出す方法で出品するまでの手間と配送料はかかるもののリサイクル料金をかけずに処分できる方法です。買い手がつくまでに時間がかかる場合があるので早めの準備が必要です。

費用
配送料+会員登録手数料など
メリット
費用はかかるものの適正な市場相場で売却することができる

市区町村に問い合わせる

市区町村に問い合わせる

粗大ごみとして処分できるのではとお考えの方もいるかもしれませんが冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビなどの家電リサイクル法対象品目は粗大ごみに出すことができません。

しかし、市区町村に問い合わせることで、回収はしていなくても正しい処分方法や小売店許可業者などを紹介してもらえます。

費用
リサイクル料金+収集運搬料金
メリット
その市区町村の条例に則った正しい処分方法で冷蔵庫を処分できる

家電リサイクル券について

家電リサイクル券について

買取専門店やネットオークションで売却する場合を除き家電4品目を引き渡す際には必ず「家電リサイクル券」の控えが発行されます。家電リサイクル券は冷蔵庫やテレビ、洗濯機、エアコンなどの家電4品目が適切にリサイクルされる証明になるので控えを捨てずに保管しておきましょう。

販売店に依頼する場合と指定取引所に持ち込む場合とで家電リサイクル券の用紙の種類が異なることも覚えておくと良いです。

家電リサイクル券に記載された番号は処分した冷蔵庫がきちんと家電メーカーに引き渡されたかどうかを確認することができます。

無許可の回収業者にご注意ください

無許可の回収業者にご注意ください

一般家庭での廃棄物はお住まいの市区町村が案内するルールで処分する必要があります。無許可の回収業者には以下のような例があります。

  • 町中を大音量で巡回
  • 空き地で回収
  • チラシを配布

市区町村の一般廃棄処理業の許可なく違法に回収している業者は現在でも数多く存在しています。このような無許可回収業者が行う不法投棄や不適性処理によって環境問題に繋がってしまう恐れがあります。中には高額な処理料金を請求された事例もあります。

冷蔵庫の処分方法は家電リサイクル法によって定められている正しい方法で処分しましょう。

比較的新しくて十分に使える製品の場合には買取専門店に依頼することができますがこちらは違法ではありません。リサイクルではなく中古品として売却してリユース(再使用)することができます。

不用品回収業者を利用するなら一括見積サービス

エコノバ エコノバで一括見積もりする

上記のような業者に依頼することがないよう、不用品回収業者の一括見積サービスを利用して適正な相場をチェックすることが大切です。

エコノバは全国各地の登録された業者から一度の問い合わせで相場をまとめてもらうことができます。納得がいく料金・サービス内容を比較することができるので、ぜひ利用してみてください。

次の冷蔵庫は買わずに家電レンタルで!

次の冷蔵庫は買わずに家電レンタルで!

冷蔵庫は生活に欠かせない家電なので、処分したら新しい冷蔵庫の購入を検討されると思います。そこで、ここからは家電レンタルサービスをご紹介したいと思います。

ReReレンタルは、冷蔵庫をはじめ毎日の暮らしに必要な生活家電のレンタルができるサービスです。一人暮らし家電セットをご利用の場合は、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビをまとめて2年間、1日当たり123円~利用できるので、就職・進学で一人暮らしを始める方や単身赴任の方におすすめです。

全国各地への配送にも対応、レンタル期間中に商品が故障しても、商品の交換・修理は無料で行います。さらに設置も無料で行ってくれるため、買い替えのタイミングで手軽に、そしておトクに利用できます。家電をレンタルすることも選択肢のひとつにされてみてはいかがでしょうか。

参考:ReReレンタル!|家電レンタルで無駄な出費を抑える

まとめ

まとめ

処分する際に困ってしまう冷蔵庫の処分方法についてご紹介してきました。冷蔵庫を処分したことのない方にはこんな処分方法もあるのかと気づいていただければ幸いです。

家電リサイクル法ができるまでは家電製品の有用な資源のリサイクルが困難でそのほとんどが埋め立てられていました。廃棄物の減量や資源の有用利用を目的に今でも運用されています。この目的を少しでも理解し、正しい処分方法で処分することが大切です。

スポンサーリンク

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。