加湿器の買取価格相場を紹介!高く売るコツやおすすめ業者も

未使用・中古の加湿器の買取情報をまとめています。どのくらいで売ることができるか把握するためにも製品ごとの相場価格の紹介や高く売るコツ、おすすめの買取業者紹介までわかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください。


加湿器の買取価格相場を紹介!高く売るコツやおすすめ業者も

水を入れて使う加湿器は、結構汚れてしまったり水が空気を吸って匂いがついたりするものですので、買取をしてくれるのかちょっと不安に思う方も多いことでしょう。

どんなものであれば買取できるのか、損をしないためにも買取相場や高額になるようなポイントを把握して、少しでも高く買取ってもらえるようにしましょう。

加湿機以外の家電の買取に関する情報は下記の関連記事を参考にしてください。

加湿器の買取相場

加湿器の買取はしているのか、しているのであれば買取相場は大体どのくらいなのでしょうか。まずはそのあたりをチェックしていきます。

※ご紹介する金額はあくまで参考としてご覧ください。市場相場、製品の状態、付属品の有無によって買取価格は変動します。

パナソニック

FE-KXF15

パナソニックの加湿器は中古市場でも高い人気を誇ります。特に人気の高いパナソニックFE-KXF15で~10,000円程度が相場になります。

気化式タイプの加湿器でナノイーを搭載していて2010年9月に発売されていますが今でも人気の商品です。製品ごとの買取価格は以下を参考にしてください。

商品名買取価格
FE-KXF15 美品8,000円 2018/4/13時点
FE-KXM07-W 気化式加湿機 中古3,000円 2018/3/13時点
FE-KFP05-W 気化式加湿器 未使用11,000円 2018/3/24時点
FE-KXM07 中古2,000円 2018/3/14時点

ダイソン

hygienic mist MF01

ダイソンから販売されている加湿器で2015年に発売された「dyson hygienic mist MF01」ですが、人気が高く10,000円近くで買取してもらえることが多いです。ただ傷や汚れなど使用状況によっては価格がかなり変動します。

商品名買取価格
hygienic mist MF01 中古9,000円 2018/7/4時点
hygienic mist MF01WS 中古12,000円 2018/2/4時点
Hygienic Mist AM10-BN 良好8,500円 2017/12/23時点
Hygienic Mist AM10-IB 中古7,000円 2017/9/13時点

cado(カドー)

HM-C610S-BK

インテリアとしてのデザイン性の高さとパワフルなマイクロミストを生み出す技術の高さから高い人気を誇るカドーの加湿器は、中古市場でも需要が高いです。

製品ごとの買取相場はどのくらいか確認していきましょう。

商品名買取価格
HM-C600S 美品10,000円 2018/4/1時点
HM-C610S-BK 良好7,000円 2018/3/24時点
AP-C100 中古4,500円 2017/12/10時点
STEM 620 HM-C620 超音波式加湿器 未使用20,000円 2018/4/17時点

※記載の金額はあくまで参考としてご覧ください。市場相場、製品の状態、付属品の有無によって買取価格は変動します。

加湿器の売却方法

加湿器を高価買取してもらうためにはどのようにしたらよいのでしょうか。取引方法についてみていきます。

買取専門店に売却する

家電を専門的に取り扱っている買取店で売却することで市場の相場に合った適正価格で買取してもらえる可能性は高いです。最近では店頭での買取以外にも宅配・出張で買取に対応しているお店が多いです。

また、どのくらいの金額で売却ができるかも事前に確認できる場合が多いので、いくつかの店舗で買取価格を比較してみるのもおすすめです。

買取専門店に売却するメリットとしては手間なく現金を手に入れることができることです。また、リサイクルショップなどと比べると専門スタッフが査定を行ってくれるので比較的高い金額での売却が可能です。

ネットオークションやフリマサイトで販売する

販売経験があるのなら個人での出品も便利です。写真を掲載したり、梱包したりなどの手間がかかりますが、買取業者に売却するよりも高値で売却できることもあります。

忙しい方や時間のない方には不便な場合がありますが、手間をかけてでも高く売りたいという方にはおすすめです。

おいくら

加湿器の買取価格を上げる2つの方法

加湿器の買取価格を上げる2つの方法

加湿器の買取価格を少しでも上げるためにしておきたい2つのポイントをご紹介します。

箱などの付属品をつける

加湿器を少しでも高く買取ってもらうためには、まず元々本体が入っていた箱や説明書、そのほかのアクセサリーが付属していたのであれば一緒に売却する方が高く売却できる可能性が高いです。

購入時の状態に近ければその分買取金額も上がります。

できるだけ綺麗にする

どんなものを買取してもらうときにも同じですが、汚れている場合はその部分をクリーニングしてから販売することになりますので減点ポイントになる可能性があります。

加湿器を購入したときからこまめに掃除する癖をつけるとよいでしょう。掃除をした方が機能もしっかり使えますので、最初から売ることを考えるわけではないですが定期的な掃除は大切です。

特に水の入るタンクやフィルター、吹き出し口、トレイなどは掃除せずに使用しているとカビや雑菌が繁殖してしまい製品の劣化にもつながってしまいます。

買取サービスの選び方

加湿器を売るための買取サービスを選ぶ時には以下のことに注意して選ぶとよいでしょう。

  • 無料で利用できるか
  • 信頼できる買取サービスか
  • 加湿器の買取実績が豊富か
  • 買取方法が充実しているか
  • 事前に査定を行ってもらえるか

複数の業者に査定を依頼しましょう。比較ができますので、どこに売れば高く買取ってもらえるかの判断材料になります。

加湿器だけでなくほかの家電製品などの不用品もまとめて売却しようと考えている場合には宅配買取や出張買取を選ぶことのできるサービスがいいです。

そのサービスが信頼できるかについては運営企業について調べてみたり、口コミを確認することである程度把握することができます。

おすすめの加湿器買取サービス

加湿器の買取サービスの選び方で出した基準に当てはまる買取サービスを上げていきます。より自分のニーズに合った買取サービスを選びましょう。

おいくら

おいくら

おいくらは、全国のリサイクルショップへ売りたい品物の一括見積りが行えるサイトです。不用になった家電の情報を入力すると、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届くので、一度の申し込みで買取価格が比較できます。

最大20社に一括査定を依頼できるので、加湿器の買取を行っているショップや高価買取してくれるショップを簡単に見つけることができます。

買い替えや引っ越しで家具・家電の処分にお困りの際は、ぜひ「おいくら」の一括査定をお試しください。

おいくらで一括査定する

家電高く売れるドットコム

家電高く売れるドットコム

家電高く売れるドットコムは上場企業の株式会社マーケットエンタープライズが運営する買取サービスです。査定から買取まで無料でご利用可能で買取方法も店頭・宅配・出張の3つの方法をご用意しております。

加湿器の買取実績も豊富で冷蔵庫・テレビ・洗濯機などもまとめて売却することができます。楽器やオーディオ、カメラ、ブランドなどの買取にも対応しております。

お電話・WEBフォームから簡単買取金額を調べることができますので、ぜひご利用ください。

家電高く売れるドットコムで査定する

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー

大型リサイクルショップとして知名度の高いトレジャーファクトリーでは家電以外にも家具や服飾などの買取も行っているため引っ越しや大掃除で出た不用品をまとめて売却することができます。

買取方法は店頭・宅配・出張買取に加え、引っ越しと買取を合わせて行ってくれるサービスも提供しています。

参考:トレジャーファクトリー

まとめ

思っていたものと違った、引っ越すので不要になった、古くなったので買い換えたいなどさまざまな理由から加湿器を手放すことを検討している場合、簡単に売却できる買取業者にお願いしてみるのがおすすめです。

買取で得たお金を新しい加湿器の購入に当てることもできますので、不要だと感じるものは身の回りの整理もかねて一度買取業者に査定してもらうといいです。

買取業者の違いや特徴についてさらに分かりやすく解説した関連記事がありますので、合わせて参考にしてください。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。

関連キーワード