神戸市の粗大ごみ出し方|回収・持ち込み方法から料金まとめ

兵庫県神戸市で粗大ごみを捨てる際に必要な申し込み手順やお問い合わせ先、回収・持ち込み場所などについてまとめました。その他、無料で利用できる買取サービスなど、お得な処理方法に関する情報もあります。ぜひ参考にしてください。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

神戸市の粗大ごみ出し方|回収・持ち込み方法から料金まとめ

兵庫県の県庁所在地である神戸市は、センスあるおしゃれな港町として有名です。多くの人口を抱えつつ美しい街並みを保つために神戸市では、粗大ごみ処理に関してもいろいろなルールを設けています。

「最近引っ越してきたので神戸市のルールがよく分からない」、「久しぶりに粗大ごみを捨てたいが申し込み方法を忘れた」という方のために、神戸市での粗大ごみの定義、申し込み方法や問い合わせ先、処分料金などのお役立ち情報をまとめました。

神戸市で粗大ごみに該当するもの

神戸市では、粗大ごみは大型ごみと呼ばれています。サイズの大きな家具や自転車などが対象で、具体的には、45リットルの神戸市指定ごみ袋に入れて口を縛ることができない大きさのものや、重さが5kgを超すものを大型ごみとして扱っています。

これらの大型ごみは、回収可能な金属はリサイクルされ、燃えるものは焼却、どちらにも該当しないものだけを埋め立てています。

例外として、蛍光灯や傘など45リットルの指定袋に斜めに入れても少しはみ出てしまうものでも、口をしっかり縛ることができれば『燃えないごみ』として出すことができます。

粗大ごみを出す方法

粗大ごみを出す方法

神戸市で粗大ごみを処分する場合、収集を依頼する方法と処理施設に自分で持ち込む方法の2つがあります。それぞれどのような手順になるか、以下にまとめました。

粗大ごみの収集を依頼する場合

収集を依頼するには事前の申し込みが必要です。収集日は、申し込みから1~2週間後になりますので早めに申込みましょう。1度の申し込みで出せる粗大ごみは5個までです。

申し込み方法

神戸市大型ごみ受付センターに、電話かFAXで申し込みます。申し込みの際は以下の内容を申告します。

  • 住所・氏名・電話番号
  • 出したいごみの品目、大きさ・個数

ごみのサイズによって手数料が変わる品目もありますので、事前にサイズを測ってから申し込んだほうがよいでしょう。

ごみ処理手数料・収集日・排出場所・4桁の受付番号を確認し、メモしておきます。排出場所は自宅近くのほか、クリーンステーション(ごみステーション)になる場合もあります。

申し込み内容を変更したいときは、収集日の3日前(土日を除く)までに受付センターまで連絡してください。問い合わせ先や受付時間は、申し込み時と同様です。

月曜日~金曜日の午前9時~午後4時までの受付ですが、月曜日や祝日の次の日は電話が混み合いやすいので、できれば違う日にかけたほうがよいでしょう。年末年始を除いて祝日も受付可能です。

大型ごみシール券の購入

申し込み後、収集日までに申し込み時に案内された金額分の大型ごみシール券を取扱店で購入します。シール券に4桁の受付番号を書いて、品物ごとに貼っておきます。

シール券の貼られていない粗大ごみは、収集されないので気をつけましょう。

再利用を防ぐため、シールには切れ目が入っていて破れやすくなっていますので、はがすときや貼るときには注意が必要です。シールの半券は料金を支払った証明となるため、収集が終わるまで紛失しないようにしましょう。

収集場所に出す

申し込み時に伝えられた収集日の午前5時~8時の間に、決められた排出場所にごみを出しておくと当日中に収集されます。収集時に立ち会う必要はありません。

収集員がご自宅の敷地内に入って、ごみ出しを手伝ってはくれません。ご自分で運び出すのが難しい場合は、知り合いの方などにあらかじめお手伝いをお願いしておきましょう。

高さのあるものを出すときは特に、倒れて通行人が怪我をしてしまわないよう、置き方に注意が必要です。マンションなどの集合住宅でクリーンステーションまでの通り道が施錠されている場合は、鍵を開けて入れるようにしてください。

なお、「収集予定の大型ごみがまだ残っている」など、当日の収集に関するお問い合わせは、神戸市大型ごみ受付センターではなく、委託先の「神戸市生活環境事業協同組合(生環協)」になります。

お申し込み先
神戸市大型ごみ受付センター
電話番号
078-392-7953
FAX番号
078-392-5500
受付時間
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時(祝日も可。ただし12月29日~1月3日は除きます)
当日の収集に関するお問い合わせ先
神戸市生活環境事業協同組合(生環協)
電話番号
078-686-7351

粗大ごみを自分で持ち込む場合

神戸市では、大型ごみを自分で布施畑環境センターに持ち込むこともできます。申請が必要ですので、必ず下記まで事前に問い合わせましょう。

手数料は重量制で、搬入の際、現地で計量後の支払いになりますので、大型ごみシール券は必要ありません。

お問い合わせ先
布施畑環境センター搬入管理事務所
電話番号
078-974-2411
搬入先
布施畑環境センター
住所
兵庫県神戸市西区伊川谷町布施畑丸畑1172−2
受付時間
月曜日~金曜日 午前8時30分~12時、午後1時~4時 (祝日は午後3時まで)
おいくら

神戸市の粗大ごみ処理手数料

神戸市の粗大ごみ処理手数料

神戸市で粗大ごみを処分するには手数料が必要です。処理料金の支払い方は、収集してもらう場合と、自分で持ち込む場合と異なります。

収集してもらう場合

神戸市では、粗大ごみの収集の場合『大型ごみシール券』と呼ばれる『大型ごみ手数料納付券』を取扱店で購入することで手数料を支払うことになります。

手数料は、品目や大きさによって異なり、300円、600円、900円、1,200円の4段階に分かれています。

大型ごみシール券は、300円券と600円券の2種類ですので、手数料分を組み合わせて購入してください。購入後は払い戻せないため、必ず申し込み時に確認をしてから購入しましょう。

取扱店は、主に市内の各コンビニエンスストアやスーパーマーケットの「神戸市大型ごみシール券取扱店」というステッカーが貼られたお店で購入可能です。ご自宅周辺でどの店が該当するか調べたい方は、「大型ごみ処理手数料納付券の取り扱い店について」をご覧ください。

手数料の目安

以下に手数料の目安をご紹介します。

品目買取価格
カラーボックス、空気清浄機、スーツケースなど300円
姿見、石油ストーブ600円
食器洗い乾燥機、ステレオセット900円
電子ピアノ、いす型のマッサージ機1,200円

食器棚やベッド、テーブルなど、サイズによって手数料が変わるものもありますので、あらかじめ採寸してから確認しましょう。

詳細は市のサイトにある大型ごみ処理手数料をご確認ください。表にないものは、神戸市大型ごみ受付センターに電話予約する際に確認しましょう。

個人で持ち込む場合

自身で処理施設に持ち込む場合は、料金は品目ごとにではなく、重さによって決まります。神戸市の場合10kgにつき140円で、施設で計量して直接支払います。大型ごみシール券を購入してごみに添付したりしないようにしましょう。

粗大ごみとして出せないもの

粗大ごみとして出せないもの

神戸市では以下のものは収集できません。法律で定められたリサイクル方法や市のルールによる処分方法に従ってください。

家電リサイクル法対象のもの

エアコン、テレビ、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫は、家電リサイクル法によりリサイクルが義務づけられています。下記の神戸市のHPを参考にして決められた手順に従って処分する必要があります。

参考:家電リサイクル法対象家電の処分方法

関連記事でも家電リサイクル法について詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

パソコン類

デスクトップパソコン本体・ディスプレイ・ノート型パソコンは、リサイクルが義務づけられています。

なお、プリンター・スキャナー・キーボード・ワープロなどは、45リットルの指定袋に入れば「燃えないごみ」として、入らなければ「大型ごみ」として扱います。

パソコンの詳しい処分方法は関連記事でも解説していますので、合わせてご覧ください。

処理に危険を伴うものや処理困難なもの

その他、以下のものも市では収集できませんのでそれぞれ決められた方法で処分しなくてはなりません。

消火器
不要になったり期限切れになったりした消火器は、販売店や消火器リサイクル推進センターに相談しましょう。
灯油・エンジンオイル、農薬・劇薬など
引火や飛散の恐れがあるため、市では回収できません。販売店やメーカーに問い合わせましょう。
タイヤ、ピアノ、金庫
市では処理が困難ですので販売店に依頼してください。
オートバイ、単車
廃棄二輪取扱店や二輪車リサイクルコールセンターに問い合わせましょう。

ピアノやバイクの処分方法については関連記事でも紹介していますので、参考にしてください。

ベッド・自転車・ソファーを処分する方法

大型ごみのなかでも、多くの人が処理方法に迷うものについて、神戸市での扱いを取り上げます。

ベッド

ベッドは本体部分とマットレスとで、別々に手数料がかかります。本体部分は、シングルが900円、シングルベッド以外と電動式が1,200円です。マットレスは、スプリングなしが300円、スプリング入りが1,200円です。

自転車

大型ごみとして出すことができます。手数料は、14インチ以下のものが300円、14インチを超えるものが600円です。

ソファー

神戸市の処分料金表では「応接いす」と呼ばれています。手数料は、1人用が900円、2人以上用が1,200円です。

小型家電リサイクルBOXの利用

家電製品に使われている金・銀などの有用な金属をリサイクルするために施行された「小型家電リサイクル法」に基づき、神戸市内に設置されたリサイクルBOXで小型家電を回収しています。

神戸市では、対象品目として定められたもののうち、BOXの投入口(縦30cm、横40cm、奥行き35cm)に入るものを回収しています。

例えば、空気清浄機、食器乾燥機、扇風機、掃除機、電子レンジ、パソコン、プリンターなどの通常大型ごみとして処理されると処分費用がかかる品目でも、リサイクルBOXの投入口に入れば対象になり、無償で回収されます。

対象品目の詳細や、リサイクルBOX設置箇所については、神戸市のサイト「小型家電リサイクル回収事業について」をご確認ください。

買取サービスを利用して不用品を売却する

おいくら

不用品を粗大ごみとして出す前に試してみたいのが、複数のリサイクルショップの買取価格が一度でわかる一括査定サービスです。

おいくらは全国のリサイクルショップが加盟しており、家電や家具などをはじめあらゆる物の情報を送るだけでいくらで買取してくれるのかがわかります。利用料はかからず、最も高く買取してくれるショップを手間なく見つけることができるので非常におすすめです。ぜひ一度利用してみてください。

おいくらで一括査定する

まとめ

兵庫県を代表する都市である神戸市では、小型家電リサイクル法に基づくリサイクルBOXの設置をしたり、大型ごみの金属部分をリサイクルしたり、埋め立てるごみを減らすよう取り組んでいます。

粗大ごみを捨てる場合にも、市のルールや手順に従って行うことが大切です。同時に、リサイクルを進めるためにも、まだきれいで使えるものは買取サービスを活用できます。それぞれに合った処理方法を選びましょう。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。