足立区の粗大ごみの出し方|持ち込みは無料って知ってました?

東京23区、足立区の粗大ごみの出し方について徹底解説しています。粗大ごみの収集・持ち込み方法についてはもちろん、処分費用についてや粗大ごみとして出すことのできないものまで、ご紹介しています。家電や家具など粗大ごみの品目によってその処分方法も異なるので、迷われる方も多いと思います。そんな問題を解決するべく、知っておくと役に立つ情報ばかり記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。
不用品回収業者一括査定のエコノバ

足立区の粗大ごみの出し方|持ち込みは無料って知ってました?

引越しや片付け、大掃除などで出る様々な粗大ごみですが、電化製品や、家具など粗大ごみの品目によって、ごみの出し方が異なることもあり、その方法について迷われることもあると思います。

粗大ごみのルールは全国で統一されておらず、市区町村によっても異なります。そのため、自分が住んでいる自治体のルールにしたがって処分することが必要です。

通常、粗大ごみの処分には処理手数料がかかり、リサイクルの対象廃棄物においてはリサイクル料金も発生します。

粗大ごみを処分するには、ルールを守り、手数料を支払って処分してもらうのが一般的です。今回は、足立区の粗大ごみの出し方と持ち込み方法についてご紹介します。

足立区での粗大ごみの出し方や持ち込みの方法

足立区での粗大ごみの出し方や持ち込みの方法

足立区における粗大ごみとは、家庭で不用になった、家具やふとん、自転車、電気製品などを中心とする大型ごみ(概ね30cm角以上)をいいます。

また、一度に出せる粗大ごみの数は、収集や持ち込みのどちらの場合でも、10点までとなります。

リサイクルの対象となる廃棄物は粗大ごみとして出せませんので、注意してください。ルールを守り正しく捨てる必要があります。

粗大ごみを収集してもらう

粗大ごみを出す方法には2通りがあります。一つは収集してもらう方法と、もう一つは区指定の施設に持ち込む方法です。

収集してもらうには、事前に申し込みが必要です。申し込み時に、収集の予約日と排出場所を決め、予約当日の朝8時までに粗大ごみを出しましょう。

排出場所は原則として集合住宅は粗大ごみ置き場か1階出入り口付近、戸建住宅は玄関先となります。収集による処分の際は、処理手数料がかかります。

手数料分の足立区有料粗大ごみ処理券(有料シール)を購入し、名前、部屋番号(集合住宅の場合)、または受付番号を記入し、粗大ごみに貼り付けて出します。

有料シールが貼られていない、定められた料金に満たない場合は収集されないので、注意が必要です。有料シールについては、後程ご紹介します。

粗大ごみの持ち込み

足立区では、東京23区では珍しく粗大ごみの持ち込みが無料になります。持ち込みの場合でも必ず事前申し込みが必要です。

申し込みは3日前までにとなっていますが、予約状況にもよるので、余裕をもって申し込みましょう。一世帯あたり年度2回まで利用できます。

自転車については、区内4ヶ所の移送所、および4ヶ所の自転車駐車場でも無料で引き取ってもらえます。

また、家電製品(家電リサイクル対象品目及びパソコンを除く)の中で、簡単な修理やクリーニング等で再利用が可能な場合は、1個につき100円で買取ってもらえることがあります。

これは、足立区が取り組んでいる『粗大ごみ再活用プロジェクト』の一環で、オーディオ機器、ミシン類、石油ストーブ等が対象となります。

動かなくても、部品がそろっていれば対象となるので、申し込みの際、問い合わせてみるといいでしょう。

直接持ち込み場所

  • 白井運輸(株) 足立区鹿浜3-28-7
    (年末年始を除く)毎日持込可能:9時から16時まで

  • (株)新井商店 足立区北加平町8-26
    (年末年始を除く)土曜日・日曜日・祝日のみ持込可能:9時から16時まで

自転車の持ち込みは足立区のホームページをご参照ください。

粗大ごみの処分料金・手数料、有料シール購入について

足立区の粗大ごみ処分の料金・手数料関連

持ち込みする場合は無料ですが、収集で処分してもらう場合は有料となります。

足立区有料ごみ処理券取扱所で手数料分の有料粗大ごみ処理券(有料シール)を買わなくてはなりません。ごみ処理券の購入代金が処分手数料となります。

粗大ごみ手数料

手数料は品目によって400円から2800円までの5段階となります。有料シールはA券(200円)とB券(300円)の2種類となり、組み合わせて使用することもできます。

必要枚数と手数料は申し込み時に案内してもらえます。または、粗大ごみ受付センターのホームページで確認できます。

タンスや棚、ガス台などは高さと幅の合計によって料金が異なりますので、長さを確認してから申し込みましょう。よく処分されるものを例にとると、ソファー(2人以上用)で1200円、布団は400円となります。

粗大ごみ受付センターのホームページでは、粗大ごみの品目ごとの手数料を確認することができます。

有料シール取扱所

有料シールは、足立区内の商店、コンビニエンスストア、スーパーマーケットなどの取扱店、清掃事務所、ごみ減量推進課で販売されています。必ず足立区の有料粗大ごみ処理券を購入しましょう。

おいくら

粗大ごみ処分の申し込み方法

粗大ごみ処分の申し込み方法

収集・持ち込みのどちらの場合でも、事前の申し込みが必要です。申し込み方法は、インターネットか電話での受付となります。それぞれ申し込みの際の注意点などは、以下を参考にしてみてください。

インターネットでの申し込み

粗大ごみ受付センターに申し込みをします。メールアドレスの登録後、申し込み案内メールが届くので、誤入力がないよう気を付けましょう。

受付は持ち込み希望日の7日前までとなりますが、余裕がある場合は早めに申し込みをしましょう。

インターネットでの申し込みの注意点

以下に該当する場合は、インターネットでの申し込みができないので、注意しましょう。

  • 一度に11点以上の粗大ごみを出す場合
  • 粗大ごみ処理手数料の減額・免除を受ける場合(生活保護受給者など条件があります)
  • 粗大ごみを外まで運び出すのが困難な場合(65歳以上の高齢者、体の不自由な方など条件があります)

電話での申し込み

こちらも『粗大ごみ受付センター』へ申し込みとなります。休日明けの午前中は申し込みが集中して電話が繋がりにくいため、できるだけ曜日または時間帯を変えて電話します。

インターネットでの申し込みは保守点検の期間以外は、24時間受け付けているので、忙しく日中に電話ができないという方には、時間帯を気にせずに予約できるインターネットが便利でおすすめです。

搬出日は申込日の一週間から10日先になります。特に3月から4月の引越しシーズンや年末年始は、申し込みが集中し、希望日に搬出するのが困難なので、できるだけ早めに、余裕をもって申し込むようにしましょう。

足立区粗大ごみ受付センター
電話番号:03-5296-7000
受付時間:月曜日~土曜日 午前8時~午後7時(年末年始・メンテナンス時を除く)
インターネットによる受付時間:24時間(年末年始・メンテナンス時を除く)

粗大ごみとして出せないもの

粗大ごみとして出せないもの

大きさが30センチ以上のものは粗大ごみとして出せると思いがちですが、足立区では粗大ごみとして出せないものが細かく決められています。

  • 家電リサイクル法の対象品目(テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機)
  • パソコンリサイクル法の対象となる品目
  • 有害性・危険性・引火性のあるもの、悪臭を発生するもの(ガスボンベ、石油類、塗料、工業薬品、バッテリーなど)
  • 処理が困難なもの(自動車、タイヤ、オートバイ、ピアノ、金庫、消火器、排水など)
  • 収集運搬が困難なもの
  • 長さが概ね1m80cmを超えるもの、太さが概ね30cmを超えるもの(木の幹等)

粗大ごみとして出せない製品については、こちらの記事を読んでいただくことで適切な処分方法がわかります。

掃除機やプリンターを処分する方法

掃除機やプリンターなどは見た目には小型の家電製品ですが、足立区では大きさにより、燃えないごみと粗大ごみに分けられます。おおむね30cm四方より大きいものは粗大ごみとして扱われます。

掃除機の場合

収集と持ち込みいずれの場合も、まず事前に申し込みをします。収集の場合は、処理手数料400円(A券200×2)を購入し、必要事項を記入し、この処理券を貼り付けた後、予約日に指定の場所に出します。

持ち込みの場合は、予約日に指定持ち込み場所に持っていきます。30cm角に満たないハンディタイプの掃除機は燃えないごみとなります。

プリンターの場合

掃除機と同様、申し込みが必要です。収集の場合は、高さ30cm以下のものは処理手数料400円(A券200円×2)、高さが30cm超のものは800円(A券200円) x 1、B券300円x 2)となります。出し方、持ち込み方は掃除機の処分方法と同様です。

プリンターの処分方法についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

一括査定・買取サービスもご検討してみてはいかがでしょうか

おいくら

おいくらで一括査定する

粗大ごみはなるべく早めに片付けてすっきりさせたいものです。区の排出場所に無料で持ち込むのも手ですが、事前申し込みや点数制限など、色々と手間はかかります。

また、あまり使っていない新品同然のものや、まだ使えるものを粗大ごみに出すのはもったいないと思われる方も多いと思います。

そんなときは、おいくらの一括査定・見積もりサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。おいくらは、最大20社のリサイクルショップから売りたい品物の買取価格が提示され、そのまま出張買取を申し込むことができます。最も高い金額を提示した業者がすぐに見つかります。

  • 複数のリサイクルショップの見積もりを比較検討できる
  • 処分費用をかけずに売却することができる
  • 全国対応で手数料などは一切無料

粗大ごみと思っていた家具や家電も、もしかしたら価値がある物かもしれません。

不用品回収業者の一括見積・比較サービスもおすすめ

エコノバ エコノバで一括見積もりする

※万が一、査定金額がつかず買取が難しい品目であった場合には粗大ごみに出す他に、不用品回収業者一括見積・比較サービスの利用もご検討ください。捨てたい物が多くまとめて持っていってほしいといったニーズがある場合におすすめです。

処分したい品目を記載して問い合わせするだけで複数の業者から相場が送られてくるため、適正な回収料金なのかどうか比較検討することができます。

まとめ

足立区での粗大ごみの処分方法をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。収集・持ち込みのどちらの場合でも事前申込制となりますので、スケジュールには余裕を持って、ルールを守り、正しく処分することが大切です。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。