3つのギター処分方法|廃棄・譲る・買取 壊れたギターの片付け

ギターを処分しなければならなくなったとき皆さんはどうしますか?誰かにあげる、ごみとして捨てる、オークションへの出品や買い取ってもらって中古品としてリユースに出すなど、いくつかの選択肢があります。壊れていても特に思い入れのあるギターならなおさら納得いく形で処分をしたいものです。この記事では愛着のあるギターの捨て方で後悔しないためにそれぞれの処分方法の注意点やメリット・デメリットをわかりやすくまとめてみました。
3つのギター処分方法|廃棄・譲る・買取 壊れたギターの片付け

引っ越しや大掃除をしていたら、クローゼットや押入れの奥から、若かりし頃の思い出がいっぱいつまったギターが見つかったということはありませんか。

ギターを購入したけど仕事や家事が忙しくて演奏する時間もない、生活スタイルが変わり保管しておくにも部屋が手狭になったので、思い切って手放したいと考えている方もいらっしゃると思います。

そのような場合、ギターはどこで、どのように処分したらいいかご存知ですか?ごみとして出せるのか、まだ使えるし思い入れもあるから捨ててしまうのには抵抗がある、中古品として買い取ってもらうことはできないかなど、ギターを処分する方法をまとめました。ぜひこの記事を参考にして、納得のいく形で手放してください。

それぞれの処分方法・特徴など

ギターを処分する場合、壊れた場合は不用品として捨ててしまうか、まだ音が鳴るものなどについては中古品としてリユース(再利用)したほうがいいのか、いずれにしても悩ましいところです。

また、ごみとして捨てる場合は、処分費用がかかるかどうか、かかるとしたらどれぐらいの金額なのか気になります。さらに、リユースする場合には、どれぐらいの金額で買取してもらえるかが知りたいところです。それぞれチェックしていきましょう。

自治体にごみとして出す場合

自治体にごみとして出す場合は、燃やせないごみか粗大ごみとして出すかのどちらかになることが多いでしょう。

各自治体によって、ごみの分類の仕方、手続き方法、手数料などが異なりますので、自治体のホームページで調べるか、市役所の清掃課などに問い合わせるようにしましょう。

アコースティックギターの処分

アコースティックギターの処分

ギターは基本的には木製ですが、部分的に金属やプラスチックなどが使われているところもあります。多くの自治体では、燃やせないごみか、一辺が30センチ以上のごみとして粗大ごみ扱いになります。自治体の粗大ごみの出し方の決まりに沿って出すようにしましょう。

一方、自分で細かく分解して、きちんと燃やすごみと燃やさないごみとに分別できれば、通常のごみとして出せる自治体もあります。自分の住んでいる地域の自治体ではどうなのか、事前に調べてみてください。

エレキギターの処分

エレキギターの処分

エレキギターは機械を使って電気的に音を増幅させる楽器であり自然素材以外の部品や付属品が多いため、燃やせないごみ、もしくは粗大ごみ扱いになる自治体がほとんどです。

粗大ごみとしての出し方

粗大ごみとしての出し方

多くの自治体では、粗大ごみを出すには事前申し込みをする必要があります。電話やインターネットで比較的簡単に申し込みでき、システムが整っているところもあるので便利になりました。例として、世田谷区の粗大ごみの出し方をまとめた記事も一緒に読んでみてください。

粗大ごみは持ち込みか収集してもらう

粗大ごみの出し方には、持ち込みと収集の2つの方法があります。自治体よっては収集だけで持ち込みできないところもあるので確認が必要です。

持ち込みの場合は、申し込み時に粗大ごみ受付センターなどのごみを持ち込める場所や施設を確認して、持ち込む日を決め、直摂持ち込みます。ごみを収集してもらう場合は、収集してもらえる日時を予約し、当日にごみを出しておく場所を決めます。

粗大ごみ処分の手数料

コンビニエンスストアや指定のごみ処理券販売所でごみ処理券を購入し、そちらに名前などを記入し、ごみに貼って出すという方法をとる自治体がもっとも多いです。

ギターの場合は数百円程度の処分料金になるところが多いのですが、自治体により異なりますので住んでいる地域の自治体に確認しましょう。

自治体に粗大ごみとして出すメリット・デメリット

自治体に粗大ごみとして出す最大のメリットは、信頼性が高いことです。その他にもメリット・デメリットを認識し、自分の納得いく処分方法を見つけてください。

メリット

  • 近所にある普段使っているごみ集積所に出せる(分解し分別すれば出せる場合もあり)。
  • 処分費用がわかりやすく、比較的安く済む。

デメリット

  • 細かい出し方の決まりなどがある。
  • ごみの持ち込み・収集に時間がかかる場合がある(そもそも持ち込めない自治体もあり)。
  • 自分の都合のよい日に出せない。
  • 処分費用がかかる。

民間の不用品回収業者に出す場合

民間の不用品回収業者に出す場合

ギターをごみとして捨てるには、民間のごみ処理業者や不用品回収業者に依頼するという方法もあります。電話やインターネットで申し込むことができ、自治体の粗大ごみ収集よりは比較的手続きが簡単です。

自分の都合のよい日時に合わせて出したり持ち込んだりすることができますが、事前によく確認しておかないと自治体よりも高い廃棄手数料や運搬料金になることもあるので注意しなければいけません。

また、なかには一般廃棄処理業の許可がなく、違法に営業している業者もあります。不法投棄や不適性処理を行っている悪質な業者もあるので注意したいものです。

民間の不用品回収業者に出す場合のメリット・デメリット

不用品回収業者は料金が比較的高い分、回収の日時は早めにできる傾向があります。

メリット

  • 申し込み方法や手順が比較的簡単である。
  • あまり待たず自分の都合に合わせて処分ができる。
  • ギター以外のごみがあるときは一緒に処分の依頼ができる。

デメリット

  • 高い処理手数料がかかる場合がある。
  • 無許可で営業している業者がある。

ごみとして出さずリユース(売る・譲る)する場合

楽器のなかでもギターは中古市場での取り引きが活発です。中高生などのための入門用から、上級者用の高級品、コレクションマニアに人気のビンテージものや人気アーティスト仕様のものなど、さまざまな中古品が出回っています。

ひとくちにリユースと言っても、知人に譲ったり、リサイクルショップに売ったり、その方法はさまざまです。

知人に譲る

知人に譲る

大切にしていたギターのリユース方法として最もよいのは、顔を知っている友人や知人に譲ることではないでしょうか。

しかし、その場合代金は要求しづらいこともありますし、周りにギターが欲しいという人が見つからないこともあります。タイミングが合えば、とてもよい処分方法ですが、処分したいときにすぐにできるわけでないので、その点の不便さは否めません。

ネットオークションに出す

ネットオークションに出す

ネットオークションに出す方法は、出品するまでの手間はかかりますがリサイクル料金や処分手数料をかけずに処分できます。

買い手がつくまでに時間がかかる場合があるということにも留意しましょう。さらに買い手が決まってから配送にも注意を払う必要があります。ギターは楽器なので梱包や運搬に注意しなければなりません。

一般の荷物扱いとして、一般の宅配業者に依頼するとトラブルに発展する場合もあるため、楽器の配送を行ってくれる宅配業者を手配する必要があります。

リサイクルショップに売る

リサイクルショップに売る

壊れていないギターなら、街で見かけるリサイクルショップで売ることができます。

ただし、その場合、お店のスタッフに楽器についての知識をもった人がいなければ、そのギターの価値がわからず適正な価格で買い取ってもらえない場合も出てきます。

売るなら価値の分かるお店で高く買い取ってもらいたい方は、大切なギターは安売りせずにしっかりと適正価格を提示してくれる業者に売りましょう。

買取サービスを利用する

買取サービスを利用する

大事にしていたギターを粗大ごみなどとして捨てることはしのびない、まだ新しく十分使えるという方は、買取サービスで買い取ってもらうこともおすすめです。に買い取ってもらい、リユースしてもらうという方法もあります。

楽器としての機能は十分にあり、目立つ大きなキズや破損などがない場合や、ギブソンやフェンダー、PRSといった定価が高いギターであれば、壊れてしまっていても査定価格が付く可能性が高いため、買取サービスがおすすめです。処理手数料や収集運搬費などをかけずに処分ができ、さらに買取金額が手に入るというお得な処分方法です。

電話やインターネットで気軽に申し込むことができ、無料で簡単に査定しているところもありますが、音が出ない、ネックが割れてしまっているといった状態のギターは買取を断られる場合があります。

関連記事

ギターを高額査定してもらうためのポイント

ギターの買取価格は、有名ブランド・限定モデルなど元の価格や製造年式によるところが大きいのですが、より査定価格をアップするポイントがあります。

査定に行く前にサウンドチェック

査定に行く前にサウンドチェック

楽器はなんといっても音が出なければ価値がありません。査定に出す前には一度音を出してちゃんと音が出るかどうかを確認しましょう。

また、弦がさびていたらよい音が出ないので交換しておくとよいでしょう。また、エレキギターなどの電気を使うものは、電気がちゃんと通じているかの確認もしておきましょう。

ボディの傷をチェック

ボディの傷をチェック

ボディに傷や凹み、汚れが目立つ場合は査定額も低くなりがちです。事前にしっかりとボディを点検して、できるかぎり汚れやほこりを落としクリーニングをしておき、ステッカーなどもはがしましょう。

ギターのボディにつるつる照り輝く塗装をしてある場合には、指紋がついたり脂汚れが浮いたりしていることもあるので、クリーニング用クロスを使って磨いておくことも査定額アップのポイントです。

また、最近はタバコの臭いに敏感な人が多くなってきているので、タバコの煙が充満している空間で演奏したことのあるギターについては、タバコの臭いを消しておくほうがよいでしょう。

付属品がそろっているかのチェック

付属品がそろっているかのチェック

購入時に付属していたケース、ケーブル、アダプター、保証書などの一式がそろっていると査定価格アップにつながります。

ギターの買取実績|高く売れるドットコムの場合

では、実際にいくらで売れるものなのか、このマガジンを運営している高く売れるドットコムで実際に買取したギターを一部ご紹介します。

Gibson Lespaul Standard Figured Top
買取価格:200,000円
Gibson Les Paul Standard 1997年製
買取価格:66,000円
Fender USA Stratocaster 1960 custom shop
買取価格:120,000円
Fender USA Eric Clapton(ジャンク品)
買取価格:40,000円
ARIA SP-PRO-CE The Sandpiper ハカランダ アコースティック ギター
買取価格:48,000円

壊れていても買い取ってもらえる場合も

きちんとした音が出るギターであれば、買取が成立する確率は高くなります。

一方で壊れてしまっているギターについてはごみとして処分するしかないと思いがちです。しかし、壊れているギターでも、専門知識を持ち、ギターの値打ちを知り尽くしているスタッフがいる販売店なら、多少壊れていても適正な値段をつけてもらえる場合があります。

音が出ないから、ジャンク品だからとあきらめる前に一度相談してみるとよいでしょう。

  • 壊れていても修理して再販可能な場合
  • 他のギターの修理に使えるパーツがある場合
  • コレクションの対象になるような希少ギターやビンテージ品である場合

リユースする場合のメリット・デメリット

リユースの場合にも、メリット・デメリットがあります。「処分費用がかからない」「処分できれば何でもいい」というのではなく、限りある資源を有効に使い、環境に配慮した形で処分できる方法を選ぶことが大切です。

メリット
買取料金が手に入る。価格がつかなくても、処分手数料・運搬料がかからず処分できる場合がある。愛用していたギターを必要な人に使ってもらえる上に、エコにもつながる。
デメリット
価格がつかない場合がある。どの買取サービスがよいかわからない。

捨てる前に試したいギター買取サービス

捨てる前に試したいギター買取サービス

高く売れるドットコムでは、ギターの買取も行っています。買取方法も、お客様にとっての利便性を考えており、店頭、宅配、出張など3つの買取方法があります。

特に地方にお住まいの方などは、宅配買取を利用すると便利です。事前に電話かインターネットで申し込みをすませたら、あとはギターを梱包して自宅から送るだけです。全国に対応しており、ダンボール、エアキャップ、巻きダンボールなどの梱包材も無料で、手数料・送料は一切かかりません。

買取までの流れは、電話やWEBでスピーディーな査定の後、現物確認をし、買取価格を提示します。お客様の承諾を得られれば、スピード支払い・振り込みというシステムです。手軽に利用できるので、ギターの処分を検討しているならぜひ一度ご利用ください。

高く売れるドットコムで査定する

まとめ

まとめ

ギターを処分しなければならなくなったとき、なかなかふんぎりがつかないことがあります。

それでも片付けなくてはいけないときに、ご自身に合った方法を見つけることが大切です。

まだまだ使える価値のあるギターならごみとして出すよりも、知り合いに譲ったり中古買取店に売却したりなど、この記事を参考に様々な処分方法を検討してください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。