着物買取|高額査定ポイントや業者選びの注意点を徹底解説

着物の買取で後悔しないように高く売れる着物の種類や高額買取のコツ、業者がチェックする査定(減額)ポイント、日ごろの保管方法からおすすめの着物買取専門業者の紹介など着物を売る際に気になることをまとめて解説しています。これから整理を考えている方はぜひ参考にしてください。


着物買取|高額査定ポイントや業者選びの注意点を徹底解説

昔と違い、現代では日常的に着物を着ている方を見かけることはほぼなくなりました。親の形見や親戚からもらった着物があるものの、なかなか着る機会がなく家に眠ったままになっているという方も多いと思います。また誰かに譲りたくても、譲り先が見つからないこともあるでしょう。

着物は湿度調整がされた保管場所が必要なうえ、定期的なお手入れも必要です。場所も手間もかかるので、もし、今後着る予定がないなら、思い切って売ることを検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、着物を売る前に知っておきたい予備知識やおすすめの買取業者をご紹介します。

おすすめの着物買取業者

まずは、着物の買取業者は多数あるなかで、おすすめの業者をご紹介していきます。ホームページで買取相場を掲載している場合もあり、気になった複数の業者に査定を申し込み、相見積もりでいくらで売れるかをしっかり比較することが大切です。

バイセル

バイセル

24時間365日電話受け付けをしていますので、思い立ったその日に買取依頼ができます。出張買取では最短30分で熟練の査定員が自宅まで来てくれます。着物はもちろん、帯や反物、和装小物などの買取も行っています。シミがある着物、紋付きの着物、証紙や証明書がない着物も査定可能です。女性客の場合は女性査定員の指名もできます。着物にまつわる無料相談やクーリングオフ制度などサポート体制も万全です。

※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

参考:バイセル|どんなお着物も満足価格で買い取ります。

まんぞく買取.com

まんぞく買取.com

着物、和装関連品(帯、羽織、下駄など)であれば基本的にどんなものでも買取りができる専門店です。無料の梱包キットを利用して宅配買取で査定を実施するため、自宅にいながら簡単に着物を売却することができます。利用者のレビューも記載されているため、ホームページを吟味して利用をご検討ください。

参考:まんぞく買取.com|着物の高価買取

ザ・ゴールド

ザ・ゴールド

全国に79店の直営店をもち、親切、丁寧、明快をモットーにした買取業者です。対象は着物のほか、帯や小物、ショール、コートなどで、着物のプロが査定し適正価格を提示してくれます。出張買取、店頭買取、宅配買取があり、都合のよい方法を選べます。成約の有無にかかわらず、査定料や出張料、キャンセル料などはすべて無料です。査定後の相談やクーリングオフ制度にも対応しています。

参考:ザ・ゴールド|らくらく着物買取

高額な買取額がつきやすい着物とは

高額な買取額がつきやすい着物とは

続いて、着物買取のポイントをチェックしていきます。

着物にはさまざまな種類がありますが、まずはお手持ちの着物がどのような種類であるか確認して、その価値を知っておくことが大切です。以下では、高い買取額がつきやすい着物の種類をご紹介します。

友禅、紬、上布などの高級着物

高級着物といわれるものは、やはり買取額が高い傾向にあります。その中から、友禅、紬、上布などをご紹介しましょう。

友禅

友禅とは日本の代表的な着物の染色方法の1つで、豊かな色彩を用いて花鳥、草木、山水を染め上げるものです。手描きで染め上げる手描友禅と、型紙を使って染め上げる型友禅があります。手描友禅のほうが手間がかかるため、買取額は高額です。友禅のなかでも、京友禅や加賀友禅の手描友禅は高値になりやすいでしょう。

紬は普段着として着用されることが多く、中古市場でも人気のある着物です。絹でありながら、絹特有の光沢がなく、渋く落ち着きのある上品な着物です。

大島紬や結城紬は最高級品で、査定額が高額になりやすいでしょう。そのほか、久米島紬、牛首紬、ざざんざ織、塩沢紬、郡上紬なども高額が期待できます。

上布

宮古上布や越後上布は、肌触りがとても柔らかく冷涼感があり、高級麻織物として知られていて高値になりやすい着物です。八重山上布や近江上布なども高額がつきやすいでしょう。

そのほか、西陣織、小千谷縮、黄八丈、辻が花なども高額対象になりやすい着物です。

人間国宝や著名な作家の着物

人間国宝や著名な作家が手掛けた着物も高値になります。

人間国宝

人間国宝が制作した着物は希少価値が高く、多少状態が悪くても高値がつきやすいでしょう。代表的な人間国宝の作家をご紹介します。

友禅
木村雨山
田畑喜八
羽田登喜男
羽田登
上野為二
田島比呂子
森口邦彦
江戸小紋
小宮康孝
小宮康助
中村勇二郎
中島秀吉
そのほか
稲垣稔次郎
千葉あやの
鈴田滋人
芹沢銈介
鎌倉芳太郎
志村ふくみ
玉那覇有公
六谷紀久男

著名な作家

人間国宝ではありませんが、著名な作家の着物も高値がつきやすい傾向があります。

  • 浦野理一
  • 久保田一竹
  • 由水十久
  • 山下め由
  • 松井青々

著名ブランドの着物

作家だけでなく、老舗ブランドや著名なブランドの着物は中古であっても高値が期待できます。代表的なものには、以下のようなブランドがあります。

  • 尾峨佐染繍
  • 大彦
  • 銀座きしや
  • 久保耕
  • 窪田織物
  • 誉田屋源兵衛
  • 翠山工房

ほかにも多数ありますので、証紙に書かれている作家やブランド名をインターネットなどで調べてみるとよいでしょう。

参考:ギャラリージャパン|染織の作家一覧

着物を高く売るためのコツ

着物を高く売るためのコツ

着物は骨董品と似ており、その価値を見極めるには着物に関する深い知識が必要です。古い=買取額が安いというような単純なものではありません。そのため、売ると決めたら、着物についての豊富な知識がある専門家に査定してもらうようにしましょう。それこそが高値で売る近道となります。

また、着物は保存状態がよいほど高値がつきやすくなります。しかし、着物は虫がつきやすくカビも生えやすいので、保管はできるだけ湿気を避けたところが望ましいでしょう。桐箪笥は湿気調整に優れているため、昔から着物の保管に最適とされています。可能であれば桐箪笥に保管しましょう。もし、桐箪笥がなく洋服ダンスやプラスチックケースに保管する場合は、天気のよい日に扉や蓋を少し開けておくだけでも、湿気の調節ができます。

そのほか、年に数回、晴れた日に虫干しをすることで湿気を適度に逃がしすことで、着物を良い状態に保つことができます。

着物を売る際のさまざまな方法

着物を売る際のさまざまな方法

着物を売る方法にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

ネットオークションやフリマアプリで売る

自分で手軽に出品でき、早ければその日のうちに売ることができます。しかし、これらの方法は着物の価値が分かる専門家を介していないため、価格が適正であるかどうかの判断がつきません。本当は価値がある着物でも、それに気がつかず安く買いたたかれてしまうことがあります。

ネットやフリマアプリなどを利用する場合は、あとで述べるような着物の専門家に見てもらったあと、高価な着物の売却は避け、安価なものだけの売却にとどめておくとよいでしょう。

リサイクルショップへ売る

リサイクルショップの場合は、そのお店が着物の買取を得意としているか、または着物の査定ができる専門家がいるかどうかを確認しましょう。専門家がいれば、適正な価格を提示してくれるでしょう。

着物の買取業者へ売る

着物の買取業者には、着物に対する豊富な知識をもつ専門家がいますので、価値を適正に判断して買取価格を提示してくれます。その際は、複数の買取業者へ査定を依頼しましょう。なぜなら、同じ着物であっても同じ買取額になるとは限らないからです。たとえ評判のよい業者であっても、そのときの在庫状況などによって、少しずつ買取額は異なります。

最近では、インターネットや電話から簡単に査定を申し込めます。無料査定を行っている業者も多いので、これを活用して複数の業者から見積りを取りましょう。そのなかから買取額や買取方法などを比較して、自分に合ったところを選んでください。

着物の査定に影響するポイント

着物の査定に影響するポイント

着物の専門家が査定をする際、確認しているポイントをご紹介します。

着物の状態

先にも述べましたが、着物は保存状態の良し悪しが買取額に大きく影響します。汚れやシミ、虫食い、カビなどはマイナス評価になってしまいます。保存状態が悪いと値段がつかないこともありますが、すべて買取できないわけではありませんので、自己判断せずに査定に出してみるとよいでしょう。

着物の素材

着物は、正絹、麻、綿、ウール、ポリエルテルなどさまざまな素材が使われています。なかでも買取額が高くなりやすいのが正絹です。正絹の価値は重さで判断されるため、重いもののほうが高値になります。ブランドの着物や著名な作家のものでなくても、正絹の着物であれば査定に出してみましょう。高値がつくかもしれません。

また、高級麻織物として知られている上布は、軽く柔らかで風通しがよい素材のため、よく夏の着物に用いられます。上布の場合は軽くても高値がつきやすいでしょう。

ウール素材の着物は水に強いため普段着として人気が高いのですが、入手しやすく購入時の価格も比較的安価なため、買取額も安くなります。ポリエステルなどの化学繊維の着物も同様です。

証紙や証明書の有無

着物の品質を見極める判断材料として、証紙と証明書があります。高級着物やブランドの着物には必ずといっていいほどついている証紙と証明書は、素材や生地の織元などが記載されています。また、染めの基準を満たしていることや、伝統工芸品であることなども証明するマークなどがついています。これらがあれば本物の証明ができるため、買取額も高くなるでしょう。

しかし、古い着物にはこれらがついていないものも多くあります。その場合は、安くなってしまうかというとそうも限りません。着物の価値をしっかり見極められる専門家に見せれば、証明書がなくても価値を見極めて適切に査定してくれるでしょう。

格の高さも重要

着物は格の高さが買取額を左右します。たとえば、未婚女性の格が高い着物とは本振袖や色留袖で、既婚女性なら黒留袖や色留袖がそれにあたります。そのあとには、振袖、訪問着、付け下げ色留袖、色無地などが続きます。

訪問着は格が高い着物ではありませんが、使用用途が幅広く、気軽に着用できるため人気があります。中古市場でも取引されることが多く、比較的高い買取額がつきやすいでしょう。

大きめのサイズは狙い目

昔に比べて、日本人女性の平均身長は伸びています。中古市場で出回る着物はサイズが小さなものが多く、現代の日本人女性に合わなくなっています。そのため、大きなサイズの着物は需要があり、比較的高値で買取されやすいのです。

買取業者選びで注意する点

買取業者選びで注意する点

それでは、買取業者を選ぶ際には、どのようなところに気をつければいいのでしょうか。

1枚ずつ査定しているか

着物の査定は、1枚ずつ査定する方法と、まとめて総重量によって値段を決める方法があります。大切な着物ですから、1枚ずつきちんと査定してほしいものです。買取業者によっては、ホームページに査定方法を記載していたり、無料の電話相談を受け付けていたりするので、事前に確認しておくとよいでしょう。

買取方法が選べるか

買取方法は、出張(訪問)買取、宅配買取、店頭買取などさまざまな方法から選べると便利です。売りたい着物が大量にある場合は自宅まで訪問して査定してもらえる出張買取、自宅に人が入るのは不安という方は宅配買取というように、自分の都合や希望に合わせて選べるとよいでしょう。

近年では、着物は出張買取と宅配買取がメインのため、このふたつのメリットを見ていきます。

出張(訪問)買取のメリット

出張買取のメリットは以下の点が挙げられます。

  • 査定員とコミュニケーションが図れる
  • 金額交渉が直接できる
  • 持ち込む手間がかからない
  • その場で現金支払いが多いので安心

宅配買取のメリット

続いて、宅配買取のメリットです。

  • 自宅から送るだけで査定~売却~入金まで完結できる
  • 段ボールや送料がかからない場合が多い
  • キャンセル時の返送料も無料としている業者も(例外あり)

査定してもらいたい着物が大量にある場合や、金額交渉をしっかり行いたい方には出張買取を、忙しくて出張買取に立ち会う時間がない場合や手間をかけず売りたい場合には宅配買取など、ご自身の状況に合った買取方法を選ぶことが大切です。

手数料などの費用負担があるか

査定にあたり、配送料や出張料、査定料などの手数料がかかるかどうかも確認しておくとよいでしょう。無料査定を行っている業者が多いのですが、なかには料金が発生する業者もあります。費用負担の有無もチェックしましょう。

クーリングオフや相談窓口があるか

着物は査定額が高額になることがあります。成約後に考え直してキャンセルすることもあるかもしれません。そういった場合に備えて、クーリングオフ制度を設けている買取業者を選ぶと安心です。

また、お客様相談窓口など利用者が相談できるサービスがあると安心です。こうした制度や窓口があることは、信頼できる業者かどうかの目安にもなります。

参考:東京くらしWEB|基礎知識「クーリング・オフ」

まとめ

まとめ

着物の買取について紹介してきました。これらの予備知識を得てから、着物の価値を正しく見極めてくれる専門家に査定を依頼すれば、納得できる買取額となるでしょう。また、日頃の保管方法などに気をつけて劣化を防ぐようにすれば、さらに買取額アップも期待できます。

親から譲り受けた着物や成人式の振袖など思い入れのある着物は手放しづらいものです。しかし、箪笥に保管しておくだけでは劣化が進み価値は下がってしまいます。買取業者など様々な方法を介して、新しい持ち主に着てもらうというのも1つの活用方法ですので、着る予定がない着物は、価値を正しく見極めてくれるところに売ることを検討してみてはいかがでしょうか。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード