骨董品買取の基礎知識|業者選びのポイント・高く売るコツ

骨董品買取の基礎知識|業者選びのポイント・高く売るコツ

骨董品の価値というのは、よほどその知識に精通している人ではないと気付きにくいものです。価値がないと思っていた骨董品が、買取業者の査定で高額な値がつくということも珍しくありません。不要になった骨董品は、ただ処分するのではなく、専門の買取業者に買い取ってもらうことで思いもよらない収入になることがあります。

しかし、売り方や買取業者の選び方を間違えると、査定に満足できない、思っていたよりも買取価格が低いなど、後悔する結果になってしまうことも。ここでは、骨董品買取に関する基礎知識から業者選びのポイント、高く売るコツなどを解説していきます。

骨董品買取の方法

骨董品買取の方法

不要になった骨董品を買取してもらう方法には、店頭買取、宅配買取、出張買取の3つがあります。それぞれの特徴やメリット、デメリットを見ていきましょう。

店頭買取

骨董品の買取を行う買取業者に売りたい品物を直接持ち込み、鑑定してもらいます。鑑定から査定、買取までが早く、査定や鑑定の結果について対面で話を聞くことができます。直接、鑑定士に相談ができるのも店頭買取のよいところです。

デメリットは、買取業者によって得意分野が異なるため、ジャンルが違う品物を持ち込んでしまうと、適正価格よりも低く査定される可能性があることです。また、持ち込むための梱包に手間がかかったり、大きなものや複数の品物を一度に持ち込んだりするのが容易ではない面もあります。運搬中に破損する危険性も考えられます。

宅配による買取

宅配による買取の大きなメリットは、自宅に居ながら取引が行えることです。買取の申込み後、梱包材に入れて品物を送ることで、鑑定・査定結果を知らせてもらえます。結果に納得した場合は、店舗に出向くことなくそのまま取引が成立します。対人でのやり取りがないので、気を遣わず自分のペースで対応できるのも宅配買取のよい点です。

デメリットは、査定額に満足できなかったときに返送手数料がかかる場合もあることです。宅配買取を利用する際には、事前に確認をしておきましょう。また、梱包にかかる手間や、配達時に破損してしまうリスクも考慮する必要があります。

出張による買取

出張買取では、買取業者のスタッフや鑑定士が自宅を訪問して鑑定します。店舗に品物を持ち運んだり、梱包したりといった手間がかからないので、大きな品物や複数個の鑑定を一度に依頼したいときにおすすめです。また、自宅の物置や倉庫などに眠っていた意外なものに高値がつくことがあるのも出張買取の面白さです。

デメリットとしては、自宅に人を招き入れなくてはならないことや、査定後のキャンセルをしにくいといったことが挙げられます。また、詐欺まがいの取引をする悪質な業者もいるので、被害に遭わないためにも優良な業者の見極めが必要です。

買取業者を選ぶときのポイント

買取業者を選ぶときのポイント

失敗しない売却には、買取業者の選び方が何よりも大切です。骨董品の価値は、作者や歴史的な価値、保存状態、市場の流行によっても大きく左右されます。鑑定士の審美眼や経験による違いも大きく、同じ品物でも、買い取ってもらうお店によって、何倍もの差がつくときもあります。そのため、骨董品の価値を正しく鑑定し、適正な価格を提示してくれる買取業者を見つけることが重要なのです。ここでは、買取業者を探すときのポイントを解説していきます。

買取専門店と買取販売店の違い

骨董品の買取を行う業者には、買取専門店と買取販売店の2種類があります。買取専門店は、美術品や骨董品などの買取を専門に行います。依頼者から買い取った品物を業者市場や専門店に転売し、発生した差額を利益にする仕組みです。買取価格は低めに抑えられる傾向があります。

買取販売店は、買取した品物をそのまま自社のお店で販売します。中間業者がおらず、仲介手数料が発生しないことから、買取価格が高めになります。

お店の得意分野を調べておく

買取業者を選ぶときに注意したいのは、「自分の売りたいもの」と「お店が買取したいもの」が一致しているかどうかです。買取業者には、それぞれ専門とする分野や強いジャンルがあります。業者のニーズと違う品物の買取を依頼したとしても、相場より低い価格で査定される可能性も考えられます。買取業者を選ぶときは、事前にお店のホームページなどで買い取ってくれる品物の傾向を確認しておきましょう。

資金力がある業者か

優良な買取業者を見極めるための基準に、その店の資金力があります。骨董品の買取は、現金で支払われる場合がほとんどです。数万円程度の買取ならば、店による違いを感じることはあまりないのですが、数百万~数千万になると資金力がないお店では即金での買取が難しくなります。

資金力のないお店は、買取できる金額に限度があるため、査定額が低くなる傾向にあります。ホームページなどに掲載されている情報のみでお店の資金力を判断するのは難しいですが、査定金額が他社と比べて極端に低い場合には注意が必要です。

査定は複数の業者に依頼するのが基本

業者選びの基本は、複数の業者に依頼して査定を比較することです。買取業者の鑑定力や審美眼は表面的な情報だけではわかりにくいため、実際に査定をお願いして、一番高い査定額を提示した店を選ぶのがよいでしょう。

買取業者によっては査定料金や鑑定費、出張料金、返送手数料などが必要になる場合もあります。複数の業者に査定を依頼するとなると、思いがけず大きな出費になることも。買取業者を選ぶときには、査定料金や出張料金といった買取に関する費用が、無料か有料かの確認もしておきましょう。

ネット一括査定がおすすめ

複数の業者へ査定を依頼する場合は、インターネットでの査定が手軽でおすすめです。直接お店に足を運んで鑑定・査定してもらうとなれば、その都度、梱包も必要で、移動による破損も心配になるでしょう。インターネットの査定で得られるのは簡単な結果のみですが、やり取りを通じて、鑑定結果や査定額が適正でない業者、電話やメールでの対応がよくない業者などを見極める機会にもなります。

高価買取を実現するためのコツ

高価買取を実現するためのコツ

骨董品の査定額を左右するのは品物の価値だけでなく、ほかにもいくつかのポイントがあります。コツを押さえて高値での買い取りを実現させましょう。

鑑定書や付属品はできる限りそろえる

骨董品の価値は、付属品や鑑定書の有無でも変わります。付属品や鑑定書がある場合には、買取を依頼する前に用意しておきましょう。特に鑑定書があれば、買取業者に対して「この品物は本物です」と証明できるので、取引をスムーズに進められます。

また、箱などの付属品がそのまま残っている場合も、骨董品の価値を高めることがあります。邪魔になるからといって、安易に処分しないようにしましょう。品物や付属品の収納場所を普段からしっかりと管理しておけば、売却するときにも焦らずに準備ができます。

骨董品の保存状態を良好にしておく

作品の保存状態は、鑑定結果に大きく影響します。歴史的な価値があるものでも、長年倉庫に放りこまれてカビが生えていたり、破損が激しかったりするものは、骨董品としての価値が下がることもあります。骨董品を良好な状態で保つためには、保存状態と日ごろのお手入れが重要です。一般的に茶器や壺などの割れやすいものは、破損や欠け、ひびが多くなるほど、査定額が低くなる傾向にあります。

保管・お手入れの方法

保管・お手入れの方法

骨董品の保存状態を良好に保つには、普段から保管・お手入れ方法に気を配る必要があります。具体的には、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

保管方法のポイント

骨董品はとてもデリケートです。温度変化や湿気、極度の乾燥に反応し、ひびや割れ、シミ、カビなどのさまざまなトラブルが起こります。基本的には、湿気が少なく、直射日光の当たらない風通しのよい場所へ保管しましょう。また、狭い場所では品物同士がぶつかり、傷つくこともあります。余裕のあるスペースを選んでください。

お手入れ方法と注意点

漆器・陶磁器のちょっとした汚れなら、専門の業者に依頼しなくても落とすことが可能です。次に、簡単なお手入れ方法と注意点を見ていきます。

漆器のお手入れ方法

漆器の汚れを落としたいときは、ぬるま湯につけて絞った柔らかい布やスポンジで優しく洗います。汚れが取れづらい場合は、薄めた中性洗剤をぬるま湯に溶かして洗います。傷や剥がれの原因となるので、強く擦る、ほかの器と一緒に洗うといったことは避けてください。長時間のつけ置きはせず、すすぐときには素早く洗い流しましょう。洗った後はしっかりと水分をふき取ります。

陶器や磁器のお手入れ方法

骨董品と呼ばれるような陶磁器はとても繊細で、取り扱いに注意が必要です。表面の軽いホコリ程度なら、ブロアーブラシなどで丁寧に取り除きます。部分的なシミや軽い汚れには、歯ブラシによるブラッシングが効果的です。歯ブラシにぬるま湯をつけてから、汚れが気になる部分を優しく洗います。汚れが落ちにくい場合は、少しだけぬるま湯につけて、薄めた中性洗剤で軽く洗いましょう。その際、すすぎをしっかりと行うことが大切です。

陶器は、急激な温度変化によってひびが入ってしまったり、突然割れてしまったりすることがあります。洗浄時に熱湯などの熱過ぎるお湯は使用しないようにしてください。また、お手入れが終わった後は陰干しをして、完全に乾くのを待ってから保管しましょう。

お手入れの注意点

私たちの手には、どんなにしっかりと洗っても油分や汗などが付着しています。骨董品の種類によっては、少しの油分や水分でもシミやカビの原因になることもあるので、骨董品に触れるときは専用の布製手袋を着用しておくと安心です。お手入れに使う手袋はこまめに洗濯し、清潔に保つようにしてください。

また、作業中にくしゃみや咳が出ると唾液が付着することもあります。そのような状況を避けるためにも、マスクの着用をおすすめします。

手入れをするときは、雨などの湿気が多い日ではなく、天気のよい湿気が少ないときを選びましょう。骨董品には直射日光に弱いものもあるので、室内などの紫外線を受けにくい場所で行ってください。

骨董品の扱いは難しく、少し状態が変わっただけで、いきなり価値が下がることも珍しくありません。自分でのお手入れに不安を感じるならば、無理をせず、骨董品の専門店に相談してみるのがよいでしょう。

おすすめの骨董品買取業者

骨董品を売却する準備が整ったら、次は実際に買取を依頼してみましょう。ここでは、実績が豊富な鑑定士が在籍しているおすすめの買取業者をご紹介します。

骨董品買取りセンター

骨董品買取センター

骨董品買取センターは全国で活躍している鑑定士・査定士との関係を構築し、骨董品の正確な査定を実施している専門店です。店舗を構えていないため、原則、自宅まで出張査定に訪問する形になっています。買い取り代金は基本的にその場で現金支払いのため安心です。ホームページには明治時代京薩摩焼などあらゆる骨董品・絵画の買取実績が掲載されているため、ぜひチェックしてみてください。対応エリアは日本全国です。

参考:骨董品買取りセンター|鑑定士多数在籍で「正しく査定」

古美術 八光堂

古美術 八光堂

40年以上に渡って骨董買取を行ってきた老舗古美術商(買取販売業者)です。茶道具や陶器をはじめ、美術品、絵画、掛軸などを幅広く取り扱っています。鑑定・査定の方法には、店舗への持ち込みのほか、定期的に開催される各地での出張無料鑑定会、メール査定、LINE査定、出張買取も用意されています。日本全国出張料が無料で、査定に料金が発生することもないので気軽に利用できます。

参考:骨董品買取 | 最新相場で高く売る TVで有名な古美術 八光堂

福ちゃん

福ちゃん

骨董品への豊富な知識をもった熟練の査定士が在籍しており、200万件の買取実績がある業者です。店頭買取、出張買取、宅配買取と3つの買取方法に対応しているので、全国どこからでも利用できます。WEB査定で大まかな査定額を事前に知ることも可能です。また、買取サービスには費用が一切かかりません。

参考:骨董品買取なら【福ちゃん】へ|価値を見抜き、適正な価格でお買取します

まとめ

骨董品の売却に必要な買取の基礎知識をご紹介しました。なるべく損をせず、希望に近いかたちで骨董品を買取してもらうには、買取業者の選び方と骨董品の保存状態が重要です。買取業者は、それぞれの店によって得意な分野やジャンルが異なります。まずは、自分が売りたいものと、その店の得意とするジャンルがずれていないかを確認しましょう。

また、査定は1社だけではなく、複数の業者に依頼することにより、高値で取引をしてくれる買取業者を見つけやすくなります。できる限り高い価値がつくように、保存状態や付属品の有無などは、日ごろからしっかりと管理しておきましょう。

赤松愛 / 専属ライター
赤松愛 / 専属ライター

猫を愛してやまない心優しいライター。アイコンの猫ちゃんは自作のイラスト。読みやすい記事作りを心がけています。

関連キーワード