廃車に必要な費用や書類は?基本をおさえてお得に廃車する方法



廃車に必要な費用や書類は?基本をおさえてお得に廃車する方法

長年大切に乗っている愛車もいつかは老朽化し、廃車にしなければならないときが来ます。ディーラーや中古車販売店などで引き取ってもらえない場合は、自分で廃車の手続きをしなければなりません。その場合「廃車の費用がどのくらいかかるか分からなくて不安…」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、自分で廃車手続きをする際に必要な費用や戻ってくる税金、手続きの流れ、必要な書類などに加え、少しでもお得に車を処分する方法などもご紹介します。知っているのと知らないのとでは、最終的に手元に残るお金が大きく異なりますので、これらをしっかりおさえてお得に手続きを行いましょう。

廃車にかかる費用とは?

廃車にかかる費用とは?

廃車にかかる費用にはどのようなものがあるのか、いくらくらい必要なのかなどをご紹介します。また、廃車の手続きをすることで税金や保険料が戻ることがあります。ここでは、廃車の費用と戻るお金について解説します。

廃車の費用

ご自身で解体業者などを手配して解体してもらう場合の費用を見ていきましょう。

解体費用

自動車リサイクル法の施行により、車の解体は自治体の許可を受けた解体業者が行わなければなりません。自分で解体することはできないため、解体業者に依頼することになります。解体費用は、業者や諸条件によって異なりますが、10,000~20,000円程度です。

ディーラーや中古車販売店が、廃車予定の車を引き取ってくれる場合もあります。この場合は廃車手数料がかかります。

運搬費用

廃車予定の車が自走不可の場合は、自宅から解体業者までレッカー車などを用いて回送してもらわなければなりません。この運搬費用は、一般的には5,000~10,000円程度かかります。自走可能な場合は自分で解体場所まで運転していけるので、運搬費用はかかりません。

リサイクル料金

解体で発生したごみは、車の所有者が処分費用を負担することになっています。2005年以降に新車を購入した場合は、購入時にすでにリサイクル料金を支払っているため、廃車のときに改めて支払う必要はありません。それ以前に購入した車を廃車にする場合には、以下のようなリサイクル料金が必要です。

車種別のリサイクル料金を表にまとめてみます。

車種リサイクル料金
軽自動車・小型車(コンパクトカー)7,000~16,000円
普通乗用車10,000~18,000円
中・大型トラック10,000~16,000円
大型バス40,000~65,000円

ご自分の所有している車のリサイクル料金を知りたいときは、下記のサイトでも検索ができます。

参考:自動車リサイクルシステム|自動車ユーザーの方

廃車の費用はご紹介してきたとおり、解体費用、運搬費用、リサイクル料金、事務手数料の合計となります。例えば、リサイクル料金が未払いの普通乗用車を廃車にすると、25,000~50,000円程度かかることになります。

解体費用と運搬費用は、業者や条件によって料金が異なりますので、できるだけ費用を抑えたい場合は、これらの料金を比較して業者を選定するとよいでしょう。

廃車によって戻る還付金や保険料

廃車手続きによって、返金されるお金についてご紹介します。時期にもよりますが、廃車の手続きをすると、自動車税や自動車重量税が還付されたり、自賠責保険の保険料が返金されたりします。詳しく見ていきましょう。

自動車税の還付

自動車税は、毎年4月1日時点の車の所有者が支払います。毎年4月から翌年3月までの1年分の自動車税を前払いで納めます。廃車の手続きを行うと、手続きした翌月から3月までの税金が還付されるのです。

自動車税の還付金は以下の計算で算出できます。

自動車税÷12×廃車手続きをした月の翌月から3月までの月数

たとえば、11月に抹消登録の手続きをすると、12月から翌年3月までの月数は4ヶ月です。計算式は自動車税÷12×4となります。3月に手続きした場合は還付はありません。

自動車重量税の還付

自働車重量税は、車を新規に登録したときや車検のときに、車検の全期間分の税金を前払いします。廃車手続きをすると、それ以降は車を使わなくなるので、前払いした税金が還付されるのです。

自動車重量税の還付金は以下のように計算できます。

新車などで車検の有効期間が3年(36ヶ月)の場合
自動車重量税÷36×(残っている車検の月数)
車検の有効期間が2年(24ヶ月)の場
自動車重量税÷24×(残っている車検の月数)

自賠責保険料の返戻金

自賠責保険は、別名「強制保険」ともいわれており、車の所有者は必ず加入しなければならない保険です。税金とは異なりますが、こちらも廃車手続きによって返金されます。

自賠責保険は、車の所有者が各保険会社と契約し、車検のときに更新します。廃車手続きをすると、税金と同様に、前払いした分の保険料が戻ります。一般的に、自賠責保険料の返戻金は、手続きをした月の翌月から契約期間までを月割りした分が戻ります。

たとえば、8月に廃車手続きをして、10月に自賠責保険の返金手続きをすると、11月から契約期間までの月割りが戻るのです。

自賠責保険は、廃車手続きをすれば保険会社が解約手続きをしてくれるわけではありません。契約者が各自で保険会社に連絡をして解約手続きをしなければ、保険料の返金はないので注意が必要です。

プラス?マイナス?廃車で支払う費用

前述のように、廃車の費用は、解体費用、運搬費用、リサイクル料金、事務手数料の合計で、戻るお金は自動車税と自動車重量税の還付金、自賠責保険料の返戻金の合計であることが分かりました。

廃車による費用負担は、以下のように計算できます。

かかる費用の合計 - 還付される税金と保険料の合計

廃車で支払う費用よりも還付金が多ければ手元に残るお金はプラスとなりますが、逆の場合はマイナスとなります。手間はかかりますが、きちんと計算をして廃車にかかる費用を把握しておきましょう。

廃車の手続きと必要な書類

廃車の手続きと必要な書類

廃車の手続きには、永久抹消登録と一時抹消登録の2つがあります。

永久抹消登録とは、車両を解体し車籍を抹消し、もう二度と乗らない場合に行います。一方、一時抹消登録は一時的に車を使用しない場合に行います。海外赴任などで一時的に車を使用しないときや長期入院のときなどがこれにあたります。

今回は、個人が所有する車の永久抹消登録について解説します。

永久抹消登録手続きの流れ

1.車を解体業者などに引き取ってもらう(または自分で持ち込む)

この時点でリサイクル料金が未払いの場合は、業者へ支払います。手続きが済んだら、使用済自動車引取証明書と車体から外したナンバープレート2枚を受け取ります。

2.廃車の手続きに必要な書類を準備する

必要な書類については、次の項でご紹介します。名義が所有者本人でない場合や、車の登録先と現住所が異なる場合には用意する書類が変わります。事前に確認しておきましょう。

3.管轄の運輸支局(旧陸運局)で手続きを行う

軽自動車の場合は運輸支局ではなく、軽自動車検査協会となります。

4.ナンバープレートを返納する

解体業者から受け取ったナンバープレート2枚を返納します。

5.抹消登録証明書を受け取る

必要な書類を提出して、抹消登録証明書を受け取り、手続きが完了します。

永久抹消登録に必要な書類

永久抹消登録の手続きは書類がそろっていないと登録できませんので、事前にしっかり準備しておきましょう。

抹消登録

  • 印鑑証明書 ※発行日から3ヶ月以内のもの
  • 所有者の印鑑(実印) ※代理人が申請する場合は、所有者の実印が押印された委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート2枚(前後)
  • 移動報告番号(リサイクル券に記載)と解体報告記録(解体業者からの報告書)の控え
  • 車検証に記載された住所と現住所が異なる場合は、その経緯が分かるもの ※3ヶ月以内に発行した住民票。引っ越しなどで住所が複数回変わっている場合は、その履歴が追えるように複数の住民票か戸籍の附票を添付する。
  • 永久抹消登録申請書(第3号様式の3)

災害や盗難などに遭ってしまった場合は、移動報告番号や解体報告記録の代わりに、罹災証明書が必要です。

自動車重量税の還付を受ける場合

車検の残存期間が1ヶ月以上残っている場合は重量税が還付されます。永久抹消登録が済んだあと、重量税の還付申請だけを後日に行うことはできませんので注意してください。必要な書類は前項のほかに、以下のものがあります。

  • 還付金を振り込む金融機関情報(銀行の口座番号など)
所有者本人が申請する場合
所有者のマイナンバーカード
あるいは通知カードと運転免許証かパスポートなど身元を確認できるもの
代理人が申請する場合
通知カードと代理人の運転免許証など
重量税還付金の受領権限に関する委任状
代理人の印鑑

参考:廃車に係る手続き|東京都環境局

費用をかけずに賢く処分するなら廃車買取業者へ

費用をかけずに賢く処分するなら廃車買取業者へ

廃車手続きは、ディーラーや中古車販売店、自動車修理業者、解体業者などに手続きを代行してもらうこともできます。しかし、この場合には代行手数料がかかります。ディーラーや中古車販売店、自動車修理業者では解体ができないため、そこからさらに解体業者へ依頼することになり、中間コストも発生してしまいます。代行手数料や中間コストがある分、自分で手続きするよりも費用がかかってしまいます。

そこで、おすすめなのが廃車買取業者に買取をしてもらう方法です。廃車買取業者では、走行距離が10万km以上ある多走行車や、10年以上乗っている経年車、災害などで浸水してしまった水没車、動かなくなった故障車など、中古車として価値がなくなった車でも買取が可能です。

なぜ、中古車として価値がなくなった車でも値段がつくのかというと、廃車買取業者では車を中古車として再販するのではなく、パーツに分解して中古部品として再販するからです。

エンジンやタイヤ、ホイール、バンパーなどまだ利用できる部品があれば、きれいに洗浄して再販し、ボディなどの金属は鉄やアルミなどに分別してリサイクルします。そのため、下取りなどで値段がつかなかった車でも買取できるのです。

ハイシャルがおすすめ

ハイシャル

ハイシャルは廃車も事故車も0円以上の買取保証を実施しています。海外への販売ルートを持っていたり、パーツリサイクル需要により0円以上の買取価格を付けることが可能となっています。

さらにハイシャルなら自動車税の月割りの還付金も受け取ることができ、「車体買取価格」+「還付金」の2つの合計代金が支払われるため利用するメリットが非常に高い廃車買取サービスです。

廃車に必要な手続きもすべて無料で代行してくれるので、手間がかかりません。まずは査定価格をチェックしてみてはいかがでしょうか?

ハイシャルで査定価格を調べてみる

まとめ

まとめ

廃車手続きを自分で行うと、わざわざ運輸支局へ手続きに行かなければならなかったり、さまざまな書類をそろえたり、解体業者を手配したり、税金や保険料の還付の手続きをしたりと、何かと手間がかかり面倒なものです。そしてなにより、解体などの費用負担があります。

一方、廃車買取業者は、下取り価格がつかないような車であっても、自宅まで無料で引き取りに来てくれて売ることができます。大切に乗ってきた車は納得いく方法で手放すことが大切です。

車関連の買取・処分についてはこちらの記事でも解説しているので、あわせて読んでみてください。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車などあらゆる物の処分方法や買取のコツを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。