軽自動車とバイクの廃車手続き方法・必要なもの・無料廃車業者

軽自動車とバイクの廃車手続き方法・必要なもの・無料廃車業者

軽自動車やバイクの買い替えをお考えで、もう乗らないものを売りたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。事故に遭って、車がへこんだりつぶれたりしてしまった場合でも、解体すれば車の部品を売ることができます。しかし、そうした車や部品を売却するには、まず廃車手続きが必要です。

そこで今回は、軽自動車とバイクの廃車手続きする方法について、必要なものや手順などをくわしくご説明します。廃車の買取を行っている業者もご紹介しますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

廃車手続きとは?

廃車手続きとは?

一般的に普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会に自動車情報が登録されています。廃車手続きは、現在されている登録を解除して車やバイクを公道で走ることができないようにする手続きです。廃車手続きでは、ナンバープレートを取り外したり、書類を提出したりします。

廃車手続きには2通りあり、一時的に登録を抹消するものと、永久に登録を抹消するものがあります。売ろうと考えている車が、まだ乗れる状態で、中古車として再販することができるなら、一時的に登録を抹消しましょう。事故に遭って壊れている、エンジンがかからないなど車としてもう売り物にならないときは、永久登録抹消をします。永久登録抹消の場合、すでに車の解体を終えている、もしくは廃車手続きを行う前に車の解体をする必要があります。普通車や軽自動車は、一時的な登録抹消か、永久的な登録抹消かで手続きの流れが多少異なります。バイクの廃車手続きの場合はこれらの流れはほぼ同じです。

軽自動車では、この一時登録抹消と永久登録抹消の呼び方が異なります。一時登録抹消を自動車検査証返納届(一時使用中止)、永久登録抹消を解体返納と呼ぶので注意してください。

ちなみに平日しか受付をしていません。手続きをする場合は、平日の時間があるときに行いましょう。

廃車手続きについてのまとめ

軽自動車
場所:軽自動車検査協会
一時登録抹消:自動車検査証返納届(一時使用中止)
永久登録抹消:解体返納
平日のみ
バイク
場所:役所または陸運局
一時登録抹消と永久登録抹消の流れはほぼ同じ
平日のみ

軽自動車の廃車手続きの方法

軽自動車の廃車手続きの方法

軽自動車の廃車手続きは自動車検査証返納届(一時使用中止)か、解体返納かで異なります。そのため自動車検査証返納届(一時使用中止)と解体返納に分けて説明します。

自動車検査証返納届(一時使用中止)の場合

自動車検査証返納届と長い名前ですが、自動車検査証とは、よく聞く車検証のことです。これを返す手続きなのでこのような名前で呼んでいます。車検証を返却し、一時的に所有者ではなくなるための手続きです。その後別の所有者が決まれば、再度登録して車を再び使うことができます。

廃車手続きに必要なもの

ここでは、廃車手続きに必要なものを見ていきます。

自動車検査証(車検証)

コピー不可なので必ず原本を用意してください。

自動車の使用者の印鑑

印鑑は捺印ではなく認印で手続きをすることができます。シャチハタタイプではなく、朱肉を使うタイプの印鑑を使いましょう。車検証記載の車の所有者と実際の使用者が異なる場合、所有者の印鑑も必要になることがあります。両方持って行くと安心です。

ナンバープレート前後2枚

軽自動車のナンバープレートはドライバーで外せるものが多いです。中には硬くて外しにくいものもありますが、10ミリレンチなどを使えば自分で外すことができます。手続きをする場所まで車にナンバープレートをつけたままで行って、現地で外すと、帰りにその車は乗れなくなります。あらかじめ外して別の車か、公共交通機関でナンバープレートを持っていくようにしましょう。

次に、軽自動車検査協会窓口でもらうものをチェックしていきましょう。

軽第4号様式 自動車税検査証証明書交付申請書

この用紙を窓口でもらうには、自治体によって異なりますが30円程度かかります。記載するのは車検証に書かれている内容を写したりする程度で、見本も窓口には置いてあるのでそれを見ながら書くことができます。

自動車税申告書

これは来年度の自動車税を止める申告をするものです。自動車税は4月から1年間分かかるので、3月にこの申告をすると一番効率がよいと言えます。しかし、その分3月に申し込みが増えるので、手続きに時間がかかるおそれがあります。

廃車手続きの流れ

  1. 家から持参するものを持って軽自動車検査協会に行く
  2. 協会窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
  3. 書類・ナンバープレートを提出する
  4. 証明書を受け取る(350円程度必要)
  5. 完了
  6. 最終的に自分の手元に来る書類は、以下の3つです。

    • 自動車検査証返納証明書
    • 軽自動車検査証返納確認書
    • 軽自動車税申告書(控え)

    上2つの書類は、廃車の買取をしてもらうときに、業者に渡しますので大切に保管しておいてください。

    廃車手続きにかかる費用

    軽自動車の廃車手続きには書類代約30円と自動車検査証返納証明書の交付に約350円で、合計約380円必要です。

    解体返納の場合

    すでに解体が終わっている車を廃車手続きするときは、持ち物が一時使用中止の場合と異なります。基本的な流れや費用は同じなので省略します。

    廃車手続きに必要なもの

    廃車手続きで家から持っていくものは以下のとおりです。

    • 自動車検査証
    • 自動車の使用者の印鑑
    • ナンバープレート
    • 使用済自動車引取証明書

    これは解体が終了しているという証明書です。これに記載されているリサイクル券番号(移動報告番号)の記入が必要です。軽自動車検査協会窓口でもらうものは以下のとおりです。

    • 軽第4号様式の3 解体返納届出
    • 自動車税申告書
    • ちなみに使用者本人が軽自動車の廃車手続きに行くことができない場合、申請依頼書を書けば代理人が手続きを行うことができます。申請依頼書はネット上でダウンロードすることができます。そのほか、引っ越しなどで住居が変わった場合、発行3ヶ月以内の住民票が必要になります。

      バイクの廃車手続きの方法

      バイクの廃車手続きの方法

      バイクの廃車手続きは、バイクの排気量(〜cc)で変わります。基本的に原付と呼ばれる125cc以下のもの、軽二輪車と呼ばれる126cc〜250ccまでのもの、大型バイクと呼ばれる251cc以上のものの3つに分けられています。

      また先述したように、バイクの手続きでは、一時的に登録を抹消するものと永久的に登録を抹消するものの手順はほぼ同じです。異なるのは書類の名前くらいです。一時登録抹消と永久登録抹消を同時に説明していきます。

      廃車手続きにかかる費用

      原付バイクの廃車手続きは無料で行うことができます。

      原付バイク(125cc以下)の廃車手続き

      原付バイク(125cc以下)は、以下の方法で行います。

      廃車手続きを行う場所

      お住まいの自治体の役所(市役所・区役所など)

      廃車手続きに必要なもの

      家から持っていくものは下記の3つです。

      標識交付証明書
      これはバイクを登録したときにもらった書類です。もし自宅に保管していなければ、役所で再発行してもらえます。その際、印鑑と身分証明書が必要です。身分証明書には、パスポートや保険証、マイナンバーカードなどを使います。
      バイクの使用者の印鑑
      軽自動車同様、認印で手続きを行うことができます。シャチハタではなく、朱肉を使うタイプの印鑑を持って行くとよいでしょう。バイクの所有者と使用者が異なる場合は、両方の印鑑を持って行くようにしましょう。
      ナンバープレート
      あらかじめバイクからドライバーなどを使って外して持って行きます。

      役所でもらうものはこちらです。

      廃車申告書
      この書類は役所に行くと無料でもらえます。一時でも永久でも同じくこの書類に記入します。

      廃車手続きの流れ

      1. 家から持参するものを持って役所に行く
      2. 役所窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
      3. 書類・ナンバープレートを提出する
      4. 廃車証明書を受け取る
      5. 完了

    窓口で最後に受け取る廃車証明書は、バイクを売るときに必要になります。きちんと保管しておきましょう。

    軽二輪車(126〜250cc)の廃車手続き

    軽二輪車(126〜250cc)は、以下の方法で行います。また、廃車手続きにかかる費用は、書類と証明書発行にかかる費用を合わせて330~530円程度かかります。これは自治体によって異なります。

    廃車手続きにかかる費用

    書類と証明書発行にかかる費用を合わせて330~530円程度かかります。これは自治体によって異なります。

    廃車手続きを行う場所

    お住まいの地区が管轄の陸運局

    注意:軽二輪車は、書類上では軽自動車と書かれていますが、軽自動車検査協会では二輪車全般の手続きを行っていません。そのため紛らわしいですが、軽二輪車の廃車手続きは、陸運局に行く必要があります。

    廃車手続きに必要なもの

    家から持っていくものはこちらです。

    • 軽自動車届出済証
    • バイクの使用者の印鑑
    • ナンバープレート

    軽自動車届出済証は、バイクを登録したときにもらった書類です。手元になければ、印鑑と身分証明書(マイナンバーカードやパスポート)を持って行って、陸運局で再発行してもらいましょう。

    続いて、陸運局でもらうものは以下のとおりです。

    軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
    一時的にバイクに乗らない、バイクをそのまま中古のバイクとして売ることを考えている方はこちらの書類を窓口でもらいます。
    軽自動車届出済証返納届出書
    バイクが壊れていて処分する、バイクを解体して部品を売ることを考えている方はこちらの書類を窓口でもらいます。

    上記の書類どちらかを窓口でもらいましょう。これらの書類は、軽自動車のときと同様、窓口で受け取るときに30円程度でかかります。

    廃車手続きの流れ

    1. 家から持参するものを持って役所に行く
    2. 役所窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
    3. 書類・ナンバープレートを提出する
    4. 証明書を受け取る(300~500円必要)
    5. 完了

    証明書はバイクを売る際に必要になることがあるので、大事にとっておきましょう。

    大型バイク(250cc以上)の廃車手続き

    大型バイク(250cc以上)は、以下の方法で行います。

    廃車手続きを行う場所

    お住まいの地区が管轄の陸運局です。

    廃車手続きに必要なもの

    家から持っていくものはこちらになります。

    • 自動車検査証(車検証)
    • バイクの使用者の印鑑
    • ナンバープレート

    陸運局でもらうものはこちらです。

    • 抹消登録申請書
    • 手数料納付書
    • 軽自動車税申告書
    • 検査登録印紙

    窓口でもらうときに、上記3つで100円程度、印紙で350円程度必要になります。

    廃車手続きの流れ

    1. 家から持参するものを持って軽自動車検査協会に行く
    2. 協会窓口でもらえる用紙を受け取り、記入する
    3. 書類・ナンバープレートを提出する
    4. 証明書を受け取る
    5. 完了

    最後に受け取った証明書は、バイクを売る際に必要なので大切に保管しておきましょう。

    廃車手続きにかかる費用

    自治体によって異なりますが、大型バイクはの廃車手続きでは書類等で450円程度必要になります。

    ちなみに使用者本人がバイクの廃車手続きに行くことができない場合、委任状を書けば代理人が手続きを行うことができます。委任状はネット上でダウンロードすることができます。そのほか、引っ越しなどで住居が変わった場合、発行3ヶ月以内の住民票が必要になります。

    廃車の買取を行っている業者を紹介

    ここまで長く廃車手続きの方法について説明してきましたが、実はこの廃車手続き、廃車の買取を行っている業者が買取と同時に済ませてくれることもあります。そこで廃車手続きも行ってくれる業者をご紹介します。ホームページをチェックして、複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

    廃車本舗

    廃車にするなら費用がすべて無料の廃車本舗がおすすめ!

    廃車本舗では廃車手続きを無料で行ってくれます。さらに、壊れた車の引き取りも無料です。実際の買取価格もホームページに記載されています。

    参考:廃車買取の廃車本舗|引き取り無料・廃車手続き無料

    ハイシャル

    ハイシャル

    ハイシャルは廃車も事故車も0円以上の買取保証を実施しています。海外への販売ルートを持っていたり、パーツリサイクル需要により買取価格を付けることを可能としています。

    参考:ハイシャル|廃車買取無料査定・処分引き取り

    廃車ラボ

    廃車ラボ

    全国対応の廃車代行サービスです。代行費用やスクラップ費用など完全無料のため、手間をかけず廃車したい方におすすめです。

    参考:廃車ラボ|廃車買取・廃車完全無料

    こういった廃車買取業者では、廃車手続きを無料で行ってくれます。ご自分で手続きをする前に、買取業者に買取と廃車手続きを頼んでみてはいかがでしょうか。

    まとめ

    軽自動車とバイクの廃車手続きの方法についてまとめました。手続きは軽自動車検査協会や、役所・陸運局に行く必要があります。基本的には、車検証などの返却予定の証明書と印鑑、ナンバープレートを持って行けば、あとは現地で書類を記入し、提出して、窓口で証明書を受け取れば完了です。

    しかし、買取業者に頼めばそれより業者が廃車手続きを行ってくれるので、わざわざ手続きをする必要がありません。買取を希望する方はぜひ廃車手続きから買取業者に頼んでみてはいかがでしょうか。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード