1. 総合買取サービス|高く売れるドットコム
  2. カメラ
  3. ゼンザブロニカ

ゼンザブロニカ|中古カメラの買取価格をお届け!

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

ゼンザブロニカの買取

高く売れるドットコムでは、ゼンザブロニカの買取を行っております。使わなくなったメラがございましたら、是非、無料査定をお試しください。カメラに熟知した専門スタッフが査定、買取、そしてお支払いまで一括してサポートさせていただきます。
新品も中古品も送料・査定料一切無料!ご不要になったゼンザブロニカがございましたら、お気軽に買取査定のご依頼をお申し付けください。

ゼンザブロニカの買取実績

    ※買取実績は製品の状態や買取時の市場間によって常に変動いたしますので、あくまで参考価格となります。

    ゼンザブロニカ買取相場

    Zenza Bronica(ゼンザブロニカ)EC-TL 中判 カメラ フィルム

    2018/7/30買取価格:12000ジャンク(J)

    使用感あり。保管にともない傷や汚れがあるためジャンク品として買取させていただきました。

    Zenza Bronica(ゼンザブロニカ)S2 NIKKOR-P 75mm f2.8 フィルムカメラ 中判 レンズセット

    2018/7/2買取価格:10000ジャンク(J)

    大きな破損は見受けられませんでしたが、レンズ内にカビが見受けられました。またシャッターを切ることができないためジャンク品として買取いたしました。

    Nikon NIKKOR-O 50mm F2.8 中判 ゼンザブロニカ用

    2018/7/12買取価格:8000ジャンク(J)

    レンズ内外にホコリやカビがあるためジャンク品として買取いたしました。

    ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)S2 6×6 前期 中判 カメラ

    2018/7/30買取価格:7000ジャンク(J)

    ファインダー等にチリ、傷等が見受けられ曇ったように映ってしまうためジャンク品として買取いたしました。

    ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)EXTENSION TUBE SET エクステンションチューブセット 箱付

    2018/7/30買取価格:2000一般中古(C)

    キズはついているものの、動作に問題ないため通常買取とさせていただきました。

    ZENZA BRONICA(ゼンザブロニカ)ETRS 645版 一眼レフ カメラ

    2018/7/30買取価格:3000ジャンク(J)

    ボディ、外観にキズや汚れ、サビあり。レンズ内にカビが多く見受けられるためジャンク品として買取させていただきました。

    ゼンザブロニカについて

    ゼンザブロニカ高価買取中!高く売れるドットコムでは、ゼンザブロニカの高価査定を行なっております。 使わなくなったゼンザブロニカがございましたら、是非、無料査定のご相談を! お電話または、お問い合わせフォームから、査定、買取、そして、お支払いまで一括してサポートさせていただきます。 「これいくら?」と感じたら、まずは査定料・送料が完全無料の高く売れるドットコムへ買取依頼をお申し付けください。

    ゼンザブロニカについてさらに詳しく

    ゼンザブロニカ(Zenza Bronica )は、かつて存在した日本のカメラメーカーである「ブロニカカメラ株式会社」の商品名であり、後に一時会社名にもなった。
    ゼンザブロニカのカメラは1958年にフィラデルフィアカメラショーで発表されたブロニカZが最初である。これは6x6cm判一眼レフのカメラである。
    創立者が吉野善三郎氏なので、ぜんざぶろうのブローニーカメラ、ということでゼンザブロニカになったという。中判一眼レフとしては唯一ニッコールレンズを採用していたブロニカZは、すぐに評判となった。
    外観はハッセルブラッドに似ており、このことから意匠侵害でスウェーデン大使館よりクレームが出てしまい、製造中止に追い込まれてしまう。実際のところはハッセルブラッドも搭載していない機能を搭載しているなど、極めて優れたカメラであった。こういったいきさつから、今でも高値で取引されているようである。当初は何もつかないゼンザブロニカだったが、後に後継のゼンザブロニカSなどとの区別を図るため、ゼンザブロニカD、またはDXと称されるようになった。
    初期モデルでニッコールレンズを使用していたのは、単純にそれが当時の世界一のレンズだったからだそうだ。後に、他社から供給を受け、ゼンザノンシリーズを販売するようになる。ゼンザノンシリーズの供給元は、カール・ツァイス、東京光学、ノリタ光学などの優秀なメーカーであった。こう言った純正メーカーの他にはコムラーの交換レンズが有名である。
    後にタムロンに吸収合併される。2005年にタムロンが中盤カメラ事業から撤退したために、ブロニカの歴史は幕を閉じる。

    コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

    0120-945-991

    60秒で簡単入力
    WEBから無料査定

    買取価格を調べる!