ベース 買取

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

              

ベース 高価買取中

高く売れるドットコムでは、ベースの完全無料査定を行なっております。
これまでに使っていてご不要になったベースやその他付属品があれば、是非買取のご依頼をお申し付け下さい。1本のベースから大量のベースまで、それぞれしっかり査定し、リアルタイムの相場からお客様にご満足いただける金額を提示いたします。
ベースの商品状態も、基本的にはジャンク品などでも無料査定対象となっております。状態に関わらず、「買取をしてもらえれば…」「品物を処分して欲しい…。」など有りましたらまずは、ご連絡ください。

              

ベースについて

ベースは、一般的にギターの音域から1~2オクターブ程度低い音を出す楽器です。主に4~5弦のものが使用される事が多いですが、6弦や8弦のベースも存在します。これを多弦ベースと呼びます。「ベースってどんな形してるの?」と聞かれたら、大体の人はギターに似た形だと答えると思います。もちろん正解なのですが、それはエレクトリックベースと呼ばれるもので、オーケストラ等で使用されているコントラバスもベースのひとつです。アコースティックベース、ウッドベースとも呼ばれています。
コントラバスにはフレットという概念がなく、奏者には正確に音程を聞き分ける耳が必要になります。オーケストラをはじめ、ジャズ等のルーツミュージックで使用される事が多いですが、ライブハウスでロックバンドと共に演奏されているのもよく見かけます。コントラバスに比べてコンパクトに設計され、ピックアップを搭載したエレクトリックアップライトベースもよく使われています。コントラバスはとても大きいので、持ち運ぶのが大変ですが、とても渋くて魅力的な楽器です。
エレクトリックベースはエレキベース、現在はあまり使われなくなりましたがベースギターとも呼ばれます。エレクトリックギターに比べてネックが太く、長いのが特徴です。また重量も重いものが多いです。コントラバスがフレットレスなのに対し、エレクトリックベースはフレットが指版に打ってあり、正確な音が出せるようになっています。フレットのついていないベースもあり、それを「フレットレスベース」と呼びます。コントラバスでは指弾き、スラップ、弓弾きが一般的で、エレクトリックベースではピック弾き、スラップ、指弾きが一般的です。指弾きは人差し指と中指を使うツーフィンガー奏法がほとんどですが、ヘヴィメタル等ではスリーフィンガー奏法を使うプレイヤーもいます。エレクトリックギターやアコースティックギターと同様、エレクトリックベースも現在ポピュラーな楽器の一つと言えます。

取扱い商品

・アコースティックベース(ウッドベース)
アコースティックベース(ウッドベース)は、電気的に音を増幅させる必要がないベースのことです。主にクラシックやジャズのアーティストに使用されています。

・エレクトリックベース(エレキベース)
アコースティックベース(ウッドベース)を電気的に音が出るようにしたのがエレクトリックベース(エレキベース)です。弦の振動を拾って、アンプを使用して電気的に音を増幅させることで音を出しています。

ベース用のアンプなどの周辺機器も併せて高価買い取りさせて頂きます。ギターの高価査定もしておりますので、まずは何でもご相談下さい。

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!