シンセサイザー 買取

              

シンセサイザー 高価買取中

高く売れるドットコムでは、シンセサイザーの完全無料査定を行なっております。
これまでに使っていてご不要になったシンセサイザーやその他付属品があれば、是非買取のご依頼をお申し付け下さい。1台のシンセサイザーから大量のシンセサイザーまで、それぞれしっかり査定し、リアルタイムの相場からお客様にご満足いただける金額を提示いたします。
買取可能な商品の状態
シンセサイザーの商品状態も、基本的にはジャンク品などでも無料査定対象となっております。状態に関わらず、「買取をしてもらえれば…」「品物を処分して欲しい…。」など有りましたらまずはご連絡ください。・付属品が足りない・汚れ、キズがある※上記の様な場合でも査定対象です。

              

高く売れるドットコム コールセンター

0120-945-991

[ 年末年始除く9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

シンセサイザーについて

シンセサイザーは音を合成して発音する電子楽器の総称のことであり、音源と呼ばれたり、略してシンセとも呼ばれます。1950年代にコンピューター音楽が誕生した際、電子楽器も合わせて進化を遂げ、アナログシンセサイザーが活躍しました。1980年代にMIDI規格が定められたことによって、だいたいのシンセサイザーにもMIDI端子が取り付けられ、現在のデジタル音楽の演奏、製作現場でも大いに活用されています。
シンセサイザーの登場当初は、音を合成して発音していたものが主でしたが、現在は音源モジュールを内蔵し、それを発音するものが主流となっています。日本では坂元龍一率いるYMOがシンセサイザーの存在を広め、小室哲哉がシンセサイザーを多用した音楽で数々のヒットを飛ばしたことで、シンセサイザーはポピュラーな楽器として認知されました。登場当初、シンセサイザーは鍵盤楽器の一種として分類されていましたが、実際はギターシンセ、ドラムシンセ、過去にはパーカッションシンセ、管楽器の音源モジュールをサンプリングしたウインドシンセサイザー等、様々な楽器の形をしたものが存在しています。
MIDI規格を多用する現在のDTM音楽制作の場面では、MIDIコントローラーという形で無くてはならないものになっています。主にコルグ、ローランドから発売されており、学研からはテルミン型のシンセサイザーもあります。

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!