ヴァイオリン 買取

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

              

ヴァイオリン 高価買取中

高く売れるドットコムでは、ヴァイオリンの完全無料査定を行なっております。
これまでに使っていてご不要になったヴァイオリンやその他付属品があれば、是非買取のご依頼をお申し付け下さい。1台のヴァイオリンから大量のヴァイオリンまで、それぞれしっかり査定し、リアルタイムの相場からお客様にご満足いただける金額を提示いたします。

買取可能な商品の状態
ヴァイオリンの商品状態も、基本的にはジャンク品などでも無料査定対象となっております。状態に関わらず、「買取をしてもらえれば…」「品物を処分して欲しい…。」など有りましたらまずはご連絡ください。・付属品が足りない・汚れ、キズがある※上記の様な場合でも査定対象です。

              

ヴァイオリンについて

ヴァイオリンは、西洋の音楽において、ピアノと並んで外すことの出来ない楽器です。オーケストラの花形というイメージも強いヴァイオリンですが、出現当初はほとんどオーケストラや合奏では使用されず、舞踏の伴奏などで使われる庶民の楽器でした。その頃オーケストラで使われていた楽器は、リュートやヴィオールが主でした。その後人々の音楽の嗜好に変化が見られ、合奏に用いられるようになり、ヴィヴァルディがヴァイオリンを中心としたオーケストラ作りを行ったのを皮切りに、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト等著名な音楽家も積極的にヴァイオリンを取り入れたことによって、ヴァイオリンの地位は確固たるものとなりました。
日本ではドイツ系の外国人教師によって広められ、明治時代には日本で最初のヴァイオリン工場が設立されました。現在でも世界で活躍している日本人ヴァイオリン奏者はたくさん存在します。4本の弦が張られてあり、ペグを回してチューニングするのですが、一番低い4弦はペグだけでは微調整が難しいので、アジャスターと呼ばれるネジを回してチューニング行います。もともとヴァイオリンの弦は羊の腸を用いていましたが、ピッチの高い音楽が主流になるにつれ、弦が張力に耐えられなくなってきたため、強い張力に耐えられる弦に移り変わっていきました。現在では金属弦やナイロン弦が多く使われています。
主に指ではじいたり、弓を使って演奏します。19世紀のヨーロッパでは優れた弓が数多く製作されており、現在の価値で数百万~数千万円と高い価値を誇っています。17~18世紀に活躍した弦楽器職人、アントニオ・ストラディバリが製作した「ストラディバリウス」はあまりにも有名です。このブランドの力はとても強く、今でもバイオリニストやコレクターの間では羨望の的となっています。もっとも評価の高い18世紀初期の作品は、日本音楽財団がイギリスのオークションに出品した際、約13億円で落札されました。

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!