OLYMPUS オリンパスカメラ買取|PENシリーズなど

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

OLYMPUS(オリンパス)製品の買取価格

OLYMPUS(オリンパス)のミラーレスカメラはミラーレス市場の中でソニー(SONY)と1位、2位を争う大変人気カメラです。

初心者でも手ごろに綺麗な風景や人物の撮影ができることと、自動で強力な手ブレ補正を利用することも可能!フィルターも使えるため インスタにアップするのもそもままできるようなお写真が出来上がります!

オリンパスのカメラ買取実績

※買取実績はその製品の状態や当時の市場間によって大きく変動いたしますので、参考程度にご覧ください。また、現在の買取価格と異なる場合がありますので、最新の価格を知りたい方は直接お問い合わせください。

こんなカメラを高価買取しています

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

宅配買取で手間なくカメラを売却!

オリンパスのカメラを売るなら自宅にいながら売れる宅配買取がおすすめです。
お送りする梱包ボックスにカメラを詰めて送るだけで査定から買取価格のお支払いまで完了します。 買取代金のお支払いは最短当日~3営業日中に銀行振り込みのため安心です。
宅配買取のご利用方法に関しましては、下記より詳細をご覧ください。
宅配買取のご利用方法について

OLYMPUS オリンパスについてさらに詳しく

昨今新聞やテレビを騒がせているオリンパスだが、彼らのカメラ事業はニコン、キヤノンに次ぎ大規模なものだ。
オリンパスOMシステムの開発、フォーサーズ規格およびマイクロフォーサーズ規格の作成等、カメラ業界における影響力は非常に大きい。カメラの「コンパクト化」に対する貢献は非常に大きい。今ならデジタルカメラがあるために、コンパクトであることは非常に重きを置かれているが、オリンパスは1950年代の後半からカメラのコンパクト化をずっと行ってきた。カメラ業界に参入するのが遅かったために、何か売りがなければ生き残れなかったためと云われている。
代表的なカメラ、OM-1が発表されたのは1973年の事だ。当初、開発者米谷氏の名前からM-1という名称を考えていたが、先にライカM1を発売していたエルンスト・ライツからクレームを受け、オリンパスのOをつけたOM-1とな変更した。このカメラは非常に革新的なカメラで、当時最小かつ最軽量のモデルであった。実は、その時代は重くても機能が増えればいいという時代だったので、機能を増やさないで小型化するという発想にははじめ多くの反発があったようだ。OM-1はペンタプリズムも他と比べると小さく設計されており、消費者に与えたインパクトは大きい。
オリンパスがデジタルカメラを販売したのは1996年の事だ。2003年にはOMシステムを終了し、フォーサーズシステムを採用したE-システムを発表する。フォーサーズ規格に基づいた製品を販売しているのはオリンパス、パナソニック、ライカ、シグマなどである。2008年には松下電器産業とオリンパスで、フォーサーズ規格を小型化したマイクロフォーサーズ規格を共同発表している。


人気カメラのオリンパスは常に買取強化中。付属品完備やレンズキットは特に高価買取いたします。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!