除雪機は買取に出せます!高額査定のためのポイントあれこれ

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

              

雪の多い地方では「雪かき」が必須の作業です。多く降る日などは数時間で高く積もってしまうので油断がなりません。
さらに、湿った雪の場合は重さがあるため、スコップなどの道具で掻き出すのは手間も時間もかかります。 ご高齢の方には特に重労働であり、体勢によっては腰やひざなどを痛めてしまう危険性もあります。

そこで活躍するのが便利な除雪機です。自治体によっては購入するための補助金を出しているところもあります。
そのため、以前より手が届きやすくなったこともあって、地域によっては各家庭に一台ずつ所持しているほどです。

除雪機を取り扱っている各メーカーも様々なタイプの機種を販売しているので、用途別に人気のモデルがあります。
便利な除雪機ですが、除雪機を所有している方のなかには、「もう少し大きな機種に買替えしたい」あるいは「雪の降らない地域に引っ越すので不要になった」などの理由でお手もとの除雪機が不要になっている方もいると思います。

手もとに置いておくと収納スペースが取られたり、メンテナンスの手間がかかるなど、じゃまになることもあります。
除雪機は需要があり中古品でも買手がたくさんいます。そのため、もし手放すことを考えているならば買取に出すという選択肢がおすすめです。

思っているよりも価値が認められ高値が付く場合がありますので、買取をぜひ有効活用しましょう。 買取を依頼する際、高価格で取引するためのポイントをいくつかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

除雪機を買取査定に出す前に~高価買取のポイント~

除雪機は取り扱いメーカーごとに、サイズや除雪の方法などのニーズによって様々な種類があります。
例えば、玄関前をさっと片付けたいコンパクトなタイプ、投雪機能が付いて雪を遠くに飛ばせるタイプ、あるいは充電式の電動タイプ、どのようなタイプでも買取に出すことが可能です。
しかし、不要品とはいえども引き取ってもらう際には、1円でも高い価格で買い取って欲しいものです。まずは以下の点を確認してみましょう。

除雪機が動くか確認しましょう

中古品の場合は、動くかどうかが査定の重要なポイントとなります。動かない場合は当然買取が難しくなります。
最後に使用してから長時間経過している場合は、特に確認をおすすめします。また、動く場合でも部品の変形や破損に注意をはらってください。小さな変形や破損で査定が大きく下がってしまう可能性があります。

汚れが付いていないか確認しましょう

ホコリがたまっていたり、汚れ・サビが付いている場合は高価格での買取を望めません。
汚れやさびで細部の傷や変色などが確認できない場合、正確な値段を出すのが困難になります。
落とせる汚れをキレイに落とすだけで、印象も良くなります。また、除雪機は水分を含んだ雪を扱うものなので、見えにくい内側がサビついている場合もあります。内側のチェックもおすすめします。

修繕した箇所があれば申告しましょう

オーバーホールをおこなっていたり、オーガを交換している場合など、大きな修繕を施している場合は申請してください。
古いタイプの機種でもオーガが新しい場合は高価格になる場合があります。

ガソリンは抜き取りましょう

万が一、ガソリンが残っている場合は、抜いておきましょう。その際には、火の気のない風通しのよい屋外でおこなってください。

単品を細かく出すよりも、不用品は一度にまとめて出しましょう

買取に出すと決めた場合、そのほかに不要な製品があればまとめて買取に出しましょう。
除雪機のカバーや延長コードなどにも値が付く場合があります。除雪機に関するものに限らなくても大丈夫です。まとめて査定に出すと買取価格のアップが望める場合があります。

日頃のメンテナンスのすすめ ~高価買取のポイント~

お手もとの除雪機を今すぐに買取に出す予定のない方も、いつかは出す時が来るかもしれません。
その時のために、日頃からメンテナンスをおこなって良い状態をキープしましょう。除雪機はシーズンオフの期間が長いため、保管状況も良い状態をキープするポイントです。
同じ時期に購入した製品でもメンテナンスしているのと、していないのでは大きな差が出てきます。良い状態を長くキープするために、そして買取時の高価格につなげるためにも心がけていきましょう。

シーズン前 あるいは シーズンに中に気を付けるポイント

部品が変形・破損していないかチェックしましょう

変形した部品をそのまま使用していると、思わぬケガや事故につながる危険性があります。
使用する前には必ずチェックするようにしてください。特にシャーボルトは雪に紛れていた石や木のくずなどが巻き込まれている場合があります。
シャーボルトガードが付いているものは破損しにくくなっていますが、ガードが付いていないものは要注意です。また、キャタピラはゴム製品なので、金属に比べて劣化が早く伸びも生じます。伸びたまま使用すると外れてしまい、除雪機が動かなくなってしまいます。異変を見つけたら早めの交換をおすすめします。

定期的にエンジンオイルを交換しましょう

エンジンを長持ちさせるためにも定期的に交換することをおすすめします。
特に冬場は結露の影響などでオイルの劣化が早まります。交換目安は2年に1度程度です。

バッテリーを確認しましょう

バッテリーの充電方法にも気を使うとバッテリーの持ちが良くなります。
常に満タンの状態が理想ですが、難しい場合は夏場と稼働前に年2回ほどおこなってください。なお、作業をしながらの充電はおすすめしません。

シーズンオフ時に気を付けるポイント

除雪機を最後に使用した後に部品などの点検をおこなって汚れを落としてください。
また、しっかりと乾かすこともポイントです。最後にキャブレターのガソリンを抜き取って燃料コックを閉める、さらにバッテリーを外すと良い状態で保管できます。
そして次のシーズンまで寝かせておくのですが、野ざらしにしているとサビや腐食の原因になります。しっかりとカバーをかけて物置などで保管してください。

ここで宣伝:高く売れるドットコムの出張買取のすすめ

買取に出す方法を大きく分けると「店頭」、「宅配」、「出張」の3つの方法があります。除雪機は大きい製品ですので、店頭への持ち込みや宅配での配送は手間がかかります。

そのため、「出張」でのお取引を是非おすすめします。査定や出張料金などの手数料は一切いただいておりません。
連絡1本で当店のスタッフが全国どこへでも駆けつけますので、ご都合の良い日をご予約ください。

電話・ウェブから事前査定をご利用頂ければ、当日中に査定額をだすことが可能です。
査定に納得いただいてお取引が決まった場合は、皆さまの手をわずらわせることなくスタッフが大切に運搬を致します。

もっと詳しく:出張買取サービスの詳細はこちら

まとめ

以上、除雪機を買取に出すポイントや、買取に出す時のおすすめ方法としてお役に立てたでしょうか?
使っていない除雪機を家の中で眠らせておくのも、不用品として処分してしまうのも、どちらももったいない話です。

ちょっとした手間で買取額がアップするので、利用しない手はありません。
中古品も十分に需要がある除雪機、不要な製品をお手もとにお持ちの方は、ぜひご連絡をお待ちしています。

              

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!