カメラを高額買取するコツ!高く売るために必要なこととは?

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

カメラを高額買取するにはメンテナンスが必要

カメラを買取に出すと、必ず査定が行われます。メーカーや機種、年式はもちろんですが、それ以外にもチェックしているポイントがあります。

日頃から下記の査定におけるチェックポイントを意識しておくことで、カメラを良い状態に保つことができます。ぜひ覚えておきましょう。

査定時にチェックされる点

高価買取にチェックする点

持ち手の部分(グリップ)がべたべたしてないか。

正常に動作を撮影に差し支えないか。

ヘコミやキズなど、外見に変化がないか。

カメラのダイヤル機能は正常か。

撮影した写真がしっかりとメモリーへ保存されるか。

これらのコツが特にチェックされるポイントです。

もちろん、見ただけでは分からない部分についても、実際に起動したうえで細かく確認します。

予め充電を行った状態にしておくと、査定がスムーズにすすみます。

また、使用後簡単に掃除しておく、キズなどが付かないように扱うなど、日頃から注意することで維持できるものもあるので、注意しておくといいでしょう。

カメラを高額買取するためのコツ

元値が高い商品であるカメラだけに、売る時にもできる限り高く売りたいものです。カメラを高く売るためのコツをご紹介します。

使わなくなったら早めに売る

カメラは次々と最新モデルが発売される商品なので、売るのは早ければ早いほどいいです。

もう使わない、と思ったら早めに売りに出すという選択肢を考えると良いでしょう。

埃が付かないようにする

カメラはカメラ用のブロアー(空気を吹きかけることによって汚れを吹き飛ばすための用具)を使って埃をはらいましょう。

また、レンズもフィルタを使用するなどして埃が付着しないように日頃から気にかけるのが良いでしょう。

埃が付着してしまうと、カメラやレンズの不調を引き起こし、買取にも影響が出ます。

湿度の低いところで保管する

カメラやレンズは湿気に弱いです。

湿気による故障を避けるために、保管する際には乾燥剤を利用する、場所を考えるなど対策が必要です。

利用しないカメラは出来るだけ早めに査定へ

高額買取となるコツ

新しくカメラを新調する等の理由から、今まで使ってきたカメラは利用しない。という判断がもしあるのなら早めに査定だけでもだしてみることをおすすめいたします。

カメラはヴィンテージモデルや珍しい物ではない限り、年数を追うごとに買取価値が下がっていってしまう可能性がございます。

発売日から日がたたないうちに、査定だけでもだしてみましょう。

清潔な状態にしておく

消耗品から付属品、カメラボディやレンズを出来る限り綺麗な状態にしておきましょう。

特にカメラボディやレンズは利用歴が長かったり長期間保管しておくとホコリやゴミはいっていたりカビてしまうことがあります。

できる限り清潔感があるほうが次の利用者にも好まれやすいため、可能であればクリーニング等をして、清潔な状態で査定にだすと査定額にも影響を与えます。

カメラについてしまった傷や凹みも無いに越した事はありませんが、こちらは中古品の持ち味でもあるので、ひどく気になさらなくて問題ございません。

更にカメラを高額買取するために必要なもの

付属品を揃えておく

カメラ買取には付属品があると良い

付属品の中にも、その有無が査定に大きく響くものとそうでないものがあります。

充電器の有無は数千円ほどの額の影響を与えることがありますので、必ず揃えておきましょう。

利用しなくなった付属品もカメラと一緒に査定へだすことで、高額買取となります。

レンズ

レンズはカビやホコリをできるだけ排除し、すぐに利用できるような清潔な状態になっていることが好ましいでしょう。

少しの手間で対処できるのであれば、なるべく対応しておいたほうが高価買取となりやすいでしょう。

レンズメーカーは問いません。ニコンやソニー、シグマ等もう利用していないレンズがあれば、カメラと一緒にお持ち寄りください!

付属品

レンズ以外では、下記のような付属品があると買取額がアップしやすいでしょう。

カメラのケース

カメラのバッグ

購入時の箱

取扱説明書

三脚

購入時に付属されていたストラップ


購入時に近い形であればあるほど、高額査定につながります。

消耗品

撮影の際に利用される消耗品も利用しないのであれば査定にだしてしまいましょう。

フィルム、予備バッテリー、ホルダーからSDカードなど、カメラをすぐに利用できる環境が整っているほど、次の購入者も見つかりやすいため高額査定となります。

高額買取してくれる買取業者の選ぶ方

買取業者の選び方イメージ

商品をただ高く売るだけではなく、「高く」売るためには、査定価格以外のところにも目を向ける必要があります。

いくら高い見積りが出たとしても、その後に話がこじれて買取が成立しなかったり、わざわざ交通費をかけて遠方にある店頭まで持って行ったりするのでは、結局あまり得したことにはならなくなってしまいます。

売る際は、以下のことに注意してみてください。

買取業者の実績を確認

買取業者が信頼できるかどうかを判断するには、そこの買い取り実績を見るといいでしょう。

多くの買取業者ではホームページも持っており、そこに実績などが記載されていることがあります。

査定後に途中で連絡が途絶えたり、あとから買取額を変更したりするなどのトラブルを避けるためにも、実績などを事前に確認し、信頼できる業者を選ぶと安心です。

売るためにかかる時間と手間を考える

カメラを「お得に」売るには、取引にかかる時間と手間を視野に入れるべきです。

カメラを売りたいけれど、「何かと時間と手間がかかって、面倒だから結局売るのをあきらめた」というのではもったいないです。

上手に業者を選べば、時間も手間もかけずに売ることが可能です。

現在では、従来のように店舗へと商品を持って行って買取する店頭買取のほかにも、いくつか買取方法があります。

代表的なものとしては、スタッフがお客様のご自宅まで訪問して査定を行う出張買取や、買い取ってほしい商品を箱詰めして店へ郵送して査定を依頼する宅配買取というものです。

店頭買取だけでなく、出張買取や宅配買取に対応している業者を選べば、買取にかかる手間は大幅に削減することができます。

そのため、買取サービスを利用する際には、上記の買取方法を導入している業者を選ぶのがお得に賢く売るコツと言えます。

売りに出すカメラの相場を把握しておく

カメラの相場は必ずチェック!

売り出すカメラのクリーニングおよび付属品を揃えたら、いよいよ目当ての業者に査定にだし相場を把握する時間に入ります。

売り出し時の相場は、その時のカメラ市場に大きく影響をうけてしまいますので、常に平均の相場目安というものはございません。

カメラを高額で売りたい場合は、複数の買取業者に査定をだしてみて、一番ご納得できるところへ売りましょう。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!