骨董・絵画買取

骨董・絵画

骨董品の買取をお考えの方は、高く売れるドットコムの買取サービスをご利用してみてはいかがでしょうか。お客様専属のプライベートバイヤーが、大切にしてきた骨董品の査定からお買取まで丁寧・真摯にご対応させていただきます。
高く売れるドットコムでは、骨董品などの芸術品を高価買取致します。お電話かwebですぐに買取価格をお伝えしており、全国どこからでも買取が可能となっております。

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

買取価格を調べる!

査定価格に大幅相違も!骨董品の査定は業者選びが重要

「骨董品」という言葉をよく聞くと思います。「これは骨董品だから価値がある」とか、「この骨董品は我が家の家宝だ」などなど、みなさんの頭の中には骨董品イコール高価というイメージもあると思います。そして、もしかしたら、あなたの家にも「骨董品」と言われるものがあるかもしれないのです。

昔、ふとしたきっかけで買った置物に価値があったとか、遺品の中に銘品があったなど、意外なところにはあるものです。
今回は骨董品を見つけた、あるいは持っていて、売りたい場合にどうしたら良いかをご紹介します。

骨董品とは何か

そもそも、骨董品とはどのようなものでしょうか。
真っ先に思い浮かぶのは「古いもの」でしょう。もちろん、これも正解ですが、古いだけでは骨董品とは呼べません。

重要な要素はその「希少価値」です。「古い」と「希少価値」を兼ね備えてこそ、骨董品と言えるのです。
昔の名工が作った壷や置物、絵画などもこれに含まれます。基本的には「古くて希少価値があるもの」が骨董品ですが、どこからが古くてどこからが新しいのか、という問題があります。

また、希少価値とは何かという問題も出てきます。

古さの定義

どれくらい年月が経過したものが骨董品になるのか。実は日本で法律的に明確な定義はありません。
世界的に見ても定義があるのはアメリカだけで、「製造から100年を経過した手工芸品、工芸品、美術品」をそのように呼ぶこととする通称関税法があります。

この基準は世界貿易機構も採用していて、ヨーロッパ諸国や日本も概ねこの基準を採用しています。
ヨーロッパなどでは100年以上前のものを「アンティーク」、100年に満たないものを「ジャンク」と区別することもあります。

骨董品の種類と希少価値

骨董品の定義がわかったところで、その種類についてです。
一般的に言えば、手工芸品、工芸品、美術品ということになり、非常に範囲は広くなります。日本では絵画や刀剣から着物などもそうですし、海外では人形や食器類、オルゴールなども範疇に入ります。

製作された年代が古ければ多くのものが骨董品と呼ばれて、価値を持つ可能性があるのです。
しかし、その価値を生むもう一つの条件として、一番の問題はその希少価値についてです。

これは非常に複雑で、年代や資料的な価値、作者に対する価値観、作品の芸術性など、さまざまな要素が絡み合います。そして、保存状態などの作品自体の要素も価値に影響するのです。

また、市場も常に動きます。いままであまり見向きもされなかった作家の作品が評価を上げるという例もありますし、その逆の例もあります。
希少価値については素人が判断できるものではありませんので、売却時に複数のお店に査定してもらうこともおすすめです。

買取に出す場合の注意点

自分の手元にあるものが、価値のある骨董品なのかどなたでも気になるところです。
しかし、いざ、「価値が知りたい」「高ければ売却したい」と思ったときに、どこに行けばよいのかわからないという方も多いでしょう。

査定してくれたり、買取してくれるお店選びや、注意点をご紹介します。

買取業者選び

骨董品や古美術品の買取を行っている業者はたくさんあります。しかし、どこの業者で買取をしてもらっても良いわけではありません。
テレビや冷蔵庫などの家電製品でしたら、インターネットで相場もわかるでしょうし、どこの業者でも大きく価格の差が出ることはありませんが、骨董品の場合は事情が異なります。

もちろん、相場というものはありますが、極端な場合、買取価格が倍以上、時には10倍の差が出ることもあるのです。それは、骨董品を見る力によるのです。

正確にその作品の持つ価値を判断して、適正な価格で買ってくれる店を選ばないと、せっかくの骨董品も安く売ってしまうことになります。 では、正確に査定してくれて、適正な価格で買取ってくれる買取業者はどのように探せばいいのでしょうか。

それには、買取に出す予定の作品と同じ種類を取り扱っているか確認を取る必要があります。骨董品の分野は広いので、それぞれに専門家がいます。
売りたい分野の骨董品をきちんと査定できる業者を選ぶことが重要です。

ホームページを見ればどのようなものを扱っているか見ることができますし、業者によってはメールや電話で査定をしているところもあります。
「高く売れるドットコム」でも、事前査定を行っていますので、事前に買取価格のイメージがつかみやすくなっています。

買取時の注意点

骨董品を買取ってもらう前に注意をしておくことがいくつかあります。

・修理はしない
骨董品や美術品の場合、損傷している個所を修理すると、修理の具合によって価値が下がることがあります。
どうしても修理したい場合には、正式に鑑定を受けて、価値を明らかにしてから、専門の業者に依頼しましょう。
・手入れをしておく
手入れと言っても、洗剤などで洗ったりしてはいけません。ほこりがついていたら、作品を傷つけないように慎重に取るなどをしてください。
無理にきれいにしようとして、破損してしまわないように注意しましょう。
・骨董品の来歴をなるべく調べておく
買取に出す予定の骨董品について、どうやって自分の手に渡ったのか、またその際の状態はどのようだったか把握しておくことも大切です。
作者がわからない場合や真贋がはっきりしない場合に大きなヒントになる場合もあります。

トラブルに注意

骨董品の買取の際、ごく稀にですが、トラブルが起きることもあります。よくある事例として「査定料」と「キャンセル料」があります。
査定をしてもらったら料金が発生したとか、査定料金に納得できなかったので、キャンセルしたらキャンセル料を取られたというものです。

このような料金を取る業者は最初に料金発生することを言わないことがほとんどなので、トラブル防止のために、先に確認しておくほうが良いでしょう。

「高く売れるドットコム」の場合は、お客様の負担は一切かかりませんので、安心してご利用ください。

骨董品の買取はプライベートバイヤーが担当

高く売れるドットコムでは、骨董品や美術品の買取をご希望されるお客様にはプライベートバイヤーが対応いたします。
専門知識を持つバイヤーが電話での事前査定、ご訪問しての現物査定、買取価格の交渉まで、一貫してお客様をサポートします。

大切な骨董品を買取させていただくため、どのような相談にも真摯に対応しています。
作品に対する質問なども気軽にお問い合わせください。

高く売れるドットコム運営の「株式会社マーケットエンタープライズ」のページに飛びます:高く売れるドットコムの高級品査定専門の「プライベートバイヤー」紹介ページ

まとめ

骨董品の買取は高額になることも多い取引です。そのため、正しい評価をして、適正な値段で買取を行っている業者を探すことが重要です。
高く売れるドットコムでは、査定料などは一切かからず、お客様の負担は0円です。

骨董品などの買取は専属のプライベートバイヤーが担当し、適正な価格評価をご提示しています。
高価なものを買取に出すのは不安なものですが、さまざまなアドバイス、サポートを行っていますので、安心してご相談ください。

業界最大級の総合買取サービス

高く売れるドットコムは、2007年に株式会社マーケットエンタープライズが始動した買取サービスです。多くのお客様にご利用いただき、2016年3月には累計ご利用者数100万人を突破しました。 2012年から毎年全国への拠点展開を重ね、2016年4月には初の東北拠点となる仙台市に8拠点目となる仙台リユースセンターをオープンしました。近郊のお客様には出張買取や店頭買取も便利です。まだお近くにないお客様も宅配買取が無料でご利用いただけますので、安心してご利用ください。その他拠点も全国にぞくぞくオープン予定です。

店舗一覧

仙台 埼玉 東京 横浜 名古屋 大阪 神戸 福岡

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

高く売れるドットコムが選ばれる理由 すべて無料 日本全国対応 事前査定
3つの買取方法 宅配買取 出張買取 店頭買取