茶道具は高く売れる?買取価格を上げるためのコツを伝授します

茶道具の売却を検討している方に、高く買い取ってもらうためのポイントや、高値が付きやすい人気の商品などについて解説します。専門の知識なしに、安易に茶道具の価値を判断するのは禁物です。きちんとした値段で買取ってもらえるよう、この記事をお役立てください。


茶道具は高く売れる?買取価格を上げるためのコツを伝授します

自宅や家族の居宅を整理していて、使わない茶道具が出てきたという方はいませんか。

茶道具は売るとしてもどこまで買い取ってもらえるのか、またいくらぐらいの値が付くのか、察しが付きにくいジャンルの商品です。

そこで今回は、どんな道具がどのくらいで売却できるのか、また査定の際はどのような点に気を付ければよいのかなど、茶道具の買取で気になるポイントについて解説します。

高く売れるのはどんな茶道具?

高く売れるのはどんな茶道具?

単に茶道具といった場合、日本では「表千家」や「裏千家」、「武者小路千家」の「三千家」などに代表される茶道用のものを指すことが一般的です。

もちろん、煎茶道の道具が含まれることもあります。

ひとくちに茶道具といっても、茶碗や茶釜はもちろん、茶入や花入、水指、建水、茶杓、香合、煎茶であれば急須に煎茶碗など、その種類は実にさまざまです。

いったいどのような茶道具が高値で買い取ってもらいやすいのでしょうか。

結論からいうと、茶道具の価値は種類ごとにピンからキリまで存在します。

茶杓のような、一見あまり値段が付きにくそうな道具でも、場合によっては10万円を超える値が付くこともあるのです。

茶道具の買取価格は品物次第ですが、一般的に高額で取引されるかどうかは、次の3点がポイントになります。

制作年代が古いかどうか

茶碗などの焼き物は、ワレモノであることから、古い年代の作品ほど現代まで残っている確率が低くなります。

当然ながら、出回っている数の少ない産地・時代の道具ほど、希少価値が生じて高値が付きやすいでしょう。

茶道具に使われる焼き物のなかでは、「古備前」や「古九谷」などがとくに有名です。

大きさや出来栄えによっては、本物であれば1,000万円を超える評価額になることも珍しくありません。

有名な作家の作品かどうか

年代の新しい茶道具も、名の知れた作家が手掛けたものであれば高値で売買されます。

特に、人間国宝の工芸家や、三千家に出入りしている「千家十職」と呼ばれる十種の職家の作品は、骨董ファンや茶道を嗜む者にとって憧れの一品です。

また、過去に歴史上の著名人が所有していた来歴のある茶道具も、箔が付いて高額で取引される傾向があります。

千家ゆかりの人物や大名などはもちろん、戦前戦後の実業家が使用していた道具などがこれに当たります。

付属品が揃っているか

茶道具の付属品は、単なる入れ物や装飾ではなく、その作品の品質証明となるものです。

鑑定書があればわかりやすいですが、共箱や仕覆、包み布や紐など、すべての付属品がその茶道具のためにしつらえてあります。

なかでも、箱書きが重要です。

誰でも好きに書いてよいものではなく、家元など、しかるべき地位の人物に裏打ちとして書いてもらう必要があります。

箱書きには数十万円ほどかかる場合もあり、箱書きがあるとないとでは、買取価格にも大きな差が生じます。

茶道具を高く買い取ってもらうには

茶道具を高く買い取ってもらうには

茶道具には、明確な定価がありません。

そのため、特に骨董品としての売買価格が妥当であるかの判断が難しく、買取も購入も目利き次第と面があります。

しかし、少しでも高く買い取ってもらうためのポイントは存在します。

どのような点に気を付ければよいか、見ていきましょう。

単品で持ち込まずまとめて買取に出す

茶道にせよ煎茶道にせよ、どれか1つの道具だけで稽古をしたり、茶席を設けたりすることはできません。

特に正式な茶席用の道具の場合、季節の取り合わせなどで、ある程度の組み合わせのカテゴリーがあります。

なかには、茶碗や茶釜など、大きめの道具についつい目がいってしまい、茶杓や香合など小さなものは「持っていっても大した額にならないだろう」と早合点してしまう人もいるかもしれません。

しかし、ひと揃いのセットで持ち込んだ方が業者としても扱いやすく、買取価格に色を付けてもらえる可能性が高くなります。

複数の業者で査定する

前述のとおり、茶道具にははっきりした定価や相場がないため、1つの業者の提示価格だけを鵜呑みにするのは危険です。

複数の業者を訪ねて、比較をしてから検討するのが賢明でしょう。

査定価格の差を見ることはもちろん、鑑定時の業者の対応やネットでの評判などをもとに、自分がもっとも信用できる業者を選べます。

茶道具の価値は、1日2日で乱高下することはほぼありません。

足元を見られないよう、大きく構えて査定に臨みましょう。

買取業者の選び方

買取業者の選び方

前項のとおり、複数の業者で査定してもらうのが望ましいですが、いざどこに依頼するかとなると難しいところです。

茶道具の買取に当たっては、どのような業者を選べばよいのでしょうか。

骨董品の扱いに長けた業者を選ぶ

買取業者は全国に山ほどありますが、それぞれ得意分野が異なります。

茶道具はとくに経験と知識が要求されるアイテムであることから、取り扱い実績の豊富な業者を選ぶことが大切です。

したがって、まずはホームページや店頭広告において茶道具ないし骨董品をメインに打ち出している買取店を探しましょう。 その際には買取実績もチェックし、名のある道具をきちんとした価格で取り扱っているかどうかも確かめてください。

出張買取に対応しているか

自宅の近くに信用できる店舗があればそれに越したことはありませんが、条件としては非常に限られています。

店頭持込のために茶道具を長時間持ち運ぶのは破損の恐れがありますし、郵送や宅配の利用も二の足を踏んでしまうでしょう。

このような理由から、茶道具の買取では出張査定がおすすめです。

出張買取は破損のリスクがもっとも少ないですし、自宅という自分側のフィールドにいるという安心感もあります。

手数料のかからない業者を選ぶ

複数の業者に査定を依頼するにあたって、査定料をはじめキャンセル料や出張料といった手数料は無視できません。

実際に買取をしてもらう1社を除いた分の手数料は、買取額からの減額分となってしまいます。

少しでも売却益を高く得るためには、できるだけ各種手数料のかからない業者を選んだ方がよいでしょう。

高値が期待できる人気の作陶家

高値が期待できる人気の作陶家

茶道具の世界はとても奥が深く、値打ちのあるなしを端的に説明することはできません。

ここでは、あくまでどのような道具が評価されやすいのかという1つの指標として、人気の作陶家を4名、取り上げます。

樂吉左衛門(楽焼)

「樂(らく)家」は千家十職の1つで、楽焼を創始した樂長次郎を祖とし、代々「吉左衛門(きちざえもん)」の名を襲名しています。

昭和56年(1981)に襲名した15代吉左衛門は、滋賀県守山市の佐川美術館に樂吉左衛門館を開設したことで有名です。

令和元年(2019)には、若き16代目樂吉左衛門が誕生しました。

歴代の樂家当主は「入」の字の付いた号をもち、それぞれに独自の作風をもっています。

ろくろを使わない手捏ね(てづくね)の楽焼は、玄人好みの茶碗としてたいへん人気です。

樂吉左衛門の名跡は一子相伝のため、その作品は当代のものでも100万円単位に達することもあります。

三輪休雪(萩焼)

長州藩毛利家のおひざもとである山口県萩市で焼かれてきた萩焼は、「一楽二萩三唐津」と謳われる茶道具の優品です。

「萩の七化け」と呼ばれる、枯れたようなひび割れ(貫入)の趣と、土のポテンシャルを生かした素朴な風味が、侘茶の世界観に見事に符合しています。

萩焼にはいくつか名のある窯元がありますが、「三輪休雪」を代々襲名する「三輪窯」はその代表格です。

なかでも人間国宝に認定された11代目「三輪休雪」は、陶芸界における萩焼の地位を確立しただけでなく、ダイナミックで生気あふれる作風が多くの現代茶人を魅了しています。

11代目三輪休雪の茶器も、良品であれば200万円近い値が付きます。

濱田庄司(益子焼)

「濱田庄司」は、昭和30年(1955)に日本で最初の人間国宝に認定された陶芸家です。

それまで日用品しか作られていなかった無名の益子焼を、全国的な焼き物に昇華させた人物としても知られています。

その作風は、造形はスタンダードながら釉薬を大胆に用いたデザインが魅力です。

とくに「黍文(きびもん)」と呼ばれる独自の模様が有名で、茶道具に限らず高値が期待できるでしょう。

ただし、人気のうえに意匠が特徴的なことから、贋作が多い点には注意が必要です。

北大路魯山人

「北大路魯山人(きたおおおじろさんじん)」は、日本を代表する美食家として名高いですよね。

会員制料亭の「美食倶楽部」や「星岡茶寮」を設立した魯山人は、そこで使う食器を自ら製作し、陶芸家としても活躍しました。

晩年には鎌倉に「星岡窯(せいこうよう)」を開き、美食と同じくらい精力的に、作陶活動にも傾倒しています。

魯山人の作風は織部焼をベースとしたものです。

今でも「魯山人好み」や「魯山人写し」と呼ばれる織部風の食器が、多くの料亭や旅館などで使われています。

多才かつ波乱に満ちた生涯を送った魯山人の作品には根強いファンが多く、真作であればやはり高値が期待できます。

茶道具の買取なら【福ちゃん】へ

茶道具の買取には、「いくらで売れるのだろう」「きちんと正しく査定してもらえるだろうか」といった不安が付きものです。

複数の買取業者で査定してもらうことをおすすめしましたが、なかには即決を求めるような業者もいるかもしれません。

その点、「福ちゃん」なら相見積もりも大歓迎です。

全国どこでも対応可能で、急ぎの場合は数百万円までなら、その場での現金支払いもできます。

また、プライバシー保護を重視した出張査定(買取)もしているため、高価な品を査定に出すときも安心です。

福ちゃんで茶道具の買取価格を調べる

まとめ

茶道道具とスイーツ

茶道具はできるだけ数を揃えて査定に出すのが、高値で買い取ってもらうコツです。

「これは売れなさそう」などと自分で判断するようなことはせず、どんな小さなものや入れ物でも、きちんとセットで整えておきましょう。

茶道具には茶席用と稽古用があり、前者の方が高値が付きます。

ですが、後者の場合も需要はあるので、まずは専門の買取業者に鑑定してもらうのがおすすめです。

もしかしたら、思わぬ名品逸品が隠れているかもしれません。

買取業者を選ぶ際は、複数の業者に査定してもらうのがポイントです。

ご紹介した福ちゃんなら、相見積もりも出張買取もOKのため、安心して見積もりを依頼できるでしょう。

高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード