商品の梱包方法について

宅配買取ご利用時に大切な商品の破損を防ぐため、商品の性質や重さ、数量などに応じて梱包していただくようご協力お願いいたします。

梱包材の手順

1.ダンボールの準備

ダンボールの準備

ダンボールを組み立て、底をガムテープで十字に止めます。

POINT:ダンボールが合わない場合など、お困りの際はお電話でご連絡ください。またお客様ご自身でご用意いただいても結構です。

巻きダンボールの場合の使い方

2.エアキャップで包む

商品をエアキャップで包む

商品をエアキャップ(プチプチ)で包みます。外せるパーツは本体から取り外し、個別に包んでください。

POINT:外箱がある場合、箱の状態も買取、金額に関係します。箱の外側もエアキャップで保護しましょう。

巻きダンボールの場合の使い方

3.底に緩衝材を引く

底に緩衝材を引く

ダンボールの底に余ったエアキャップや使わなくなったタオルなどを敷き、発砲スチロールがある場合は四隅に配置します。

巻きダンボールの場合の使い方

4.商品を入れ隙間を埋める

底に緩衝材を引く

商品をダンボールに入れ、使わなくなったタオルや丸めた新聞紙などで隙間を埋めます。

POINT:輸送により振動や衝撃が加わり、破損するケースがあります。大切な商品を守るため、十分な梱包をお願いします。

5.ダンボールを閉じる

ダンボールを閉じる

ダンボールのフタをガムテープで止めます。フタが盛り上がったり、デコボコだと破損の原因になりますので、お困りの際はお電話でご連絡ください。

6.ダンビールを揺らして音がしないかを確認

ダンビールを揺らして音がしないかを確認

出来たダンボールを揺らして、音がするようであれば梱包が不十分です。輸送中に商品が壊れてしまわないよう、新聞紙などで隙間を埋めてください。

梱包材の種類と使い方

  • ダンボール
    ダンボール
    組み立てて、底をガムテープで十字に止めて使います。
  • エアキャップ
    エアキャップ
    商品を包み、輸送時の衝撃から守ります。外せるパーツは個別に包むことで輸送時の破損を防ぎます。ダンボールの底に敷く使い方もあります。
  • 巻きダンボール
    巻きダンボール
    商品が四角形でない場合などに直接巻きつけて使うタイプのダンボールです。ダンボールの底に敷く使い方もあります。
  • 発泡スチロール
    発泡スチロール
    ダンボールの四隅に入れ、その上に商品を置くことで床からの衝撃を減らします。家電製品の脚などが輸送中に折れてしまうリスクを減らすことができます。余った発泡スチロールをカットして作ることもできます。
  • 新聞紙やタオル
    新聞紙やタオル
    ご自宅の使わなくなったタオルや丸めた新聞紙は緩衝材として使えます。商品を包んだり、商品どうしの間やダンボールの隙間に丸めて詰めることで、輸送時に商品どうしがぶつかるのを防ぎます。

梱包のポイント

  • 底は折り込まない

    ダンボールの底は折り込まずにガムテープで十字に止めます。

  • ガラス面、液晶面など壊れやすい部分

    ダンボールなどをあてて補強します。

  • 伸び縮みする部分や稼働する部分

    輸送中の揺れで破損しないようにテープで固定します。

  • キャスターや脚などの突起部分

    輸送中に破損しやすい部分のため、念入りに包みます。

スピード集荷について[ヤマト運輸] 宅配キット送付 宅配買取について[佐川急便] らくらく家財宅急便について[ヤマトホームコンビニエンス]
 

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

3つの買取方法をご紹介!

出張買取 店頭買取 宅配買取

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!