カメラレンズ買取|カメラレンズの買取価格や相場、気になる中古レンズの査定金額

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

カメラレンズの買取

高く売れるドットコムでは、カメラレンズの高価査定を行っております。 使わなくなったレンズがございましたら、是非、無料査定をお試しください。カメラに熟知した専門スタッフが査定、買取、そしてお支払いまで一括してサポートさせていただきます。不要なカメラと一緒に査定に出すと、さらに買取額が上がる可能性がございます。
まずは、Webまたはお電話で査定料・送料が完全無料の高く売れるドットコムへ買取依頼をお申し付けください。

レンズの買取実績

※買取実績は製品の状態や買取時の市場間によって常に変動いたしますので、あくまで参考価格となります。

カメラレンズ|メーカー別の買取相場

中古市場で人気のあるカメラレンズとその買取価格を一部紹介します。

キャノンレンズ

CANON 望遠レンズ( EF600mm F4L IS II USM )新品
買取価格はレンズ単体でも~730,000円と高額買取の対象商品となります。特に望遠レンズは買取市場でも人気の品でございます。もし使っていないのであれば高額買取のチャンス!

キヤノン製品はカメラ好きの人ならデビューした当時から今に至るまで、ずっと愛用してきた方も多いのではないでしょうか。カメラレンズ自体もお手頃な部類に入り、他メーカーで同程度の機能をもったカメラレンズも1万円ほどの差がでることもあります。買取市況においても、人気のキヤノンシリーズということで、状態によってご納得いただく買取をさせていただいております。
→キャノンレンズの買取価格を見る

シグマレンズ

シグマ(SIGMA)のレンズ
買取価格:約2,000円~110,000円程度
ペンタックスマウント系のカメラレンズ約12,000円~62,000円

シグマレンズは価格もお手頃で初心者にもとっつきやすいレンズが多く、初心者から上級者まで幅広く愛されているレンズの一つです。メーカー純正のレンズという立ち位置ではなく、レンズのみを販売するサードパーティーメーカーとして名を馳せている印象です。純正のレンズでももちろん良い撮影ができる事は間違いありませんが、カメラとセットでの購入は高額になってしまうことも多く、シグマレンズを活用することでコストを抑えることが可能なのです。もともと人気の商品ですので、買取市場でもメジャー製品です。
→シグマレンズの買取価格を調べる

タムロンレンズ

TAMRON(タムロン)レンズ(SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 A025N Nikon用)
タムロンレンズはレンズ単体でも~78,000円と高額買取の対象商品となります。

高倍率ズームのレンズといえばタムロン。という周知されるくらいに高倍率ズームに力をいれています。更に重く、かさばりがちなレンズの中でも比較的軽く、旅行等にももっていきやすいレンズです。安価、軽い、綺麗と3テンポ揃ったこのレンズは気楽に撮影できる点でも人気のレンズメーカーです。
→タムロンの買取価格を調べる

ニコンレンズ

Nikon AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR レンズ
買取価格:1,200,000円
Nikon AF-S NIKKOR 500mm F4G ED VR
買取価格:346,000円

人気の高いカメラレンズメーカーの一つです。カメラレンズのラインナップが豊富で、初心者用から上級者用まで幅広く対応しているところが魅力です。元々は軍用光学兵器を作っていたことからその丈夫さには定評があり、カメラ本体の製造も行っているのでセットで買取依頼をするとより高額で売ることが可能になります。
→ニコンレンズの買取価格を調べる

レンズの買取相場

レンズはカメラ本体に比べると、買取価格が安定していて高値がつく傾向にあります。そのため保存状態が良好な場合には製造年が古くても値崩れを起こしにくく、買取に出しやすい製品といえます。

メーカーによる査定額の差もあまりなく、あくまでレンズそのものの価値で買取価格が決まるので、普段から丁寧に使用してきたかどうかがポイントになるでしょう。

一般的な標準レンズや、遠くを撮る遠望レンズ、小さなものを撮るマクロレンズなどその用途に合わせた性能のレンズがあり、レンズの買取価格はその性能や種類、レンズの状態によって大きく変わってきます。特に、70-400㎜などの長玉と呼ばれるレンズは人気があり、買取価格が高くなる傾向にあります。

また、プロ用、アマチュア用などの違いもありレンズの種類は膨大で、それに伴い買取価格も数万円~100万円以上と非常に幅があるのが特徴です。状態がいいことにこしたことはありませんが、性能がいい製品であれば、多少状態が悪くてもそれなりの買取価格がつく可能性はあるといえます。

カメラレンズを高額買取するために

カメラレンズの中古買取

中古買取相場は、その時々の中古市場の流れや査定に出していただくレンズのご状況に左右するため、明確にご提示することは大変難しいのです。基本的には中古レンズの買取市場では、新しい商品であるほど高く売れる傾向にございます。

また、売り出すレンズも購入した当時に状態が近く綺麗であるほど価格も高くなります。箱やレンズ保証書、キャップ等は失くさないようにしっかりと管理しておきましょう。

中古市場の相場も価格も変動しているのであれば、いつ売り出せば良いのか悩まれる方もいらっしゃると思います。上記の通り、レンズは全体的な傾向として、古いものほど買取価格が下がっていってしまうので、「売りたい!」と思った時にまずは査定に出してみて、買取価格を把握しましょう。

カメラやレンズは入れ替わりが大変激しい商品ですので、利用しないものを大切に温めておくよりかはサッと売り切ってしまい、その資金を次に当てることをおすすめいたします。

中古相場の目安

中古レンズの買取相場は市場や状態によって大きく変わる!レンズは新しい方が買取額が高くなりやすい!まずは査定に出すことがおススメ!売り時は売りたいとき!

カメラレンズを高価買取にするコツ

どのようなカメラレンズも清潔な状態であれば、多かれ少なかれ査定額をあげることが可能です。同じレンズでも状態によって、買取額が変わってしまうので下記の項目をチェックし、査定額を下げて損をしないようにしましょう!

ホコリやカビのクリーニングを行う

レンズに付着したホコリや指紋、細部に挟まった小さなゴミ等は綺麗に拭取って査定に出しましょう。

  • レンズはクリーニングクロスで拭取っておく
  • ホコリがついていればブロアーを活用する
  • カビが生えていないか確認する

レンズ内にカビが付着し、撮影した写真に影響を与えるような状態では、レンズの査定額を下げてしまうことになります。少しでも高く売却するためには、ご自身でできる範囲のクリーニングを行うことをおすすめいたします。

付属品をつける

レンズを査定に出す前にその他に売却できるものがないかご確認ください。買取サービスは付属品が揃っていて、カメラをすぐ利用できる環境が整っているほど査定額も高額となります。

いまは利用しなくなったカメラ、三脚、その他のレンズ等…レンズだけでなく撮影に関連するものであれば、お持ち寄りください。また、レンズの外箱や説明書・保証書、キャップやフード、ストラップ等も付属品となりますので、これらもまとめて査定に出してください。

複数点を一度に査定に出す

使っていないレンズが複数点あるならば一緒に買取査定に出しましょう。一つずつ査定に出すよりも高値がつく可能性があります。

カメラ保管時の管理について

できるだけ湿気を避けて保管する
カメラのレンズは湿気が大敵です。湿気があるとカメラのレンズにカビが生えることがあり、買取価格が大きく下がってしまいます。
使用後はホコリを取ってから保管する
レンズの内側にホコリが入ってしまうことも買取価格が下がる原因になります。レンズを使用したら、必ずカメラ専用のブロアーなどを使ってホコリをはらってから保管しましょう。特にズームレンズはホコリが入りやすいという特徴があるので、注意が必要です。

レンズやカメラが高く売れるタイミング

カメラやレンズは製造年が新しいほど高値がつく傾向があります。新製品が発売されると旧モデルの中古品の買取価格も下がります。

カメラに比べるとレンズは買取価格が崩れにくいアイテムではありますが、保管状態による劣化で大きく価格が下がることにも注意が必要です。中古市場でも非常に人気が高いアイテムなので、状態が良好なうちに買取査定に出すのがおすすめといえます。

一眼レフカメラのメーカー別買取相場や高価買取のポイントについては、以下より詳細をご覧ください。
一眼レフカメラの買取について詳しく調べる

カメラレンズの買取を依頼する前に確認すること

カメラレンズをいきなり査定に出すのではなく、査定前にいくつか確認をしておきたいポイントがあります。あらかじめそのポイントを確認しておくことで査定がスムーズに進みますので、できるだけ確認しておくようにしましょう。

レンズの基本情報

製品の型番やメーカー、購入年などを確認しておきます。査定の際に必要な情報ですので、正確に把握するため、取扱説明書や保証書で確認するといいでしょう。

カメラレンズの状態

レンズはとても傷つきやすくデリケートなアイテムです。ホコリやカビがレンズの内側についてないか、レンズが曇ってしまっていないかなどの点は特に重要です。

これらの問題が生じていると画像を撮影したときに一緒に写ってしまい、レンズが使いものにならなくなります。レンズを分解して内部をメンテナンスできる場合には買取が可能ですが、その場合も買取価格が大きく下がってしまう可能性が高いでしょう。また、メンテナンスができないものだと、買取できないことがあります。

一方で、高性能な製品は傷があるものやジャンク品であっても、ものによっては買取可能なことがあるので、迷ったら一度査定に出すのもおすすめです。

レンズの買取は店頭?宅配?出張?おすすめはなに?

店舗?宅配?出張?おすすめの買取方法

高く売れるドットコムでは3種類の買取手法をご用意!お客様ひとりひとりのご都合にあった買取の方法をご案内しております!

店頭買取

その場ですぐに査定から買取までスピーディにすましたい方はがおすすめです。店舗がお近くにある場合やその周辺でご予定がある際にふらりとお立ち寄りください!予約等は必要なく、買取商品と一緒にご来店いただくだけで大丈夫です♪

宅配買取

店舗に行く暇がないor近くに店舗がない場合や、査定に出す製品が多い場合は、手間なく自宅で段ボールに詰めて郵送いただいく宅配買取がおすすめです。

出張買取

買取製品が多いのにプラスして、一つ一つの商品が大きく段ボール等を利用しても入りきらない!といった場合は弊社スタッフが実際に家にお伺いし、その場で査定を行う出張買取が人気です!

どの買取方法も利用料金は一切かかりません。カメラの専門知識を持ったスタッフが査定~買取まですべて対応いたしますので、売りたい商品の大きさや個数、またご自身の状況などを考慮なさって、一番最適な買取方法をお選びください。査定の後に改めてこちらからご案内させていただきます。

上記の買取手法は、首都圏の東京、神奈川、埼玉、千葉から大阪・京都、仙台、北海道…全国どこのエリアでも対応可能でございます。まずはスピード査定から買取相場をご確認ください♪

カメラの買取におすすめなのは

カメラの買取で一番ご好評いただいているのは宅配買取です!

売りたいカメラキャップや保証書、交換レンズ一式や脚立などをお届けする梱包資材(段ボール・緩衝材)に入れて発送(送料無料)するだけ!ご自宅にいながらカメラ・レンズを簡単に売却できるので、忙しくてなかなか時間が作れない方、また、ご自宅の近くに店舗が無い方にご利用頂いております。

お客様のご要望に合わせて、柔軟に対応いたします。ぜひご相談ください。

カメラレンズの買取でよくある質問

カメラレンズの買取QA

カビの生えたレンズは買取できますか?

はい、カビの生えたカメラレンズも買取対応しています。

ただし、査定時にレンズにカビが付着していると、買取額に響きますので、できる限り除去をして査定へ出すことをおすすめいたします。表面上のカビであれば、専用のクリーナー当で拭取るなどして簡単に除去ができますが、フィルター内部にカビが生えてしまい自分で対処できない場合はメーカー修理での対応となってしまう可能性もございます。無理にクリーニングを自力で行うと、繊細なレンズ部分を傷つけてしまう恐れ等がございますので、可能な範囲でカビは除去していただき査定時にご相談ください!

もし処分をお考えでしたら、まずは他のカメラとともに付属品としてご提示いただくことを推奨いたします。まずはお気軽にご相談ください。

レンズの箱や付属品がない場合は買取できますか?

はい、レンズの箱や付属品がなくても買取可能です。

ただし、通常の相場よりも買取価格は減額してしまいます。もしレンズ以外に三脚やカメラ本体、カメラ充電等がございましたら、併せて査定にご提出いただくことを推奨いたします。

レンズ以外の機材も売りたいのですが大丈夫でしょうか?

はい、問題ございません。

レンズ以外にカメラや三脚のような付属品をおつけいただけますと、その分買取額も単品でいただくよりも高額買取となりやすいでしょう。利用していないレンズやカメラがある場合はぜひご利用ください。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!