Mamiya(マミヤ) 買取|カメラ売るなら高く売れるドットコム

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

              

Mamiya(マミヤ)について

Mamiya(マミヤ)高価買取中!高く売れるドットコムでは、Mamiya(マミヤ)の高価査定を行なっております。 使わなくなったMamiya(マミヤ)がございましたら、是非、無料査定のご相談を! お電話または、お問い合わせフォームから、査定、買取、そして、お支払いまで一括してサポートさせていただきます。 「これいくら?」と感じたら、まずは査定料・送料が完全無料の高く売れるドットコムへ買取依頼をお申し付けください。買取可能なMamiya(マミヤ)の状態は、基本的にはどのような状態のものでも無料査定が可能です。例えば、下記のような例でも無料査定を行っております。※査定は可能ですが、査定額に影響する可能性はあります。

              

Mamiya(マミヤ)について

Mamiya(マミヤ)高価買取中!高く売れるドットコムでは、Mamiya(マミヤ)の高価査定を行なっております。 使わなくなったMamiya(マミヤ)がございましたら、是非、無料査定のご相談を! お電話または、お問い合わせフォームから、査定、買取、そして、お支払いまで一括してサポートさせていただきます。 「これいくら?」と感じたら、まずは査定料・送料が完全無料の高く売れるドットコムへ買取依頼をお申し付けください。

Mamiya(マミヤ)についてさらに詳しく

Mamiya(マミヤ)は、1940年に創立された中判カメラ・レンズの製造・関連機器の販売を行っている光学機器メーカー。
RB67シリーズや645シリーズでプロ用の中判カメラメーカーとしての地位を確立。1992年に合併してマミヤ・オーピー株式会社となる。デジタル一眼レフ「Mamiya ZD」などを発売し、現在は子会社であるマミヤ・デジタル・イメージング株式会社がカメラ事業を行っている。
マミヤは中判カメラの一時代を気づいたメーカーである。1940年にマミヤ6という、独自のバックフォーカシング形式の6×6cm判スプリングカメラを発売し、カメラの歴史に登場する。
1957年には世界初のレンズ交換式二眼レフ、1970年にはレボルビング機構を備えたマミヤRB67を発売するなど、独自のスタンスで発展してきたメーカーである。残念ながら、主要株主であった大塚商会グループの経営がうまくいかずに、中判カメラのみの開発へとシフトしていく。
2000年代、デジタルカメラの時代がくると、中判カメラの売り上げはなかなか伸びずに、コスモ・デジタル・イメージングへ営業譲渡し、マミヤ・デジタル・イメージングとなるも、2011年には一部のカメラや関連製品の販売、提供、マーケティングをPhase One社へ移管。現在では中判デジタルカメラをいくつか販売している。
中判デジタルカメラのユーザーはハイアマチュアからプロであり、彼らを満足させるような美しい写真がとれるカメラだということである。マミヤの売れ筋カメラであるマミヤ645DF はPhase One 645DFと同等の製品だ。デジタル一眼の中判はいくつかのメーカーが作っているが、型式としては非常に少ない。現在フィーチャーされているもでは「世界最高峰2130万画素 レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ」を自称するマミヤZDである。現在でも精力的にレンズの販売を行っている。

  • 家電
  • 楽器
  • カメラ
  • オーディオ
  • ホビー
  • 鉄道模型
  • パソコン
  • スマホ・タブレット
  • 自転車
  • 電動工具
  • ブランド
  • 時計
  • 美容機器
  • ナビ
  • カー・バイクパーツ
  • 教材
  • スポーツ用品
  • ゴルフ
  • 釣具
  • 農機具・業務用機械
  • 金・プラチナ
  • 骨董・絵画
  • その他

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!