2DIN カーナビ 買取|全国対応で高価買取・査定

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

2DIN カーナビ 高価買取中

高く売れるドットコムでは、2DIN カーナビを高価買取中です。

高く売れるドットコムでは、新品も中古品も送料・査定料一切無料!ご不要になった2DIN カーナビがございましたら、お気軽に買取査定のご依頼をお申し付けください。

カーナビの買取の前に知っておきたいこと

まず、買取を依頼する前に知っておきたいことについて紹介します。

カーナビの買取価格を決定するポイント

カーナビの売却を考える場合、査定に出す前に次のことを確認します。査定の際に必要になる情報は大きく分けて、以下の3つです。

  1. メーカー、型番
  2. 年式
  3. 状態

この3つの要素によってカーナビの査定金額をご提示しますので、本体に貼付された製品ラベルや、購入した際の外箱に印字されている型番、年式などをチェックし、買取前の査定にそなえて準備しておきましょう。

また、人気製品であるかどうかも買取価格にダイレクトにかかわってきます。2DINのカーナビの場合は、パナソニックやパイオニア、エクリプスといった有名メーカーの製品が高値で取引されることが多いです。

複数の買取業者を比較する

カーナビの買取を行っている業者はいくつもあります。形態においては、カーナビを専門で取り扱っている業者から電化製品全般をカバーしている業者までさまざまです。

買取価格の比較ももちろんですが、買取手段についても考慮しましょう。お店が近くにない場合でも、宅配買取や出張買取など、買取方法が選べる業者もあります。

自分が重視するポイントを明確にしておけば、業者選びの際に迷わなくて済みます。細かくチェックしておくと良いでしょう。

カーナビの売り時とは

カーナビの売り時については、電化製品全体にいえることですが、早く売ることが重要なポイントです。技術の進歩は日々着実に進んでいるので、製品の流行が過ぎ去れば買取価格は下落してしまいます。

特にカーナビの場合、記録媒体をHDD、メモリ、SSDへと変更したり、機能はワンセグ・フルセグがついたりするなど、新機種が続々発売されており、モデルサイクルが短いです。

買い替えをした場合は早急に買取を依頼したほうが良いといえます。なお、カーナビの使用年数が5年以上の場合は、買取価格がつかない可能性もありますので業者に相談してみましょう。

一方、多少年数が経っていてもカーナビのスペックによっては買取価格を大きく押し上げてくれる場合もあります。

具体的には、三菱電機が発売しているDIATONE SOUND.NAVI・NR-MZ90PREMIといったオーディオ一体型のハイエンドカーナビなどであれば、小売価格と比較した場合の買取価格は高い状態で続いているという傾向が見受けられます。

高く売却するために

高価買取にするためのコツを紹介します。今すぐにできることもあるので、査定を依頼する前には準備しておきましょう。

クリーニングをしておく

まず、カーナビのクリーニングを行っておきましょう。画面が指紋で汚れていたり、ほこりが目立っていたりすると査定金額に影響が出ることがあります。 汚れやほこりは落として、きれいな状態で査定依頼に出すことを心がけましょう。

付属品をそろえておく

外箱や、保証書、説明書、接続用のコードといった、購入時についていた付属品などが揃っていると、査定金額が上がりやすくなります。また、セットで使用していたビーコンやカメラなどがあれば、一緒に出しましょう。査定価格に加算される可能性があります。

取り外し・管理を丁寧に

ナビを取り外すときは配線などを傷つけないように注意しましょう。また、店舗買取の際は、輸送中に本体・液晶画面に傷がつかないようしっかりと保護をしておくのも大切です。

バージョンアップ、地図の更新をする

買取を考えている機種によっては、地図の更新を無料で行えるものもあります。売る前にメーカーのサイトを一度確認する、またはデータ更新用のソフトを使うなどすれば、データをバージョンアップさせることができます。

最新のデータが入っていることが確認できれば、より高い査定になる場合があります。

高く売れるドットコムの出張買取

2DINのカーナビの買取依頼ができる業者に「高く売れるドットコム」があります。高く売れるドットコムでは、2DINの買取には出張買取をおすすめします。

店頭買取や宅配買取では取り外しの際に壊れてしまったり、輸送中に液晶画面に傷がついたりといった心配がありますが、出張買取の場合はそういった心配はありません。

出張エリア内であれば、全国9カ所の拠点から自宅までスタッフがお伺いして、丁寧に取り外し、梱包・搬出しますので安心です。出張費用や手数料なども無料です。

また、売却したい製品が複数ある場合でも気軽に依頼でき、買取金額のアップにもつながりおすすめです。インターネット上で事前に査定額を知ることもできます。2DINのカーナビを処分しようとお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

2DIN カーナビについてさらに詳しく

カーナビとオーディオ&ビジュアル機能が一体のAVナビは、インパネへの収まりが良く操作性も良好。いまや市販カーナビの主流。
音の性能に特化したモデルや、地デジチューナーを内蔵したモデルなど、様々なタイプのナビが販売されている。
DINはDeutsche Industrie Normen、ドイツ工業規格のことである。
幅180 mm × 高さ50 mm が1DINとして定められており、2DINカーナビはその高さが2倍となる幅180 mm × 高さ100 mmサイズである。この寸法はISO7736に定められており、大本はDIN75490である。幅と高さの規定はあるが、深さの規定はない。そのため、海外などではDIN規格を守っていながらもカーオーディオのスペースに収まりきらないDINカーナビが存在する。
2DINカーナビはAV一体型で、一台あれば音楽も動画も楽しめるというメディア・センター的な役割を果たす。デメリットとしては、何か一つの機能に問題が生じた場合、一台丸ごと修理または交換が必要になるという点、運転席からだと視線を動かさないと使えない、といった点である。
シリーズとしてはパイオニアのサイバーナビ、楽ナビLite、クラリオン、ストラーダなど、種類が豊富である。ケンウッドや三菱電機などのカー用品の専門業者ではないメーカーでも製造している。メリットとしては、カーオーディオのスペースに収まるので、邪魔にならない、一台で色々な機能を備えており、他にAV機器を揃える必要が無い、などがあげられる。修理のときは大変だが、一台あれば何でも済ませられるというのはスペースが限られた自動車という空間では非常に有用である。ポータブル型の次に人気があるのがこのタイプだ。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!