鉄道模型社 買取|相場価格を調べるなら無料の事前査定

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

鉄道模型社 高価買取中!

高く売れるドットコムでは、鉄道模型社の鉄道模型の高価買取を実施しております。完全無料査定でお見積もりから買取、お支払いまでのフルサポートを行っております。

部屋の整理や新しい鉄道模型社の模型を購入の為、資金にしたい。などのご要望がありましたら、お気軽にご相談ください。

また、個人様、法人様問わず買取を行っておりますので、大量の鉄道模型社の鉄道模型の買取もお任せください。これまでにも100台単位で買取させていただいた例もございます。

もちろん一体一体をリアルタイムの相場に合わせた査定を行います。「鉄道模型社の模型をすぐに現金化したい。」など、お客様のご要望もなんなりとお聞かせください。

鉄道模型社の製品を少しでも高く売るには

鉄道模型社の製品は、同じ型番・年式の製品であっても状態によって査定額が変動します。ここでは、より高い査定額を狙うためのコツなどについて、いくつか紹介します。

未使用品の方が買取額が高い

製品の状態が新品に近いほど買取額が高くなります。したがって、組み立て式の模型の場合は完成品よりも未完成品の方が高くなります。

未完成品が手元にある場合、買取に出す前に手を加えることはせず、そのまま出すことをおすすめします。その際は、パーツの不足がないように、しっかりと確認しておきましょう。

また、組み立て後や走行後の製品であっても価値はありますのでご安心ください。

説明書・付属品をそろえる

説明書や付属のシール、線路のパーツなど、車体以外のものでも査定の判断材料になります。付属品が揃っているのであれば、一緒に買取に出しましょう。

外箱に関しても同様で、多少傷んでいても購入時に製品が入っていた箱の中にいれて依頼に出すことがポイントです。未完成のパーツが入っていたビニール袋でさえ、あるのとないのでは査定額に違いが出ることがあります。

清掃をしておく

保存状態は、買取金額にダイレクトに影響します。特に、完成品を部屋に飾って保存していた場合は、ほこりなどをしっかりとふきとってから査定に出しましょう。

走行させていた場合、レールに付着した汚れが車輪についてしまっていることがあるので、チェックしておいてください。市販のクリーナー液を綿棒にしみこませて掃除すれば、よりきれいに仕上がります。

その際、金属製品はサビが起きないように注意が必要です。動力車などで作りが複雑なものは、無理して分解して掃除する必要はありません。表面をふき取るだけにとどめておきましょう。

また、保管場所で喫煙があったか否かによっても査定金額は上下します。売ると決めたものは、できる限り喫煙環境に置かないことをおすすめします。

まとめて買取依頼する

買取をしたい製品が複数ある場合は、同じ業者にまとめて買取に出すことをおすすめします。製品数が多いと、買取コストがかからない分、金額がアップをすることがあります。

複数の業者に分けて売るよりも、まとめて一つの業者に売るようにしましょう。

「売りたくなった時」が売るタイミング

鉄道模型社の製品は、売るタイミングを見極めるのが難しい商品です。というのも、メーカーが廃業しているため、この先、中古市場で価値が上がる可能性がないとは言い切れません。

「うちの鉄道模型社の製品はいくらくらいで売れるの」と思われたときは、一度、査定に出してみることをおすすめします。

とはいえ、「必要がなくなった」「保管スペースがないから売りたい」という場合は、その時が売り時と言えますので、査定に出してみるのもおすすめです。

高く売れるドットコムの出張買取

高く売れるドットコムでは出張買取も行っており、全国9か所の拠点からお客様のご自宅まで出張して買取をします。

鉄道模型のような繊細な商品は、出張買取がおすすめです。持ち込みなどの手間も省けるので便利です。一般的に、出張買取は手数料がネックになっていますが、高く売れるドットコムでは、出張費用や手数料などは一切かかりません。

また、買取したい製品が大量にある場合も大歓迎です。お電話やインターネットで、おおよその査定も行えます。お気軽にご相談ください。

戦前からの歴史 鉄道模型社について

鉄道模型の業界には、多くのファンや愛好家が存在するのと同様に、多くのメーカーが存在します。
しかし、そんな鉄道模型メーカーの中には現在に至るまで廃業や倒産をしたメーカーも少なくありません。今回ご紹介する鉄道模型社も、そんな廃業した鉄道模型メーカーのひとつです。
鉄道模型社の歴史は古く、戦前の頃には既に模型屋としての商売を開始しており、戦後も「16番ゲージ」のスケールで代表的なメーカーとして知られていました。 その後はカワイや天賞堂などと共に鉄道模型メーカーとしての地位を確立し、1970年代以降は、他社との差別化を図る目的で独自の鉄道模型生産を進めるようになっていきます。
道模型社製の鉄道模型の特徴は、主にエッチング処理された車体に各種パーツを組み合わせたものを組み立てていく「組み立てキット」が主流でした。とはいえ、通常の腕では組みたてることすらままならないほど高度な技術が要求されるキットがほとんどで、コアな愛好家以外は敬遠されることも多かったようです。
その後1996年に創業者の鳥飼政治氏が亡くなると共に鉄道模型社は廃業しますが、その後独立したメーカーも存在しており、人材育成の面でも優秀な企業であったことが伺えます。
鉄道模型社の鉄道模型は、その重厚さと精密さを兼ね備えたディティールから現在に至るまで根強い人気があり、オークション等で高値で取引される例も少なくありません。 組み立てが難しいからこそ挑戦しがいのある鉄道模型社は、今でも愛好家たちの心をつかんでいるのです。
前述したとおり、鉄道模型社(てつどうもけいしゃ)はかつて日本に存在した鉄道模型メーカーです。
16番ゲージ(1/80:16.5mm)創世記に日本ではおよそ初といえる引き抜きレール(それまでのガラレールとは全く違う、ちゃんと実物のレールの形をしたもの)の製品や、火花を散らしながらの本格的モータを発売するなどカワイモデルと並び数々の真鍮製鉄道模型製品を送り出し、普及に貢献したメーカーです。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!