LUXMAN(ラックスマン )買取|査定から売却まで一切無料

電話で買取価格を調べる

0120-945-991

[ 年末年始除く 9:15~21:00 ]

60秒で簡単入力 買取価格を調べる!

LUXMAN (ラックスマン)は日本の音響機器メーカーで、機能性の高さだけでなくデザインの良さでも知られています。

音質にとことんこだわった製品づくりをしているため人気が高く、多くの音楽愛好家に愛されています。

中古市場でも需要が高いため、LUXMAN (ラックスマン)のオーディオ機器が不要になったときは、ぜひ買取依頼を検討してみましょう。

この記事では、LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーの買取相場を調べる方法や高く売るためのコツをご紹介します。コレクションの整理や新しいオーディオ機器への買い替えなどの際は、ぜひ参考にしてください。

LUXMAN (ラックスマン)スピーカーの買取前に確認したいこと

ラックスマン買取のポイント

スピーカーをはじめ、オーディオ機器を売るときには、きちんと作動するかどうかが最も重要なポイントです。

売る前には動作確認のために実際に音を出してみて、問題なく音が出るかどうかを確かめておきましょう。特に、長い間使用していなかったものの場合、動作確認をすることは大切です。

査定時には、シリーズ・型番・商品名・製造年などの情報が必要になります。

これらの情報は本体の目立たない箇所や取扱説明書などに記載されているので、事前に確認しておくと査定がスムーズに進むでしょう。

本体の汚れやキズなどもチェックしておきます。明らかに破損している場合や故障している場合は買取不能になることがあります。

故障や破損がある場合は、その程度も確認しましょう。お店に持ち込んで査定してもらう場合は、スタッフが見れば分かりますが、電話やWEB上で事前査定をする場合は、製品の状態を正確に伝えましょう。

LUXMAN (ラックスマン)の買取金額の相場を調べる方法

ラックスマンの買取金額

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーを売ろうかどうかを検討する際、事前に大体の買取価格を知りたいと思われるかもしれません。

そんなときは、買取価格の相場を調べてみましょう。

身近にオーディオ機器に詳しい友人や知人がいれば、尋ねてみることができるかもしれません。

しかし、もっと正確で便利なのはインターネットで調べる方法です。WEBからの無料査定を行っている買取サービスを利用して、査定額をチェックしてみましょう。

無料査定フォームにしたがって、メーカーや型番、商品名などを入力していきます。商品の状態や付属品についても入力すると、それだけで買取金額の相場を教えてくれます。

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーは中古でも高値で取引されているので、思ったよりも買取価格が高いということもあるかもしれません。売ろうかどうか迷っているときは、無料査定を賢く活用してみましょう。

LUXMAN (ラックスマン)(LUXMAN)のは中古市場で人気が高い

ラックスマンの中古市場

中古市場でも非常に人気の高いLUXMAN (ラックスマン)のオーディオ機器は、季節関係なく1年を通して安定した買取相場になる場合が多いです。 年数が経過していても納得の買取査定が付く可能性があります。ぜひ処分や買い替えをご検討なら無料査定を受けてみることをおすすめします。

オーディオアンプの買取情報についてはこちらを参考にしてみてください。高く売るためのコツなどご紹介しています。

こちらもチェック:オーディオアンプの買取相場・高く売るコツ

LUXMAN (ラックスマン)アンプの買取実績

こちらの金額は買取ったアンプの状態や当時の相場に基づいたものです。ぜひご参考ください。

中古 LUXMAN ラックスマン M-06α パワーアンプ ステレオ オーディオ

2018/07/11 買取価格:32000円 一般中古(C)

喫煙環境下で使用されていて、ヤニの付着・臭いありという状態です。本体のみで買取いたしました。

中古 LUXMAN ラックスマン C-06α コントロールアンプ オーディオ 音響

2018/07/11 買取価格:32000円 一般中古(C)

動作に問題なし、外観に使用感はなく大きな破損もなく高額で買取させていただきました。

中古 LUXMAN ラックスマン LX33 管球式 プリメインアンプ 真空管 音響機材

2018/07/09 買取価格:40000円 一般中古(C)

ガリ音がありましたが、その他の動作に問題なく。宅配買取にて買取させていただいました。

LUXMAN USB D/Aコンバーター DA-06 DAC オーディオ アンプ 音響 機材

2018/07/02 買取価格:70000円 一般中古(C)

出張買取にて買い取らせていただきました。使用感はあるものの破損もなく動作問題なし。付属品としで電源コードやUSBケーブル、説明書・ディスクがついており買取額も上げさせていただきました。

ジャンク LUXMAN L-504 プリメインアンプ

2018/07/03 買取価格:4000円 ジャンク(J)

全体的に傷や汚れが目立ちスピーカー端子は破損。動作不安定・音もノイズありのためジャンク品として買い取らせていただきました。

中古 LUXMAN L-507uX プリメインアンプ

2018/07/02 買取価格:193000円 程度良好(B)

大きな破損なし。小さな打痕がある以外綺麗で良好な状態でした。動作も安定していたため高額買取させていただきました。

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーが高く売れる時期は?

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーを売るときは、できるなら少しでも高く売りたいと思われることでしょう。

一年を通して、「この時期が高く売れる」という時期はあるのでしょうか。

オーディオ機器が最も売れるのは、一般的に春から夏にかけてといわれています。

春はサークル活動や部活動、習いごとなどを始めることが多いため、夏はバンド活動が盛んになるため、音響機器の需要が高まります。

とはいえ、オーディオ機器は季節商品ではなく、年間を通して売れるものです。

春から夏が売れやすいとしても、秋冬との差がそれほど大きいわけではありません。

いろいろなことを考え過ぎて売り時を逃してしまわないようにしたいものです。

スピーカーなどのオーディオ機器は、保管状態によっては気温や湿度などのせいで状態が悪くなり、音質に影響が出てしまうことがあります。

また、スピーカーは大きなものも多く、保管するのにスペースも必要です。

こうした点を考えると、手放そうと思い立ったときが一番の売り時といえるでしょう。

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーを少しでも高く買取ってもらうには

ラックスマンを高く売るために

スピーカーなどのオーディオ機器は、ちょっとしたことで査定額が変わることがあります。

売るときには高く売るコツを知って、少しでも高くなるようにしましょう。

付属品をそろえておく

査定に出すときは、本体だけでなく購入したときについていた付属品もそろえておきましょう。

スピーカーの付属品とは、外箱、取扱説明書、保証書、コード、リモコンなどです。

こうしたアイテムがあるかどうかで、査定額に大きな違いが出ることがあります。

取扱説明書には付属品の一式が掲載されているので、どのようなものがあるか確認し、できるだけそろえておきましょう。

きれいに掃除する

オーディオ機器の状態も重要なポイントです。スピーカーなどの音響機器は精密機械ですから、少しの汚れやホコリが音質に影響することもあります。

そのため、キズや汚れ、ホコリ、タバコのヤニなどは細かくチェックされます。

査定に出す前に、こうした汚れやホコリはできるかぎり取り除いて、きれいにしておきましょう。

スピーカーを掃除するときは、水や洗剤を使わずにお手入れをします。まず、表面を乾いた布で拭いて、見える部分のホコリや汚れなどを落とします。スピーカーユニットについているサランネット部分もホコリがたまりやすい場所です。

サランネットを取り外して、力を入れないように注意しながらやさしく拭きましょう。

スピーカーユニットの盛り上がっている部分をエッジといいますが、この部分も布の端などで軽くなぞると、ホコリが落ちてきれいになります。

最後に、コードやコンセント部分もきれいに拭いて掃除しておきましょう。

複数のオーディオ機器を同時に売る

コレクションを整理したいときなど、売りたいオーディオ機器がほかにもあれば、この機会にまとめて査定に出しましょう。

スピーカー一つだけではそれほど値段がつかなくても、ほかのものと一緒に売ることで、ある程度の値段がつくこともあります。

LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーであれば、別売りのケーブルを購入している人も多いでしょう。

ケーブルも、ものによってはある程度の値段がつくことがあります。もう必要ないのであれば、ケーブルもまとめて売りに出しましょう。

あきらめずに査定に出してみる

LUXMAN (ラックスマン)のものでも、キズがついていたり、古かったりすると、売るのをためらってしまうかもしれません。

確かに、キズや汚れが原因で査定額が下がってしまうことはありますが、LUXMAN (ラックスマン)にはファンが多いため、中古でも高値で買取されています。人気モデルや新しい製品などなら、想像以上に高額の査定となるかもしれません。

古いスピーカーの場合はどうでしょうか。一般的にスピーカーは、新しければ新しいものほど高値がつきます。

しかし、LUXMAN (ラックスマン)のスピーカーは年式にはあまり関係がありません。LUXMAN (ラックスマン)の古い年式のスピーカーは、ビンテージスピーカーとして好まれることも多いようです。

古いスピーカーを好む人もいるので、古いスピーカーこそ高値がつく、という場合もあります。

そのようなわけで、年式が古いからといってあきらめてしまわずに、まずは査定に出してみましょう。

売るかどうか判断するのはその後でも良いのです。

さらに多様化するデジタルオーディオ機器との連携にも対応可能で、DLNA1.5に準拠したネットワークオーディオ機能が搭載されているため、WindowsPCからのリモート再生や、インターネットラジオの再生、果てはJPEGの表示にも対応しています。
フロントドア内部には、iPodやiPhoneと連携可能なUSB端子も搭載されている他、Bluetoothレシーバーも内蔵されていますので、対応プレイヤーからのワイヤレス再生も可能と、まさにオールインワンの名にふさわしいアンプに仕上がっているといえるでしょう。
マランツは、日本国内のみならず海外でも高い評価と人気があり、高級オーディオメーカーの一翼を担う存在といわれています。 そのため、買取価格もおのずと高くなり納得の相場で売ることができますよ。本物の音を追求したいのであれば、オーディオシステムの中にマランツの製品を組み込んでみたいものです。

コールセンター(年末年始除く9:15~21:00)

0120-945-991

60秒で簡単入力
WEBから無料査定

買取価格を調べる!