軽自動車の買取相場を知って、高額査定を狙う方法を徹底解説

人気の高い軽自動車は、中古車市場でも高値で取引されています。軽自動車を少しでも高く買い取ってもらうには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。この記事では、高額買取のためのポイントや軽自動車売却の手続きについても説明します。
車高く売れるドットコム

軽自動車の買取相場を知って、高額査定を狙う方法を徹底解説

気軽に乗れて維持費も抑えられる軽自動車は、近年人気が高まり、優れた性能を持つ新車が続々登場しています。中古車市場でも、車種や状態次第では普通車以上の価格で取引されることもあるほどです。

そんな軽自動車を少しでも高く買い取ってもらうために、高額買取してもらうためのポイントや売るときの手続きなど、軽自動車を売却する前に知っておきたい情報をまとめてご紹介します。

あなたの愛車の最高買取価格は?

車高く売れるドットコムドットコムの一括査定

カンタン45秒入力!
最大8社の買取専門店が一括査定

車高く売れるドットコムで無料査定する

軽自動車の買取相場を知ろう

軽自動車の買取相場を知ろう

軽自動車を売りたいと思ったら、いくつかの買取業者に査定を依頼し、少しでも高く買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。そのためにはまず相場を知って、自分の車がどのくらいの値で売れるのか、ある程度の目安をつけておくとよいでしょう。

相場のチェックにはインターネットが便利

相場を調べる最も手軽な方法は、インターネットの利用です。買取業者の中には、ホームページで車種や車の状態ごとに買取相場を明記していたり、簡単な情報を入力するだけで査定額を検出するフォーマットが用意されていたりする場合があります。ホームページをチェックするだけで、おおよその相場を知ることができるでしょう。

そのほか、一括見積もりサイトの利用もおすすめです。インターネット上には、多くの中古車販売業者を登録しネットワーク化したサイトがあり、買取相場を調べたり一括査定を申し込んだりできます。そのようなサイトでは、軽自動車の条件などを入力するだけで、複数の業者から見積もりが届きます。見積額や業者の比較をするのに役立つでしょう。

買取額が高い車の条件とは

新車で人気の高い軽自動車の車種は、当然、中古車市場でも高値が付きやすいでしょう。ダイハツの「タント」や「ムーヴ」、スズキ「ワゴンR」、日産「デイズ」、ホンダ「N-BOX」などは多くの業者で人気車種の上位にあげられています。

車種だけでなく、年式やグレード、カーナビなどの装備、ボディの色、走行距離、修理歴の有無なども査定額に影響する条件です。基本的に年式は新しいほど高く、色は白や黒、シルバーなどのほうがより高い値が付きやすいでしょう。走行距離が短く修理歴がなければ、さらに高値が期待できます。

廃車でも買取ってもらえることも

廃車でも買取ってもらえることも

高値の条件がそろわず廃車するような状態であっても、買取ってもらえる場合があります。ボディが破損していても、エンジンやミッションなどが良い状態であれば値段が付く可能性があるのです。

このような車は、一般の中古車販売業者ではなく、廃車専門買取業者に売却するのがおすすめです。廃車専門の買取業者なら、通常有料になる廃車手続き費用やレッカー代がかからず、無料で引き取ってくれることも珍しくありません。一般的には値が付かないような車でも、0円以上で買い取ってくれたりする場合があるので、一度相談してみるとよいでしょう。

車高く売れるドットコム

買取業者を決めよう

買取業者を決めよう

軽自動車を買い取ってもらう場合は、代わりの車を買うのか、買うのであれば新車か中古車かなどによって、適した売り先が変わります。買取業者は、主に以下の3つに分けられます。

新車ディーラー

購入を考えている新車があるなら、その新車を販売するディーラーで下取りしてもらうのも一つの手です。新車ディーラーでは、基本的に新車購入とセットで下取りをします。下取り価格を新車の価格から引いてくれるため安価で購入できます。

ただ、高値が付きにくく、状態の悪い車は手数料を払って引き取ってもらう場合もあります。

中古車販売店

中古車販売店ではそれぞれ得意とする車種やモデル、タイプがあり、得意とする車は他よりも高値で買取ってもらえることが多いため、売りたい車と同タイプの中古車を多く扱う店を選ぶとよいでしょう。買取った車は、その店舗または系列の店舗で販売したり中古車オークションに出されたりします。

中古車販売店の場合、業者によって買取価格に大きな差が出ることも珍しくありません。2、3社に見積もりを出してもらい、買取価格や条件を比較することが高値で売却するコツです。

車買取専門店

買取を専門に行い、買い取った車は主に中古車としてオークションに出し、国内だけでなく海外に輸出されることもあります。多様な販売ルートを持っていて、中古車としては高値が付きにくい車種や故障している車でも比較的高値で買取ってくれる傾向があります。

廃車を検討している場合は、廃車の買取専門店に相談してみると思わぬ価格で売れるかもしれません。買取業者によっては、廃車にあたって必要な手続きや書類の準備を代行してもらえることもあります。

廃車にするには、書類を揃えるなど面倒な作業が多く、還付金の手続きも手間がかかります。そうした一連の手続きを引き受けてくれることが多いため、手続きが苦手な人や時間がない人は検討の価値アリです。

買取査定額アップのための3つのポイント

買取査定額アップのための3つのポイント

実際に査定をする前に、軽自動車を高く売るためのポイントがあります。今からでも間に合う簡単なことなので、さっそくチェックし、査定額を少しでもアップさせましょう。

内装はできる限りきれいに

できるだけきれいな状態であることが高く売るポイントです。ついてしまった傷はどうすることもできませんが、洗車や掃除をしてできるだけきれいに見せることで、査定額アップにつなげましょう。

お金をかけてまでクリーニングする必要はありません。室内は掃除機をかけ、泥汚れなどはきれいに拭きとり、マット類も洗っておきましょう。目立つ汚れやシミは、できるだけ拭きとってください。

それまで使った愛車への感謝の気持ちも込めて丁寧に掃除することが大切です。もちろん、外装もピカピカにしておきましょう。

ドアを開けたときにタバコや動物のニオイがすると、査定額のマイナスにつながってしまいます。室内をしっかり拭き掃除するだけでも違いますが、消臭スプレーなどを使うのも有効です。

複数の業者から見積もりを取って比較検討を

相場を把握するには、複数の業者から見積もりを取ることが大切です。インターネットでは、一度車の条件などを入力すれば、数社の査定結果を出してくれるサイトもあります。できれば新車ディーラー、中古車販売店、買い取り専門店それぞれから見積もりを取り、条件を比較するのがおすすめです。

検討段階では比較検討中であることを隠さずに伝えることで、より良い条件を出してくれる場合があります。比較することは悪いことではありません。業者側も真剣に対応してくれる可能性が高いため、積極的に伝えましょう。

検討にあたっては、額面だけに注目せず、さまざまな条件を総合的に捉え、最も自分に適した売り先を選びましょう。

売り時は2月とボーナス前

中古車市場は年間を通して動向が安定していますが、それでも活発に動く繁忙期があります。一般的には、繁忙期は決算の時期と夏・冬のボーナス時期といわれています。

とくに3月は就職や引っ越しに合わせて車を買い換える人が増えるため、一年で最も忙しい時期です。この少し前の2月が、中古車の需要が高まる売り時です。

同様に、6月や12月のボーナス時期にも車を買う人が増えます。そのため、少し前の5月や11月も売りやすい時期といえるでしょう。需要が高まる時期を狙えば、良い条件で売りやすくなります。

軽自動車を売るときの手続きと必要書類

軽自動車を売るときの手続きと必要書類

軽自動車の売却手続きと必要な書類は、普通車に比べると少ないとはいえ、やはり手間がかかります。手続き自体は直接店舗に出向き、申請書に記入して提出すれば完了です。

しかし、事前に書類を準備する必要があるので、当日の手続きがスムーズに進むように余裕をもって揃えておきましょう。揃っていないと、車の売却自体ができないこともあります。

必要な書類のうち、車の所有者が用意するものは以下の通りです。

自動車検査証(車検証)

車検が通っていることを証明する書類です。常に車に備えておくべき書類なので、普段から車のグローブボックスなどに入っているはずです。ローンを完済していなかったなどの理由で車検証の所有者が販売店やローン会社になっている場合は、ローン完済のうえ、所有権解除の手続きと名義変更をしておきましょう。

紛失した場合は、所轄の軽自動車検査協会で理由書や申請書などを提出し手続きをすれば、即日再発行してくれます。

軽自動車納税証明書

自動車税をコンビニや金融で支払ったときに収納済印が押されて返却される証明書です。車検を通した都道府県内で売却する場合は、なくても問題ありません。異なる都道府県の買取店に売却する場合には、最新の軽自動車納税証明書が必要です。

車高く売れるドットコム

紛失した場合はお住まいの市区町村の窓口で手続きすれば、即日再発行してもらえます。有効期限があるので注意しましょう。

自賠責保険証明書

自動車を購入した際に加入が義務付けられている損害保険の証明書です。車とセットの補償であるため、売却時に提出する必要があります。売却後は、次の所有者に名義変更されます。

通常は、車検証と一緒にグローブボックスなどに入っているはずですが、紛失した場合は加入した保険会社に再発行を申請してください。再発行には数日かかる可能性があるので、早めに確認しておきましょう。

認印

普通自動車には実印や印鑑登録証明書が必要ですが、軽自動車の場合は認印で十分です。

リサイクル券

軽自動車を購入したときなどに、自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金を支払っており、そのことを証明する券です。通常は、車検証などと一緒に保管されているはずですが、紛失した場合は自動車リサイクルシステムのホームページにある「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷すれば代用できます。

リサイクル料は廃車時に必要なので、廃車をせずに売却する場合は戻ってきます。買取店によって査定額に含まれていたり、別途支払われたりと、扱いが異なるため確認しておくと安心です。

軽自動車の買取先選びは「車高く売れるドットコム」が便利

軽自動車の買取先選びは「車高く売れるドットコム」が便利</a>
<p>軽自動車を売却するときには、相場を知り、自分と愛車に一番あう買取業者を適切に選ぶことが重要です。そのために便利なのが、インターネットの一括査定です。</p>
<p>「車高く売れるドットコム」なら、全国200社を超える車買取専門店のうち、自宅近くの専門店最大8社が無料で一括査定を行います。簡単な情報を入力するだけで、厳選された買取店からメールか電話で連絡があります。じっくり話を聞いて、最も適した業者を選ぶことが可能です。</p>
<a href=車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

まとめ

大切な愛車を売るときには、できるだけその価値を理解し、正しく評価してくれる買取業者にベストな状態で買取ってもらいたいものです。そのためには、しっかりと相場を調べ、複数の業者から話を聞いて売却先を選び、車はできるだけ良い状態で見てもらうことが大切です。

手続きについても事前に準備を進めることで、トラブルのないスムーズな取引が期待できます。インターネットを活用し、納得のいく車の売却を実現しましょう。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード