古い車の維持費が気になりだしたら現在の車の価値を査定しよう

古い車の維持費について知りたい方に向けて、古い車を持つことでかかる税金や車検に費用、車両保険について説明しています。また、それら費用を考えたうえで車の売却を検討しようと思われた方に現在の車の査定額を検討する方法を紹介しています。
車高く売れるドットコム

古い車の維持費が気になりだしたら現在の車の価値を査定しよう

⼤切に乗っていた⾞は、古くてもなかなか⼿放しづらいという方も多いのではないでしょうか。

まだ乗れるからと古い⾞を⼿放すタイミングを先延ばしにしていると、新車に比べて多くの費用がかかります。

古い⾞に乗り続けることで、税⾦や車検費用など、車の維持費が高くついてしまうのです。

また、いざ古い⾞を⼿放そうと決意しても、⼤切な愛⾞の価値を分かってくれる買取業者を探すのは簡単ではありません。

所有する期間が長くなればそれだけ負担が重くなってくる車の維持費。

古い車の維持費を考えるなら、思い切って車を売却することも視野に入れてはいかがでしょうか。

愛車を少しでも高く売るための方法もチェックしましょう。

古い車の税金はこんなにも増加する

自動車税

ニュースで見聞きしたことのある方も多いかもしれませんが、近年では地球環境保護の観点から、排出ガスが少なく燃費のよい車に対してエコカー減税などの優遇措置が導入されています。

一方で、古い車に対してはより負担になる政策が取られているのが現状です。

車を持つとさまざまな種類の税金が徴収されます。

その中でも毎年かかる「自動車税」や「自動車重量税」は、古い車ほど負担が重くなる仕組みです。

自動車税は13年以上で増額

自動車税は、毎年4月1日時点での車の所有者に課せられる都道府県税です。

自動車の排気量によって税額が決まります。

平成27年度の改正により、新車を購入してから13年を経過しているガソリン車やLPガス車(ディーゼル車は11年以上)の場合、約15%の増加となりました。

参考:自動車税のグリーン化(環境配慮型税制)|東京都主税局

軽自動車税についても、新車を購入してから13年以上経過した場合、約20%もの増加となります。

参考:地方税制度|総務省

ただし、全ての車の税金が増額されたわけではありません。平成30年10月以降に購入した新車では、逆に自動車税が全ての排気量で引き下げられています。

たとえば2000cc以下の車の場合だと、およそ10~15%もの減税となるのです。

参考:地方税制度|総務省

自動車重量税も負担増に

自動車重量税は、車両の重さに対して0.5トンごとに税額が変わる税金です。

新車の場合は、新車登録する時点で初回車検までの3年間分を支払い、それ以降は車検時に2年分の自動車重量税を支払います。

この自動車重量税についても、古い車は負担が重くなりました。

自家用車の場合、新車登録~12年までの車に比べて13年~17年までの車は、車両重量0.5トンごとに年1,600円、18年以上だと年2,200円もの増税となっています。

参考:自動車の税金のしくみ|一般社団法人 日本自動車工業会

たとえば3トン車の場合、新車~12年までの車と比べた古い車の差額は、13~17年までの車は年9,600円、18年以上だと年13,200円です。

軽自動車の場合は一律で新車~12年までの車と比べた古い車の差額は、13~17年までの車は年800円、18年以上の車は年1,100円です。

それほど負担額でもないようですが、13~17年の軽自動車で24%、18年以上の車で33%もの増税になります。

このように、新しい車ほど負担を少なく、古い車ほど負担を重くする政策が取られています。

車を所有しているだけで毎年かかってくる税金ですから、少しでもその金額を軽減したいものです。

「いつの間にか車の税金が増えていた」という事態になる前に、車を手放すことも考えてみましょう。

車高く売れるドットコム

古い車にも車両保険は必要?

古い車にも車両保険は必要?

古い車に車両保険は必要ないと思っていませんか。

車両保険に入っていない方は、事故で全損になったときに備えて新しい車を購入する資金の準備はできているでしょうか。

古い車に車両保険は必要か

車両保険は、契約した車が損害を受けた場合に、修理費用などを補償してくれる保険です。

古い車の場合、もう車両保険は必要ないと考える方も少なくないのではないでしょうか。

一般的に車の価値は毎年下がっていきますので、車両保険で補償される金額も下がります。

ですが、実際にかかる修理代が下がるわけではありません。

仮に事故に遭った場合、貯金が十分にありすぐに新しく車を購入できるならともかく、そうではない場合は車両保険に加入しておいた方が安心です。

わずかな傷なら修理をしないという選択もありますが、全損となった場合、車両保険があれば補償金額が少なくても、多少は買い替え費用の足しにすることができます。

車両保険に入るときの注意点

車両保険は「一般型」と、より補償範囲が狭い「エコノミー型」の2タイプが一般的です。

どちらを選ぶにしても補償内容が各保険会社によって違いますので、内容をしっかりと確認しましょう。

補償金額は車の購入時の価格ではなく、時価で計算されます。新車に近ければ補償金額は高くなります。

しかし、10年落ち以上の古い車の場合は市場価値がほぼないものとみなされるため、補償金額だけで修理や再購入の費用をまかなうのは難しいでしょう。

古い車に乗り続けるならば、事故にあったときのリスクについても念頭に置き、保険だけでは補えない費用についても考えておく必要があるのです。

古い車は車両保険に入れない場合も

一方で、あまりにも古い車はそもそも車両保険に入れない、というケースもあります。

以前から継続して入っている場合はともかく新規加入の場合は、年式が古いという理由で断られることも珍しくありません。

また、保険になんとか加入できたとしても、今度は保険料が高額になりがちです。

一般的に車が古くなるほど保険料は値上がりします。

長年乗ってきて愛着のある車であったとしても、高額の保険料を毎月払い続けるのは経済的にも心理的にも負担がかかることでしょう。

通帳を眺めながらため息が出るようでしたら、思い切って車を手放すことも考えてはいかがでしょうか。

古い車の維持費

古い車の維持費

新しい車と古い車の性能の違いや、維持費の違いも確認してみましょう。

古い車に乗り続けると、日々の維持費も高額になってしまうのです。

ガソリン代やメンテナンス代が高くなる

古い車の場合、燃費性能が劣っているためガソリン代が高くなりやすい傾向があります。

最近の車は、各国の規制強化や技術の進歩により格段に燃費性能がよくなっています。

古い車は、走った分だけ日常的に消耗するガソリン代の差が広がっていくのです。

ほかにも、走行距離が10万キロを超えている場合、部品が劣化していたりエンジンオイルが古くなっていたりするため、さらに燃費が悪くなります。

そのうえ、古い車はメンテナンスもおろそかにしがちです。適切なメンテナンスをしないことで、劣化がさらに進みます。

エンジンオイルは定期的に交換することで燃費が向上しますが、古い車の場合、劣化した部品を全て修理や交換をしようとするとかなりの費用がかかります。

古い車だと車検代金も高額に

車に乗り続けるには定期的に車検を通す必要があります。

車検が切れてしまうと公道は走れません。車検には、事前整備や予備整備も求められます。

車は大切に乗っていても、年が経つほど劣化していくものです。

何もしないで放置しておくと故障する部品が増えていき、整備費用もかさんでいきます。

部品交換は、どこを交換するかによって金額が大きく変わります。

タイミングベルトなどは、それだけで数十万円することも少なくありません。

車検切れの古い車をそのままにしていませんか?

車

車検切れの古い車は、車検を通してからではないと売れないと思っている方も多いでしょう。

しかし、車検を通していない車でも、場合によっては買取ってもらうことができるのです。

車検切れでも問題のない理由

買取には、車検が切れている車だからといって大きな影響はありません。

買取った車を公道で走行させなければならないときは仮ナンバーを取得する方法もありますし、基本的に中古車の流通方法はレッカーによる陸送か船による船送だからです。

また、買取業者のほとんどが自社工場や提携工場を持っています。

車高く売れるドットコム

そのため、買取後に一般の価格よりも安く車検を通すことができるのです。

車検切れの古い車の査定額

車検が切れている場合、査定額が0円だったり、追加で処分費用を請求してくる買取業者があったりもします。

一方で、車検切れの車であっても思った以上の買取金額を提示してくれる買取業者もあるのです。

日本の中古車は基本的に車の状態がよいものが多いため、海外で人気があります。

仮に国内で再販売することが難しい車でも、海外への輸出ルートがある業者なら、値段がつく可能性は高いでしょう。

どうせ値段がつかないだろうと諦める前に、複数の会社の見積もりを出して比較してみましょう。

古い車の売却なら「車高く売れるドットコム」をチェック

車の査定が一括でおこなえる「車高く売れるドットコム」

古い車だからと売却を先延ばしにするのはやめましょう。車は、古くなればなるほど価値が下がっていきます。

車検切れの古い車だからどうせ売れないだろうと決めつけて買取時期を先延ばしにするよりも、複数の買取業者に買取価格を競い合ってもらう方が現実的です。

とはいうものの、どこの買取業者を選べばいいのか迷ってしまう方も多くいます。

そんなときは「車高く売れるドットコム」の一括査定を利用してみましょう。

車種や年式などの車両情報と連絡先などを入力するだけで、無料で複数の買取業者に査定を依頼することができます。

万が一、買取店との間でトラブルになった場合も、「車高く売れるドットコム」が仲介してくれるため安心です。

買取を考えている方は、お気軽に試してみてはいかがでしょうか。

車高く売れるドットコムで一括査定する

まとめ

古い車に愛着を持ち、もっと乗っていたいという気持ちは車を愛する人なら誰もが抱く感情です。

しかし、どんなに愛着のある車でも年数が経つと、自動車税や、車に乗り続けるための車検にかかる費用が高くなります。

それは、車両保険についてもいえることです。

そのうえ古くなった分、部品の劣化から修理費がかさむなど、車に乗り続けるための費用が高額になります。

車の費用が負担になったときが売却を考えるタイミングかもしれません。

複数の買取業者に査定をしてもらい、現在の車の価値を知り、高く買い取ってくれる買取業者を探してみましょう。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。