古着を高値で買取してもらうには?おすすめの買取方法も徹底解説

自宅にたんすの肥やしになっている洋服はありませんか。着なくなった古着は、買取サービスやフリマアプリ、オークションなどを利用して売却するのがおすすめです。当記事では、古着売却の手段や、かしこい活用方法についてご紹介します。


古着を高値で買取してもらうには?おすすめの買取方法も徹底解説

古着買取といえば、かつてはブランド古着が主な対象でしたが、現在はリユースショップが増え、多様なジャンルの古着を売りに出せるようになりました。

フリマアプリやオークションなどの登場により、古着売却の手段は日々多様化しています。

古着買取サービスにはさまざまな形態があり、売りたい古着のジャンルによって選ぶ業者も変わってきます。

そこで当記事では、リユースショップの選び方や、高額査定のポイントなどについて解説します。

古着買取業者の種類

古着買取業者の種類

一口に「古着買取業者」といっても形態はさまざまです。

直接店頭に持ち込むスタイルや宅配買取、出張サービスなど多岐にわたります。

また、ハイブランドの買取に力を入れている業者や、ジャンルを問わず幅広く買取を行っているところなど、取り扱っている商品も業者によって変わります。

古着を買取に出す際は、たくさんある業者の中から、自分が特に売りたいジャンルに強い業者を選ぶことが大切です。

では、実際にどのような業者があるのでしょうか。

主に取り扱われている商品なども含めて、詳しく見ていきましょう。

大型リサイクルショップ

「トレジャーファクトリー」や「セカンドストリート」など、全国展開している大型リユースショップでは、有名ブランドからプチプラファッションまで、メンズ・レディース・キッズ問わず幅広く買取を受け付けています。

買取方法も、店頭買取・WEB(宅配)買取・出張買取の全てに対応しており、店頭買取とWEB買取は1点から査定可能というショップが多いでしょう。

大型店は査定の基準がしっかりしているので、安心して利用できる点がメリットです。

もし査定金額に納得がいかなければ、買取のキャンセルもできます。

また、大型店では期間限定で買取金額アップのキャンペーンなども開催されるため、その時期を狙って査定に出すのもおすすめです。

ブランド古着専門店

今では至るところで見かけるようになった大型リユースショップですが、それらが登場するよりずっと前から、ブランド古着を専門に買い取ってきたショップが数多くあります。

DCブランド(デザイナーズ&キャラクターズブランド)を売却したい場合は、大型店に持ち込む前に、ブランド古着専門店に査定に出すことをおすすめします。

特に、そのショップが買取を強化しているブランドの場合、大型店よりも高値の査定額を提示されることも珍しくありません。

誰もが知っている有名ブランド以外にも、一般の認知度は低くてもファッション業界では注目されているブランドや、知る人ぞ知る人気ブランドというものがあります。

そういった品を買取に出す場合も、ブランド古着専門店がおすすめです。

なお、個人経営店などの場合、査定額は査定する人の知識によって大きく変わるため、複数のお店で査定してもらうことが重要です。

複数の店舗を回る手間こそかかりますが、ブランド古着を高値で売却したい場合は、むしろ少し時間をかけたほうが納得のいく金額で売却できる可能性が高いでしょう。

質屋

「エルメス」や「シャネル」など、世界的に認知されているハイブランドの古着を売却する場合は、質屋に持ち込むのもおすすめです。

質屋と聞くとなんとなく敷居が高いように感じますが、今は昔と違い、宅配での買取を行っていたり、入りやすい雰囲気の店構えだったりと、利用しやすくなっています。

長年の買取実績があるからこそ、査定にも信頼を置けるのが質屋のメリットです。

高額買取をうたっているお店も多くあります。

中には電話での査定を受け付けているお店もあるので、まずは相場だけでも知りたいという場合に、利用してみるのもよいでしょう。

フリーマーケットやフリマアプリを活用する

フリーマーケットやフリマアプリを活用する

古着を売却したい場合、前項でご紹介したような買取業者を利用するほか、自分でフリーマーケットやフリマアプリに出品するという手段もあります。

手続きに少し手間がかかるところがデメリットですが、オークションサイトに出品すると思いがけない高額で落札されることもあるため、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

フリーマーケット・フリマアプリ・オークションサイトには、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

フリーマーケット

土日祝日を中心に全国各地で開催されているフリーマーケットでは、売りたい古着の希望金額を自分で決めて販売することができます。

フリーマーケットに出品するメリットは、リサイクルショップでは値段が付かないようなファストファッションやプチプラの古着でも問題なく売れるという点です。

まとめ買いをしてくれるお客さんもいるので、売りたい古着が大量にある場合は、断捨離の意味も込めてフリーマーケットに出品してみてはいかがでしょうか。

一方で、自ら売り子として販売するため拘束時間が長いことや、値札付けや会場準備などに手間がかかる点がデメリットとして挙げられます。

また、なかなか高値では売れづらく※、出店料金のことも考えると、商品数が少ない場合には赤字となる可能性もあります。

フリーマーケットは、安くてもいいから売りたい古着が大量にある場合に有効な手段といえます。

フリマアプリ

近年、パソコンやスマートフォンなどで古着や不用品を売ることができる「メルカリ」や「ラクマ」といったフリマアプリが増えてきました。

フリマアプリのメリットは、なんといっても手軽な点です。

商品の写真を撮り、商品説明とともにサイトにアップするだけで出品が完了します。

フリマアプリは匿名でやりとりができたり、出品手数料が安かったりと、それぞれ特徴があります。

初めて利用する際には、いくつかのアプリを比較してみるのもよいかもしれません。

終始WEB上での取引となるフリマアプリでは、買い手側は商品の現物を見ることができません。

そのため売り手は、商品に汚れなどの不備がないかきちんと確認し、気になる点があれば商品説明欄にその旨を記載する必要があります。

サイズ感に関しては写真だけでは分かりづらいため、ウエストや身幅といった最低限のサイズを記載したほうが買い手が付きやすくなります。

手軽さが人気のフリマアプリですが、高値で売るためには商品が魅力的に見えるような写真撮影や、購買意欲をそそるような商品説明文を考えるなどの工夫が必要です。

購入者との連絡はメールが主となるので、普段からパソコンやスマートフォンを使い慣れていない人は、少し面倒に感じるかもしれません。

オークションサイト

フリマアプリと同様、オークションサイトも基本的には全てWEB上でのやりとりで完結します。

フリマアプリと異なるのは、出品した商品の人気が高ければどんどん落札価格が上がっていく点です。

オークションサイトでは、出品時に自分で最低落札価格を設定します。

出品期間はあらかじめ決められていて、その間に入札されるという流れです。

注目度が高かったり、落札を狙う購入者が複数いたりする場合には、期待していた以上の高値が付くことも珍しくありません。

そこがオークションサイトの最大のメリットでしょう。

一方で、購入希望者がいなければ売れ残ってしまうことや、想定していたよりも安く落札されてしまうことがある点には注意が必要です。

最低落札価格を高く設定しすぎると入札が入らず、逆に低くしすぎても、そのままの金額で落札されたときに残念な気持ちになります。

オークションサイトに出品する際は、最低落札価格の設定が重要です。

古着買取金額を上げるために必要なこと

古着買取金額を上げるために必要なこと

古着をより高値で買い取ってもらうには、下準備や売りに出すタイミングを考えることが必要です。

これは買取査定に出す場合でも、フリーマーケット・フリマサイトなどに出品する場合でも共通しています。

ここからは、古着の高額査定を目指すうえで押さえておきたいポイントについてご紹介します。

洗濯・クリーニング

どんなに高価なブランド古着でも、襟の内側や袖口が黒ずんでいたり、全体的になんとなく汚れている感じが見えたりすると、査定額は一気に下がります。

古着を売却する際は、きっちりと洗濯やクリーニングをして、見た目を整えることが重要です。

タバコや香水、防虫剤など、古着についた臭いもあらかじめ落としておきましょう。

なお、近年注意しておきたいのが柔軟剤の香りです。

自分にとっては好みの香りであっても、購入者の中には強い柔軟剤の香りを好まない人もいます。

売却のために自宅で洗濯をする際は、強すぎる香りの柔軟剤を使わないなど配慮することも大切です。

しわや毛玉の処理

洋服の汚れと同様に、買取時にしわや毛玉が目立つ状態では、査定額に影響します。

毛玉は毛玉取りなどで処理し、なるべくしわがつかないように保管することをおすすめします。

売るタイミング

シーズンに関係なく使える小物類と違い、古着は買取に出すタイミングも重要です。

売りたい古着は、シーズンの少し前のタイミングで査定に出すと、高値が付く可能性が上がります。

お店によっては、シーズン前に買取強化期間を設けている場合もあるので、それを活用するとよいでしょう。

さらに古着の場合、購入してから3年以内の品だと高く買い取ってもらえる確率がアップします。

断捨離はなるべく高い値段が付きやすいうちに済ませておきましょう。

タグの管理

ブランド古着の場合は特に、洋服の裏側に付いているブランドタグが査定に影響します。

タグが付いていないと、査定額が大幅に下がったり、買取不可となったりする場合があります。

将来買取に出す可能性を考え、タグは切り離さずに保管しておくようにしましょう。

古着買取におすすめのサービス

おいくら

「おいくら」では、不用品の一括査定ができるサービスを提供しています。

不要な古着の簡単な情報を登録するだけで、複数のショップから査定金額が届き、金額を一気に比較することができます。

売却したいショップが決まれば、あとはショップに買取を依頼するだけです。

査定にだせる店舗は全国に1,400店舗あるため、手軽に売却先をみつけることができます。

おいくらの詳細をチェックする

まとめ

まとめ

買取に出す古着といっても、かつては気に入って購入した大切な洋服です。

査定額が安いと少し残念な気持ちになる人も多いでしょう。

今回の記事では、そうした古着をなるべく高く買い取ってもらうためのポイントについてご紹介しました。

クリーニングや毛玉の処理など、一手間かければ買取金額がアップする可能性も高いでしょう。

きれいな状態で売却できれば、次に手にする人にも長く愛用してもらえるかもしれません。

古着のリサイクルが常識となった今、古着買取をかしこく上手に利用するのがおすすめです。

業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器はもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

簡単60秒の無料査定はこちら
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。