• 家電買取おすすめ

エアコンの寿命は何年?おすすめの買い替えタイミング!費用を安く抑える方法も

エアコンの買い替えにかかる費用や費用を抑える方法を解説しています。また、エアコンの買い替えに適した時期やタイミング、買い替えるときの注意点もまとめています。買い替えで損をしないよう、ぜひ参考にしてください。

sirasaka

エアコンの寿命は何年?おすすめの買い替えタイミング!費用を安く抑える方法も

※当記事はアフィリエイト広告を含みます。
※「高く売れるドットコム」「おいくら」は弊社マーケットエンタープライズが運営するサービスです。

「エアコンの買い替え費用を安くしたい」

「エアコンの買い替えにベストな時期やタイミングが知りたい」

そんな方に向けて、エアコンの買い替え情報をまとめました。

具体的には、

  • エアコンの買い替えにかかる費用
  • 買い替え費用を安くする方法
  • 買い替えに最適な時期
  • 買い替えるときの注意点

を解説しています。

エアコンをお得に買い替えるために、ぜひ最後までご覧ください。

※買取相場は執筆時点で取得した情報となりますので、実際の買取価格と異なる可能性がございます。

エアコンを買い替えるタイミングは製造から10年が目安

エアコンを買い替えるタイミングは、製造から10年が目安と言われています。

エアコンは修理用部品の保持期間が製造終了から9年と定められており、ほとんどのメーカーは修理用部品を10年間保管しています。

10年を超えると、部品がないという理由で壊れても修理ができなくなることも。

そのため、製造から10年に近づいているなら、壊れる前に買い替えるのがおすすめです。

製品寿命を明記したシールが本体に貼ってあるので、ぜひ確認してみてください。

エアコンの寿命を知らせる5つの症状

年数以外にも、エアコンの買い替えを検討するべきタイミングがいくつかあるので紹介します。

冷房や暖房が効きづらい

エアコンを使っていると、冷房や暖房の効きが悪いように感じることがある人も多いのではないでしょうか。

その原因に、

  • 室外機の吹き出し口を塞いでいる
  • フィルターが目詰まりしている
  • 冷媒ガスが漏れている

といったことが考えられます。

そのため、室外機の吹き出し口を確認したり、フィルターを掃除したりすることで改善することも。

しかし、冷媒ガスが漏れている場合は、自分で直すのは厳しいので、修理を頼むか買い替えるかの選択になるでしょう。

エアコンから異音がする

エアコンから効き慣れない音が聞こえる場合も、買い替えを検討するサインです。

主な原因は、送風ファンや室外機のコンプレッサーの故障が挙げられます。

エアコンから異臭がする

エアコンから出てくる風から異臭がする場合は、室内機の内部にカビが発生している可能性があります。

フィルターの掃除をすれば嫌なにおいがなくなることもありますが、フィルターの奥にカビ・汚れが発生しているケースも。

業者に頼んでクリーニングをしてもらうか、購入して年数が経つなら買い替えも検討しましょう。

エアコンから水が漏れる

エアコンから水が漏れてくる場合は、ドレンホースが詰まっていることが考えられます。

ドレンホースの詰まりが原因なら、内部をクリーニングすることで水漏れは直ります。

しかし、ガス不足などが原因の場合、業者を呼んで修理してもらうか、買い替えるのがおすすめです。

操作ができない

操作ができない場合、リモコンが故障している場合があります。

しかし、エアコン本体についている応急ボタンを押しても作動しない場合は、リモコンではなく本体が故障しています。

操作ができないほどの故障の場合、修理費用が高くなってしまう可能性もあるので、買い替えを検討しましょう。

エアコンの買い替えにかかる費用はいくら?

エアコンを買い替えるときにかかる費用は以下の通り。

  • エアコン本体の購入代金
  • エアコンの取り付け・取り外し費用
  • エアコンの処分(リサイクル)費用

今使っているエアコンの取り外しや処分の費用、新しいエアコンの取り付け費用もかかります。

本体の購入以外にかかる費用の相場は以下の通りです。

取り付け費用 1万円〜2万円前後
取り外し費用 4,000円〜6,000円
リサイクル費用 990円〜9,900円+運搬料金

それぞれの費用を詳しく解説していきます。

エアコンの取り付け費用|エアコン設置は自分でできる?

エアコンは設置時に費用が発生します。エアコンの設置を自分で行うこともできますが、配管パイプ用に壁に穴をあける作業などが発生する場合もあります。

賃貸でこのような作業を失敗した場合は、取付費用よりも高額の修繕代を請求される可能性も。基本的には業者に依頼してエアコンを設置してもらうのが無難で安全です。

エアコン設置料金の一般的な相場は1万円〜2万円ほどです。業者や取り付けるエアコンの冷房能力、取り付ける場所によって価格は変動します。

エアコンの取り外し費用

エアコンを買い替えるときには、古いエアコンの取り外しにも費用が発生します。

室内機や室外機の設置場所によって変動するものの、エアコン取り外しにかかる相場価格は4,000円〜1万円程度。

基本的に、室内機と室外機が同一階に設置されている場合は、4,000円〜6,000円で済むでしょう。

ただし、どの家電量販店などは取り付けとセットでの料金を公開しているので、取り外しのみだとプラス料金がかかります。

そのため、可能であれば取り外しと取り付けは同じタイミングで同じ業者に頼みましょう。

エアコンのリサイクル費用

エアコンは「家電リサイクル法」の対象家電であるため、粗大ゴミでは処分できません。

処分するには国が定めるリサイクル料金を支払う必要があります。

リサイクル費用はメーカーによって異なり、990円・2,000円・9,900円の3通り。

主なメーカーのリサイクル料金は以下の表をご覧ください。

990円 シャープ/パナソニック/ダイキン工業/東芝ライフスタイル/三菱電機/リンナイなど
2,000円 アイリスオーヤマ/ニトリ/ハイセンスジャパン/山善など
9,900円 ヤンマーエネルギー

リサイクルを業者に頼む場合は、運搬料金として2,000円前後が追加されます。

リサイクル券と運搬料を合わせると、3,000円前後〜と考えておきましょう。

エアコンを買い替えるなら買取業者の利用がおすすめ

使っていたエアコンを処分する際は、買取サービスを利用するのがお得です。

費用を抑えようとして取り付け作業を自分で行う人もいますが、冷媒ガスの注入をするためのガスや専用工具の入手が必須となります。また、取り付けに不備があると、一度取り外してから再度取り付けるといった手間がかかるので、業者に頼むのがベストです。

家電量販店などでは下取りをおこなっていることも多いですが、エアコンの場合は有料引き取りのケースがほとんど。

一方で、買取業者に依頼すれば、買取にかかる費用をかけずに、お金を払って処分するはずだったエアコンを買い取ってもらえます。

エアコンの買取相場は以下の通りです。

容量 相場
10畳以下 1万円〜4万円
20畳以下 3万円〜7万円
20畳以上 5万円〜10万円

製造から5年以内のエアコンは上記の相場での買取が期待できます。ただし、製造から10年近く経過しているエアコンは買取不可となるケースも。

とはいえ、状態がよければ買い取ってもらえることもあるので、まずは家電高く売れるドットコムなどの業者で無料査定を利用してみるのがおすすめです。

▼より詳しく知りたい方はエアコンの買い取り相場・おすすめ買取サービスをまとめた以下記事をご一読ください。

エアコンの買い替えにおすすめの時期|エアコンが安いのは何月?

エアコンの販売価格は時期によって変動するのを知っていますか?

例えば、新モデルが発売される少し前のタイミングなら、家電量販店は旧モデルの在庫を一掃したいため、大幅な値下げを実施することが珍しくありません。

新モデルの発売時期の目安は以下の通り。

  • 2〜5月:普及モデル・中位モデル
  • 10〜12月:上位モデル

そのため、1月や9月ごろに値下げすることが多く、上位モデルは割引率が高い傾向にあるため、9月ごろの購入が狙い目。

しかし、普及モデルは価格の変動が少ないので、各家電量販店のセールを狙うのがおすすめです。

  • 年末年始のセール(12月末・1月初め)
  • 決算セール(2〜3月・8〜9月)
  • ボーナス時期(7月ごろ・12月ごろ)

反対に6〜8月は、エアコンの買い替えを避けた方がいいと言われています。

その理由は、夏に向けてエアコンを購入する人が多く、取り付け工事を待たなければいけないからです。

地域などにもよりますが、購入してから1ヶ月以上待たないと取り付けてもらえないというケースもあります。

取り付けを待っている間に冷房が効かなくなり、部屋の中で熱中症になってしまうという事態を避けるためにも、夏に向けて買い替えるなら冬から春先にかけて動き出すのがおすすめです。

▼こちらの記事ではおすすめの家電量販店が紹介されています。エアコンを安く買えるお店を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

エアコンを買い替えるときの注意点

エアコンを買い替えるときに注意しておきたいポイントを紹介します。

賃貸物件の場合は勝手に買い替えない

賃貸物件に住んでいる人は、エアコンの所有者を確認しておきましょう。

入居したときにエアコンが取り付けてあった場合、エアコンも管理会社や大家さんの所有物です。

勝手に買い替えることで、規約違反になることもあります。

そのため、管理会社や大家さんにエアコンを買い替えたい旨を相談してください。

相談することで、費用を管理会社が負担してくれることケースもあります。

購入と取り付けで業者を別々にしない

エアコンを買い替えるときは、エアコンを購入した後に取り付けの依頼も必須です。

その際、

  • 本体を購入した店舗に取り付けもお願いする
  • 購入する店舗と取り付ける業者を別で依頼する

の2パターンから選べます。

購入した店舗と取り付けてもらう業者を別々にするのは避けたほうがよいでしょう。

購入・運搬・取り付け・取り外しをセットにすることで、お得になっているケースが多いからです。

また、購入した店舗で取り付けも依頼することで、エアコンに不具合が生じたときに、本体が原因なのか取り付けが原因なのかに関わらず、同じところに問い合わせれば済みます。

しかし、本体の購入と取り付けが違う業者だと、本体に原因があると思い購入した店舗に修理を依頼したところ、取り付け方法に不備があり保証が適用されないというケースも。

基本的には、購入した店舗で、取り付け工事も依頼するのがおすすめです。

まとめ

エアコンの買い替え費用や買い替えに適した時期についてまとめました。

買い替える費用を安くするには、

  • 上位モデルは新モデル発売前の型落ち商品を狙う
  • 普及モデルは店舗のセールを狙う
  • 買取業者を活用する

のがおすすめです。

買取業者を利用することで、使わなくなるエアコンを数万円で買取してもらえる可能性もあります。

家電を高く売りたい

家電高く売れるドットコムなら、完全無料で宅配買取や出張買取を利用可能。

Webや電話0120-55-1387(※年末年始除く9:15~21:00)で事前査定もおこなっているので、古いエアコンがいくらで売れるのかを確かめてみてはいかがでしょうか?

家電高く売れるドットコムで無料査定する

sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード